アプリ ドコモ dカード
読了時間:約 2

dカードユーザーに必須のアプリがdカードアプリ。アプリへのログインもウェブサイトより簡単で、過去の利用明細やdポイントの獲得状況を1つのアプリで確認できるので便利です。また、おサイフケータイやApple Payの設定もアプリ内から利用できます。

本記事では、そんなdカードアプリでできること具体的な使い方を紹介します。dカードユーザーでまだ使ったことがないという方はチェックしてみてください。

dカードアプリとは?


「dカードアプリ」は、ドコモが提供しているスマホ用アプリケーション。dカードを利用している方を対象に、支払額や利用明細の確認やdポイントの確認、dポイントカードとしての使用などの機能を提供しています。

Google PlayとApp Storeのどちらでも無料でダウンロードできますので、使っている端末がAndroidとiPhoneのどちらでも、すぐに利用可能です。対応する端末は「Android 5.0以降」「iOS 9.1以降」となっています。

ID/パスワード不要のためウェブサイトより簡単


利用明細などの確認のためにdカードの公式サイトへアクセスすると、その度にdアカウントかdカードのMember’s IDでのログインを求められます。出先のスマートフォンからのアクセスですと、片手しか使えない場面もありますし、いちいちパスワードなどを入力するのは意外と面倒です。

その点、dカードアプリなら一度ログインしてしまえば、2回目以降は自動ログインを選択できます。アプリ起動だけでdカードやdポイントに関する各情報を確認できるのはありがたいですね。

dカードは定期的にポイント還元率アップのキャンペーンも行っていますので、利用明細などのついでにチェックするといった使い方も便利です。

また、自動ログインについては任意ですので、セキュリティに不安を感じる方は毎回ログインする方法も選べます。どちらにせよ、スマホのブラウザからアクセスするよりはアプリの方が使いやすく感じるはずです。

キャンペーン情報をいち早くチェック

dカードは、dカード特約店や還元率アップのキャンペーン、dカードポイントUPモールなどを活用すれば、効率よくdポイントが貯められるのも魅力です。一時的にポイント最大20倍なんてこともありますので、キャンペーンはできるだけ早くチェックしておきたいところ。

dカードアプリからならキャンペーンのチェックも簡単です。引き落とし前に利用明細を確認したついでに目を通しておけば、普段使っているお店がお得なキャンペーンを開催しているかもしれません。

dポイントの獲得状況も手軽に確認できますし、dカードアプリを利用したことをきっかけに、dポイントの活用法を見直すのもいいのではないでしょうか。

dカードアプリの初期設定


dカードアプリは利用開始前に初期設定をする必要があります。AndroidとiPhoneでほぼ一緒ですが、自分の端末の方を確認しておきましょう。

Androidでのdカードアプリ設定方法

Androidの場合は、dカードアプリをGoogle Playからインストールします。それから以下の手順で設定しましょう。

  1. スマホから「dカードアプリ」を起動する
  2. アプリ紹介ページを進み、「今すぐはじめる」を選択する
  3. dカード利用規約を確認し、「同意する」を選択する
  4. 画面が切り替わったら「ログインする」を選択する
    ※dアカウントの認証画面が表示された場合は、dアカウントでログインします
  5. クレジットカードを利用する際の4桁の暗証番号を入力する
  6. 「上記特約に同意しログイン」を選択する
    ※「次回以降自動的にログインする」でログインを省略できます
  7. ログインが完了したらホーム画面が表示される

iPhoneでのdカードアプリ設定方法

iPhoneの場合は、dカードアプリをApp Storeからインストールします。それから以下の手順で設定しましょう。

  1. スマホから「dカードアプリ」を起動する
  2. アプリ紹介ページを進み、「今すぐはじめる」を選択する
  3. dカード利用規約を確認し、「同意する」を選択する
  4. 画面が切り替わったら「ログインする」を選択する
    ※dアカウントの認証画面が表示された場合は、dアカウントでログインします
  5. クレジットカードを利用する際の4桁の暗証番号を入力する
  6. 「上記特約に同意しログイン」を選択する
    ※「次回以降自動的にログインする」でログインを省略できます
  7. ログインが完了したらホーム画面が表示される

dカードアプリでできる5つのこと


dカードアプリを利用してできるのは、以下の5つのことです。

  1. 支払い額・dポイントの確認
  2. dポイントカードを表示して使用
  3. キャンペーン・エントリー状況の確認
  4. あとからリボの設定
  5. おサイフケータイ・Apple Payの設定

