キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

おサイフケータイ、Apple Payなどスマホを使った支払い方法は年々増え続けています。そんな中、長年人気を堅持し続けているのが「チャージ決済」と「プリペイド決済」です。

チャージ決済、プリペイド決済とはどんな仕組みの決済方法なのでしょうか。また、登録したり利用したりするにはどうすれば良いのでしょうか。

この記事ではそんなチャージ決済・プリペイド決済の概要に加え、各決済方法別の登録の仕方利用の仕方をご紹介します。スマホを使った支払い方法に興味がある、実際に利用してみたいという方は参考にしてみて下さい。

チャージ決済・プリペイド決済とは

乗り換え後の月額料金はいくら?
チャージ決済・プリペイド決済とは名前の通り、予めお金を入れておき、利用した分だけ残高から差し引くタイプの決済方法です。先払い型の決済方法と考えれば分かりやすいでしょう。

スマホを使ったチャージ決済・プリペイド決済は電子マネーを経由して行われます。代表的なのはSuicaEdyなどで、これらの電子マネーをスマホに登録しておくことでスマホを使った決済が利用可能となるのです。

チャージ決済・プリペイド決済のメリットには、

  • 使いすぎる心配がない
  • 盗難・紛失による被害を抑えられる
  • 現金を持ち歩く必要がない

などが挙げられます。特に盗難・紛失による被害を抑えられるのはかなり大きなメリットと言えるでしょう。クレジットカードを複数枚登録したスマホを盗られたりなくしたりすると、場合によっては大きな損失を被る可能性があります。

しかし、チャージ決済・プリペイド決済しか利用していなかった場合、損失額は残っている入金分だけとなるため、大きな損失にはなりにくいのです。

後払いではなく先払い方式という関係上、使いすぎる心配がないのも評価が高いポイントでしょう。特にお金を管理するのが苦手な方の場合は予め決まった額しか使えない以上、自分の支払い能力を超えて使いすぎてしまう心配がないため安心です。

これはスマホを使った支払い方法すべてに言えることですが、チャージ決済・プリペイド決済をメインの決済方法に据える場合、スマホひとつで支払いが出来るため現金を持ち歩く必要がありません。

極論スマホひとつあれば買い物に出かけることが出来ます。しかし、メリットがある一方でチャージ決済・プリペイド決済にもデメリットが存在します。

  • 使うためには予めお金を入れておかなければならない
  • 緊急時に利用することが出来ない

先払い方式である以上、チャージ決済・プリペイド決済サービスを利用するためには、決済をする前にお金を入れておかなければいけません。

一部クレジットカードを登録しておくことでオートチャージが利用可能になる電子マネーもありますが、オートチャージを利用するくらいなら、はじめから後払い方式のQUICPayやiDなどを使った方が良いでしょう。

また、クレジットカードや後払い式の決済方法であれば「急な出費がかさんでお金がない」というような場面で緊急回避的に頼ることが出来ますが、チャージ決済・プリペイド決済ではそのような使い方が出来ません。

チャージ決済・プリペイド決済にはどんな種類がある?

おサイフケータイ


画像引用元:Google Play
ガラケーやAndroidでお馴染みのおサイフケータイは携帯を利用した決済方法のパイオニア的存在です。おサイフケータイのシステムはおサイフケータイのアプリ内に電子マネーやクレジットカードを登録しておくことで、いつでも支払いに使えるようになるというもの。

専用の読み取り機器であるFeliCa設置店であればどこでも使える便利さを持ち、携帯をかざすだけで手間なく支払いが行えるため、チャージ決済・プリペイド決済の中ではかなりの人気を誇ります。

一方でオンライン決済への対応が遅れている、国際規格に対応しておらず海外では使えないなどの欠点も存在し、最近では新しく登場した他のチャージ決済・プリペイド決済に押され気味です。

