【2021年】4キャリアの新料金プランを比較!ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルのどこがお得か解説

4キャリアの新料金プランを比較してどんな人におすすめかご紹介していきます。ドコモのahamo・auのpovo・ソフトバンクのSoftBank on LINE・楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vについて、メリットと最新情報をまとめてご紹介していきます。

  • 2021年1月28日
2021年キャリアの新料金プランを比較!ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルのどこがお得か解説

ここでは2021年に契約できるドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル4キャリアの新しいプランをご紹介しています。

大手キャリアは2020年12月から2021年1月にかけてそれぞれ新料金プランを発表しました。

ahamo・povo・SoftBank on LINEと名付けられた大手キャリアの新料金プランは、月のデータ容量や価格など共通点が多くあります。

しかし、それぞれの特徴・メリットを見るとよりお得に使えるユーザーが分かるようになっています。

第4のキャリアである楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vも合わせてご紹介していますので、この機会に新料金プランをチェックしてみましょう。

4キャリアの新料金プランを比較

4キャリアのプラン詳細比較一覧

スクロールできます→
キャリアプラン月額料金月データ超過時通話料金5分かけ放題※国内かけ放題※国内キャリアメールネットワーク申込み特徴サービス開始発表時期
ドコモドコモの料金プランahamo
ahamo(アハモ)
2,980円20GB1Mbps20円/30秒無料1,000円無し4G/5Gオンライン海外82の国々・地域で利用可能
※追加料金なし
2021年3月2020年12月3日
auauの料金プランpovo
povo(ポヴォ)
2,480円20GB1Mbps20円/30秒500円1,500円無し4G/5G※5Gは2021年夏~オンラインオプション追加機能「トッピング」がある2021年3月2021年1月13日
ソフトバンクソフトバンクの料金プランSoftBank on LINE
SoftBank on LINE
2,980円20GB1Mbps20円/30秒無料1,000円無し4G/5Gオンライン※LINE含むLINEのデータがカウントフリー2021年3月2020年12月22日
楽天モバイル楽天モバイルの料金プランRakuten UN-LIMIT V
Rakuten UN-LIMIT V
2,980円無制限※制限の可能性有※パートナー回線エリア除く1Mbps20円/30秒※アプリは無料--無し
※フリーメール有
4G/5Gオンライン/店舗プラン1年無料特典
ポイント還元など
2020年9月2020年9月

まずは今回ご紹介するドコモ・au・ソフトバンクの新料金プランと、キャリア参入を果たして間もない・楽天モバイルを一覧で比較してみます。

2020年9月30日に発表・提供開始されていた楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」を皮切りに、4キャリアすべて3,000円以内で提供されています。

ドコモ・au・ソフトバンク従来プランから考えれば、20GBで月2,980円(税抜)というのは間違いなく低価格だと言えます。

また、楽天モバイルを除けばドコモ・au・ソフトバンクの新料金プランは共通点が多いのも見逃せません。

大手キャリアの新料金プラン発表は総務省の値下げ要請を受けてのものでしたので、「他キャリアへの流出を防ぐ」という狙いもあるのでしょう。

しかし、表中にも簡単に記載した通り他の新料金プランとは違う特徴やメリットも少なからず存在します。

内容に共通点が多い以上、新料金プランごとの特徴やメリットをしっかりと理解しておく事が必要です。

各キャリアの料金プラン詳細へ移動

▲目次に戻る

ドコモの新料金プランahamo(アハモ)を解説

ahamo
ahamo
ahamoの提供内容
ネットワーク4G/5G
月額料金2,980円(税抜)
データ容量20GB
データ容量超過後送受信時最大1Mbps
音声通話1回あたり5分以内の国内通話無料
5分をこえる国内通話は20円/30秒
各種オプション・1GBあたり500円(税抜)で1GB追加
・月額1,000円(税抜)で国内通話無料
割引なし
※一部条件有
海外ローミングあり(無料)
解約金なし
ポイント1,000円の利用につき、dポイント10ポイント
契約条件20歳以上の方
※20歳未満を利用者登録可能
特徴・海外82の国々・地域で追加料金なく利用可能
・家族割のカウント対象

