キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

昨今、スマートフォンやタブレットなどの普及とともに定額制の配信サービスが急速に成長してきました。定額制の配信サービスには音楽や書籍など様々なものがありますが、中でも映像はわざわざレンタル店舗に足を運ぶ必要もなくどこでも気軽に観られる事などから人気です。

今回は、そんな定額制動画配信サービスの一つでありスポーツに特化したDAZN(ダゾーン) for docomoをご紹介しています。docomoユーザー以外の方もご利用可能ですので、野球やサッカーなどスポーツファンの方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

DAZN(ダゾーン) for docomoとは


画像引用元:DAZN for docomo|セ・パ11球団の試合が見放題!!プロ野球を観るならダゾーン!

簡単にご紹介するなら、DAZN(ダゾーン) for docomoは近年注目を集める定額制動画配信サービスの一つです。DAZN for docomoは大手通信会社であるdocomoが取り扱っており、2018年2月7日からサービスが開始されました。

サービスの提供はdocomoが行っていますが、for docomoという名称を見ても分かる通り実際にはイギリスの会社であるPeform Group(パフォーム・グループ)のサービスを使って運営されています。

定額制動画配信サービスと言っても近年は数えきれないほどの種類がありますが、その中にあってDAZN for docomoは徹底的にスポーツの配信に特化しているのも特徴的です。

通常のDAZNとの違い

既にご存じの方もいるかもしれませんが、DAZN for docomoにはforを冠さない通常のDAZNも存在しています。DAZN for docomoをdocomoが提供しているのに対して、通常のDAZNはPeform Groupの子会社であるPeform Investment Limitedが運営しています。

元の会社が同じという事で2つのサービス内容自体はまったく同じですが、運営・提供会社が異なるため申し込み・請求・料金など特に契約に関わる部分には大きな違いが見られます。よりお得に利用したいなら、DAZN for docomoとDAZNの違いを知っておく事は重要なポイントではないでしょうか。

申し込み・請求・料金などは後ほどDAZN for docomoとDAZNの違いも交えながら詳しくご紹介しています。

DAZN for docomoのお得なポイントは5つ

DAZN for docomoはスポーツに特化した動画配信サービスであり、なおかつdocomoがサービスの提供を行っているという特徴を持っています。それらを含めて考えると、DAZN for docomoには下記のような5つのお得なポイントがあると言えるでしょう。

DAZN for docomoのお得なポイント

  1. スポーツに特化&コンテンツが多い
  2. 見逃し配信やハイライトがある
  3. 他のサービスとも違いがある
  4. ドコモユーザーならお得に利用可能
  5. お試し&セット割もあり

スポーツを取り扱う定額制動画配信サービスは多くありますが、上記のポイントを理解しておく事でDAZN for docomoをお得に利用する事が出来るはずです。これから定額制動画配信サービスへの加入を検討している方は、特に入念にチェックしていきましょう。

DAZN for docomoの特徴など


画像引用元:DAZN for docomo|セ・パ11球団の試合が見放題!!プロ野球を観るならダゾーン!

まずはDAZN for docomoで配信されているコンテンツ、主要な特徴を確認しておきましょう。DAZN for docomoに限らず、定額制動画配信サービスで配信される国内スポーツは基本的にTVでも放送されています。

もちろんマイナーリーグや海外の試合などはBSやWOWOWなどに加入しなければ観られないものもありますが、インターネットが普及した昨今では海外の試合でも手軽に結果を知る事が可能です。

このため、わざわざ月額料金を支払ってまで定額制動画配信サービスに加入しようと考える方は多くはないのではないでしょうか。

配信されているコンテンツ

数ある定額制動画配信サービスの中にあって、DAZN for docomoはとにかくスポーツの配信だけに特化しているのが特徴的だと言えます。プロ野球やNLB、海外サッカーをはじめ、格闘技や自転車競技などおよそスポーツとして考えられるものはほぼ網羅しています。

それもそのはず、DAZN for docomoでは130以上ある世界中のスポーツを年間10,000試合以上放送しているのです。下記はDAZN for docomoで配信されているスポーツの一部となりますが、これだけ見てもかなりの数がある事が分かるかと思います。

