dポイント クレジットカード dカード
読了時間:約 2

カード決済時のポイント還元率が1%とそこそこ高いのが魅力のdカード。ドコモユーザーなら必ず持っておきたい優秀なクレジットカードですが、普通に使うだけではdカードをフルに活用出来ているとは言えません

dカードを使いこなして、もっとお得に買い物をしたいのなら『特約店』にも目を向けてみましょう。ポイント還元率が高くなる特約店を利用すれば、5%以上の高還元率で買い物をすることも夢ではありません

ここでは還元率の高い特約店でdカードを使うメリットをじっくり解説していきます。dカード/dカード GOLDを持っている方は是非参考にしてみて下さい。

dカードを普通に使うだけでは勿体ない

家族カードの暗証番号は本会員カードと同じ

通常利用だと還元率は1%

dカードのポイント還元率は1%。決して低くはありませんが、高還元率のカードが増えつつあることを踏まえると特別なクレジットカードとまでは言えません。

例外としてdカード GOLDの場合はドコモの携帯料金やドコモ光の料金を支払うことで10%のポイント還元を受けられますが、日々の買い物やちょっとした支払いに対応していないのがネックとなります。

しかし、特定のお店でdカードを使った場合は話が別です。後述する『特約店』でdカードを使った場合のポイント還元率を加味すれば、dカードはドコモユーザー以外にもおすすめ出来る非常にお得なクレジットカードとなります

特約店で使うのがオススメ


dカードには特約店で使うとポイント還元率が高まる制度が存在し、お店によっては6%以上にまで還元率が引き上がります。どんなに還元率の高いカードでも2%程度であることが多い中、特約店でdカードを使った際の還元率は破格と言えるでしょう。

しかも、dカードの特約店に指定されているお店はとても多く、日常使いしやすいお店が多数加盟しています。例えばマツモトキヨシやスターバックスなどは誰もが利用するお店であるため、多くの方が高ポイント還元の恩恵を受けられるでしょう。

また、dカードを使うことでポイント還元ではなく直接割引を受けられるお店も存在します。代表的なのはローソンで、詳しくは後述しますが、ローソンでのお買い物でdカードを使うと、なんと3%もの割引を受けることが可能なのです。

他のクレジットカードにも特定の場所でカードを使うことで還元率がアップするものは存在しますが、dカードほど還元率が高く、割引を受けられるカードはほとんど存在しません

dカード/dカード GOLD特約店って?


画像引用元:dカード特約店なら使うだけでポイントがドンドンたまる | キャンペーン

特約店で得られる特典の詳細

dカードの特約店に指定されているお店にはいくつかの種類があります。
dカード決済/iD決済をすることで還元率が高まるお店
dカード決済iD決済/をすることで割引を受けられるお店
dカード決済をすることでギフトが貰えるお店
支払いの方法はdカードおよびdカードに付帯するiDを使っての決済が特典獲得の対象になります。dカード払い、iD払いのどちらに対応しているかはお店によって異なり、両方に対応しているお店も少なくありません。

どの程度のポイント還元が受けられるかはお店によって変わります。例えば、スターバックスでdカードを使ってスターバックスカードにチャージを行った場合だと3%のポイント還元を受けられますが、dデリバリーを利用した際は1%しか還元を受けられません。

また、dカードを使うことで得られるdポイントは通常利用分と特典獲得分で分けられており、通常利用分の還元率は特約店で使っても1%のままです。

先の例で言えば、スターバックスにてdカードを使ってスターバックスカードにチャージをした場合のポイント還元率は4%(通常利用分1%+特典獲得分3%)となります。

細かい仕様ではありますが、お店や使うタイミングによっては特典で得たdポイントが通常利用分のdポイントに比べて有効期限が短いなどの違いが生じることもあるので、『通常利用分/特典獲得分のdポイントは厳密には異なる』と覚えておいた方が良いでしょう。

dカードを使うと特典が貰えるお店


現在、dカードと提携をしているお店は44店となっています。少ないように感じるかもしれませんが、特約店のほとんどは全国的に展開をしているチェーン店ばかりなので、実際の店舗数は数十万店以上になるでしょう。

dカード払いで特典が貰えるお店は、

  • 多慶屋
  • ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラル
  • JAL
  • JALPAK
  • dトラベル
  • JTB
  • クラブメッド
  • 高島屋
  • ジェイアール名古屋タカシマヤ・タカシマヤ ゲートタワーモール
  • 高島屋免税店SHILLA&ANA
  • 伊勢丹
  • 三越
  • マツモトキヨシ
  • AOKI
  • 紳士服のコナカ
  • 紳士服のフタタ
  • 第一園芸
  • リンベル
  • dカード ポイントUPモール
  • ショップジャパン
  • ドコモオンラインショップ
  • dショッピング
  • d fashion
  • 日経ヴェリタス
  • 日経ビジネス/日経ビジネスアソシエ/日経WOMAN
  • プレジデント社
  • スターバックス カード
  • ドトール バリューカード
  • dデリバリー
  • 伊達の牛たん本舗
  • サカイ引越センター
  • 東京無線タクシー
  • チェッカーキャブ
  • ローソン
  • ノジマ
  • 東京海上グループ/イーデザイン損保
  • 以上の35店です。ローソンなどの日常利用しやすい店舗からJALなどの旅行関連のサービスまで幅広く特約店に指定されているため、『特約店を使うタイミングが無い』ということはありません。