それぞれの使い方について見ていきましょう。

1.支払額・dポイントの確認


dカードアプリ内で一番よく使う機能が、支払額・dポイントの確認でしょう。使い方は簡単で、アプリにログインした後、トップ画面に「今月の支払額」「次月の支払予定額」「貯まっているdポイント」が表示されます。

自動ログインに設定しておけば、アプリを起動するのはワンタップですので、気軽にそれぞれを確認できますね。

2.dポイントカードを表示して使用

dカードアプリ内のバーコード表示機能を使えば、表示されたバーコードを店側が読み取ることでdポイントが貯まります。通常はdポイントカードやdカードを提示する必要がありますが、dカードアプリでその代用が可能です。

おサイフケータイを利用している場合は、あらかじめ設定しておけばリーダーにかざしてdポイントを受け取れますので、おサイフケータイ利用者にはあまり使い道のない機能かもしれません。

一方、おサイフケータイ、Apple Pay未対応機種では、便利に使える場面があるでしょう。

Apple Payでは提示ポイントを貰うのが手間

Apple Payの場合は、提示によるdポイントをApple Payを利用して受け取ることができませんので、dカード/dポイントカード提示ポイントを受け取りたい場合は、別途dカード/dポイントカードを提示するか、dカードアプリのバーコード表示機能を利用する必要があります。

Apple Payで支払う前に財布からdカード/dポイントカードを出しておくのと、dカードアプリを起動しておくのとどちらがスムーズかは微妙なラインですね。

3.キャンペーン・エントリー状況の確認


dポイントを活用している、あるいはこれから活用したいという方は、お得なキャンペーンの確認も必須です。dカードアプリではメニューの「キャンペーン」から現在開催されているキャンペーンとエントリー状況を確認することができます。

開催するキャンペーンは数か月ごとに入れ替わっていますので、定期的にチェックしておきたいところ。また、プッシュ通知を許可しておけば、スマホのホーム画面の通知にキャンペーン情報が表示されます。お得なキャンペーンを見逃したくない方は、プッシュ通知を活用するのも良いでしょう。

dカード/dカード GOLD入会キャンペーン情報まとめ【2018年最新版】

4.あとからリボの設定

できれば利用したくない機能ではありますが、支払い分のいくらかをリボ払いに設定して翌月以降に回せる「あとからリボ」の設定も、dカードアプリからできます。急な出費が重なったり、一括で大きな買い物をしたときなどには、活躍する場面があるかもしれません。

対象となるのは1回払い・2回払い・ボーナス一括払い。アプリ内の「お支払額照会」>「あとからリボ」から、リボ払いの設定ができます。くれぐれも注意して使いたい機能です。

5.おサイフケータイ・Apple Payの設定


dカードアプリ内から、おサイフケータイとApple Payの設定も可能です。こちらもおサイフケータイとApple Payであまり手順に違いはありませんが、自分が使っている端末の方を参考にしてください。

Androidのおサイフケータイを設定する

Androidで利用できるスマホ決済はおサイフケータイです。トップ画面のdポイントの下におサイフケータイの「設定」ボタンがありますので、そこから設定を行えます。詳しい設定手順は以下の通りです。

  1. トップ画面のおサイフケータイの項から「設定」を選択する
    ※「設定」ボタンがない場合は「オプションメニュー」>「おサイフケータイ設定」から行ってください
  2. おサイフケータイ設定の説明を読み、「設定する」を選択する
  3. クレジットカードで利用している4桁の暗証番号を入力する
  4. 入力後、「同意して設定」を選択する
  5. 設定処理が完了し、完了画面が表示される

dカードが対応する電子マネーはドコモ系の「iD(アイディ)」になります。設定後、実際に利用する際は店員に「iDで支払う」旨を伝えてから、レジにあるリーダーにスマホをかざすだけで決済可能です。

もちろん、おサイフケータイを設定するには、利用している機種がFeliCa搭載のおサイフケータイ対応機種である必要があります。対応機種については、ドコモの公式サイトから確認してください。

対応機種 | サービス・機能 | NTTドコモ

iPhoneのApple Payを設定する

iPhoneで利用できるスマホ決済はアップル提供の「Apple Pay(アップルペイ)」です。トップ画面のdポイントの下にある「Apple Pay設定」から設定を行います。詳しい設定手順は以下の通りです。

