dカード GOLDの家族カードはメリット豊富!お得なポイントの貯め方

  • 2020年9月28日
dカード GOLD
ご入会&エントリー&ご利用で
最大合計13,000dポイント
(期間・用途限定)貰える!

「dカード GOLD(ゴールド)はdポイントがたくさん貯まる」と知っている方は多いでしょう。

しかし、dカード GOLDの家族カードまでもがdポイントを貯めやすいメリットを知っている方は少ないのではないでしょうか。

今日はそんなdカード GOLDの家族カードにスポットを当てて、家族カードを持つメリットやdポイントの貯め方についてご紹介しています。

既にdカード GOLDを持っていて家族に家族カードを持たせたいと考えている方、家族がdカード GOLDを持っていて家族カードを発行してもらいたい方は是非参考にしてみて下さい。

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

dカード GOLDの家族カード発行・アップグレード方法とメリットを解説

dポイントを貯めたい人が家族カードを持つメリットとは?

まずはdポイントを貯めたい人が家族カードを持つメリットを見ていきましょう。

この項目を見ればなぜdカード GOLDの家族カードがdポイントを貯めるのに有利なのかが分かります。

dカード GOLDの家族カードメリット
  • メリット1:ドコモ料金の10%がポイント還元される
  • メリット2:家族でdポイントを共有できる
  • メリット3:公共料金等の支払いでdポイントが貯まる

ドコモ料金の10%がポイント還元される

dカード GOLD 10%
画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介
dカード GOLDでお馴染みの「ドコモ料金の10%がポイント還元される」という特典は家族カードにも付帯しています。

この仕様はかなり大きく、家族グループを形成してドコモを利用していれば家族全員の料金が10%還元されるため、毎月の通信費の負担をグンと引き下げることが可能です。

仮に毎月の通信費が9,000円であった場合、還元されるdポイントは900ポイント。還元率1%のクレジットカードも珍しくない昨今、この還元率は破格と言えます。

dポイントは家族で共有することとなりますが、共有のdポイントカードやモバイルdポイントカードを使えば個々で利用することが出来るため問題はないでしょう。

この特典はドコモ光の利用料にも適用されるため合わせて利用している方は更にお得になります。dカード GOLDで最も大きなメリットといってもいいでしょう。

特典を受け取る条件があり、正しく理解していないと損をしたと感じる人もいるのでこちらの記事でしっかり注意点をチェックして見てください。

dカード GOLDで「騙された」との口コミが真実か検証してみた話

家族でdポイントを共有できる

家族カードで貯めたdポイントは大元のdカード GOLDに紐付られているdアカウントに保存されます。

そのため、家族カードによって手に入れたdポイントは家族で共有することが可能なのです。

例えば、家族カードでdポイント貯め、子供のスマホ購入時に貯めたポイントを使ってスマホの購入費を賄うといったことも出来ます。

dポイントの使い道はかなりあるので、貯めたポイントをどのように使うのかは家族で相談して決めると良いでしょう。

公共料金等の支払いでdポイントが貯まる

税金や公共料金はポイント付与の対象外となっていることが多いです。

しかし、dカード GOLDやその家族カードの場合は別で、税金・公共料金の支払いでもdポイントを獲得することが出来ます。

その他、クレジットカードで支払えるものであればほとんどのものがポイント付与の対象となるので、家族カードを作った後は積極的にクレジット決済を行ってみてください。

家族カードを持つメリットまとめ
  • ドコモ料金の10%がポイント還元される
  • 家族でdポイントを共有できる
  • 公共料金等の支払いでdポイントが貯まる
dカード GOLDの家族カードの紐づけ・口座別・ポイント共有など注意点まとめ

dカード GOLDの家族カードを持つデメリット

残念ながらdカード GOLDの家族カードにはメリットだけでなく少なからずデメリットがあります。

では、具体的にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。家族カードを発行する前にしっかりチェックしておきましょう。

