BIGLOBEモバイル MNP 格安SIM乗り換えガイド
読了時間:約 2

格安SIMという言葉は最近よく耳にする機会が増えてきましが
・いったいどんなものなのか
・携帯料金がいくらになるのか
・どのように乗り換えれば良いのか

上記のような疑問を持つ方も多いと思います。
ここでは格安SIMの中でもシェアを伸ばしているBIGLOBEモバイルへの移行を検討される方に向けてBIGLOBEモバイルへ乗り換えるメリットや手順をお伝えしていきたいと思います。

BIGLOBEモバイル公式サイトを見る

格安SIM、BIGLOBEモバイルとは


まずはBIGLOBEモバイルとは何か、近年増えている「格安SIM」の中でのBIGLOBEモバイルはどのようなサービスなのか、なぜ格安になるのか、通信キャリア(ドコモ、ソフトバンク、auなど)との違いは何か等詳しくご紹介します。

BIGLOBEモバイルってなに?

BIGLOBEモバイルとは名前にもある「ビッグローブ」という会社が運営しているMVNO(仮想移動体通信事業者)となります。

MVNOは通信キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au等)の通信設備をレンタルして利用者が使用する通信サービスを提供している会社となります。

BIGLOBEモバイル以外の有名なMVNOとして「楽天モバイル」や「UQモバイル」などがあります、最近だとあの有名なLINEが始めた「LINEモバイル」などもこのMVNOにあたります。

格安SIMはなぜ「格安」?

ここではBIGLOBEモバイルなどのMVNOが出している格安SIMと通信キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au等)とでは、なぜ料金が違うのか、格安となっている理由はどこにあるのかを解説していきます。

先ほどBIGLOBEモバイルはキャリアの通信設備をレンタルしてその回線を提供しているとご説明しました、この通信設備というのはとても高価なもので、維持費も相当な額がかかっています。

それをBIGLOBEモバイルは自社では持たず、レンタルをすることによってレンタル料は発生しているものの、設備を所有していると発生する維持費やそれに伴う人件費などをBIGLOBEモバイルは負担する必要がありません。

その分BIGLOBEモバイルは格安SIMという形でユーザーへ低価格での携帯料金を提供できるようになっています。

格安SIMへの乗り換えを検討する際に注意すること

BIGLOBEモバイルなどの格安SIMが安い理由を先ほど解説しましたが、ここからは格安SIMにする場合に注意しておきたい点を解説していきます。

・キャリアメールが使用できなくなる
キャリアメールとは、ドコモやソフトバンク、auで携帯を契約すると「@ドコモ.co.jp」や「@softbank.jp」などが付いた契約したキャリアの名前がついたメールアドレスのことです。

もし友人や会社の人、もしくは何かの会員登録などでキャリアメールを利用している場合は、格安SIMへの乗り換えをするとそのメールアドレスは使用できなくなるため、新しいアドレスの案内を出したり、会員登録の変更が必要となりますので、ご注意ください。

また、格安SIMへ乗り換えた後もメールを使用したい場合はキャリアメールの代わりになるメールアドレスの用意も必要となります。

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールなどを使用するのも一つの手です。

・電話を頻繁に使用する人は注意
キャリアでの契約の場合「かけ放題」といった電話が無制限で使用できるサービスなどがありますが、格安SIMの場合ほとんどそういったサービスはありません。

代わりに「3分以内の通話は無制限」や「国内通話月90分まで無料」などといったサービスになるため、普段から携帯で電話を頻繁にする、長電話をよくするという方は一度自身の電話の使用頻度とサービス考える必要があります。

場合によっては乗り換える前よりも料金が高くなってしまうということも起こりうるので気を付けましょう。

格安SIMだと通話料金が高くなる?大手キャリアと最安プランを比較

・通信速度はキャリア契約のほうが速い
普段から携帯でよくデータ通信を行い、速度を気にされる方は特に注意して頂きたいのですが、やはりキャリアの通信設備をレンタルしている以上、どうしても速度は本家のキャリアのほうが上回ります。

格安SIMの通信速度は時間帯によって遅いときがある?理由と対処法

また、通信制限などもあるので格安SIMへの乗り換えをする際は、それまでのデータ通信使用量を確認した上で困らない通信容量を持った契約をする必要があります。

格安SIMに乗り換えた際のデメリット|こんな人には格安SIMは向かない

MNPってなに?

