読了時間:約 2

格安スマホは一般的に「安い」と言われています。

データ容量によって料金も変わりますし、選ぶ格安スマホ会社によっても小容量のデータプランが得意な会社、大容量・無制限のプランが売りの会社など特色も様々です。

今回はおすすめの格安スマホ15社を比較し、解りやすくデータ容量別にどの格安スマホが安いのかをランキンクにしてご紹介します。

音声通話プランとデータ専用プラン、選ぶならどちら?

音声通話プランとデータ専用プラン、選ぶならどちら?

格安スマホを契約する際は、まず「音声通話プラン」か「データ通信専用プラン」かを選択します。

もし電話もしたいという場合は音声通話のできる音声通話プランを選択しましょう。音声通話プランは電話(音声)+データ通信ができて、電話番号を持つことができます。

大手キャリアから利用している電話番号を引き続き利用する(MNP)予定であればこちらのプランになるでしょう。

メインのスマホを既に持っていて2台目を検討している場合や、通話アプリを利用したIP電話やLINEの無料通話で十分な場合はデータ通信専用プランを選択しましょう。

SMS付きのデータ通信プランもありますが、格安スマホ会社によって個別プランになっていたりSMSのオプションを付けるタイプなど様々です。

比較のため、SMS付データ通信プランとデータ通信専用プランは合わせて「データ通信プラン」として考えていきたいと思います。

音声通話プラン or データ通信専用プラン
  • 音声通話プラン…電話をしたい場合、大手キャリアから利用している電話番号を引き続き利用する(MNP)予定であればこちら。
  • データ通信専用プラン…2台目として使用したり、通話アプリを利用したIP電話やLINEの無料通話のみ利用する予定であればこちら。

格安スマホ会社によってプランのデータ容量設定はそれぞれ

格安スマホ会社によってプランのデータ容量設定はそれぞれ
データ通信量の目安は? – DMM mobile

データ容量別のランキングの前に、選択するデータ容量について考えてみましょう。

いつも「だいたいこのくらいの容量かな・・・?」と、適当にデータ容量プランを決めてはいませんか。

現在あなたが利用を検討しているデータ容量のプランは、本当にあなたに合ったぴったりのプランなのでしょうか。

まずはネット利用方法によって「1ヶ月にどの程度の容量があれば快適に利用できるか」を表にしましたのでチェックしてみましょう。

用途別 1ヶ月に利用する平均データ容量
  • 1GB…メールやサイトの閲覧が中心であれば問題無く利用できる。
  • 3GB…一般的によく選ばれている容量。SNSやサイト閲覧、LINE通話などの用途であれば大丈夫。
  • 5~6GB…データ容量が足りなくなったらと不安を感じる人に。
  • 10GB~…動画、アプリ、ゲームなどデータ通信を楽しむ人向け。シェアできるプランもあるため、家族での利用も。
  • 無制限…月にたくさん利用する、容量を気にせず好きなだけ使いたい人向け。