特にサッカーには力を入れており、日本や各国のリーグ戦からワールドカップまで様々な試合が配信されているのが魅力的。野球やサッカーなど人気のスポーツ以外も取り扱っている為、どのようなスポーツファンでも楽しめるのがDAZN for docomoのメリットではないでしょうか。

取り扱っているスポーツは随時更新されていますので、DAZN for docomoのラインナップ一覧もしくはDAZNの配信コンテンツ・スケジュールについてで確認するのが良いでしょう。

スポーツ配信コンテンツ配信内容
サッカーJリーグ
ブンデスリーガ
セリエA
明治安田生命J1リーグ/J2/J3
ブンデスリーガ1部/2部
2節以降/前節配信予定
野球パシフィック・リーグ
セントラル・リーグ
MNB
全球団の公式戦
カープ・スワローズ・タイガースなど
1日最大6試合
バスケットボールBリーグ-
バレーボールVリーグプレミアムリーグ男子・女子など
モータースポーツFormula 1
Formula 2
全レースフリー走行など
エクストリームスポーツレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ-
ラグビーAviva Premiership など-
総合格闘技UFC-
テニスATP 250レギュラーシーズン
その他
ゴルフPGA TOUR退会の初日および2日目
ダーツPremier League-
卓球アジア卓球選手権-
陸上IAAF マラソン-

対応端末が多い

単身世帯であればTVを持っていないという方もいらっしゃるかもしれませんが、現在主流となっているBlu-rayなどの家庭用の録画機器の性能は以前より格段に進化しています。

複数の番組を録画しておく事も可能ですから、スポーツ観戦はスマートフォンやタブレットよりもTVを中心としているという方も多いかもしれません。しかし、録画した番組は基本的にTVで観る事を前提としているでしょうから、チェックできる時間も限られてしまうのではないでしょうか。

DAZN for docomoはスマートフォンやPC・タブレットなどで視聴する事が出来るのはもちろん、推奨環境さえ満たして入ればTVやゲーム機など様々な端末で視聴する事が出来るのです。

登録端末は6台まで・同時視聴は2台までという条件こそありますが、対応端末が多い事から外出時はスマホやタブレット・休日は家でTV観戦と様々な方法で観戦を楽しむ事が可能です。AndroidだけでなくiOSにも対応していますから、端末を選ばないのも強みだと言えるでしょう。

見逃し配信&ハイライトもあり

DAZN for docomoの配信はライブ形式を中心としており、24時間休むことなく様々なスポーツが放送されています。海外スポーツは現地時間と国内の時間にはずれがあるため、深夜1時や3時に放送されているという事も珍しくありません。

しかし、そのような方のためにDAZN for docomoでは配信後に好きな作品をチェックする事が出来る見逃し配信を実施しています。DAZN for docomoの見逃し配信期間は基本30日間に設定されており、期間内であればいつでも好きな作品を観る事が可能です。

いくら忙しい方であっても30日以内に番組が見られないという事はまずないでしょうし、わざわざ録画をしなくても良いため番組表を入念にチェックする時間を節約する事も出来ます。

時間がない方のためにハイライト機能などもついているのが嬉しいポイントですが見逃し配信30日はJリーグが中心となっており、一部のコンテンツでは期間が異なる点には注意が必要です。

DAZNを運営するPeform Groupは配信期間の延長・ダウンロード機能の実装などを検討しているようですので、今後のDAZNの動向に注目したい所です。

利用条件や料金をチェック

DAZN for docomoと通常のDAZNで観る事が出来るコンテンツ内容にはまったく違いがありません。しかし、先にご紹介した通りサービスの提供元が違うという事で、申し込み・請求・料金などには大きな違いがあります。

ここでは、特にDAZN for docomoと通常のDAZNとの違いをポイントに利用条件や料金などをチェックしていきましょう。

申し込み条件

DAZN for docomoはドコモユーザー(ドコモと契約している方)の利用を前提としたサービスですが、ドコモのスマートフォンをお持ちでなくとも利用する事が出来ます。