ここではタイトルにもあるBIGLOBEモバイルへのMNPの「MNP」とは何かを解説します。

MNPとはMobile Number Portabilityの略で、よく使われる表現として「番号ポータビリティ」やソフトバンクですと「のりかえ」などと呼ばれるサービスのことです。

具体的にお話すると、今利用している携帯電話の電話番号をそのまま他の会社の携帯へ移動できるサービスのことです。

たとえば、ドコモからソフトバンクへ契約を変更する際には本来それぞれの会社で所有している番号へ変更する必要があるのですが、このMNPを利用することで、ドコモの時に使用していた番号をそのままソフトバンクでも使用できることになります。

これは格安SIMへ乗り換えする場合にも有効で、電話番号をむやみに変更することなく格安SIMへの乗り換えができますので、覚えておいてください。

MNPとは?機種変更との違いやキャリア乗り換えでお得なケースと注意点

BIGLOBEモバイル公式サイトを見る

BIGLOBEモバイルのメリット/デメリット


先ほどまではBIGLOBEモバイルとは何か、格安SIMとは何かを説明しましたが、ここからは格安SIMの中でもBIGLOBEモバイルについてフォーカスを当ててメリットや注意点を解説していきます。

BIGLOBEモバイルのメリット

様々な格安SIMが存在する中で、BIGLOBEモバイルを選択するメリットを5点紹介します。

①エンタメフリー・オプションの存在
BIGLOBEモバイルでは「エンタメフリー・オプション」というサービスが存在します。

このサービスは、YouTubeやAbemaTV、Apple Musicなどの音楽や動画のストリーミングサービスが使い放題となるサービスとなっています。

通信制限がある中でこのサービスを使用することで、YouTubeやAbemaTVなどに使用した通信量は契約の通信制限からは外れるため、頻繁に音楽や動画のストリーミングサービスを利用する方にはうってつけのサービスとなっています。

なお、エンタメフリー・オプションの利用料は
音声通話機能付きの場合:月額480円
データ通信専用の場合:月額980円
となっています。

このサービスを活用できれば劇的に携帯の使用料金を抑えることも可能ですので、是非検討してみてください。

②BIGLOBE Wi-Fiが利用できる
BIGLOBE Wi-Fiというものをご存じでしょうか、これはBIGLOBEが提供しているWi-Fiサービスのことで、BIGLOBEモバイルの6ギガ、12ギガ、20ギガ、30ギガのプランを契約していれば無料で、それ以外の場合でも一か月250円で1ライセンスが使用できます。

このサービスを利用すれば、外出先での通信使用量を抑えることができ、さらに携帯料金を抑えることができます。

このWi-Fiスポットは全国で83,000か所もあり、コンビニやカフェ、スーパーマーケットなどで利用ができます。詳しい設置個所に関しては以下をご覧ください。
https://support.biglobe.ne.jp/wifi/ap/index.html

また、BIGLOBEモバイルではこのWi-Fiエリアに入った際に自動で接続してくれる専用のアプリもあり、いちいち自分で接続の設定をする必要もありません。

③幅広いデータ容量プラン
BIGLOBEモバイルでは契約する通信データ容量のプランが3ギガ、6ギガ、12ギガ、20ギガ、30ギガと5段階に分かれています。

ここまで分かれている格安SIMはあまりなく、ご自身のデータ使用量に合わせて契約ができますので、支払う料金も最適化することができます。

また、月によってはデータ容量が足りなくなる場合もあるかも知れません、その場合は100MBあたり300円を支払うことでデータ容量の追加が可能となっています。

④「シェアSIM」を使って家族全体の携帯代金を抑えられる
BIGLOBEモバイルでは3ギガ以上の契約に対して「シェアSIM」を使うことができます。これは本来であれば1契約に対して1枚のSIMカードしか使えないものを、1つの契約で複数枚のSIMを利用できるサービスです。

シェアSIMを使用することで、たとえば6ギガの契約1つで家族2人や3人の携帯が使用できるようになるため、データ容量にさえ注意すればかなりの携帯代金を抑えることが可能になります。

BIGLOBEモバイルのデメリット

先ほどまでで解説したメリットの逆で、ここではBIGLOBEモバイルにおけるデメリットを解説します。

①取扱い店舗数の少なさ
BIGLOBEモバイルは直営店舗がありません、取扱いをしているのは全国のヨドバシカメラやビックカメラなどに入っている店舗のみとなっています。
取扱店舗参考: https://join.biglobe.ne.jp/mobile/shop/

ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアであれば日本中にかなりの店舗数があり、店舗での購入や相談が気軽にできるのですが、BIGLOBEモバイルですとお住まいの場所などによって難しい場合もあります。

しかし、BIGLOBEモバイルではインターネットからの申し込みが充実しており、皆様の携帯利用の仕方に合わせたプランの診断から、キャンペーンの情報など、様々な情報が分かりやすく見ることができます。