利用方法によって、1ヶ月に利用する平均的なデータ容量にはかなり違いが出てきます。

まずは格安スマホを契約前に、現在利用しているキャリアでは実際にどのくらいデータ容量を消費しているかを確認しましょう。

そうすれば、格安スマホに乗り換える際にしっかりと自分に合ったプランを契約できます。

もし月額料金を抑えるために小容量のプランを契約しても、毎月の月末前に容量が足りずに速度制限がかかってしまうようでは困ってしまいます。

だからといって容量の大きいプランを契約するのも月額料金が跳ね上がるのでおすすめできません。

データ通信プランにはほとんどありませんが、音声通話プランには最低利用期間という縛りがある格安スマホも多く存在します。

一度契約してしまうとすぐに他社に乗り換えることは難しくなるので、格安スマホ選びは慎重に行いましょう。

また、格安スマホでは会社ごとに様々なデータ容量のプランが提供されています。

1GBごとに細かく区切られている会社もあれば、3㎇~5GBごとにプランが設定されている場合もあります。

その際にプラン間で気軽に変更が可能であれば、とりあえずのデータを契約して利用状況に合わせて変更することができるので便利です。

プラン変更が可能な場合は、月の変更可能回数や変更時の料金、条件の有無などを調べておきましょう。

おすすめの主要格安スマホ15社

おすすめの主要格安スマホ15社

今回は「音声通話プラン」と「データ通信プラン」の2プランで、約500社以上ある格安スマホ会社の中からおすすめの15社を、データ容量別に比較してみましょう。

  • DMM mobile
  • BIGLOBEモバイル
  • DTI SIM
  • UQモバイル
  • イオンモバイル
  • 楽天モバイル
  • U-mobile
  • nuroモバイル
  • LINEモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • ロケットモバイル
  • LinksMate
  • IIJmio
  • mineo
  • エキサイトモバイル

容量別 月額利用料金が安い格安スマホランキング

【1GB】格安スマホが提供する最安値プラン

【1GB】格安スマホが提供する最安値プラン
画像引用元:DMM mobile – 業界最安値プランあり、月々440円から!格安スマホ・格安SIM

【1GB】データ通信プラン ランキング
1位
DMM mobile
イオンモバイル ドコモ / au
月額480円
2位
LINEモバイル
LinksMate
月額500円
3位
ロケットモバイル月額590円
【1GB】音声通話プラン ランキング
1位
LinksMate月額1,100円
2位
DTI SIM
LINEモバイル
月額1,200円
3位
ロケットモバイル月額1,250円

1GBのデータ専用プランでは1位にDMM mobileとイオンモバイルが輝きました。

業界最安値を謳っている2社ですがワンコイン以下の月額料金でスマホを利用することができます。

どちらも細かくわかれたデータ容量プランになっていますし簡単にプランを変更することもできるので、契約して利用状況を見ながらプランを見直していくことも可能です。

2位のLINEモバイルは20円アップの月額500円です。

LINEアプリの通話・トークのデータ消費ゼロのデータフリーになっているので、LINEを主に利用している方ならこちらのほうがおすすめ。

データ通信専用プランの2位と音声通話プランの1位はLinksMateです。

ゲーム特化の格安スマホですべてのプランがSMS付きとなっています。他社ではSMSオプションが150円前後で提供されていることを考えれば最安でしょう。

どちらも3位のロケットモバイルは1GBだと590円です。

アプリのダウンロードや会員登録などを利用してポイントを貯めれば月額料金の支払いにあてることができる独自のシステムが特徴です。

【3GB】一般的な3GBのプランが安い格安スマホ

【3GB】一般的な3GBのプランが安い格安スマホ
画像引用元:>DTI SIM|業界最安クラスの格安SIM

【3GB】データ通信プラン ランキング
1位
DTI SIM
ロケットモバイル
月額840円
2位
DMM mobile
月額850円
3位
BIGLOBEモバイル タイプD
IIJmio タイプD / タイプA
mineo A / Dプラン
NifMo
エキサイトモバイル
楽天モバイル(3.1GB)
月額900円
【3GB】音声通話プラン ランキング
1位
ロケットモバイル月額1,400円
2位
DTI SIM月額1,490円
3位
DMM mobile月額1,500円

一般的によく選ばれる3GBのプランですが、両プランの1位にロケットモバイル、データ通信プランの1位と音声通話プランの2位にDTI SIMが輝きました。

DTI SIMは月額料金が安いだけでなく「はじめてDTI SIMをお申し込みになる方限定のお試しプラン」がありデータ通信プラン3GBを6ヶ月は月額0円で利用できます。

(ただしお試しプラン中は他プランへ変更すると割引が終了する)

DMM mobileもデータ通信プランでは2位、音声通話プランでも3位と1GBのランキング同様に安い料金で提供されています。

データ通信プランの3位には同料金でBIGLOBEモバイル、IIJmio、mineo、NifMo、エキサイトモバイル、楽天モバイルの6社がランキングされる状況になっています。

ただ、楽天モバイルのデータ容量設定は特殊で3.1GBとなっていますので、他の5社に比べて少しだけ容量が多くお得でしょう。

次のページでは5~6GBの格安スマホランキングを紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2