Apple Pay

簡単に言えばApple PayはおサイフケータイのApple製品バージョンと言えるでしょう。というのも、Apple社は独自の規格を採用することで知られており、最近まで自社製品にFeliCa機能を搭載していなかったのです。

実際に最近の製品はFeliCaこそ搭載しているものの、支払いに用いるのはガラケー、Androidでお馴染みのおサイフケータイではなくApple Payとなっています。簡単にApple Payとおサイフケータイの違いをご紹介しましょう。

 Apple Payおサイフケータイ
オンライン決済不可
対応している端末iOS端末Android端末・ガラケー
対応している電子マネーQUICPay・iD・SuicaQUICPay・iD・Suica・nanaco・WAON・楽天Edy等

Apple Payはオンライン決済に対応していますが、おサイフケータイは対応していません。この差は非常に大きく、特にネットショップをよく利用する方にとっては無視できない点となるでしょう。

一方でおサイフケータイには幅広い電子マネーに対応しているというメリットがあります。新幹線のチケット替りにおサイフケータイを利用出来る点なども見逃せません。

Apple Payで使えるチャージ決済・プリペイド決済はSuica・QUICPay・iDだけなのに対し、おサイフケータイはnanacoやWAONなどにも対応していますから、使いやすさ・対応量であればおサイフケータイに軍配が上がります。

ドコモ払い/d払い


画像引用元:NTTドコモ ホーム
ドコモ払い/d払いはドコモが提供するチャージ決済・プリペイド決済およびポストペイ型の支払い方法です。システムはおサイフケータイ、Apple Payなどと非常に似通っているものの、利用分を携帯料金と一緒に支払える点が大きく異なっています。

チャージ決済・プリペイド決済として使う際は「ドコモ口座充当払い」を選択しなければいけません。ドコモ口座充当払いとはその名の通り、決済をすると利用分がドコモ口座から充当されるシステムの支払い方法です。デビットカードの亜種と捉えることも出来るでしょう。

注意点としては、ドコモ払いはドコモユーザーしか使えず、d払いは一部のネットショップでは使えない点が挙げられます。基本的にはドコモユーザーのための決済方法と考えておいた方が良いでしょう。

Google Pay

Google Payは2018年1月に発表されたばかりの新しいチャージ決済・プリペイド決済です。実店舗・ネットショップの両方に対応しており、個人間の送金も可能であるため、スマホを使った決済手段の中ではかなり使い勝手の良いサービスと言えるでしょう。

対応する電子マネーはWAON、nanaco、Suica、QUICPay、楽天Edyなどで、チャージ決済・プリペイド決済以外にポストペイ型の電子マネーにも対応しています。

日本ではまだ認知度が低いもののジワジワと利用者が広がりつつあり、個人間の送金が出来るなど独自のサービスを展開しているので今後の動向に目が離せない存在となっています。

チャージ決済・プリペイド決済の登録方法

おサイフケータイの登録方法

まずはおサイフケータイのアプリをインストールしましょう。アプリはGoogle Playからダウンロードすることが出来ます。
アプリをインストールした後は使いたい電子マネーを登録します。

既にカードタイプの電子マネーを持っている場合はデータ移行を行い、新たに電子マネーを使い始める場合はアプリを起動すると表示される「マイサービス」を選択して下さい。

そうすると、「サービスを追加する」という項目が表示されるのでタップし、電子マネー一覧から使いたい電子マネーをタップします。後は初期設定を完了させて登録は完了です。

初期設定の方法は利用する電子マネーによって異なりますが、基本的には電子マネーのアプリをインストールし、個人情報や支払い方法を入力という流れになります。

Apple Payの登録方法


画像引用元:Apple(日本)
Apple Payで使用できる電子マネーはSuica・QUICPay・iDの3つです。登録の際はこの3つのうちから使いたい電子マネーを選択しなければいけません。もちろん、複数の電子マネーを使い分けることも出来ます。


1 2