  1. トップ画面の「Apple Pay設定」を選択する
    ※「設定」ボタンがない場合は「オプションメニュー」>「Apple Pay設定」から行ってください
  2. クレジットカードで利用している4桁の暗証番号を入力する
  3. 入力後、「Apple Pay設定」を選択する
  4. 画面右上の「次へ」を選択する
  5. Apple Payに登録される内容を確認後、「次へ」を選択する
  6. dカード Apple Pay特約を確認し、「同意する」を選択する
  7. Walletの位置情報の使用を許可する
  8. カードの追加が終了したら「次へ」をタップして完了

Apple Pay関連の設定が多いので手順が多めですが、暗証番号入力以外は画面通りに進めるだけなので簡単です。カード追加完了後は、ドコモ系電子マネーの「iD(アイディ)」としてスマホ決済を利用できます。

iPhoneにFeliCaが搭載されたのは、iPhone 7以降になりますので、街のお店でApple Payを使えるのはiPhone 7以降の機種です。使用時はTouch ID(指紋認証)かFace ID(顔認証)を利用して、スムーズに認証から決済までが完了します。

dポイントってどこで使うの?


ドコモの利用料金の支払いや、ドコモ系サービスを利用すると貯まるdポイント。dカードアプリを利用すると、利用明細を見る際などにdポイントも確認できますので、dポイントが気になる方も多くなるはず。

ここではdポイントを効率よく貯める3つの方法を紹介します。ドコモの利用料金に使う以外にも、使い道はたくさんありますので、できるだけお得に貯めてガンガン使っていきましょう。

2種類のdポイントがある

dポイントには、通常のdポイントとdポイント(期間・用途限定)という2種類のポイントがあります。

通常のdポイントは、有効期限が「獲得した月から起算して48か月後の月末」で、ドコモの利用料金やdマーケット、街のdポイント提携店舗などで利用できるのに対し、dポイント(期間・用途限定)の方はその名の通り期限・用途ともに限られています

dポイント(期間・用途限定)は主に期間限定のキャンペーンなどでもらえることが多く、有効期限はそのキャンペーンごとに設定されています。大体2~3カ月程度であることが多いです。用途については、毎月のケータイ料金に使えない点がdポイントと異なります。

そのためdポイント(期間・用途限定)の主な使い道は、ドコモ系のサービスであるdマーケットと、街のdポイント提携店ということになります。日頃の買い物で使いやすいお店で言うと、ローソン、マクドナルド、マツモトキヨシあたりでしょうか。

詳しいお店については、以下の公式ページより確認してください。

dポイントがたまる・つかえるお店 | d POINT CLUB

dポイントを効率よく貯める方法

dポイントを効率よく貯める方法はいくつかありますが、主に使えるのは以下の3つではないでしょうか。

  • dポイント特約店を利用する
  • dマーケットを利用する
  • dカード GOLD(ゴールド)を発行する
  • それぞれの方法についてみていきましょう。

    1.dカード特約店を利用する


    画像引用元:NTTdocomo × LAWSON | dカード、DCMXなら、ローソンでのお買物が5%おトク!

    一番簡単なのが、dポイントが付くお店を利用すること。特に特約店と呼ばれるお店を利用すれば、3%~5%のポイント還元率を期待できますので、積極的に利用することでポイントが貯まりやすくなります。

    主な特約店としては、マツモトキヨシ(3%)、高島屋(3%)、ビックエコー(3%)あたりでしょうか。また、ローソンはポイント還元ではありませんが、dカードで支払うと引き落とし時に3%割り引きが効きますので、こちらもdカードでお得に利用できます。

