読了時間:約 1 minute

携帯乗り換えを行う時、ほとんどはキャリアショップ、家電量販店などで手続きされている方が多いのではないでしょうか。

もちろんキャリアショップや家電量販店でもお得に乗り換えることは可能ですが、近年キャッシュバック制限が厳しくなり、時期によってはあまりお得にならない場合もあります。

せっかく乗り換えたのに毎月の料金もあまり変わらない、お得感が少ないとなると手間だけかかって損した気分になってしまうものです。

ここでは、少なくとも5万円は得したいそんな方のために、得するショップ選びとMNPキャンペーンの使い方をご紹介します。

MNPキャッシュバックで最高に得するための全知識!乗り換え方法で金額がこんなに違う!?

得するショップ選びのポイント

携帯乗り換えショップキャッシュバック金額の目安と特徴
ソフトバンク代理店オンラインショップ
おとくケータイ.net
キャッシュバック金額の目安:35,000〜45,000円
(機種によってはより高額になることも)

店舗運営費を抑えた分、キャッシュバック金額が大きい
有料コンテンツの強制が無い
電話やメールでの相談あり
キャリア公式オンラインショップ
ドコモ公式ショップ
ソフトバンク公式ショップ
au公式ショップ
キャッシュバック金額の目安:0円

ソフトバンク/ドコモ/au直営のため最優先で最新機種を入荷
既存ユーザーのための料金キャンペーンが充実
テルルやカメラのキタムラなど併売ショップキャッシュバック金額の目安:0円

携帯を乗り換えしてもキャッシュバックされない
月額の「有料オプション」を契約させられる場合も多い
店舗によって大きく異なる
下取りをその場で出せる(ドコモ・au)
ヤマダ電機やヨドバシカメラなど家電量販店 キャッシュバック金額の目安:0円

新しい携帯端末を実際に触れる
キャッシュバックではなくポイントで還元される場合もある
店員への交渉が必要
下取りをその場で出せる(ドコモ・au)
ソフトバンクショップ、auショップ、ドコモショップキャッシュバック金額の目安:0円

携帯を乗り換えてもキャッシュバックが出ない
混雑している場合が多い
不要なオプションに加入させられる
メリットの少ない店舗も多い
下取りをその場で出せる(ドコモ・au)

携帯乗り換えのパターンは上記内容になります。

パッと見オンラインの代理店サイトでの手続きがお得に見えますが、現状オンラインの代理店サイトはソフトバンクの取り扱いが主で、ドコモやauはなかなかありません。

また、キャリアショップ、併売店や量販店でも現金キャッシュバック以外の方法で、お得になるキャンペーンを行っている場合があります。

規制が厳しくなった今、あまりネット上で告知していないことも多く、実際街を歩き回ってチェックしてみたりSNSを活用して利用者の声を集めるなど情報収集が必要です。

もちろん闇雲に探しても本当にお得なのか判断するのが難しいでしょう。下記ではお得なショップの情報を探し選ぶ上でいくつかポイントをご紹介します。

得するショップ選びのポイント
  • キャッシュバックなのかポイント還元なのか
  • 乗り換えるキャリアを決めてからショップを選ぶ
  • 公式のキャンペーンを利用していないか
  • 特典適用条件が厳しくないか
  • 特典の還元時期が遅すぎないか

