ドコモ dカード
Pocket

読了時間:約 3

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード」と「dカード GOLD」はドコモユーザーの間では定番となっています。

実際に多くのドコモユーザーが「dカード」と「dカード GOLD」を利用しています。

今回は、ドコモの「dカード」と「dカード GOLD」のお得な使い方や補償・特典・ポイントの貯め方などについて詳しく解説します。

dカード / dカード GOLD入会キャンペーン情報まとめ【最新版】

今なら新規入会特典もありとてもお得です。
dカード GOLDの入会特典はこちら▽

dカードのポイントをお得に貯めるには

dカードのお得さをアップさせるためには、dポイントをたくさん貯めて上手に使うことです。

単純にdカードを使うだけでもdポイントはどんどん貯まっていきますが、さらにお得さを狙いたい方へ、チャンスを逃さずにしっかりとdポイントを貯めるための方法をご紹介しましょう。

dカードで毎日のお買い物代金を支払う

dカードを使うだけでポイントが貯まる

dカードで通常のお買物代金を決済すると、税込100円につき1ポイントが貯まります。

毎日どこかで何かお買い物をしているはずですが、このときこまめにdカードを使って支払うと、いつの間にかたくさんのdポイントが貯まっていくのです。

ところで、1%の還元率自体はよくある一般的なものですが、「100円ごとに1ポイント」が付与される点と、「税込みで」ポイント換算してくれる点がdカードの大きなメリットです。

たとえば375円利用した場合で、「200円ごとに2ポイント」「税抜きで」という条件と比較してみましょう。

dカードなら税込み価格で405円となり、4ポイントの還元を受けることができます。

けれども「200円ごとに」「税抜きで」ポイント還元されるケースでは、課税前の375円がポイント還元の対象額となり、200円ごとに2ポイントとなるために2ポイントしか還元されません。

ポイント還元率だけをみればどちらも1%なのですが、実質的には必ずしもそうならないカードもあるという点に注意が必要でしょう。

iDアプリでスマホ払いもできる

dカードをiDアプリでおさいふケータイやApple Payにダウンロードして設定しておけば、ケータイやスマホをかざすだけで簡単に支払いが完了します。

レジでお財布を広げてわざわざdカードを取り出さなくてもOK、気軽にdポイントを貯めながらお買い物ができますよ。

注意!dポイントがつかない支払いも

残念ながらすべての支払いでdポイントが貰えるわけではありません。

dカードでクレジット払いにしてもdポイントが付与されないものもあるので、注意が必要です。以下にポイント進呈の可否一覧を挙げておきます。

なお、ドコモの携帯電話とドコモ光の利用料金については、dポイントクラブのポイントプログラムでポイントが付与されます。

詳しくは「dポイントクラブご優待」を参照してください。

サービス内容 ポイント付与の有無
ショッピング(dカード ETCカードでの利用も含む)
ドコモの携帯電話ご利用料金、ドコモ光ご利用料金 ×
ドコモの端末故障修理代金 ×
ドコモのバリューコースにおける分割支払金/分割払金 ×
ドコモの分割払い端末代金の残債一括精算 ×
d払い
NTTファイナンスおまとめ請求 ×
公共料金
楽天Edyチャージ
nanacoチャージ
モバイルSuicaチャージ
SMART ICOCAチャージ
WAONチャージ
dカード プリペイドチャージ
×
キャッシング返済金 ×
リボ払い手数料 ×
分割払い手数料 ×
再発行手数料 ×
年会費 ×
遅延損害金 ×
回収事務手数料 ×
ユニセフ募金・国境なき医師団募金・ドコモチャリティ募金 ×
国民年金保険料 ×

dカードで公共料金を支払おう

電気・ガス・水道のほか、有料放送や電話・インターネット回線使用料などは、毎月必ず支払わなければなりませんが、まとまると数万円もの結構な金額になります。

実はdカードを使って公共料金を支払うことができるので、支払い方法を口座引落にされているなら、ぜひdカードでの支払いに変更しましょう。

支払い方法を変更するだけで、おどろくほどたくさんのdポイントが還元されるようになりますよ。

dポイント加盟店でもっとお得に


画像引用元:NTTdocomo × LAWSON | dカード、DCMXなら、ローソンでのお買物が5%おトク!