ここからは各キャリアの新料金プランごとの特徴やメリットを確認していきましょう。

ドコモのahamoは追加料金不要で利用できる海外ローミングサービスが付帯しているのが大きな特徴です。

また、ドコモの割引に関する変更が加えられより使いやすいサービスとなっています。

ドコモの新料金プランahamoの特徴・メリット

ahamoの特徴・メリット
  • 海外82の国々・地域で使える(大手キャリア最多)
  • 従来プランと同じくdポイントが貯まる

ドコモの新料金プランahamoが他キャリアと異なる点として、別途料金不要で海外利用が出来るというものがあります。

ahamoの海外ローミングは82の国々・地域で利用でき、20GBのデータ容量を追加料金不要で利用可能です。

海外ローミングはRakuten UN-LIMIT Vも提供していますが、指定地域はahamoより少ない・指定地域以外で使えないなどのデメリットもあります。

また、povoとSoftBank on LINEはまだ海外ローミングについての正式なアナウンスが無い状態(検討中)です。

ドコモの従来プランは「パケットパック海外オプション」適用で海外ローミングを使えますが、リーズナブル(1時間200円~)とは言え長期的に使えば費用もかさみます。

対してahamoの海外ローミングは対応地域こそ少ないのですが、短期間の海外滞在を行う方にとってはメリットのあるサービスです。

ちなみにドコモのahamoは従来プランと同じく1,000円の利用につき、dポイント10ポイントが貯まります。

ドコモのキャッシュレスサービス「d払い」を利用している方など、dポイントをよく利用する方にとってはこの点もメリットではないでしょうか。

ドコモの新料金プランahamoの新着情報

ahamoの更新情報(2021年1月)
  • ファミリー割引:申込み可能(割引対象外)
  • みんなドコモ割:対象外(カウント対象)
  • みんなドコモ割:対象外(ペア設定は可能)

ahamoは発表時点では、ドコモの従来プランで適用できる上記3つの割引は適用対象外でした。

しかし、2021年1月14日のドコモの発表では以前適用対象外であるものの割引内容がアップデートされました。

例えばファミリー割引は申込み可能となっており、同一「ファミリー割引」グループ回線からのahamo契約回線への発信については無料となります。

また、みんなドコモ割もカウント対象となるため、同一「ファミリー割引」グループ回線の割引に利用する事ができます。

ahamo自体の価格が下がるわけではありませんが、家族で利用する場合は割引が使えるためお得な変更が加えられたと言えます。

ドコモの機種変更がお得になるキャンペーンドコモへ乗り換えがお得になるキャンペーンも紹介しているので、是非チェックしてみてください。

2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

ドコモ公式オンラインショップドコモ公式ショップで確認する

▲目次に戻る

auの新料金プランpovo(ポヴォ)を解説

au povo 料金
povo
povoの提供内容
ネットワーク4G/LTE(5Gは2021年夏から提供予定)
月額料金2,480円(税抜)
データ容量20GB
データ容量超過後送受信時最大1Mbps
音声通話20円/30秒
各種オプション
(トッピング)
・5分以内通話かけ放題(500円/月)
・通話かけ放題(1,500円/月)
・データ使い放題 24時間(200円/24時間)
・データ追加 1GB(500円/1GB)
割引なし
海外ローミングなし(検討中)
解約金なし
ポイントなし(検討中)
契約条件20歳以上の個人
※未成年は検討中
特徴・トッピングは随時追加
・キャリア最安

auの新料金プランpovoの特徴・メリット

povoの特徴・メリット
  • キャリア最安の2,480円で利用可能
  • オプションが自由に追加できる
au/povoのトッピング注意点
5分以内通話かけ放題
(500円/月)
【以下のような対象外あり】
・「0570」や「0180」など、受話側が料金を設定している電話番号
・104(番号案内)
・188(消費生活相談受付)
・#+4ケタの電話番号
通話かけ放題
(1,500円/月)
データ使い放題 24時間
(200円/24時間)
ネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合がある
データ追加 1GB
(500円/1GB)
-

auの新料金プランpovoは楽天モバイルも含めた4つのキャリアの中で最安となっています。

povoにはドコモとソフトバンクにある5分かけ放題が無く、そのため500円分安い価格提供となっているわけです。

「通話は基本的に知り合いとLINEで」という方にとってはキャリア最安の価格は大きなメリットとなるでしょう。

また、「5分以内通話かけ放題(500円/月)」も含めトッピングと呼ばれる各種オプションが用意される点もメリットです。

例えばテザリングにも対応した「データ使い放題 24時間」は20GB以上でも高速通信を行い方にとってはうってつけのオプションでしょう。

利用には条件がありますが、幅広いユーザーが満足できる柔軟性がpovoの魅力ではないでしょうか。

auの新料金プランpovoの新着情報

povoの情報(2021年1月)
  • 海外ローミング、未成年契約などは検討中
  • 5Gへの対応は2021年夏予定
  • トッピングは今後も追加予定

auのpovoは大手キャリアでは最も遅い発表となったため、まだ大きな更新などはありません。

海外ローミングや未成年契約など他社の新料金プランが決定している事項も検討中が多く、5G対応も2021年夏予定となっているのは気になります。

しかし、キャリア最安の価格でニーズに合わせたオプション変更が行えるのはpovoだけの強みです。

今後のトッピング追加も含め、サービス開始前にauからの更新情報を定期チェックするのがおすすめです。

auの機種変更・乗り換え・新規がお得になるキャンペーンも紹介しているので、是非チェックしてみてください。

au公式オンラインショップならスマホ料金の分割支払い時、頭金0円で断然お得!