ドコモユーザーで無い場合、ドコモが提供している共通IDであるdアカウントを発行しましょう。dアカウントはDAZN for docomoの利用時だけではなく、サービスの利用や買い物などでdポイントを貯める・使う事も可能となっています。

通常のDAZNではdアカウントの発行は必要無くEメールアドレスや支払い方法を登録するだけで問題ありませんが、当然dポイントを貯める事は出来ません。年会費等も必要ありませんので、まだお持ちでなかった方はこの機会にdアカウントを発行してみてはいかがでしょうか。

料金にも違いがある

DAZN for docomoの料金はドコモユーザーが月額980円(税抜)で利用できるのに対して、ドコモユーザー以外は月額1,750円(税抜)必要となります。また、通常のDAZNの料金も月額1,750円です。

つまり、ドコモの回線をお持ちならば月額770円もお得にDAZNのサービスを利用する事ができるというわけです。一見するとドコモユーザー以外はメリットが少ないように感じますが、後述するセット割などはdアカウントさえお持ちならどなたでも利用する事が可能です。

先にご紹介したdポイントを貯める事も可能ですので、通常のDAZNよりもDAZN for docomoの方がお得に利用できるのではないでしょうか。

サービス月額料金(税抜)
DAZN for docomo980円
DAZN for docomo
(ドコモユーザー以外)
1,750円
DAZN1,750円

支払い方法

DAZN for docomoとDAZN、そしてドコモユーザーであるかどうかで支払い方法にも違いが見られます。ドコモユーザーがDAZN for docomoを利用する場合、料金はドコモの月額料金と合算してドコモケータイ払いとして支払います。

ドコモユーザー以外の場合は、支払方法はクレジットカード払いのみとなるため注意が必要です。DAZNの場合はクレジットカードの他、デビットカードとPayPalを選択する事が可能です。

海外系のサービスという事もありますが、世界的に利用されているPayPalとデビットカードの2つが用意されているため支払い方法は通常のDAZNに分があるかもしれません。また、DAZNは登録した日が自動更新日に設定されるのに対して、DAZN for docomoは毎月1日が自動更新日となります。

このため、後述するお試し登録をする場合は自動更新日を間違えないように注意する必要性があるでしょう。

サービス支払い方法
DAZN for docomoドコモケータイ払い
DAZN for docomo
(ドコモユーザー以外)
クレジットカード
DAZNクレジットカード
デビットカード
PayPal

対応機種の詳細

DAZN for docomoとDAZNは同じサービスですので、対応端末には違いがありません。スマートフォンやタブレットではAndroid4.4以上・iOS9.0以上のOSの他、2015年製造以降のKindle Fireでも視聴する事が可能。

つまり、国内で発売されているAndroid・iPhoneなら基本的にどのような機種でも視聴する事ができるという事になります。

パソコンでも視聴は可能ですが、Windows8.1以上・Max OS X以上などの条件となっておりまだお使いの方もいるであろうWindows 7などのOSには対応していないため注意が必要です。

TVで視聴する場合にはAndroid TVやSmart TVを利用するほか、パソコンからの出力やゲーム機を使うという方法もあります。TVで観るためには事前準備が必要となりますので、その点だけはDAZN for docomoのデメリットと言えるのではないでしょうか。

対応機種の詳細な内容は、ドコモのHP内にあるDAZN for docomoのページを参照するのが良いでしょう。

申込み方法

DAZN for docomoの申し込みはドコモのHPから行います。ドコモユーザーの方はdアカウントのログイン、それ以外の方はdアカウントの取得を済ませても申し込みを行いましょう。

一方のDAZNは直接HPから申し込みが可能となっています。また、DAZN for docomo・DAZNどちらともドコモユーザー以外の方は氏名や支払い方法などを入力する必要がありますので、事前に確認しておきましょう。

クレジットカードの承認など、支払方法に問題がなければ登録自体はすぐに済ます事が可能です。

他のサービスとの違いは?