キャッシュバックなのかポイント還元なのか

家電量販店などで多い還元方法ですが、そのお店で使えるポイントを特典として用意している場合があります。

現金キャッシュバックなら利用用途は自由ですが、ポイント還元だと手続きした家電量販店で何か購入する予定がなければ無駄になってしまうかもしれません。

還元率だけではなく、自身にとってキャッシュバックとポイント還元のどちらが都合がいいのかも考えましょう。

乗り換えるキャリアを決めてからショップを選ぶ

キャッシュバックやポイント還元などの目先のお得さだけではなく、毎月の利用料が安くなるのかが肝心です。

基本的には2年の契約をすることになるので、今現在の契約と2年間合計でいくら安くなるのか比較しましょう。

特典を受ける条件で高いプランでの契約が必要になる場合もあります。

また、現在の契約が家族割や固定回線のセット割などで安くなっている場合、1人だけ他社に乗り換えるとかえって高くなってしまう可能性もあります。

まずはどのキャリアに乗り換えるのか料金を比較し決めてから、手続きを行うショップを選びましょう。

公式のキャンペーンを利用していないか

キャリア公式でも時期によって、機種代金からの直接の割引や、ポイント還元などを行っている場合があります。

本来であれば公式のキャンペーンはいかなる場合でも、条件さえ満たしていれば適用されるものです。

しかしショップによっては公式キャンペーンの還元内容も含めて「最大〇〇円還元」と記載していたり、あたかもショップが打ち出したキャンペーンかのような説明をする所があります。

公式のキャンペーンは条件さえ満たしていれば、誰でもどこで手続きしても受けられるものです。

”そのショップでないと受けられない”お得なキャンペーンではありませんので、冷静に見極めましょう。

特典適用条件が厳しくないか

高額なキャッシュバック・ポイント還元に目がくらみ、早々に案内を受けたものの契約プランが限定されていたり、複数にオプションや月額サイトに登録させられることがあります。

また、そのような月額が発生するサイトやオプションの加入を数か月は続けることが条件という場合も。

損はないものの、費用合計を足し引きしたら結局数千円しか得しなかったなんてこともままあります。

いくつも加入したオプションやサイトの解約手続きには骨が折れますし、うっかり忘れてしまえば結局損をしてしまう可能性もあります。

契約前に条件はしっかり聞いておきましょう。

特典の還元時期が遅すぎないか

オンライン上の代理店サイトや、併売店に多いのですが、特典の還元時期が半年以上かかるところは要注意です。

携帯業界の流れは常に早く競争率も激しいので、ノルマの達成できないお店はすぐに潰れてしまいます。

契約当時は問題なくとも還元時期の半年が過ぎても連絡や振り込みがなく、連絡も取れず気づいたらお店・サイトが閉店していたというケースは少なくありません。

まだ連絡が取れれば大元の会社で調べてもらい、特典受けることもできるかもしれませんが還元時期が遅すぎるところは念のため避けた方が良いでしょう。

携帯乗り換えをお得に行うために注意すること

乗り換えに重要なのはお得なショップ選びだけではありません。乗り換えるために注意すべき点も確認していきましょう。

携帯乗り換えをお得に行うために注意すること
  • 今の契約が更新期間中か確認する
  • ショップ選びは迅速に行い悩まない
  • 手続き前に在庫の確認をしよう

今の契約が更新期間中か確認する

ドコモ・au・ソフトバンクで契約している場合、多くの人は2年間の定期契約をしています。

3キャリアとも契約の更新期間以外に他社へ乗り換え・解約を行った場合、9,500円(税抜)の解約金が発生します。

他にも費用が発生する場合があるので現在の契約がどうなっているのか、必ず確認していきましょう。

また、解約金以外に乗り換えにはMNPにかかる手数料があります。

名目ドコモauソフトバンク
転出料2,000円2,000円3,000円
事務手数料3,000円3,000円3,000円
解約金9,500円9,500円9,500円
【全キャリア対応】MNP予約番号をたった5分で取得する3つのポイント

ショップ選びは迅速に行い悩まない

乗り換えると決めたら、手続きするショップ選びは迅速に行いましょう。

冒頭でも触れましたが、近年キャッシュバックなどの規制が厳しくなり大型のキャンペーンを実地するショップも少なくなってきています。

人気のショップは新たなキャンペーンが発表されると契約希望者が集中するため、キャンペーンの早期終了や在庫がなく手続き待ちになる可能性があります。

悩んでいるうちに選択肢がなくなってしまては元も子もないので、ご紹介したポイントを参考に迅速にショップを選びましょう。

手続き前に在庫の確認をしよう

手続きするショップを決めたら、まずは在庫があるか確認をしましょう。

ほしい機種の在庫がなければ手続きできません。また、入荷待ちしている間にキャンペーンが終了する可能性もあります。

在庫の有無、もし在庫がなければいつ頃入荷するのか確認しましょう。

もし入荷の目処が全くないようなら、他のショップに切り替えましょう。

次のページでは、3キャリア公式のMNPキャンペーンをご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2