>au公式オンラインショップで機種を探す

▲目次に戻る

ソフトバンクの新料金プランSoftBank on LINEを解説

SoftBank on LINE
SoftBank on LINE
Softbank on lineの提供内容
ネットワーク4G/5G
月額料金2,980円(税抜)
データ容量20GB
データ容量超過後送受信時最大1Mbps
音声通話1回あたり5分以内の国内通話無料
5分をこえる国内通話は20円/30秒
各種オプション・1GBあたり500円(税抜)で1GB追加
・月額1,000円(税抜)で国内通話無料
割引なし
海外ローミング未発表
解約金なし
ポイントなし
契約条件未発表
特徴・LINEのギガノーカウント

SoftBank on LINEはソフトバンクが格安SIMのLINE MOBILEを吸収合併した事で誕生したMNOです。

月のデータ量はドコモ・auと同じく20GBですが、LINE MOBILEの強みであった「LINEのギガノーカウント」という特徴を引き継いでいます。

ソフトバンクの新料金プランSoftBank on LINEの特徴・メリット

SoftBank on LINEの特徴・メリット
  • LINEのギガノーカウント

SoftBank on LINEの最大のメリットは吸収合併したLINE MOBILEの「LINEのギガノーカウント」という特徴を引き継いでいる事です。

通信料のカウントフリー対象はLINEトーク/LINE通話などを予定しています。

つまり、家族や友人との連絡をLINE中心とすれば、20GBのほとんどをゲームや動画視聴に割り当てられるという事です。

一部LINE内で対象外となるサービスも出てくるかもしれませんが、LINEとの併用を前提とするなら新料金プランで最もお得にできるかもしれません。

ちなみにSoftBank on LINEはソフトバンクが提供するサービスであり、提供開始に伴って「LINEモバイルが使えなくなる」「LINEアプリが無くなる」という事はありません。

ただしLINEモバイルの新規受付は2021年3月をもって終了するため、その後はSoftBank on LINEなどへの移行を促していくと思われます。

ソフトバンクの新料金プランSoftBank on LINEの新着情報

SoftBank on LINEの情報(2021年1月)
  • LINEのギガノーカウント詳細は後日案内
  • 海外ローミング、ポイントなどは未発表

auのpovoと同じく、SoftBank on LINEも2021年1月時点でまだ完全な内容で発表されていません。

プレリリースや公式サイトの情報は基本的な内容に留められており、海外ローミングやポイントサービスについてはそもそも記載がありません。

今後大幅に変更される事はないでしょうが、先んじてドコモが家族割の内容を変更した事を考えるとソフトバンクも追従してくる可能性があるでしょう。

ソフトバンクの機種変更がお得になるキャンペーンソフトバンクへ乗り換えがお得になるキャンペーンも紹介しているので、是非チェックしてみてください。

ソフトバンク公式オンラインショップなら頭金0円で断然お得!

ソフトバンク公式オンラインショップソフトバンク公式で機種を探す

▲目次に戻る

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vを解説

楽天モバイル UN-LIMIT Ⅴ
Rakuten UN-LIMIT V
Rakuten UN-LIMIT Vの提供内容
ネットワーク4G/5G
月額料金2,980円(税抜)
データ容量無制限
パートナー回線エリアは5GBまで
データ容量超過後送受信時最大1Mbps
※パートナー回線エリア
音声通話通常20円/30秒
rakuten Linkアプリで無料
各種オプション・Rakuten Link(SNSアプリ・無料)
割引なし
海外ローミングあり(無料)
解約金なし
ポイントあり(1%)
契約条件18歳以上
※18歳未満は店頭で契約
特徴・データ無制限
・通話料無料
・月額料金のポイント還元あり
・1年間無料キャンペーンあり

2020年4月にキャリア参入を果たした楽天モバイルは、「大手キャリア3社」に先んじて月額2,980円のプランを打ち出しています。

価格だけ見ればドコモ・au・ソフトバンクの「新料金プラン」と同じですが、ユーザー獲得のためキャンペーン重視の内容となっているのが特徴的です。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vの特徴・メリット