さらに、BIGLOBEモバイルのホームページには「自動チャットサポート」というものが用意されており、これは皆様がほしい情報や、聞きたいことをチャット形式で入力することで、AIが応答してくれるものとなっていて、ホームページの中からほしい情報を探す必要がなく、便利なシステムとなっているので是非使ってみてください。

格安SIMはサポート不足?実店舗がない不便さと大手キャリアの安心感

②通信モードが選択できない
格安SIMの一部では「低速通信モード」と「高速通信モード」の2つを選択することができ、その中でも「低速通信モード」を使用している際はデータ通信量がカウントされないというものなのですが、残念ながらBIGLOBEモバイルにはこのサービスが存在しません。

これによって、月によっては通信量が厳しい、という事態が発生してしまうかもしれませんので、料金プランの選択をする際は少し余裕を持ったデータ通信量を選択するとよいかもしれません。

また、先ほどもご紹介した「エンタメフリー・オプション」を使用すればYouTubeなどの動画ストリーミング、GooglePlayなどの音楽ストリーミングサイトではデータ通信量を消費しませんので、こういったオプションなどを使用していくのもコツとなります。

メリットとデメリットを考えて乗り換えを検討しよう

ここまででBIGLOBEモバイルを使用するにあたってのメリットとデメリットを紹介しました。

格安SIMの中でも多くのメリットを持っていて、かつデメリットもあるもののオプションや、料金プランの選択次第で回避できるものばかりとなっていてトータルでみるとメリットが多くなっています。

しかし、利用方法によってはどうしても避けられないデメリットも存在しますので、今一度ご自身の携帯の利用方法をよく振り返ったうえで契約に進めるようにしましょう。

BIGLOBEモバイルへの乗り換え方法


ここからはBIGLOBEモバイルへ実際に乗り換えを行う際の方法をご紹介していきます。

まず、MNPのやり方の解説をし、番号を乗り換えすることができるようにしてから、SIMカードと携帯本体の選択に移るようにしましょう。

MNPの使用方法

まずは、今お持ちの携帯電話の番号をそのままにBIGLOBEモバイルへ乗り換えるMNPでの乗り換え方法をご紹介します、これをしないと今使っている番号とは別の番号となってしまいますので、友人などに案内を出す必要などが出てきてしまいます。

他社の番号をBIGLOBEモバイルへMNPするには必ず「MNP予約番号」というものが必要となります、これはBIGLOBEモバイルでなく現在契約している携帯キャリアので受け取るものとなりますので、ご注意ください。

また、このMNP予約番号の注意点として有効期限が15日間しかないという点があり、さらにBIGLOBEモバイルへ申し込みをする時点で有効期限が12日以上残っている必要があります。

つまり、現在契約している携帯キャリアからMNP予約番号を受け取ってから2-3日以内にはBIGLOBEモバイルの申し込みをしていないといけませんので、BIGLOBEモバイルへ申し込むスケジュール等を確認した上でMNP予約番号を受け取るようにしてください。

MNP予約番号の各社の連絡窓口は以下になりますので、確認してみてください。

・NTT ドコモ

MNP予約受付窓口 連絡先 受付時間
携帯電話 151 午前9時から午後8時
一般電話 0120-800-000 午前9時から午後8時
iモード i-menu⇒料金&お申し込み・設定⇒ドコモeサイトTOP 24時間
PC https://www.nttドコモ.co.jp/myドコモ/ 24時間

ドコモからMNP予約番号の取得するには?手数料や期限を確認

・au

MNP予約受付窓口 連絡先 受付時間
携帯電話 0077-75470 午前9時から午後8時
一般電話 0077-75470 午前9時から午後8時
ez web TOP⇒auお客さまサポート⇒申し込む/変更する⇒携帯電話番号ポータビリティ(MNP) 午前9時から午後9時30分

auからMNP予約番号を取得。発行に必要な費用と手順

・ソフトバンク

MNP予約受付窓口 連絡先 受付時間
携帯電話 *5533 午前9時から午後8時
一般電話 0800-100-5533 午前9時から午後8時
Yahoo!ケータイ TOP>My SoftBank⇒各種変更手続き⇒MNP予約関連手続き 午前9時から午後9時30分

ソフトバンクからMNP予約番号を取得。発行に必要な費用と手順

・ワイモバイル

MNP予約受付窓口 連絡先 受付時間
携帯電話 PHS:116、スマホ:151 午前9時から午後8時
一般電話 PHS:0120-921-156、スマホ:0570-039-151 午前9時から午後8時
Web https://my.ymobile.jp/muc/d/top 24時間