利用限度額は本会員の限度額に準ずる

家族カードはあくまで本会員以外がクレジットカードを持てるようにするサービスであり、まったく別個のクレジットカードを新たに発行してもらうサービスではありません。

そのため、家族カードの利用限度額はdカード GOLDを持っている本会員とまったく同じとなります。

また、仮にdカード GOLD側の利用限度額がいっぱいであった場合、家族カードで支払いをすることは一切出来なくなるためその点にも注意が必要です。

しかし、家族カードで過度な使用ができないので安心してもたせることができるメリットともいえるでしょう。

請求先を別けることが出来ない

前述のように家族カードはdカード GOLDありきの存在であるため、請求先を別けることが出来ません。

家族で使うカードという側面を持っているために請求先が同じであっても差し支えないという方は多いでしょう。

しかし、夫婦で別々の家計簿をつけている場合などは明確にどちらがどれだけdカード GOLDで決済をしたのかが分かりにくくなってしまいます。

どうしても請求先を分けたいのであれば、家族カードではなくもう1枚クレジットカードを用意するなどの対策が必要になるでしょう。

利用額が増えても特典が貰えない

dカード GOLD ご利用額特典
画像引用元:dカード GOLD 年間ご利用額特典<お申込みページ
dカード GOLDには年間利用額が100万円、200万円を超えると「ご利用額特典」と呼ばれるプレゼントが貰えます。

しかし、家族カードでいくら決済をしてもご利用額特典が貰えることはありません。

これにも「家族カードはあくまでdカード GOLDありきの存在」という性質が適用されるのです。

ただ、家族カードの利用分は大元のdカード GOLDの利用分として計算され、合算の年間利用額が規定額を超えていれば特典を貰うことは可能なので、大きな問題とは言えないでしょう。

年間利用額特典は2年目以降のdカード GOLD年会費を回収するために重要な特典なので、本人だけでは条件が不安な方には逆に大きなメリットになります。

dカード GOLDの年間ご利用額特典とは?申込方法・特典内容を解説
家族カードを持つデメリットまとめ
  • 利用限度額は本会員の信用に依存する
  • 請求先を別けることが出来ない
  • 利用額が増えても特典が貰えない

dカード GOLDの家族カードのその他メリット

冒頭では家族カードを持つメリットの中でもdポイントに関する点を中心にご紹介しました。

しかし、dカード GOLDの家族カードを持つメリットはdポイント関連だけに留まりません。

まだ紹介し切れていない家族カードを持つその他のメリットについても見ていきましょう。

審査なしで発行してもらえる

通常クレジットカードを作る際には審査が必要となります。これは高ステータスなクレジットカードであろうと一般的なカードであろうと同様です。

審査の厳しさはクレジットカードによって大きく異なりますが、dカード GOLDのような所謂「ゴールドカード」に分類されるクレジットカードには大抵厳しいハードルが設定されています。

dカード GOLDに限って言えば審査が厳し過ぎるということはないものの、学生や主婦の方のような収入がない、もしくは収入が低い方が審査に通ることはほとんどありません。

しかし、家族カードの場合はdカード GOLD契約者の信用情報を元に発行するという仕組み上、審査をされることなく家族カードを手に入れることが出来ます。

得られる恩恵もほとんど同じな家族カードが審査無しで手に入れられるというのはかなり大きなメリットと言えるでしょう。

dカード GOLDの審査期間は?状況確認の方法と通らないときの対処法

1枚目は年会費無料で持てる

dカード GOLD 家族カード 年会費
画像引用元:dカード | dカード 家族カードのご紹介
家族カード制度自体はあまり珍しいものではなく、他のクレジットカードでもポピュラーなサービスとして提供されています。

また、大抵のクレジットカードでは家族カードに対して、本カードと同じように年会費を請求するのが一般的です。

一方、dカード GOLDの家族カードの場合は1枚目に限り年会費が無料となっています。

2枚目以降の家族カードに関しては1,000円(税抜)の年会費が掛かってしまうため、その点には注意をしておきましょう。

dカード GOLDの家族カードはどんな人が作るべき?

「家族カードがお得にdポイントを貯められるのは分かったけれど、自分の場合作るべきなのかどうか分からない」、このように考えている方は多いでしょう。

そんな家族カードを発行するか悩んでいる方のためにこの項では家族カードを作るべきなのはどんな方なのかを解説していきます。

ひとりではdカード GOLDを作れない人

「本当はdカード GOLDが欲しいけれど自分の信用では作れない」というケースは多々あります。

特に専業主婦をしている、学生であるなど安定した収入がない方の場合は作りたくても作れないということがほとんどでしょう。

そんな方にとって、審査なしでゴールドカードを持てるというのはかなり魅力的です。

既にご紹介した通り、家族カードは1枚目であれば年会費が無料なので、試しに作ってみるというのも良いでしょう。

dポイントをたくさん貯めたい人

dカード GOLD ポイント
画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介
dカード GOLDにせよ家族カードにせよ、作る目的は「dポイントをたくさん貯めたい」という一点に尽きるでしょう。

