dカード
Pocket

読了時間:約 3

ドコモユーザーのほとんどが契約しているdカード。

「便利でおトク」と謳われていますが、内容をあまり確認しないまま契約している方が多いようです。

この記事では、dカードで損をしないための注意点や、さらにおトクといわれているdカード GOLD(ゴールド)について解説していますので、dカードの契約前にぜひ確認してください。

dカードの特徴や特典、持つメリットを詳しく紹介しています。
dカードを徹底解説|ドコモを使うなら絶対に持つべきメリット

dカードとは


画像引用元:https://d-card.jp/st/abouts/d-cardapply.html

dカードとは、NTTドコモが発行しているMastercard/VISAブランドのクレジットカードです。初年度の年会費無料で2年目以降は1,250円+税の年会費が必要となりますが、前年度に一度でもショッピングサービスを利用していれば、年会費は無料となります。

家族カードを作ることもでき、年会費は初年度無料で2年目以降は400円+税となります。年に1回でも利用していれば、次年度以降も年会費は無料です。dカードを申し込めるのは、以下の条件を満たす方です。

  • 個人の方
  • 満18歳以上(学生は不可)で、安定した収入がある方
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定できる方
  • その他ドコモが定める条件を満たす方
ドコモユーザーならdカードを絶対持つべき理由

dカードを利用すれば月々の支払がもっとお得になります。

初年度年会費無料で1度でも利用すれば次年度も無料となり、毎月の通信利用料金の1%をポイント還元、ケータイ補償やお買物などの特典と手厚いのが特長です。

ドコモユーザーなら絶対持っておくことをオススメします!

ショッピングで1%ポイント還元

dカードでショッピングすれば、100円につき1ポイントが還元され、「dカード特約店」でのお買い物なら2~5%の高いポイント還元が受けられます

たとえばローソンでdカードを利用すれば、dカードでの支払いで3%OFFとなることに加え、dカードの提示+決済でそれぞれ1%ポイントの還元も同時に受けられるので、実質5%のポイント還元となるのです。

ローソンをたくさん利用している人はdカードを作らないと損をしている

また、ドコモのケータイやドコモ光の月額利用料金をdカードで支払えば、1,000円(税抜)につき10ポイントが還元されるのです。ドコモユーザーならドコモへの月額使用料は毎月発生するので、支払いをdカードにしておくだけで勝手にdポイントが貯まっていくわけです。

電子マネーiD(アイディ)が使える


dカードには電子マネーiD が付いています。電子マネーiDはドコモが提供している電子マネーサービスで、dカードをかざすだけで支払いが完了、クレジットカードのような認証やサインは不要です。

電子マネーiDは他の電子マネーと異なり、あらかじめチャージする必要はなく、手元にdカードが届くとすぐに使うことができます。電子マネーiDは、ローソン・セブンイレブンなどのコンビニエンスストアやイオン・マックスバリュのほか、ガスト・マクドナルドなどで利用が可能です。

ドコモのユーザーでなくてもdカードを持てる

dカードはドコモのユーザーでなくても発行できます。街中の「dポイント加盟店」でもネットショップの「dケータイ払いプラス加盟店」でも、ドコモのユーザーと同じように原則1%のポイントが還元されるのです。

dカード特約店でなら2~4%のポイントが還元され、たとえばスタバカードへdカードからチャージすれば、4%のdポイントが還元されます。もちろん貯まったポイントを使うこともできます。

dポイントでiDキャッシュバックできる


iDキャッシュバックとは、dポイントを電子マネーiDの利用代金に充当するサービスのことです。サービスを利用するには、あらかじめ貯めたdポイントを「iDキャッシュバック」に交換しておく必要があります。

交換方法は、dポイントクラブサイトトップページから「つかう」を選択して、下方にある「つかいかたいろいろ」の中から「交換商品につかう」→「iDキャッシュバックコース」に進めばOKです。

iDキャッシュバックに利用できるのは通常のdポイントに限られ、2000ポイントから交換できます。なお、iDキャッシュバックには有効期限があり、期限を過ぎた場合には失効してしまうので注意が必要です。

期限内であれば残高は自動的に繰り越され、繰り越したiDキャッシュバックは進呈月の5か月後の15日まで分のiD利用代金に充てられます。

iDキャッシュバックが適用された場合には、「iDキャッシュバック」の名称で充当額が請求明細に記載され、有効期限や残高はdカードwebサイト内のweb明細画面下部「iDキャッシュバック照会」にて確認できます。

ドコモのdカード|入会特典等でもらえるiDキャッシュバックの確認方法

dカードをおトクに使いたいなら

ドコモユーザーでなくても持つことができるdカードですが、メリットを最大化させられるのはドコモユーザーです。それはdポイントを使って携帯やスマホの月額使用料の支払うことができるからです。

また「Ponta」や「JALマイル」などのポイントとdポイントを相互交換できるのも、ドコモユーザー限定となっています。

ポイント交換の方法はiDキャッシュバックと同様に、dポイントクラブサイトトップページから「つかう」を選択して、下方にある「つかいかたいろいろ」の中から「交換商品につかう」→「マイルコース」もしくは「Pontaコース」へと進めばOKです。

dカードの契約前に確認したい注意点

dポイントカードとdカードの違い


dポイントカードとdカードの違いは、クレジット機能の有無です。クレジット機能つきのdカードには「dカード」と「dカード GOLD(ゴールド)」の2種類があります。

dポイントカード・dカードともに、dポイント加盟店で提示してポイントをためたり使ったりできますが、「dカード」「dカード GOLD(ゴールド)」でクレジット決済することで、通常のポイント(税抜き100円につき1ポイント)に、クレジット決済分の税込み100円につき1ポイントが加算されるのです。

つまり、dカードでクレジット払いすれば、dポイントカードの倍速でポイントをためることができます

dポイントには2種類ある


dポイントには2つの異なるタイプのものがあります。ひとつは通常のdポイント、もうひとつが期間と用途が限定されたdポイントで、それぞれに有効期限と用途に違いがあるため注意が必要です。

通常のdポイントでは、ポイントを獲得した月から48か月後の月末までが有効期限となっています。獲得したポイントは、dポイントが使えるほとんど全てのサービスで利用が可能です。

1 2