読了時間:約 2

今や生活必需品となったスマホですが、落下による破損や水濡れ及び水没故障など、精密機械であるが故に偶発する故障リスクは高く存在します。加えて、モバイルデバイスとして何処へでも持ち歩くので、端末ごと紛失する可能性もあります。

しかし、そんな不測の事態が起きても、端末内部のデータのバックアップがあれば、新しい端末を購入してデータを移行することで、これまでと同じ使い勝手のスマホを再び手にすることが出来ます

もちろん、通信手段や使用機器としてのスマホというだけでなく、データ自体が大事な思い出や資産である方も多いと思います。大切なスマホデータを保護するためにも、データのバックアップはこまめに行いたいところです

定期的に行うべきAndroidスマホのデータバックアップ方法をお伝えします。

OS標準のバックアップ機能


Android OSで標準装備されているバックアップです。Googleアカウントに紐付いた下記データが暗号化されて自動で保存されます。バックアップ方法としてはとても手軽で簡単に実行できます。

ただし、データの復元は、端末やAndroidのバージョンにより異なります。基本的に、バックアップを作成した端末よりも古いバージョンのAndroid端末にデータを復元することはできません。

バックアップデータを保護するため、画面ロックにはスワイプやSmart Lockではなく、PIN、パターン、またはパスワードを使用する必要があります。

バックアップ可能なデータ

  • 連絡先(Googleコンタクトのデータ)
  • 通話履歴
  • Googleカレンダーの予定と設定
  • Wi-Fiネットワークとパスワード
  • 壁紙
  • Gmailの設定
  • アプリ
  • ディスプレイ設定(明るさ、スリープ)
  • 言語と入力の設定
  • 日付と時刻
  • Google以外のアプリの設定やデータ(アプリにより異なる)

Googleのバックアップでは、アプリ内のデータもバックアップされます。しかし、1アプリあたり最大25MBまでの制限付きかつ、Androidのバージョンが6.0以上である必要があります。

また、端末verがAndroid6.0以上かつ25MB以内のアプリデータであっても、アプリによっては、設定やデータの一部をバックアップまたは復元できないこともあります。

バックアップ手順

  1. システム
  2. 詳細設定
  3. バックアップ
  4. Googleドライブへのバックアップを有効化

上記からバックアップが辿れない場合は、設定アプリで[バックアップ]を検索して下さい。また、端末変更をする場合は、[今すぐバックアップ]をタップして、現在の端末の最新バックアップをとるようにして下さい。

バックアップを有効にしていても、個別設定でバックアップがされていない設定もあります。また、端末によって、名称の表示が異なる場合もあります。

バックアップをオンにしても、必ず[有効なバックアップ]などの項目で、必要なデータがバックアップ有効となっているか確認して下さい

復元手順

新端末に Google アカウントを追加すると、その Googleアカウントを使って以前バックアップしておいたデータや設定が自動的に復元されます。アプリデータを復元する場合は、下記の手順で行います。

  1. バックアップ
  2. アプリのデータ
  3. 自動復元を有効化

写真と動画のバックアップはGoogleフォトを利用

Android OS標準のバックアップでは、写真や動画などは自動保存されません。Googleフォトアプリを利用すれば、16MP(1,600万画素)までの静止画と1,080p(フルHD)までの動画は無制限・無料でバックアップがとれます。16MB以上の高画質画像や4K動画も、Googleドライブの容量一杯まで保存できます。

バックアップ手順

  1. Googleフォトをダウンロードし、起動
  2. 画面左上のメニューボタンをタップ
  3. [設定] > [バックアップと同期]をタップ
  4. [バックアップと同期]設定を有効化

その他の設定も併せて行って下さい。

アップロードサイズの設定

アップロードサイズを下記より選択します。

  • [高画質]無料・無制限
  • [元のサイズ]Googleドライブの空き容量を消費
バックアップのタイミング

基本的には「Wi-Fiのみ」でバックアップするようにして、パケットデータを無駄に消費することのないようにします。

バックアップアプリの利用:JSバックアップ


画像引用元:JSバックアップ 公式サイト

下記のデータをバックアップできます。Android OS標準バックアップと比べて、写真や動画などのメディアデータも一括でバックアップできる点が優れています。

一方で、アプリ内データはバックアップが出来ないこと、バックアップに少し手間がかかることには注意が必要です。

バックアップ可能なデータ

  • 電話帳
  • 通話履歴
  • SMS
  • カレンダー
  • ブックマーク
  • システム設定
  • ホームショートカット
  • アラーム
  • 辞書
  • ミュージックプレイリスト
  • アプリ(アプリ一覧:アプリ内データは対象外)
  • メディアデータ(画像、音楽、動画、文書)

バックアップ手順

  1. JSバックアップアプリをダウンロードして起動
  2. [バックアップ&復元] > [バックアップする]
  3. バックアップ元を選択
    Google(推奨)/Dropbox/データ管理BOX(ドコモ)/SugerSync/SDカード
  4. [バックアップスタート]ボタンをタップ

復元手順

  1. JSバックアップアプリを起動
  2. [バックアップ&復元] > [復元する]をタップ
  3. 復元データの内容を確認して[復元スタート]をタップ
  4. データが復元されたら[アプリの復元へ]をタップ
  5. 必要なアプリあるいは[すべてのアプリを選択]をチェックして[OK]
  6. アプリの再インストールが完了すれば、データ復元完了
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2