読了時間:約 1 minute

「格安SIMって通信速度が不安定だって聞くけどどうなの?」「格安SIMに変えてから時々通信速度が遅すぎて使い物にならないけどどうして?」格安SIMを使っている方も格安SIMの使用を検討されている方も意外と格安SIMについて知らないことが多いのではないでしょうか?このページでは格安SIMの通信速度について優しく解説していきます。

格安SIMはなんで格安なの?


節約。この世界には色々な節約があります。地球のためのエネルギー節約、一日を有意義に過ごすための時間節約、身体を酷使しすぎてバタンキューしないための体力節約、などなど、私たちの人生と節約は切っても切れない関係にあるのではないでしょうか。

その中でも多くの人が関心をもっているのが、お金の節約です。裕福な人でも贅沢にお金を使ったり潤沢な資金を運用するためには、必ずどこかでお金を節約しているものです。考えもなしに使っていたらすぐ無くなってしまうのがお金ですからね。

極力無駄遣いはしたくない。でもどうしても必要な支出ってありますよね。いまや生活の必需品となったスマホの通信料もそのどうしても必要な支出の中の一つですよね。

月々支払わなければいかないスマホの通信料が安くなったらどれほどいいことか。そんな悩みの解決手段の一つに格安SIMという選択肢があります。実際に使っている方も多いのではないでしょうか?

SIMロック解除が法律によって可能になり、格安SIMという選択肢は以前より身近なものになりました。それでも格安SIMについてまだよくわからないという方も多いです。

実際に格安SIMを使っている方にもまだ格安SIMを使ったことが無い方にも、格安SIMについてもっと知ってもらいたい。メリットもデメリットも知ることで皆様にあった選択をするお手伝いをさせていただきたい。

そんな一心でまずは格安SIMについて簡単に説明していきたいと思います。

キャリアとMVNO

まずは格安SIMについて知るうえで重要な知識から確認していこうと思います。皆様はキャリアMVNOという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

聞いたことがあってもよくわからない、おぼろげにはわかるけど上手くは説明できない、そんな方もいらっしゃるかもしれませんね。

ちょっと専門用語っぽくて難しい言葉で敬遠してしまうかもしれませんが、この二つの違いが分かれば格安SIMについて、そしてそのメリットとデメリットについても自然に理解していけること間違いなしです。

キャリア

まずはキャリアについてです。キャリアとは言い換えると大手通信会社と言えます。すなわち、au、ドコモ、ソフトバンクの3大通信会社を指します。日本ではこの3つの通信会社のことをキャリアというんですね。

この3大通信会社は自らの基地局や設備をもち、自ら電波を飛ばして私たちのような契約者たちが電波を使用して通信ができるようにサービスを提供しています。この10年の間にも通信環境は劇的に変わりましたよね。

それもこれらの大手通信会社が基地局を開設したり設備を整えたりして使用者のニーズにこたえようと努力してきた結果なのです。本当に少し前からは考えられないほど快適な通信環境ですよね。

MVNO

次はMVNOについてです。MVNOとは、Mobile Virtual Network Operatorの略で、日本語だと仮想移動体通信業者となります。いやいや全然簡単じゃないじゃんと思ったそこのあなた。

確かに言葉だけだと難しく感じるかもしれません。
簡単に言うと、MVNOはキャリアの電波を借りてサービスを提供している業者のことです。

キャリアのように基地局や自らの電波をもたずに、キャリアの電波を借りて事業を行なっている通信会社なんですね。どのキャリアの電波を借りているのか、どれくらい電波を借りているのか、というのも各MVNOで違ってきます。

このようにキャリアやMVNOなど、どの通信会社が提供するサービスを利用するのかということは私たちの通信環境や通信料を左右する大きな要素となっています。

そしてSIMカードを使ってどのサービス、電波を利用するかを識別しているのです。

格安SIMが格安な理由

既に少し感づいている方もいるかもしれませんが、格安SIMがキャリアに比べて安くサービスを提供することができる理由も、前項で説明した、MVNOの特徴にあるのです。

MVNOはキャリアの電波を借りて使っているんでしたね。ということは、基地局開設などのコスト無しで通信を提供することができるということなのです。なのでその分、通信料も格安で提供するということが可能なんですね。

基地局といった大きな設備に投資する必要が無いということは、通信を提供する上でも大きな違いが生まれてきます。価格の安さはその違いのなかでも大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

また、一から基地局を開設したり設備を整えることは新しい会社には不可能でも、MVNOのように電波を借りてプランやサービスを提供するという業務形態によって、新規業者も参入しやすいといったメリットもあげることができます。

新規業者が参入しやすいということはつまり、サービスの多様化や、競争によりサービスの質が向上したり価格がより安価になりやすいということなのです。SIMロック解除を可能にすることが義務付けられたことが大きな後押しとなりました。

これからも引き続き変化が起こっていきそうだということも知っておいてもらいたいポイントの一つです。

格安SIMのデメリット

さて、読んで字のごとく、格安SIMの代表的なメリットは格安だということですよね。そのメリットの理由はMVNOはキャリアの電波を借りていて費用を抑えられるからだということでした。

そしてその理由はまた、デメリットの理由でもあるのです。格安SIMのデメリットとは、通信速度が不安定になりやすいということです。

MVNOは大手通信会社の電波を借り、通信事業を運営しています。もちろん無料で借りているわけではありません。言い換えれば電波を買っているということですね。

買っているということはもちろん、電波を多く買えば買うほど費用はかさんでいきます。なのでより安くサービスを提供するためには、キャリアから借りる電波の量を極力抑えなければいけませんよね。

ですが、電波は一度に多くの利用者が集中すると速度が遅くなってしまいます。
その理屈は、電波を糸、電波によって伝達される情報を水だと考えるとわかりやすいかもしれません。

細い糸でも大量に束なって太い状態だと大量の水を吸って運ぶことができますよね。でもその束を大勢で分け合うとひとりあたりが使用できる糸は非常に細いものになってしまします。そうするともちろん、吸収して運ぶことのできる水の量も少なくなりますよね。

それと同じで、電波の帯を大勢で分け合って使用するとひとりあたりの伝達できる情報の量も少なくなってしまうのです。

格安SIMの話に戻りましょう。

格安SIMを取り扱うMVNOはキャリアから電波を借りてサービスを提供しています。もちろん会社によってまちまちではありますが格安で提供すべく借りる電波の量もできるだけ抑えているはずです。

すなわち、契約者が使える電波の絶対量が比較的少ないということです。そういう理由があって通信が遅くなりやすいデメリットが生まれてしまうのです。

格安SIMに乗り換えた際のデメリット|こんな人には格安SIMは向かない

格安SIMの通信速度が遅くなったらどうしたらいいの?


ここまで、格安SIMについて、そしてそのメリット、デメリットについて見てきました。メリットとデメリットはまさしく表裏一体で、キャリア電波を借りて使っているから格安でサービスが提供できる反面、通信速度が不安定になりやすいというものでしたね。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2