    その他特約店は以下の公式サイトから確認できます。

    dカード特約店なら使うだけでポイントがドンドンたまる | キャンペーン

    Apple Payの使い方|docomo iDとdカードで上手にdポイントを貯めて安く買うコツ

    2.dマーケットを利用する

    続いて、ドコモ系のサービスであるdマーケットを利用すること。dマーケットは以下の21のサービスを指します。

    月額利用料 サービス内容
    dショッピング 無料 日用品・食品・飲料などを購入できる通販サイト。
    dゲーム 無料 無料のソーシャルゲームが中心のゲームコンテンツ。
    dデリバリー 無料 ピザや寿司、レストランの弁当などを利用できる出前・宅配サービス。
    dブック 無料 コミック、小説、実用書などを購入できる電子書籍ストア。無料コンテンツもあり。
    d fashion 無料 有名セレクトショップを中心とした商品を購入できるファッション通販サイト。nano-universe、CECIL McBEE、TOMMYなど。
    dトラベル 無料 JTBが取り扱う全国約13,000施設の予約が行える旅行予約サイト。ツアー・航空券・レンタカーの検索も可能。
    dミュージック 無料/月額934円 洋楽の名曲から最新J-POPまで約1,000万曲のラインナップから楽曲を購入できる音楽サイト。月額934円で対象楽曲約800万曲が聴き放題になる定額プランもあり。
    dジョブ 無料 提携サイトから集めたアルバイト・正社員の求人情報から応募できる求人サイト。スマホで気軽に仕事ができるスマホワークも。
    dカーシェア 無料 カーシェア・レンタカー・マイカーシェアが利用できるサービス。
    dアプリ&レビュー 無料 ドコモがおすすめするアプリの紹介とレビューを見ることができるサービス。
    dTV 月額500円 映画・ドラマ・アニメなど、約12万作品が見放題になる定額動画配信サービス。スマホはもちろんPCやテレビなどでも視聴可能。初回31日間無料。
    dTVチャンネル 月額780円 CS放送で人気の31チャンネルが回線の申し込みなしで見放題。初回31日間無料。
    dマガジン 月額400円 200誌以上の最新号、バックナンバーが定額で読み放題。初回31日間無料。
    dヒッツ 月額500円 ドラマ主題歌や最新ヒットナンバー合わせて6,000以上の楽曲が聴き放題で、ストリーミング再生なので購入やダウンロードも不要。初回31日間無料。
    dフォト 月額280円 スマホで撮影した写真をクラウドで保存・管理するサービス。写真を選んでフォトブックにすることも可能。初回31日間無料。
    dアニメストア 月額400円 TV放送中の最新作や懐かしい名作が見放題の動画配信サービス。視聴できる作品数は国内最大級。初回31日間無料。
    dグルメ 月額400円 クックパッドで有料プラン専用の人気順・殿堂入りレシピの検索、食べログで有料プラン専用のレストランランキングが利用可能。割引クーポンもあり。初回31日間無料。
    dヘルスケア 月額500円 日々のウォーキングや体重の推移などを記録でき、歩数に応じたdポイントが貯まる「歩いておトク」が利用できるサービス。初回31日間無料。
    dキッズ 月額372円 小さな子供と一緒に楽しめる知育アプリが使い放題。初回31日間無料。
    dリビング 月額450円 水まわりのトラブルやガラスの修理など、暮らしのトラブルを出張費・作業費無料で利用できるサービス。初回31日間無料。
    dエンジョイパス 月額500円 映画鑑賞やスーパー銭湯など50,000件以上の優待プランが使い放題。

    なかでも「dデリバリー、dショッピング、d fashion、dトラベル」は、dカードで支払いをすると最大3倍のポイント還元を受けれますのでおすすめです。

    3.dカード GOLD(ゴールド)を発行する


    画像引用元:dカード | dカード GOLD(ゴールド)のご紹介

    最後がdカードの上位カードであるdカード GOLD(ゴールド)を発行すること。dカード GOLD(ゴールド)はドコモの毎月の利用料金の10%がポイント還元されますので、ドコモユーザーは効率よくdポイントを貯められます。

    ただし、dカード GOLD(ゴールド)は10,800円の年会費がかかりますので、ドコモ光も合わせた毎月のドコモの利用料金が9,000円を超える方におすすめの方法です。

    また、1枚目の家族カードが年会費無料で発行できるメリットもありますので、その場合は家族のドコモ利用料の10%は丸々お得になります。

    dカードアプリで明細・dポイントなどを一括管理


    利用明細やdポイントを簡単に確認できるdカードアプリは、dカードユーザーならぜひインストールしておきたいアプリ。

    dポイントが貯まるバーコード表示機能もありますので、おサイフケータイやApple Payが利用できない機種では、dポイントカードの代わりとしても活躍します。これまでdポイントを気にしてこなかった方も、dカードアプリでdポイントを管理して、お得に活用していきましょう

    2018完全版|ドコモdポイントを最大に貯める・お得に無駄なく使う方法15選

    Pocket