格安スマホにも2年縛りはある?申し込む前に確認が必要なこと

読了時間:約 2

これまで大手キャリアを利用していて2年縛りのために乗り換えを断念したり、違約金で解約最後の料金が跳ね上がった経験はありませんか?

格安スマホへの乗り換えを考えているなら、申し込む前に確認しておきたい格安スマホでの縛りの期間と、見落としがちなMNP転出手数料についてまとめてみました。

2年縛りって何?大手キャリアが行う2年縛りについて

2年縛りって何?大手キャリアが行う2年縛りについて

スマホ代の節約のために乗り換えたいけれど契約しているスマホが更新月ではないから乗り換えを断念したという経験を持っている人は多いのではないでしょうか。

これまで大手キャリアでは当たり前のように2年縛りでの契約が行われてきました。

契約解除できる月が決まっていて、その期間以外に解約すると1万円前後の違約金が発生するため気軽に解約することができないので、乗り換えを考えている人にとっては悩みの種となっています。

簡単に他社へ乗り換えができないようにする契約というイメージが強い2年縛りですが、基本的な仕組みはどのようになっているのでしょうか。大手キャリアの2年縛りの仕組みについて詳しく見てみましょう。

大手キャリアの2年縛りの基本的な仕組み

大手キャリアの2年縛りの基本的な仕組み

大手キャリアの基本的な2年縛りの仕組みはこうです。

  • 2年間の契約期間を結ぶ
  • 契約期間中に解約すると違約金(解約金)が発生する
  • 2年後に解約できる期間(更新月)がくる
  • 解約しない限り自動更新される

契約期間が満期になった翌月から2ヶ月間が更新月となります。この期間内に解約手続きを行えば違約金が発生しませんが、それ以外の期間に解約すると違約金(解約金)が発生します。キャリアやプランによっても違いますが、基本的には9,500円(税別)となっています。

他にも大手キャリアでは解約日が月初めであっても月末まで(1ヶ月分)の月額料金が満額請求されたり、端末料金の分割払いをセットで契約することが多いのも解約しにくい状況を作る一因となっています。

もし端末の残金が残っている場合は端末購入サポートなどの割引サービスが受けられなくなり、解約時に高額な残金を支払うことになってしまいます。

現在は2年縛りの無いプランや端末料金の一括払いを選択することもできますが、2年縛りのプランよりも月額料金が高く設定されていたり、割引やサービスが無いこともありほとんどの人が2年縛りや端末の分割購入を選んでいます。

確かに2年契約にすることでキャリアにとっては顧客流出を防ぐことができますし、利用者にとっては長期契約を結ぶことで月額料金の割引や端末購入サポートなどのサービスを受けられるというメリットもあります。

しかし、こういった複雑な2年縛りの契約が利用者の自由な選択に影響を与えているとして、総務省は2018年6月に大手キャリア3社に対して改善を求める指導を行いました。

総務省からの指導内容と2年縛りの今後の流れ

総務省からの指導内容と2年縛りの今後の流れ

総務省からの指導は「2年契約などの長期契約と自動更新の契約形態について、更新月(25ヶ月~26ヶ月目など)の解約で、25ヶ月目(更新月)の料金を支払わずに解約できるよう、2019年3月までに措置を講じる」というものです。

また、「解約時の違約金についても、更新月に近い場合は、違約金を支払わなくても済むよう、措置を講じる」ということも言われています。

これを受けて大手キャリア3社は契約の条件を見直し、2019年3月1日から更新月を2ヶ月から3ヶ月に引き伸ばすことを発表しました。(2019年3月に更新月がくる人から対象となる)

また実質的な4年縛りと言われていたソフトバンクの「半額サポート」、auの「アップグレードプログラムEX」などもそれぞれ仕様変更され、4年縛りの無い状態での機種変更が可能になっています。

ドコモではソフトバンクやauのような端末代金による4年縛りはありませんでしたが、政府の指導を受けて携帯料金の見直しを検討中です。今後はどんどん縛りのないプランが増えていき、同時に縛りがあるプランの料金が見直されていくのではないかと予想されます。