定額制動画配信サービスと言えば、現在では数えきれないほどの数が存在しています。有名どころで言うならば、Hulu・U-NEXT・TSUTAYA TV・Rakuten TV・Amazonプライムビデオなどが挙げられるでしょうか。

これらの定額制動画配信サービスの料金は数百円~約2,000円ほどに設定されており、映画やアニメ・ドラマなど国内外の様々な映像を配信しています。

以前はソフトバンクが提供するスポナビライブというサービスがありましたが、こちらは既に終了しておりスポーツだけを専門とした定額制動画配信サービスは現状DAZNのみです。

また、定額制を謳っていながらも作品によっては実質的に随時料金が発生するU-NEXTや定額制動画配信サービスもありますので、その点を含めて考えるとDAZN for docomoの配信形式は良心的な内容となっています。

とにかくスポーツだけを楽しみたいという方は、DAZN for docomoを契約して間違いないのではないでしょうか。

DAZN for docomoを更にお得に利用する方法


画像引用元:ひかりTV for docomo | ドコモ光 | NTTドコモ
DAZN for docomoでは月額980円または月額1,750円の利用料が必要となります。通常のDAZNでも月額1,750円に設定されていますが、この金額は定額制動画配信サービスの中でも高い部類に入ります。

ドコモユーザー以外は利用するメリットが少ないように思えますが、ドコモが提供しているその他のサービスと併用する事で利用料金を下げる事が可能となっています。

dTVとのセット割でお得に

ドコモが提供しているdTVは、アニメや映画など12万作品を見放題で提供する定額制動画配信サービスです。利用料は月額500円(税抜)となっており、dアカウントさえ持っていればドコモユーザー以外でも契約出来るのが魅力となっています。

このdTVとDAZN for docomoをセットで契約する事により、利用料金が200円値引きされるセット割が用意されています。ドコモユーザーの場合はDAZN for docomoとdTVの利用料を合わせて月額1,280円、それ以外の方は月額2,050円で利用可能となります。

その他リアルタイム配信を行うdTVチャンネルやひかりTVとのセット割なども行われていますので、既にドコモのサービスを利用している方はお得にDAZN for docomoを契約出来る可能性があるでしょう。

セットドコモユーザーの方ドコモユーザー以外の方
DAZN for docomo
dTV
月額1,280円(税抜)月額2,050円(税抜)
DAZN for docomo
dTV
dTVチャンネル
月額1,760円(税抜)月額2.530円(税抜)
DAZN for docomo
ひかりTV(2年割)
月額3,280円(税抜)2年割なし
DAZN for docomo
ひかりTV(通常)
月額4,280円(税抜)月額5,050円(税抜)

初回31日間無料


画像引用元:DAZN for docomo|セ・パ11球団の試合が見放題!!プロ野球を観るならダゾーン!

DAZN for docomoは、初めてサービスを利用する場合に限り初回31日間無料で利用出来ます。これはドコモユーザー、ドコモユーザー以外に関わらずまったく同じ内容です。

ちなみに通常のDAZNにも1ヶ月無料のお試し期間が設けられていますが、前述のようにDAZN for docomoとDAZNでは契約の更新日が異なります。継続して利用しようと思っている方以外は、登録日とともに契約の解除日についても先に確認しておくのが良いでしょう。

まずはお試し登録から

いかがだったでしょうか。DAZN for docomoはスポーツ配信に特化した定額制動画配信サービスであり、国内で提供されているものの中でも比較的分かりやすい特徴を持っていると言えます。

見逃し配信をはじめ、短時間で盛り上がる場面をチェックできるハイライト機能など、とにかくスポーツファンに向けた機能を盛り込んだDAZN for docomo。野球やサッカーのファンだけでなく、スポーツが好きな方ならどのような方にでもおススメする事が出来ます。

お試し期間中とはいえDAZN for docomoのすべてのサービスを利用できますので、気になっている方はまずは無料登録してみてはいかがでしょう。外出先ではスマホやタブレット、家では大画面というDAZN for docomoならではの楽しみ方を試せばきっとその魅力を知る事が出来るはずです。