読了時間:約 2

何年かの間の内に格安スマホ市場は急成長を果たし、各社の認知度も上がってきています。

しかし、急成長中の市場のため格安スマホを扱う事業者の参入が後を絶たず、その結果格安スマホを利用したいけど、どの会社を選べばいいのだろうと困惑するユーザーも少なくありません。

今回は数多ある格安スマホ事業者の中から自分にあったキャリアを見つけるために、格安スマホの料金プランなどを比較していきます。

格安スマホとは

格安スマホとは、大手キャリアから通信の電波帯を借りてユーザーに提供される格安の通信サービスとなります。ドコモ・au・ソフトバンクが持つ電波帯を借りて、独自のサービスとしてユーザーに提供するといった具合です。

各通信業者で通信料・料金を設定しているのは大手キャリアと変わりありませんが、借り物の為通信設備などの維持をする費用などはもちろん発生しませんので、大手キャリアと比べると当たり前ですが、維持費などを安く抑える事が可能となっています。

これにより通信設備を所有する事業者を「MNO」、通信設備を借りて運営している事業者は「MVNO」と呼ばれ、またMVNOのサービスはキャリア回線と比べて安いプランが用意されている事から、一般に「格安スマホ」と呼ばれるようになりました。

格安スマホでも「通信エリアがドコモと同じです!」などの広告を目にする事がありますが、これもMNOが持つ通信設備を丸々借りているから出来る広告でもあるのです。

格安スマホの通信可能エリアは大手キャリアと同等なりますので、乗り換え(MNP)などを検討する場合に、大手キャリアの契約のときに電波が良好であったのなら問題なく同じように利用が可能となります。

格安スマホのメリット

格安スマホの一番の特徴は、月々のスマホの使用料金が安くなることの他、自分に最適なプランを選択できるという事にあります。

数多く用意されている各社の料金プランから、自分に最も適したプランを選択することでお得に利用が可能です。しっかりと料金プランの内容を理解した上で選択をすれば、月々の使用料金を大幅に安くする事も実現可能となります。

もう一つ大きなメリットを挙げると、大手キャリアで良く見られる「2年定期契約」が格安スマホには設定されていない事が多い事です。

格安スマホの場合では、基本的に6ヶ月~12ヶ月の最低利用期間などを設定している事業者が多く、料金プラン・通信速度などが思った通りではなかった場合でも、他の格安スマホ事業者へと乗り換えやすいのが特徴ともなっています。

また、音声通話の出来ない「SMSプラン」・「データ通信専用プラン」の場合には、一部を除いて上記のような最低利用期間・解約金の設定すら無い場合がほとんどです。

いってしまえば、いつ契約を打ち切っても解約金の負担が無い為、格安スマホを試して見たいユーザーにとっては好都合な仕組みのプランとなっています。

格安スマホのデメリット

メリットを見てみるといい事尽くめのように見えますが、反面格安スマホである為のデメリットもあります。思わぬトラブルに合わないように内容を押さえておく事が重要となります。

中でも一番の壁ともなり得るのが、月々の料金の支払い方法はほとんどの場合クレジットカードに限定されている事です。前払い式のデビットカード・口座振替が可能な格安スマホ事業者はほとんど無いといっても過言ではありません。

クレジットカードを利用したく無いユーザーや、持っていないユーザーの場合、契約を検討したところで、無駄になってしまう可能性も少なくありません。

さらに、大手キャリアの専売特許ともいえる「通話し放題」・「家族割」といった直接使用料金に関わってくる便利な割引施策などのサービスも弱い印象です。

最近では数社程度で提供が始まってはいますが、その対象プランも数少なくまだまだ実用的とはいえないレベルとなっています。利用者の声では「LINEのID検索が不能」・「一部端末ではテザリング不可能」などのデメリットも報告されています。

格安スマホのキャリア選択

格安スマホの良い部分・悪い部分が理解できてきたら、次は自分に最適な格安スマホ事業者を選ぶ為に肝心なプランをどのように選べば良いかを解説していきます。

大きく分けて、3つのポイントにフォーカスして紹介します。

通話可能なプランか、それともデータ専用プランか

大手キャリアと比べて大きく違う点は、大きく分けて「通話可能なプラン」と「データ専用プラン」の2種類のプランが用意されています。

簡単にいってしまえば、通話が可能か否かという違いとなります。「通話可能なプラン」の場合には大手キャリア同様に080・090から始まる番号で音声通話が可能です。

もちろん大手キャリアで契約していた電話番号を他社へ持ち込むMNPにも対応しています。多くのユーザーは「通話可能なプラン」を選択する事がスタンダードとなります。

一方「通信専用プラン」では2台持ちのスマホ・タブレット・Wi-Fiのように、通話が不要なデバイスを利用するユーザー向けのプランです。通話可能なプランと比べても毎月700円程度安く利用が可能で、更に最低利用期間が無い、または短いのが特徴となります。

一般的なスマホ利用なら「通話可能なプラン」、調べ物などで利用するデバイスのデータ通信料を抑えたいのであれば「通信専用プラン」を選ぶのが最良の選択です。

月々の利用料金の大部分は通信料次第

音声通話の必要、不必要を選択したら、次はデータ通信量を選択していきます。

今更ですが、データ通信量の単位は「ギガバイト(GB)」が使われており、大手キャリア・格安スマホどちらでも変わりはありません。重要なのは、データ通信量は自分の使い方に合わせて選ぶ事が大前提となります。

自分が毎月どの程度使用しているのか、キャリアの利用明細・スマホの設定画面などからチェックが可能ですので、はじめに自分が使用している通信量を把握をした上で、自分に合ったプランを選択する事が重要です。

最近人気のYouTubeを視聴すると、HD画質で30分、240pの画質なら2時間視聴する事で1GB程度の通信料を消費してしまいます。

スマホの使用頻度はあまり多くなく1日に数回くらいのユーザーの場合には月1GB、使用頻度はそれなりだという場合は最も標準的な月3~7GBが適しています。

また、スマホから離れられないようなユーザーには動画視聴などにも十分対応可能な月10GB以上のプランまたは、使い放題プランを選ぶと快適な利用が可能となります。

格安スマホ厳選6社

ここでは、数ある格安スマホ事業者の中から厳選したおすすめの格安スマホ事業者を紹介していきます。

UQ mobile

画像引用元:乗りかえはUQ、だぞっ|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

auのサブブランドという位置付けで安定した高速通信、大手キャリアの料金プランに近いプランが用意された「UQ mobile」もおすすめです。

1 2