普通のお店でdカードを使うだけでも、dポイントを貯めることはできます。

けれどもdポイント加盟店でなら、通常の100円ごとに付与される1ポイントに加えて、利用額に応じ1%以上の特約店ポイントやギフトがもらえるなど、もっとお得にdポイントが貯められるのです。

dポイント加盟店は全国にたくさんあり、おなじみの「ローソン」や「マツモトキヨシ」「スターバックス」をはじめ、書店やデパートなど、日常の生活シーンを幅広く網羅しています。

dポイント加盟店の詳細は、ドコモの「dポイントクラブ」公式webサイトから確認できるので、ぜひ一度チェックしてみてください。

なおローソンの場合では、dカード利用による2%のポイント還元に加え、dカード利用代金の請求時に3%の割引を受けることができるため、実質5%のお得となります。

例えば出勤時に毎朝ローソンでコーヒーを買っている方の場合、1ヶ月で2,000円となります。

dカードを利用することで2%の40円分、カード利用代金の請求時に3%の60円分のdポイントが付与されます。つまり1ヶ月でコーヒー1杯がタダで手に入ることになるのです。

1日たった100円でも1年で1,200円のお得になるのだから、dカードを使えば使うほど満足度はどんどんアップしていきますね。

ネットショッピングでもdポイントが貯まる

amazonや楽天、YAHOO!ショッピングでお買い物をするなら、ぜひとも「dカードポイントUPモール」を利用してください。

「dカードポイントUPモール」経由してお買い物をしてdカードで決済するだけで、通常の1.5~10.5倍ものdポイントを貯めることができるのです。

加えてクーポンやセール割引など、さまざまな特典を受けることもできます。

ほかにもユニクロやDHCなど、dカードポイントUPモールで対象となっている商品カテゴリは、「ファッション」「暮らしと生活」「美容健康」「家電パソコン」「グルメ」「趣味ゲーム」「旅行チケット」「本CDやDVD」など幅広い分野に渡っているので、ネットショッピングをする前に一度「dカードポイントUPモール」サイトに立ち寄ってみられることをおすすめします。

ETCでもdポイントが貯まる

ドライブや仕事などでよく高速道路を利用される方なら、すでにETCカードをお持ちだと思いますが、dカードのETCカードに変更してはいかがでしょう。

初年度の年会費は無料で、2年目以降も前年度に一度でもETCカードを利用していれば無料です。

ETCを利用するたびに税込み100円につきdポイントが1ポイント貯まるので、かなりのポイントが貯められるはずです。

家族カードでもdポイントが貯まる

dカードでは、家族カードを作ることもできます。

家族みんなが利用するクレジットカードをdカードに統一すると、dポイントの貯まるスピードはどんどん速くなっていきます。

dカードで家族カードを作ると、支払い口座をひとつにまとめて管理できる点もメリットです。

dカードは家族カードでも年会費が無料で、2年目以降は前年度に本会員か家族会員のいずれかにショッピング利用があれば無料となります。

なお、前年度の利用がない場合の年会費は1枚ごとに税抜き400円です。

また、家族会員ごとにETCカードを申し込むことができ、初年度の年会費は無料、2年目以降はETCカードごとに1年間で一度でも利用していれば、年会費は無料となります。

dカードでポイントをもっとお得に使おう

ここまで、dカードでdポイントを効率よく貯める方法を紹介してきました。

ここからは、たくさんたまったdポイントをお得に使う方法を解説しましょう。

dポイントをお得に使えるサービスはたくさんあるため、貯めたdポイントの使い道に困るということは、まずありません。

街のお店でdポイントが使える

街のお店にはdポイントを使うことができるところがたくさんあり、ファーストフード店・コンビニ・ショッピング店・カフェ・レストラン・居酒屋・ホテル・アミューズメント施設・車関連・本・美容健康施設など幅広いジャンルのお店が挙げられます。

dポイントを使うときには、dカードを提示したうえでdポイントを使う旨をお店のスタッフに伝えればOKです。

1ポイント1円として利用できるだけでなく、割引クーポンがもらえるお店もありますよ。

ネットショッピングでdポイントを使う


画像引用元:dポイントのおトクな使い道 – dポイントを使ってネットショッピング|かんたん、便利なスマホ決済!d払い

ネットショッピングでもdポイントを使うことができます。

ネットショップでdポイントを使ってお買い物する方法は、以下の3ステップでOKです。

  1. お支払い方法で「d払い」を選択
  2. 注文確定後、d払い決済画面へ移動
  3. 決済詳細を確認して利用するdポイントを入力

dポイントは1ポイントから、1ポイント=1円として利用できます。

なお、dポイントは「d払い」でのみ支払いに利用することができます。したがって、dポイントを利用できるのは「d払い」対応サイトのみとなります。

1 2