    高島屋や伊勢丹など、高級百貨店が特約店に指定されているのも嬉しいポイントです。特に高島屋免税店SHILLA&ANAのポイント還元率は通常利用分と併せて5%とかなり高額なので、海外旅行へ行く際などは積極的に利用すると良いでしょう。

    iD払いで特典が貰えるお店は、

    • ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラル
    • オリックスレンタカー
    • マツモトキヨシ
    • タワーレコード
    • 紀伊國屋書店
    • 洋服の青山
    • THE SUIT COMPANY
    • 紳士服のコナカ
    • 紳士服のフタタ
    • 第一園芸
    • 伊達の牛たん本舗
    • ジェイアンドジェイグループ
    • ビッグエコー
    • 東京無線タクシー
    • チェッカーキャブ
    • さわやか無線センター
    • ローソン

    の17店です。iD払いのみに対応しているお店・サービスは少なく、大抵はiD払い・dカード払いのどちらにも対応しています。ただ、一部iD払い限定で特典を付与しているお店・サービスもあるので注意しておきましょう。

    とは言え、dカードには元々iD機能が付いているので、仮に勘違いをしてiD払い限定で特典を付与しているお店・サービスを利用してしまっても、iD払いに切り替えて支払いをすれば問題なく特典の恩恵を受けられます

    iD機能は簡単な設定をするだけで使えるようになるので、特約店を利用する前に予め設定をしておくと良いでしょう。支払いの手間を減らしたいのならおサイフケータイやApple Pay機能の設定も済ませておくことをおすすめします。

    dカードとdカード GOLDの違い


    画像引用元:dカード | サービス・機能 | NTTドコモ
    dカードとdカード GOLDでは得られるサービスに様々な違いがあります。例えばケータイ補償の上限額や、携帯料金・光回線の料金を支払った際の還元率、年会費などは特に大きな違いです。

    しかし、特約店での利用に限っては『dカード GOLDの方が高還元率』等の違いは無く、どちらのカードを持っていても同じ特典を受けられます。

    ドコモユーザーであれば間違いなくdカード GOLDにアップグレードしておいた方が良いですが、ドコモユーザーではなく特約店での高ポイント還元を期待してdカードを持つのであれば、年会費無料のdカードを選んだ方が良いでしょう

    dカード/dカード GOLD特約店の上手な使い方


    画像引用元:dカード | dカード 家族カードのご紹介

    出来るだけ還元率の高い特約店で買い物をする

    特約店のメリットをフル活用したいのなら、出来るだけポイント還元率の高いお店で買い物をするようにしましょう。例えば、特典獲得分の還元率が2%と高いマツモトキヨシ、キャンペーンと併用することで5%以上の還元率になることもあるdモールなどは特におすすめです。

    また、ローソンなどの常時割引を実施しているお店を活用するのも忘れてはいけません。煙草や切手など一部の商品は割引の対象外となっていますが、ローソンは3%の割引に加え通常利用分と併せてdポイントの還元率が2%とかなり高めです。

    コンビニを利用することが多い方であれば、可能な限りローソンを利用することで毎月数千円以上お得に買いものをすることも出来ます

    キャンペーンをこまめにチェックする


    画像引用元:dポイント 魔法のスーパーチャンス! | dポイントクラブサイト
    dカードは様々なキャンペーンを常に実施していますが、その中にはdカード特約店に関するものも多く含まれています。例えば画像のキャンペーンは2019年1月6日まで行われているキャンペーンですが、なんと特約店で貰えるdポイントが50倍にもなっています。

    このように、キャンペーンによっては特典で得られるdポイントが10%を超えることもあるため、より上手にdカードを使いたいなら利用しない手は無いでしょう。

    よくキャンペーンが実施されているのはドコモが運営するオンラインストア『dカード ポイントUPモール』に加盟しているショップで、キャンペーン中でなくとも元々のポイント還元率が1.5%~10.5%と高いだけでなく、クーポンが貰えることもあるため非常にお得です。

    注目すべきポイントは楽天やAmazon等の大手ECサイトが加盟している点でしょう。dカードホルダーであれば、いつでも楽天やAmazonでの買い物に1.5%のdポイントが還元されます。

