読了時間:約 2

AppleのiPhoneはここ数年高スペック化の一途を辿っており、それに比例して端末代金も高く設定されています。

これまでは端末代金の割引を目当てに大手キャリアで購入していた方が多かったでしょうが、今後は格安SIMで運用した方が安くなるかもしれません。

ここでは注目を集める携帯解約違約金引き下げをポイントに、2019年登場の新型iPhoneの最安購入・運用方法などをご紹介しています。

携帯解約違約金は大幅に引き下げられる?

総務省の働きかけにより、大手キャリアではこれまでに分離プランの導入など様々な改善を行ってきました。

契約条件は目まぐるしく変化し続けていますがその中にあって携帯解約違約金の引き下げは最大の焦点となっています。

まずは現在の大手キャリアの携帯解約違約金について知っておきましょう。

iPhone予約購入が初めての人は必読!準備とトラブル時の対処法

現在の携帯解約違約金は9,500円


画像引用元:報道発表資料 : 2年定期契約などの解約金がかからない期間を延長 | お知らせ | NTTドコモ

大手キャリアと一度でも契約した事があるならご存知かもしれませんが、ドコモ・au・ソフトバンクでは携帯解約違約金を一律9,500円(税抜)に設定しています。

この携帯解約違約金は指定された「更新月」以外に解約などを行うと発生するようになっており長らくキャリア変更の妨げとなっていました。

2019年3月以降には大手キャリア揃って「更新月」の拡大を行いましたが、それでも所謂2年縛りの不便が完全に無くなった訳ではありませんでした。

このような業界活性化の妨げになる事態を考慮してか、政府は総務省を通して大手キャリアに違約金の見直しなどを求めています。

現在の大手キャリアの携帯解約違約金

  • 携帯解約違約金は9,500円(税抜)
  • 主に2年間の自動更新プランで発生
  • 携帯解約違約金がかからない「更新月」は3ヶ月間
iPhone初期設定完全ガイド|絶対に世界が変わるオススメ便利機能5選

携帯解約違約金は1,000円以下になる?

スマホ関連のWebメディアなどでは2019年10月から携帯解約違約金が一律1,000円に以下に引き下げられるというニュースを掲載しています。

これは6月に規定整備案が作成された「改正電気通信事業法」という法律の中で、携帯解約違約金の上限を1,000円にするという内容が示されていたからです。

これまでの携帯解約違約金は9,500円でしたからこの法律が施行されれば文字通り大幅な引き下げが行われるという事になります。

携帯解約違約金が大幅に引き下げられる事によりキャリア間の移動が容易に行えるようになり、これまで以上にモバイル市場の活性化を促す事が狙いだと思われます。

施行前のためまだ確定ではありませんが、携帯解約違約金の引き下げが行われるのはほぼ間違いないのではないでしょうか。

この規定整備案では、携帯解約違約金の引き下げの他に端末代金の割引について言及されている点も見逃せません。

規定整備案で示された内容

 現在施行後
2年契約の違約金9,500円(税抜)上限1,000円
端末の割引旧型モデルの下取り価格を参考として上限を設定・上限2万円前後
・長期契約前提の割引は全面禁止

2019年新型iPhoneはどうなる?

AppleのiPhoneシリーズは、日本はもちろん世界でも多くのスマホユーザーに愛用されています。

今年も発表日が近づくにつれて様々な予想・リークが出回っており多くのAppleユーザーを賑わせているようです。

続いては新型iPhoneに関する情報を中心に、最も気になるポイントである「価格」についてもチェックしてみましょう。

iPhone XSとXRの後継機種か?


画像引用元:iPhone Top | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

2019年9月に発表される予定の新型iPhoneは、2018年に発売されたiPhone XsとXRの後継機種になると予想されています。

海外メディアを中心に最も多く予想されているのは「iPhone 11(XI)」で、ProやPro Maxがつく長いモデル名になるのではと考えられているのです。

これにiPhone XRの後継機種を含めると、2018年と同じく3モデル展開となるのではないでしょうか。

また、モデル名はメディア・リーカーによって差異があるようですがスペックに関しては共通する点が多いのも特徴的。

2019年登場の新型iPhoneは5.8インチ・6.1インチ・6.5インチのディスプレイの3種類あり、6.1インチモデルが廉価版であると予想されています。

まだ確定事項ではありませんが、昨今のスマホ業界の動向を見るに新型iPhoneでもトリプルカメラの搭載などは十分ありえるのではないでしょうか。

新型iPhoneの予想スペック

  • 3モデル展開
  • 5.8インチ・6.1インチ・6.5インチのディスプレイ
  • 3モデルともOELD液晶(廉価版は液晶ディスプレイ?)
  • 上位モデルにトリプルカメラ搭載
  • Lightningケーブルを採用
  • 新型CPU搭載

端末代金は高額となる?

2018年に登場した3種類のiPhoneは、圧倒的なスペックとともに高額な価格も話題となりました。

iPhone Xsは上位版のiPhone Maxを含めデュアルレンズを搭載したスマホ業界トップクラスのハイエンドモデルです。

一方価格も高額に設定されており、最低容量の64GBモデルも含めてすべて10万円を超えていた事も大きな注目を集めました。

iPhone XRはシングルレンズを搭載した廉価版という位置づけでしたが、それでも最低容量の64GBモデルで84,800円(税別)からと高額です。

ちなみにこれらの金額はApple Storeで扱われているSIMフリーモデルで、大手キャリアの端末代金はもう少し高めに設定されていました。

2019年登場の新型iPhoneも価格帯の大幅な変更などは行われないと予想されています。

Appleがハードよりソフトの売上を重視しているのも一因でしょうが、ユーザー側から見ればあまり良い傾向とは言えないかもしれません。

iPhone Xs/Xs Max/XRの価格(SIMフリー)

すべて税抜iPhone XsiPhone Xs MaxiPhone XR
64GB112,800円124,800円84,800円
128GB--90,800円
256GB129,800円141,800円101,800円
512GB152,800円164,800円-

次のページでは、「何故格安SIMで安くなるのか?」をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2