ドコモ料金の10%が還元される、特約店で使うと貰えるポイントが倍増するなど家族カードではdカード GOLDと同等の恩恵を得ることが可能です。

dポイントを貯めていて、より効率的に貯めたいと考えているのならdカード GOLDを作ることをおすすめします。

お得にポイントがたまる特約店やd払い、iD払いのキャンペーンなどを2人で使えばポイントがザクザクたまるでしょう。

dカード GOLDでdポイントをザクザク貯める方法|一覧でまとめてご紹介

dカード GOLDの家族カードを使ったお得なポイントの貯め方

家族カードを使ってお得にdポイントを貯めるにはどうすればいいのでしょうか?

dポイントがたくさん手に入るおすすめのdポイントの貯め方をご紹介していきます。

dポイント特約店で使う

dポイント還元率が2倍、3倍になるdポイント特約店を利用しやすくなるのもdカード GOLDを持つ明確なメリットのひとつ。

特マツモトキヨシやノジマなど日常使いしやすいお店が多いのは魅力的で、生活必需品を購入するだけでdポイントが貯まっていきます。

JTBやENEOSなどの旅行会社やガソリンスタンドチェーンもdポイント特約店となっているため、高額な支出をdポイントを手に入れるチャンスに変えられるのも大きなメリットと言えるでしょう。

dカード/dカード GOLD特約店の上手な使い方とおすすめの支払い方法

d払いでポイント三重取りをする

d払い
画像引用元:d払いアプリのつかいかた|dポイントのため方・つかい方 | ご利用ガイド | dポイントクラブ
d払いはドコモが運営するキャッシュレス決済サービスで、アプリを使って簡単に支払いを済ませられるため非常に便利です。

そんなd払いはdポイントの三重取りに対応しており、上手く使いこなせば通常の何杯ものスピードでdポイントを貯めることが出来ます。

  1. d払いの請求先を家族カードに設定
  2. dポイント加盟店でd払いを使って決済する

このようにd払いを利用したポイント三重取りの方法は非常に簡単。事前の設定さえ済ませておけば現金で支払うより早く決済を済ませられます。

d払い対応店舗は現在も増え続けているので、d払い対応店を利用する際にはd払いを利用するようにしましょう。

dカード/dカード GOLDのd払いとiD払いお得な使い方をまとめて紹介

家族カードで高額な支払いを済ませる

これは家族カードに限った話ではなく、dカード GOLDでも行える方法ですが、高額な支払いを家族カードで決済すると効率よくdポイントを貯められます。

例えば、5万円の支払いをする場合、現金で支払うと何の還元も割引もなくそのまま5万円を支払うことになりますが、家族カードであれば500ポイントが還元されるのです。

特約店等で使う場合を除き、貰えるポイントは微々たるものですが、そっくりそのまま5万円支払うこと考えればお得でしょう。

また、d払いを使った三重取りに対応したお店であれば、貰えるdポイントが倍増するので、高額な支払いをする時も可能な限り特約店を利用することをおすすめします。

家族カードを使ったお得なポイントの貯め方まとめ
  • dポイント特約店で使う
  • d払いでポイント三重取りをする
  • 家族カードで高額な支払いを済ませる

dカード GOLDの家族カードにはメリット盛りだくさん!

dカード GOLDとほぼ同じ機能が使えるなどdカード GOLDの家族カードは非常に使い勝手が良いです。

特にdカード GOLDでお馴染みのdポイントを貯めやすいという特徴は家族カードにもしっかり引き継がれています。

上手く使いこなすことが出来れば、年間数万ポイントものdポイントを貯めることも夢ではないので、家族カードを作ったらご紹介したお得なポイントの貯め方を実践してみると良いでしょう。

現在家族がdカード GOLDを使っていて、まだ家族カードを発行していないという方は是非この機会に家族カードを作ってみてください。

dカード GOLDのメリット・デメリット|年会費1万円を支払う価値とは?
ご入会&エントリー&ご利用で
最大合計13,000dポイント
(期間・用途限定)貰える!
この記事を書いた人
empire
empire
スマホ、PCが大好きなガジェットオタクライター。大手キャリア系の記事を中心に担当し、格安SIMやクレジットカードも執筆中。誰が読んでも分かりやすく、どこよりも詳しい解説を心掛けています。