Rakuten UN-LIMIT Vの特徴・メリット
  • 4G/5Gでデータ容量無制限
  • アプリ利用で通話料無料
  • 月額料金のポイント還元あり
  • 1年間無料キャンペーンあり

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vには主に上記のような特徴・メリットがあります。

4G/5G対応で楽天回線エリアならデータ容量無制限、さらに無料のRakuten Linkアプリを利用すれば基本的に通話も無料で行えます。

月額料金はRakuten PointClubを通して1%の還元が受けられますし、初めての申込みなら1年間無料で試せるキャンペーンも提供されています。

また、定期的に実施されている申込みや端末購入のポイント還元キャンペーンも魅力的です。

ドコモ・au・ソフトバンクとは大きく異なる特徴・メリットから楽天モバイルがユーザーの獲得に積極的である事が分かります。

ただし楽天回線エリアはまだ拡大中で、山岳部などのほとんどはパートナー回線エリア(au)です。

主回線として利用するつもりなら、楽天モバイルホームページで公開されているエリア確認を必ず行うようにしましょう。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vの新着情報

楽天モバイル・キャンペーン(2021年1月)
①Rakuten UN-LIMIT V1年無料利用開始から1年間無料
※通話料等は必要
【Rakuten Linkアプリの利用条件】
・「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話
・「Rakuten Link」を用いたメッセージ送信の1回以上の利用
②最大27,000ポイント還元キャンペーンRakuten UN-LIMIT V申込みで7,000ポイント還元
※初めて楽天モバイルに申込む方
※Rakuten Linkアプリの利用必須
スマホ本体同時購入で最大20,000ポイント還元

先述の通り楽天モバイルではプラン料金1年間無料とポイント還元キャンペーンが実施されています。

1年間無料にはRakuten Linkアプリの利用も条件に含まれていますが、内容はとても簡単なものです。

上手く条件さえクリアすれば無料でポイントゲットも狙えますので、1年間無料で使い勝手を試してみるのもおすすめです。

楽天モバイルへ乗り換え・新規契約がお得になるキャンペーンはこちらでまとめているので、是非チェックしてみてください。

楽天モバイル公式オンラインショップなら自宅で完結・在庫も豊富でおすすめ!

楽天モバイル公式オンラインショップ楽天モバイル公式ショップを確認

▲目次に戻る

結局どこが一番お得?

新料金プランのおすすめポイントまとめ
  • ドコモのahamo(アハモ)
    月20GBで2,980円(税抜)。dポイントが貯まり家族割のカウント対象になった。家族でドコモと契約している場合や海外渡航が多い方にもおすすめ。
  • auのpovo(ポヴォ)
    月20GBでキャリア最安の2,480円(税抜)。5分かけ放題は無いが、バリエーション豊富なトッピングが魅力。通話をあまり使わない方にもおすすめ。
  • ソフトバンクのSoftBank on LINE
    月20GBで2,980円(税抜)。検討中の事項も多いが、LINEのギガノーカウントあり。連絡手段をLINE中心としている方におすすめ。
  • 楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT V
    データ無制限で2,980円(税抜)。通話もアプリ利用で無料、さらにキャンペーンも豊富。楽天回線エリアはまだ広くないが、1年間無料で試すのもあり。

2021年1月時点で発表されている情報をもとして、それぞれのキャリア・プランがお得に使えるおすすめポイントをまとめました。

ドコモ・au・ソフトバンクの新料金プランは月のデータ容量やキャリアメール無しといった多くの共通点があります。

価格だけで考えるとauが最もお得ですが、詳しく確認していくとそれぞれに他のキャリアには無い特徴やメリットが見えてきます。

新料金プランは解約金はもちろんMNP転出などの各種手数料も無料となる予定です。

これまでのようにキャリアにこだわらず、自身にあったお得なプランを選べるのは嬉しいポイントです。

▲目次に戻る

新料金プランの更新情報を随時確認

楽天モバイルを除いた大手キャリア3社の「新料金プラン」はまだ発表されて間もない状態です。

サービス開始は各社2021年3月からですが、既にドコモでは家族割に関する内容に変更が加えられています。

検討中や未発表の事項も多いため、今後もサービス開始までに内容に変更が加えられるのは間違いありません。

大幅な内容変更はないでしょうが、自身に合ったお得なプランを選択するためにもドコモ・au・ソフトバンクの更新情報を随時確認するようにしましょう。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
mikeneko
mikeneko
契約社員・ウェブライターのWワークで活動しています。 10年以上ドコモユーザーでしたが2年ほど前に格安SIMを使い始めました。 機種情報はもちろん、料金プランなどお得な情報をわかりやすくご紹介していきます。