    また、ネットショップ以外でも新しくdカードの特約店に指定されたお店はポイント還元率アップなどのキャンペーンを実施することが多いです。キャンペーン情報はdカードもしくは特約店の公式サイトにて確認出来るので、こまめにチェックしておきましょう。

    dカード/dカード GOLDでおすすめの支払い方法

    リボ払い以外の支払い方法がおすすめ

    特約店でのdカード利用によって得られる特典は支払い方法に関係なく貰えるため、『どの支払い方法がおすすめ』ということはありません。ただ、リボ払いだけは極力使わないようにしましょう。

    というのも、リボ払いは月々の支払いを固定できるメリットがある反面、なかなか元金が減らないデメリットを持っているのです。

    この傾向は利用額が増えれば増えるほど大きくなり、酷いケースでは毎月5,000円支払っているのに元金は数百円しか減らないというような事態に陥りかねません。

    そうなってしまっては、いくらポイント還元が得られたところで結局は損をしてしまう計算になりますから、特約店でdカードを使う際はリボ払いではなく、一括払いや分割払いを使うことをおすすめします。

    リボ払い関連のキャンペーンを利用する際は、一旦リボ払い扱いで決済をしておき、後で支払い方法を変えるようにすると良いでしょう。この方法であれば、キャンペーンの特典と特約店での特典を得つつ、リボ払いによる損を回避することが可能になります。

    ポイントが貯まったらこまめに使う


    まとまった額になるまで貯めておくのもひとつの手ですが、特約店の特典で得たdポイントはこまめに使うようにした方が良いでしょう。

    なぜなら、特約店で得たdポイントの中には『期間・用途限定dポイント』と呼ばれる特殊なdポイントが含まれ、名前の通り使用できる期間や用途が限定されているのです。

    用途が限定されていることは稀ですが、期間が通常のdポイントに比べて短く設定されているケースは珍しくないので、特典で得たdポイントは貯めておいてポイントので買い物をするよりも、端数を切る用途で使うのに適しています

    せっかく貰ったdポイントを無駄にしてしまうと特典が無意味になってしまうため、使用期限が切れてしまわないよう適度に使うようにしましょう。

    おサイフケータイ・Apple Payで使うと便利

    支払いの際にわざわざクレジットカードを出すのは面倒』と思う方は少なくないでしょう。確かにサインをしたり、暗証番号を入力したりと手間の掛かるクレジットカードは、コンビニなどでのちょっとした買い物に適しているとは言えません。

    クレジットカードでの決済が面倒なのであれば、おサイフケータイやApple Payにdカードを登録しておくと良いでしょう。スマホをかざすだけで決済できるおサイフケータイやApple Payを使えば、支払い時の手間をグンと減らせます

    もちろん、スマホ決済を利用して支払いをした場合でも特約店の特典を貰うことは可能です。スムーズな決済をしつつ、ポイントも得たいのならおサイフケータイやApple Payも活用してみましょう。

    dカード特約店を使う際の注意点

    支払い方法に気を付ける

    ドコモの携帯料金や光回線の割引は支払い方法に関わらず、dカードを持っているだけで割引を受けられるため勘違いしてしまいがちですが、特約店の利用に対する特典を受け取る際はdカード払いもしくはiD払いで決済をしなければいけません

    特に注意をしなければならないのは高額決済をする際で、せっかくのポイント大量獲得のチャンスが支払い方法を間違えることで無駄になってしまいます

    気を付けておけば防げるミスではありますが、それ故にうっかり対象外の支払い方法で決済をしてしまう方は多いので、特典目当てでdカードの特約店を利用する際は、必ず対象の支払い方法で決済をするようにしましょう

    dポイントが使えないケースもある

    dポイントはdポイント加盟店であればどこでも利用することが可能ですが、ドコモでの一部の支払いなど使えないケースも少なくありません。

    例えばドコモの携帯回線を解約する際に掛かる解約金などはdポイントで支払い出来ない仕様となっています。

    また、そもそもdポイントは利用者登録をしていない場合は使うことが出来ないため、dポイントを使って支払いをする際は事前に登録をしておかなければいけません。利用者登録はdポイントの公式サイト『dポイントクラブ』から行えます。

    特約店でdカードをもっとお得に使おう!


    ご紹介したように特約店でdカードを使うと、通常利用分の1%還元に加えて2~6%程度のdポイントが受け取れます。dカード/dカード GOLDを上手に使いたいのなら特約店制度を利用しない手は無いでしょう。

    また、キャンペーン中であれば更にポイント還元率が高まることもあります。キャンペーンを利用した場合、高額商品の代金を10%以上のポイント還元を受けることも可能なので、キャンペーン情報はこまめにチェックするようにしましょう。

    dカードを持っていて、まだ特約店を利用したことが無いという方は是非この機会に特約店を利用してみて下さい。上手に使えば、毎月の出費をグンと減らすことも夢ではありません

    Pocket