ドコモ新機種情報 機種の評価・レビュー 機種変更
Pocket

読了時間:約 3

ドコモの2018-2019年冬春モデルでは、Google謹製のスマートフォンPixel 3や、ソニーのXperiaやサムスンのGalaxyの最新モデルなど、魅力的な機種が多数発表されました。

さらに「端末購入サポート」対象機種としてお得に購入できるiPhone X、iPhone 8など、ねらい目の機種もあり、どの機種に乗り換えるのか悩みどころです。

そこで本記事では、冬春モデルも加わったドコモのラインナップのなかから、おすすめ機種をピックアップして紹介します。あなたのベストバイを見つける参考にしてみてください。

ドコモ2018年冬春モデルのラインナップは?


10月17日に開催されたドコモの「新製品発表」で発表された新機種は以下の11機種。なお、価格は「月々サポート」適用後の実質負担額です。

機種名 発売日 実質負担金
スマートフォン Xperia XZ3 SO-01L 11月上旬 新規・機種変更:57,024円(2,376円 / 月)
乗り換え:40,176円(1,674円 / 月)
Galaxy Note9 SC-01L 10月25日 新規・機種変更:85,536円(3,564円 / 月)
乗り換え:68,688円(2,862円 / 月)
Google Pixel 3 11月1日 機種変更:57,024円(2,376円 / 月)
乗り換え:27,216円(1,134円 / 月)
Google Pixel 3 XL 機種変更:90,720円(3,780円 / 月)
乗り換え:60,696円(2,529円 / 月)
docomo with対象 Galaxy Feel2 SC-02L 11月上旬 42,120円(1,755円 / 月)
AQUOS sense2 SH-01L 今冬 31,752円(1,323円 / 月)
らくらくスマートフォンme F-01L 2019年春 43,416円(1,809円 / 月)
フィーチャーフォン AQUOSケータイ SH-02L 2019年春 10,368円(432円 / 月)
カードケータイ KY-01L 11月下旬 10,368円(432円 / 月)
Wi-Fiルーター Wi-Fi STATION HW-01L 2019年春
その他 ワンナンバーフォン ON 01 10月下旬 未定

ドコモの最新スマホに機種変更|おすすめ携帯を比較 2018-2019冬春モデル

ハイエンド志向なAndroidユーザーならソニー「Xperia XZ3」


画像引用元:Xperia(エクスペリア) XZ3 ドコモ SO-01L | ソニーモバイル公式サイト

基本スペック

スペック Xperia XZ3 SO-01L
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約158 × 73 × 9.9 mm
重さ 約193g
ディスプレイ 約6.0インチ 有機ELディスプレイ(18:9)
解像度 QHD+(2,880 × 1,440)
OS Android 9.0
CPU Snapdragon 845
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
バッテリー 3,200mAh
電池持ち時間 約100時間
アウトカメラ 約1,920万画素 / F値2.0 Motion Eyeカメラ
インカメラ 約1,320万画素 / F値1.9 ポートレートセルフィー機能
通信速度 受信時最大988Mbps 送信時最大131.3Mbps
Bluetooth Bluetooth 5.0
生体認証 指紋認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IPX5/8 IP6X
イヤホンジャック ×
カラー ボルドーレッド、ホワイトシルバー、ブラック、フォレストグリーン
実質負担金 新規・機種変更:総額57,024円(2,376円 / 月)
乗り換え:総額40,176円(1,674円 / 月)

シリーズ初搭載、有機ELディスプレイが高画質

ソニーのXperia XZ3は11月上旬に発売予定のハイスペックなAndroid。

Xperiaシリーズとして初めて有機ELディスプレイを搭載したモデルです。

CPUには現行最高性能を誇るクアルコム製「Snapdragon 845」、メモリには4GBを搭載。あらゆる処理が軽快に動作します。

見た目は前モデルXZ2の丸みのあるデザインを踏襲しつつ、賛否両論だった端末の厚みも約9.9mm(サイドフレームは約3mm)になり、持ちやすく進化しています。

iPhone XS/XS Maxをはじめ、ハイエンド機では有機ELを採用する機種が増えていますが、Xperia XZ3にはソニーが4K有機ELテレビ「BRAVIA」で培った技術が取り入れられています。

最新iPhoneも採用の有機ELディスプレイ(OLED)って何?どう違う?

解像度QHD+(2,880 × 1,440)の高精細な画質と、有機ELの発色の良さが際立つ美しいディスプレイです。

加えて、通常画質の映像を疑似的なHDR映像にできるHDRアップコンバート機能も搭載しています。

Youtubeや配信サービスなどの動画再生や、3Dアプリゲームなど、処理性能とディスプレイの両方を必要とする場面で活躍間違いなし。

ハイスペックなAndroidを求める方におすすめです。

ドコモ2018年冬春モデル|Sony Xperia XZ3の辛口レビュー|ユーザーの評価は?

