キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

昨今、スマートフォンやタブレットなどの普及とともに定額制の配信サービスが急速に成長してきました。定額制の配信サービスには音楽や書籍など様々なものがありますが、中でも映像はわざわざレンタル店舗に足を運ぶ必要もなくどこでも気軽に観られる事などから人気です。

今回は、そんな定額制動画配信サービスの一つでありスポーツに特化したDAZN(ダゾーン) for docomoをご紹介しています。docomoユーザー以外の方もご利用可能ですので、野球やサッカーなどスポーツファンの方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

DAZN(ダゾーン) for docomoとは


画像引用元:DAZN for docomo|セ・パ11球団の試合が見放題!!プロ野球を観るならダゾーン!

簡単にご紹介するなら、DAZN(ダゾーン) for docomoは近年注目を集める定額制動画配信サービスの一つです。DAZN for docomoは大手通信会社であるdocomoが取り扱っており、2018年2月7日からサービスが開始されました。

サービスの提供はdocomoが行っていますが、for docomoという名称を見ても分かる通り実際にはイギリスの会社であるPeform Group(パフォーム・グループ)のサービスを使って運営されています。

定額制動画配信サービスと言っても近年は数えきれないほどの種類がありますが、その中にあってDAZN for docomoは徹底的にスポーツの配信に特化しているのも特徴的です。

通常のDAZNとの違い

既にご存じの方もいるかもしれませんが、DAZN for docomoにはforを冠さない通常のDAZNも存在しています。DAZN for docomoをdocomoが提供しているのに対して、通常のDAZNはPeform Groupの子会社であるPeform Investment Limitedが運営しています。

元の会社が同じという事で2つのサービス内容自体はまったく同じですが、運営・提供会社が異なるため申し込み・請求・料金など特に契約に関わる部分には大きな違いが見られます。よりお得に利用したいなら、DAZN for docomoとDAZNの違いを知っておく事は重要なポイントではないでしょうか。

申し込み・請求・料金などは後ほどDAZN for docomoとDAZNの違いも交えながら詳しくご紹介しています。

DAZN for docomoのお得なポイントは5つ

DAZN for docomoはスポーツに特化した動画配信サービスであり、なおかつdocomoがサービスの提供を行っているという特徴を持っています。それらを含めて考えると、DAZN for docomoには下記のような5つのお得なポイントがあると言えるでしょう。

DAZN for docomoのお得なポイント

  1. スポーツに特化&コンテンツが多い
  2. 見逃し配信やハイライトがある
  3. 他のサービスとも違いがある
  4. ドコモユーザーならお得に利用可能
  5. お試し&セット割もあり

スポーツを取り扱う定額制動画配信サービスは多くありますが、上記のポイントを理解しておく事でDAZN for docomoをお得に利用する事が出来るはずです。これから定額制動画配信サービスへの加入を検討している方は、特に入念にチェックしていきましょう。

DAZN for docomoの特徴など


画像引用元:DAZN for docomo|セ・パ11球団の試合が見放題!!プロ野球を観るならダゾーン!

まずはDAZN for docomoで配信されているコンテンツ、主要な特徴を確認しておきましょう。DAZN for docomoに限らず、定額制動画配信サービスで配信される国内スポーツは基本的にTVでも放送されています。

もちろんマイナーリーグや海外の試合などはBSやWOWOWなどに加入しなければ観られないものもありますが、インターネットが普及した昨今では海外の試合でも手軽に結果を知る事が可能です。

このため、わざわざ月額料金を支払ってまで定額制動画配信サービスに加入しようと考える方は多くはないのではないでしょうか。

配信されているコンテンツ

数ある定額制動画配信サービスの中にあって、DAZN for docomoはとにかくスポーツの配信だけに特化しているのが特徴的だと言えます。プロ野球やNLB、海外サッカーをはじめ、格闘技や自転車競技などおよそスポーツとして考えられるものはほぼ網羅しています。

それもそのはず、DAZN for docomoでは130以上ある世界中のスポーツを年間10,000試合以上放送しているのです。下記はDAZN for docomoで配信されているスポーツの一部となりますが、これだけ見てもかなりの数がある事が分かるかと思います。

