読了時間:約 2

機種変更をする際に必ず行わなければならないデータの移行ですが、複雑な手順を踏まなければいけない方法が多く面倒です。しかし、クラウドにバックアップを取っておけば、データ移行の手間を大きく省くことが出来ます。

また、クラウドにバックアップを取っておくとスマホを紛失・盗難した際にも便利です。この記事ではそんなクラウドにバックアップを取得する方法、クラウドに保存したバックアップを新しいスマホに移す方法をご紹介します。

バックアップを移すならクラウドが便利!


バックアップの取得、バックアップを用いたデータの復元方法にはいくつかの種類があります。その中でも比較的利用者が多いのはキャリアの窓口でショップスタッフにバックアップの取得・復元を行ってもらう方法SDカードを使った方法でしょう。

これらの方法も確かに便利ではあるのですが、電話帳のデータとメールのデータしか引き継げない、写真や動画のバックアップは有料になるなどのデメリットが存在します。

そこで役に立つのがクラウドを利用したバックアップの取得・復元方法です。この方法であれば、古い端末に保存されているデータのほとんどを移行させることが可能で、大容量でない限り無料で行うことが出来ます。

クラウドってそもそもなに?


そもそもクラウドとは何を指す言葉なのでしょうか。ガジェット機器やITに詳しい方であればご存知かもしれませんが、精密機器は苦手、という方にとってはイメージが湧きにくいものでしょう。

広義におけるクラウドとは「ハードウェアやソフトウェアを必要とせずに使えるネットサービス」を指します。機器やソフトを購入することなく、インターネット経由で使えるサービスはクラウド、と覚えておくと良いでしょう。

今回使うサービスは「クラウドストレージ」と呼ばれるクラウドに分類されるサービスのひとつで、バックアップの取得・復元以外にも幅広い分野で利用されています。

iPhoneとAndroidで操作が違う

クラウドストレージを利用したバックアップの取得・復元方法はAndroidとiPhoneで異なります。その理由はOSによって利用するクラウドストレージが異なるからです。

あくまで一例ですが、iPhoneの場合はiCloudと呼ばれるAppleの提供するクラウドストレージを使ってバックアップの取得・復元を行うのですが、AndroidはGoogleの提供するGoogleドライブを利用します。

このように、iPhoneとAndroidでは利用するサービスが異なる関係上、バックアップの取得や移行の方法に大きな違いが出るのです。

そのため、iPhoneにクラウドのバックアップを移す手順を知っていたとしても、Androidにクラウドのバックアップを移す際はAndroidに適したバックアップの取得・復元方法を調べておく必要があります。

Androidにクラウドのバックアップを移す方法

SDカードにバックアップする際との違い

SDカードスロットが搭載されているAndroid端末の場合、クラウドストレージを用いて行うバックアップの他に、古くからある方法としてSDカードを使ったバックアップの方法があります。

クラウドストレージを利用したデータ移行が可能となった現在もポピュラーなバックアップ方法として認知されているSDカードを使う方法ですが、クラウドストレージを用いたバックアップ方法とはどのような点が異なるのでしょうか。

 クラウドストレージSDカード
所要時間長い短い
容量少ない多い
料金基本無料有料
対応機種全てのAndroid端末SDカードスロット搭載機種のみ

バックアップに掛かる所要時間はネットワークを利用しない分、SDカードの方が短くなっています。ただ、短時間でバックアップを終えなければならないなどの事情が無い限り所要時間はあまり問題にはならないでしょう。

大きく差が出るのはバックアップ可能な容量です。SDカードは大容量のバックアップを取ることが可能ですが、クラウドストレージの場合、5GB~10GB程度しか容量が無く、バックアップしたいデータが多いケースには向きません。

解決策としては料金を支払って使える容量を増やすという方法が挙げられます。というのも、ほとんどのクラウドストレージサービスは大抵5GB程度の無料分に加え、料金を支払うことで使える容量が増えるオプションを提供しているのです。

対応機種に関してはクラウドストレージの方が広範囲となっています。SDカードはカードスロットを持たないAndroid端末では利用できないため、古い端末・新しい端末のどちらかがカードスロットを持たない場合は利用出来ません。

クラウドストレージにバックアップできるもの

どのようなアプリを用いてバックアップを取得するかにもよりますが、クラウドストレージにバックアップ出来るデータは以下の通りです。

  • 電話帳
  • メッセージ
  • インストールしたアプリ
  • スマホの設定
  • 画像・動画
  • メール
  • 音楽・プレイリスト
  • タイマー
  • お気に入り登録

バックアップできるデータを見れば分かる通り、クラウドストレージを用いてバックアップの取得・復元をすると新しい端末を古い端末と同じ感覚で利用することが可能となります。

ただし、ほとんどのバックアップ取得アプリはアプリの設定やアプリ内データのバックアップには対応していません。

Googleドライブを使えばひとつのアプリにつき25MBまでアプリ内の情報をバックアップすることが出来ますが、容量を考えるとすべてのアプリ情報を引き継ぐのは難しいでしょう。

バックアップ取得からデータ移行までの流れ

バックアップアプリの取得

Androidにクラウドのバックアップを移すためにはまず、バックアップアプリの取得をしなければいけません。バックアップのためのアプリにはたくさんの種類がありますが、ここでは利用者の多い「JSバックアップ」を使った方法をご紹介します。

まずはGooglePlayを開きJSバックアップを検索しましょう。アプリが見つかったらインストールを行ってください。JSバックアップは新しい端末、古い端末の両方で必要となります

クラウドストレージにデータをアップロードする

古い端末でJSバックアップを起動し、アプリのホームから「バックアップ&復元」をタップします。すると、「バックアップする」、「復元する」の2択が表示されるので前者を選択して下さい。

次は表示された画面に従いバックアップ先を選びます。GoogleドライブやSDカードなどの選択肢がありますが、基本はGoogleドライブがおすすめです。DropBoxの有料プランに加入している場合などはそちらにデータをアップロードしてもかまいません。

Googleドライブを選択するとGoogleにログインするよう指示されるので、ログインを行ってください。その後、アプリ内の右上にある歯車マークをタップし、バックアップ先をクラウドに設定します。

設定が終わったらOKをタップし、バックアップスタートを選択して下さい。バックアップが開始されたら完了するまでしばらく待機します。大容量のデータをやり取りすることになるので、Wi-Fi環境下でアップロードした方が良いでしょう。

バックアップが完了したら「アカウントをEメールで送る」をタップして、Googleドライブ内にバックアップが保存されているか確認して下さい。無事にデータのアップロードで出来ていればバックアップの取得は完了です。

バックアップを新しいスマホに移す

1 2