読了時間:約 2

iPhone 7以降イヤホンジャックを廃止したiPhoneシリーズ。2018年モデルのiPhone XS/XS Max/XRにも、もちろん搭載されていません。普段使っているイヤホンをLightning端子へ変換して使うか、付属のEarPodsを使う方法もありますが、Bluetoothのワイヤレスイヤホンを使うとより快適です。

本記事では、新型iPhoneにおすすめのワイヤレスイヤホンを紹介しますので、気になるイヤホンを見つけてみてください。

iPhoneにイヤホンジャックがないけどどうする?


まずは、イヤホンジャックがないiPhoneで音楽を聴いたり、動画を見たりする場合はどうするのが良いのか、その方法をメリットとともに紹介します。

付属のEarPodsを使う

1つ目はiPhoneに付属しているイヤホンを使う方法です。iPhoneに付属している「EarPods(イヤーポッド)」は、白いカラーリングと楕円形の形状が特徴的。iPhone独自のLightning端子にも、そのまま接続して使用できます。

EarPodsも採用しているインナーイヤー型と呼ばれるイヤホンは、一昔前のモデルでは主流の型でした。そのまま耳にはめ込むだけなので簡単に装着でき、イヤホンをしても解放感があるのがメリットです。

一方、イヤーピースをはめて使うカナル型と比べると、密閉度が低いため周囲の雑音が聞こえやすく、また、大きな音量を流すと音漏れが発生しやすいです。そのため、電車やバスなどの交通機関を利用する通勤・通学にはあまり向いていません

変換アダプタを接続してイヤホンを使う


イヤホンジャックが廃止となったiPhone 7以降、iPhoneにはLightning端子と一般的な3.5mmのステレオミニジャックを変換できるアダプタが付属していました。そのため、変換アダプタを使用して普段使っているイヤホンをiPhoneでも使うという方も多かったです。

変換アダプタを使うメリットは、普段使い慣れたイヤホンを使えることです。ノイズキャンセリングなどの機能は、付属のEarPodsには搭載されていませんので、多機能なイヤホンを使うこともできます。

ですが、iPhone XS/XS Max/XRでは変換アダプタが同梱していません。アップルもワイヤレスイヤホンの「AirPods」を発売していますので、ワイヤレスへの移行を促す狙いがあるようですが、3.5mm端子のイヤホンを使いたい方は、アップルストアで1,000円で販売されている「Lightning – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」などを購入する必要があります。

Bluetoothイヤホンを使う

イヤホンのコードや変換アダプタが煩わしいという方は、Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンがおすすめです。iPhoneがイヤホンジャックを廃止してからは、ワイヤレスイヤホンを使っている方も増えてきました。一度使用すると有線には戻りたくないほど快適です。

デメリットとしては、Bluetooth通信を使用するにはバッテリーが必要ですので、ワイヤレスイヤホン自体を充電しなければならない点。ですが、連続使用時間は普通のモデルで約8時間はありますので、通勤通学の使用がメインであれば、1週間程度は持ちます。

Bluetoothイヤホンの選びのポイント


有線よりも快適なワイヤレスイヤホンですが、価格帯や搭載されている機能はさまざまです。身体に身に着けるものですから、ポイントを押さえて、自分の使い方に合ったイヤホンを選びましょう。

iPhone対応のコーデックはAAC

iPhoneとワイヤレスイヤホンの間で使用するBluetooth通信は、高速でデータを送るために音楽データを圧縮してやりとりします。この圧縮方式は「コーデック」と呼ばれ、いくつかの種類に分かれています。

Bluetooth対応機器に標準搭載のコーデック「SBC」は、あまり音質が良くありません。一方、iPhoneなどのiOSで採用しているのは「AAC」と呼ばれるコーデックで、こちらは音質に定評があります。iPhoneで使うワイヤレスイヤホンを選ぶなら、ぜひ「AAC」対応のモデルを選びましょう。

iPhone 8以降はBluetooth 5.0に対応

2017年モデルのiPhone 8/8 Plus/Xからは、Bluetooth 5.0に対応しています。これはBluetooth自体のバージョンで、Bluetooth 5.0は従来のBluetooth 4.2よりも2倍の転送速度、4倍の通信範囲を実現しました。各バージョンの特徴は以下の通りです。

バージョン 特徴
ver 1.1 普及バージョン
ver 1.2 2003年11月公開。2.4GHz帯域の無線LANへの干渉対策が実装
ver 2.0 2004年11月公開。EDR(Enhanced Data Rate)を使用した通信で最大通信速度が3Mbpsに向上
ver 2.1 2007年3月公開。ペアリングの簡略化、NFCに対応、バッテリーが最大5倍延長。
ver 3.0 2009年4月公開。最大通信速度が8倍の24Mbpsに。省電力性が向上
ver 4.0 2009年12月公開。大幅な省電力化、プロファイルの追加。過去バージョンと互換性なし。
ver 4.1 2013年12月公開。モバイル通信への干渉対策、データ転送の効率化、自動再接続機能が追加。
ver 4.2 2014年12月公開。通信速度が2.5倍高速化。4.0から転送速度が2倍、通信範囲が4倍に。
ver 5.0 2016年12月公開。

かつては転送速度や音質の面で劣るとされてきたBluetoothですが、バージョンごとに改善され、新コーデックの登場で音質も大幅に向上しました。2018年9月現在は、Bluetooth 4.2かBluetooth 5.0が主流ですが、音楽や動画再生など普通の使い方であれば、4.2でも十分です。

使い方によりますが、通信範囲についても屋外で使う場合はiPhoneも持ち歩くケースが多いと思われますので、あまりこだわる必要はないかもしれません。

次のページでもワイヤレスイヤホンのメリットについて解説します。

1 2 3