新しいもの好きならGoogle製スマホ「Pixel 3 / Pixel 3 XL」


画像引用元:Google Pixel 3・Google Pixel 3 XL | 製品 | NTTドコモ

基本スペック

スペック Pixel 3 Pixel 3 XL
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約145.6 × 68.2 × 7.9 mm 約158 × 76.7 × 7.9 mm
重さ 約148g 約184g
ディスプレイ 5.5インチ 有機ELディスプレイ
(18:9)
約6.2インチ 有機ELディスプレイ
(18.5:9)
解像度 フルHD+(1,080 × 2,160) QHD+(2,960 × 1,440)
OS Android 9.0
CPU Snapdragon 845
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB / 128GB
外部メモリ ×
バッテリー 2,915mAh 3,430mAh
アウトカメラ 約1,220万画素 / F値1.8
光学手ブレ補正
インカメラ 約800万画素 / F値2.2(広角)
約800万画素 / F値1.8(標準)
通信速度 受信時最大794Mbps 送信最大75Mbps
Bluetooth Bluetooth 5.0
生体認証 指紋認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IP68
イヤホンジャック ×
カラー クリアリーホワイト、ジャストブラック、ノットピンク
実質負担金 機種変更:総額57,024円(2,376円 / 月)
新規:総額51,840円(2,160円 / 月)
乗り換え:総額27,216円(1,134円 / 月)
機種変更:総額90,720円(3,780円 / 月)
新規:総額85,536円(3,564円 / 月)
乗り換え:総額60,696円(2,529円 / 月)

最新AI機能を搭載したハイスペックなAndroid

11月1日より発売のPixel 3/Pixel 3 XLはGoogle製のAndroidスマホ。

Pixel 3が画面5.5インチの通常モデル、Pixel 3 XLが画面6.2インチの大画面モデル。

キャリアではドコモとソフトバンクから購入可能で、おサイフケータイにも対応しています。

Pixel 3シリーズは冬春モデルのなかではXperia XZ3やGalaxy Note9と並ぶハイエンド機

CPUも同じくSnapdragon 845、メモリは4GBを搭載し、OSはAndroid 9.0と、処理性能においては3機種間であまり差がありません。

特筆すべき機能は最新のAI技術を使った「Googleレンズ」

調べたいものや検索したい文字にカメラを向けると、AIがその情報を判別して、画面に関連情報を表示してくれます。

たとえば、友人が着ている服を撮影してオンラインショップから購入したり、外国語を直接翻訳したり、Pixel 3ならこれまでのスマホにはない使い方が可能。新製品や新機能をいち早く使いたい方におすすめです。

欠点としては、SDカードスロットが非搭載な点。ストレージを大きいモデルを選びたいところですが、容量が大きいとそれだけ機種代金が高くなりますので、自分の使い方に合ったストレージを選択したいところ。

ドコモ2018年秋・冬モデル|Pixel 3/ Pixel 3 XLの辛口レビュー|ユーザーの評価は?

お買い得なiPhoneを狙うならアップル「iPhone X / iPhone8」


画像引用元:iPhone 8 | iPhone | NTTドコモ

基本スペック

スペック iPhone 8 iPhone X
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約138.4 × 67.3 × 7.3 mm 約143.6 × 70.9 × 7.7 mm
重さ 約148g 約174g
ディスプレイ 4.7インチ Retina HD(液晶)ディスプレイ 約5.8インチ Super Retina HD(有機EL)ディスプレイ
解像度 1,334 × 750 2,436 × 1,125
OS iOS 11
CPU A11 Bionic
メモリ(RAM) 非公表
ストレージ(ROM) 64GB / 256GB
外部メモリ ×
連続通話時間 最大14時間 最大21時間
アウトカメラ 約1,200万画素 / F値1.8
光学手ブレ補正、5倍デジタルズーム
1,200万画素 / F値1.8(広角)
1,200万画素 / F値2.4(望遠)
デュアル光学手ぶれ補正、2倍光学ズーム、10倍デジタルズーム
インカメラ 約700万画素 / F値2.2 約700万画素 / F値2.2
ポートレートモード
通信速度 受信時最大800Mbps
Bluetooth Bluetooth 5.0
生体認証 Touch ID(指紋認証) Face ID(顔認証)
Apple Pay
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IP67
イヤホンジャック ×
カラー スペースグレイ、シルバー、ゴールド、PRODUCT RED スペースグレイ、シルバー
実質負担金 新規・機種変更:総額19,440円(810円 / 月)
乗り換え:総額10,368円(432 / 月)
新規・機種変更:総額50,544円(2,106 / 月)
乗り換え:総額20,736円(864 / 月)

ドコモへの乗り換えなら昨年のiPhoneが月額1,000円以下

iPhone 8とiPhone Xは2017年モデルとして発売されたiPhone。

ドコモへの乗り換えを利用すると、「端末購入サポート」が適用されて、iPhone 8の64GBモデルが月額432円、iPhone Xの64GBモデルが月額864円と、破格な値段で購入できます。

昨年モデルとはいえ、両機種ともスペックが優秀。3Dアプリゲームなどの高負荷な処理も軽快に動作します。

iPhone 8とiPhone Xでは、乗り換え時の価格差が1万円程度ですが、スペックは有機ELディスプレイの有無、シングルカメラとデュアルカメラなど、差額以上に高スペックな印象

予算が許すならばiPhone Xの方がおすすめです。

iPhone 7以前の機種ユーザーは、とくにiPhone Xを購入すると、iPhoneの進化に間違いなく驚きます。

1 2