特にサッカーには力を入れており、日本や各国のリーグ戦からワールドカップまで様々な試合が配信されているのが魅力的。野球やサッカーなど人気のスポーツ以外も取り扱っている為、どのようなスポーツファンでも楽しめるのがDAZN for docomoのメリットではないでしょうか。

取り扱っているスポーツは随時更新されていますので、DAZN for docomoのラインナップ一覧もしくはDAZNの配信コンテンツ・スケジュールについてで確認するのが良いでしょう。

スポーツ配信コンテンツ配信内容
サッカーJリーグ
ブンデスリーガ
セリエA
明治安田生命J1リーグ/J2/J3
ブンデスリーガ1部/2部
2節以降/前節配信予定
野球パシフィック・リーグ
セントラル・リーグ
MNB
全球団の公式戦
カープ・スワローズ・タイガースなど
1日最大6試合
バスケットボールBリーグ-
バレーボールVリーグプレミアムリーグ男子・女子など
モータースポーツFormula 1
Formula 2
全レースフリー走行など
エクストリームスポーツレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ-
ラグビーAviva Premiership など-
総合格闘技UFC-
テニスATP 250レギュラーシーズン
その他
ゴルフPGA TOUR退会の初日および2日目
ダーツPremier League-
卓球アジア卓球選手権-
陸上IAAF マラソン-

対応端末が多い

単身世帯であればTVを持っていないという方もいらっしゃるかもしれませんが、現在主流となっているBlu-rayなどの家庭用の録画機器の性能は以前より格段に進化しています。

複数の番組を録画しておく事も可能ですから、スポーツ観戦はスマートフォンやタブレットよりもTVを中心としているという方も多いかもしれません。しかし、録画した番組は基本的にTVで観る事を前提としているでしょうから、チェックできる時間も限られてしまうのではないでしょうか。

DAZN for docomoはスマートフォンやPC・タブレットなどで視聴する事が出来るのはもちろん、推奨環境さえ満たして入ればTVやゲーム機など様々な端末で視聴する事が出来るのです。

登録端末は6台まで・同時視聴は2台までという条件こそありますが、対応端末が多い事から外出時はスマホやタブレット・休日は家でTV観戦と様々な方法で観戦を楽しむ事が可能です。AndroidだけでなくiOSにも対応していますから、端末を選ばないのも強みだと言えるでしょう。

見逃し配信&ハイライトもあり

DAZN for docomoの配信はライブ形式を中心としており、24時間休むことなく様々なスポーツが放送されています。海外スポーツは現地時間と国内の時間にはずれがあるため、深夜1時や3時に放送されているという事も珍しくありません。

しかし、そのような方のためにDAZN for docomoでは配信後に好きな作品をチェックする事が出来る見逃し配信を実施しています。DAZN for docomoの見逃し配信期間は基本30日間に設定されており、期間内であればいつでも好きな作品を観る事が可能です。

いくら忙しい方であっても30日以内に番組が見られないという事はまずないでしょうし、わざわざ録画をしなくても良いため番組表を入念にチェックする時間を節約する事も出来ます。

時間がない方のためにハイライト機能などもついているのが嬉しいポイントですが見逃し配信30日はJリーグが中心となっており、一部のコンテンツでは期間が異なる点には注意が必要です。

DAZNを運営するPeform Groupは配信期間の延長・ダウンロード機能の実装などを検討しているようですので、今後のDAZNの動向に注目したい所です。

利用条件や料金をチェック

DAZN for docomoと通常のDAZNで観る事が出来るコンテンツ内容にはまったく違いがありません。しかし、先にご紹介した通りサービスの提供元が違うという事で、申し込み・請求・料金などには大きな違いがあります。

ここでは、特にDAZN for docomoと通常のDAZNとの違いをポイントに利用条件や料金などをチェックしていきましょう。

申し込み条件

DAZN for docomoはドコモユーザー(ドコモと契約している方)の利用を前提としたサービスですが、ドコモのスマートフォンをお持ちでなくとも利用する事が出来ます。

ドコモユーザーで無い場合、ドコモが提供している共通IDであるdアカウントを発行しましょう。dアカウントはDAZN for docomoの利用時だけではなく、サービスの利用や買い物などでdポイントを貯める・使う事も可能となっています。


1 2