その後、BIGLOBEモバイルにてSIMのプラン、使用するスマホを選ぶことになりますが、ここからは一般的な携帯電話の契約と大して変りがありません。

SIMカードを選択しよう

MNPの準備ができたら次は実際に使用するSIMカードのプラン選択、スマホの選択に移りましょう。
申し込みサイト:
https://join.biglobe.ne.jp/mobile/prepare/mnp.html?_ga=2.8218994.1504562411.1528413722-1372056223.1528164791

まず、SIMカードの選択ですが、大きく2つのタイプがあり、それぞれ「タイプD」と「タイプA」と呼ばれており、どちらを選んでも料金プランに差はありませんが、それ以外の部分の差をご紹介します。

タイプDではドコモの回線を使用するSIMカードのタイプとなり、大きな特徴として、ほぼどの機種を選んでもテザリングが使用できる点が挙げられ、逆にBIGLOBEモバイルでiPhoneと一緒に契約する場合はこのタイプDを選択することができませんので注意してください。

タイプAはauの回線を使用するSIMカードとなり、BIGLOBEモバイルのSIMカードと一緒にiPhoneを契約する場合にこちらのタイプAのみ使用ができ、テザリングの使用ができない機種が多いので注意が必要です。

また、注意点としてタイプAからタイプDへのSIMカードの変更はできません、逆にタイプDからタイプAへの変更であれば手数料3,000円とSIMカードの準備料394円を支払えば変更することができます。

SIMカードのタイプを選んだ後は次にSIMカードのサイズを選択することになります、これは使用するスマホによって変わりますので注意しましょう、サイズは標準SIMカード、microSIMカード、nanoSIMカードの3種類になります
具体的な例としてシェアの一番多いiPhoneで挙げると、iPhone4S以前は標準SIMカード、iPhone4SはmicroSIMカード、iPhone5以降はnanoSIMカードという形になります。

それ以外のスマホや携帯を選択する場合はどのSIMカードを使用するかを事前に調べておくようにしましょう。

SIMカードのサイズを選択したらそのあとはSIMカードの種別を選択することになり、ここでの選択により大体の使用料金が変わってきますので、自身の使用目的に合わせたものを選択するようにしましょう。

SIMカードの種別は大分すると3種類で「音声通話SIM」「SMS機能付きデータSIM」「データSIM」となります。

まず「音声通話SIM」は音声通話のみができるSIMとなっていて、このSIMではデータ通信(インターネットやLINE等のアプリなど)は使用できません。

「SMS機能付きデータSIM」では音声通話に加えSMS(ショートメッセージ)の使用ができますが、こちらもデータ通信の使用はできません。

最後に「データSIM」ですが、こちらが最も利用者が多い契約で、音声通話、SMS、データ通信のすべての機能が使用できるSIMとなっています。

次にデータ通信SIMを選択した場合はデータ通信容量プランの選択に入り、以下の表の料金体系となっています。

データ容量 料金※月額
3ギガ 900円/月
6ギガ 1450円/月
12ギガ 2700円/月
20ギガ 4500円/月
30ギガ 6750円/月

このような料金体系となっていますので、ご自身の使用状況と合わせて、適切なデータ容量を選択する必要があります。

そして、ここまで選択すると画面の右側に料金の見積もりが自動で表示されますので、間違いがないことを確認した上でSIMの契約を終わらせましょう。

使用するスマホを選択しよう

ここまでで、MNPの予約、SIMカードの契約ができたと思います、ここまで来たらあと一歩、実際に使用するスマホの選択をしましょう。

BIGLOBEモバイルでは最近iPhone SEの取扱いも始めており、格安でiPhoneを使用することもでき、その他の種類のスマホでも種類がたくさんあるので自身の好みのものを選びましょう。

また、2018年6月4日から8月5日までの間はSIMカードとスマホをセットで申し込むことでスマホの本体代金が割引になるキャンペーンも実施していますので、この機会にぜひ使用してみてください。

契約数が増えている格安SIM、BIGLOBEモバイル

ここまで如何でしたでしょうか、格安SIMを検討していてBIGLOBEモバイルが気になっている方への助けになれば幸いです。

今格安SIM業界は盛り上がりをみせており、昔のように通信がロクにできない、通話の音声が非常に悪い、といった品質の低さもだいぶ改善しており、料金の安さもあいまって使用者がどんどん増えています。

その中でもBIGLOBEモバイルは元々が回線事業者ということもあり、サービスの充実度などはほかの格安SIMと比べても非常にメリットが多いものとなっています。

是非この機会にBIGLOBEモバイルへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

BIGLOBEモバイルに関連する記事

人気機種はどれ?BIGLOBEモバイルのおすすめスマホ【最新版】

2018年|格安SIM・格安スマホ徹底比較|主要10社のメリット・デメリット・評判まとめ

BIGLOBEモバイル公式サイトを見る

Pocket