格安スマホでも2年縛りはあるの?格安スマホの現状

格安スマホでも2年縛りはあるの?格安スマホの現状

大手キャリアの2年縛りの流れを踏まえて、格安スマホの現状をチェックしてみましょう。格安スマホでも2年縛りはあるのでしょうか。

格安スマホ会社名データ専用プラン音声通話プラン違約金MNP転出手数料
mineo縛りなし縛りなし-2,000円~11,500円
(税抜)
※価格改定あり
LINEモバイル縛りなし12ヶ月9,800円3,000円(税抜)
UQモバイル縛りなし1年~2年
※自動更新あり
9,500円3,000円(税抜)
楽天モバイル縛りなし1年~3年
(プランによって違う)
9,800円3,000円(税抜)
BIGLOBEモバイル縛りなし12ヶ月8,000円3,000円~6,000円
(税抜)
Y!mobile3年
※自動更新あり
2年
※自動更新あり
9,500円3,000円(税抜)
イオンモバイル縛りなし縛りなし-3,000円~15,000円
(税抜)
DMMモバイル縛りなし12ヶ月9,000円3,000円
エキサイトモバイル縛りなし12ヶ月9,500円3,000円
nuroモバイル縛りなし12ヶ月12,000円~0円
(毎月1,000円ずつ減額)
3,000円
QTモバイル縛りなし
縛りなし
(au回線、ソフトバンク回線のみ)
-2,000円~11,500円
(税抜)

主要な格安スマホを見てみると、格安スマホでも縛りと言われる契約は存在しているようです。しかし大手キャリアのように長期ではなく、6ヶ月~12ヶ月程度の最低利用期間が決められています。

格安スマホでもデータ通信用プランの場合は縛りがない場合がほとんどですし、一部の格安スマホでは音声通話プランでも縛りが無かったり短い期間のみのものが多い印象です。

しかも大手キャリアのように自動更新ではないので、ほとんどの場合は期間を過ぎればいつでも解約することが可能で「縛り」と言える程厳しいものではないようです。(一部の格安スマホ会社ではプランによって自動更新があります)

ただ、格安スマホの場合もMNP(マイナンバーポータビリティ)する場合は「MNP転出手数料」として3,000円前後の料金がかかります。

縛りの無い(最低利用期間が無い)格安スマホの中には、短期間でMNPで転出しようとすると「MNP転出手数料」が上乗せされることもあるのでよく確認しましょう。

乗り換える前にチェック!格安スマホを申し込む前に確認しておきたいこと

格安スマホにも縛りはある?最低利用期間はどのくらい?

格安スマホにも縛りはある?最低利用期間はどのくらい?

もし選んだ格安スマホが使い勝手が悪く早く乗り換えたいと思うような場合、縛りがあって最低利用期間が長いと大変です。万が一を考えて、乗り換えを考えている格安スマホに縛りがあるか、もしある場合は期間はどのくらいかをチェックしましょう。

データ通信用プランの場合は縛りの無い格安スマホがほとんどですが、音声通話プランや選択する回線によって縛りとなる最低利用期間が違う場合もあります。契約を考えているプランでどのような条件になるかしっかり把握してから申し込みを行いましょう。

また、格安スマホ会社によっては大手キャリアと同じように自動更新となっているプランを提供している場合もあるので注意が必要です。

MNP手数料による縛りがある場合もあるので要注意

MNP手数料による縛りがある場合もあるので要注意

通常の契約に関して縛りは無いから大丈夫と選んでみたものの、契約してから短期間でMNPで転出しようとするとMNP転出手数料が上乗せされることに気が付いたという話もよく聞きます。

この場合は電話番号が変更になっても大丈夫と考える人なら問題になりませんが、MNPを利用して乗り換えを考えている人にとっては縛りがあるのと同じ状況になってしまいます。

乗り換える格安スマホを選ぶ際は、契約時のプランに記載のある最低利用期間だけでなくMNP転出手数料が上がる条件がついていないかもチェックしておきたいところです。

会社名上がる条件上がった時通常時
mineo12ヶ月以内のMNP転出2,000円(MNP転出手数料)
+9,500円(MNP転出時契約解除料)
2,000円(税抜)
※2019年10月改定あり
イオンモバイル90日以内のMNP転出8,000円(税抜)
※価格改定前に契約の場合は15,000円(税抜)
3,000円(税抜)
QTモバイル
(au回線、
ソフトバンク回線)
13ヶ月以内のMNP転出11,500円(税抜)2,000円(税抜)
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2