読了時間:約 2

大手キャリアよりも低価格で利用する事ができる格安SIMは、今や一般ユーザーにも広く普及して来ています。

しかし、以前より情報も増えたとは言え格安SIMがどのようなものか分からないという方もまだまだ多いはず。

ここでは大手格安SIMの一つであるBIGLOBEモバイルについてご紹介しています。

BIGLOBEモバイルへMNPするメリットや手順を解説していますので、格安SIMへの乗り換えを検討している方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

トップ画像引用元:おかげさまで総合満足度No.1|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル公式サイトを見る

格安SIMやBIGLOBEモバイルについて

BIGLOBEモバイルは名前にもある「ビッグローブ」という会社が運営しているMVNO(仮想移動体通信事業者)となります。

MVNOは通信キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au等)の通信設備をレンタルして利用者が使用する通信サービスを提供している会社です。

BIGLOBEモバイル以外の有名なMVNOとして「楽天モバイル」や「UQモバイル」などもあり、知名度が低いものも含めると800社以上の数が運営されています。

格安SIMはなぜ「格安」なのか?

上記でBIGLOBEモバイルはキャリアの通信設備をレンタルしてその回線を提供しているとご説明しました。

この通信設備というのはとても高価なもので、維持費も相当な額がかかっています。

しかしBIGLOBEモバイルのような格安SIMは通信設備をレンタルしているだけですので、維持費やそれに伴う人件費などを負担する必要がありません。

その分BIGLOBEモバイルは格安SIMという形でユーザーへ低価格での携帯料金を提供できるようになっています。

MNP=My Number Portability

MNPとはMobile Number Portabilityの略で、今利用しているスマートフォンの電話番号を変更せず他のキャリアへ移動できるサービスのことです。

例えばドコモからソフトバンクへ契約を変更する際には本来それぞれの会社で所有している番号へ変更する必要があるのです。

しかし、このMNPを利用することでドコモの時に使用していた番号をそのままソフトバンクでも使用できることになります。

これは格安SIMへ乗り換えする場合にも有効で、現在使っている電話番号を変更せずにキャリアを移動する事が可能なのです。

MNPとは?機種変更との違いやキャリア乗り換えでお得なケースと注意点

BIGLOBEモバイル公式サイトを見る

格安SIMへの乗り換えを検討する際に注意すること

低価格で利用する事が出来るのがメリットとなる格安SIMですが、大手キャリアと比較した場合いくつかの注意点も存在します。

例えば、格安SIMでは大手キャリアが提供している「@docomo.ne.jp」のようなキャリアメールが使えなくなります。

「co.jp」というメールアドレスを提供している格安SIMもありますが、専用のメールアプリが用意されていない事がほとんどです。

学生ならまだ問題はないかもしれませんが、ビジネスの現場では「確実に連絡が取れる事」が重要視されるものです。

このため社会人となると大手キャリアの提供する「ne.jp」を利用した方が信頼度は高いのではないでしょうか。

また、格安SIMにもかけ放題系のサービスは存在していますが、大手キャリアと比較すると若干使いにくいのがデメリットです。

具体的に言えば格安SIMのかけ放題サービスは専用のアプリを利用する事が条件となっていたり、時間に一定の制限が設けられていることが多いのです。

使い方によっては大手キャリアの方が安い事もありますので、乗り換えの前に自身のスマートフォンの用途を見直しておくと良いでしょう。

格安SIMに乗り換える時はここに注意!
  • 大手キャリアが提供している「@docomo.ne.jp」のようなキャリアメールが使えなくなる
  • 格安SIMのかけ放題サービスは専用のアプリを利用しなければならない

BIGLOBEモバイルへMNPするメリットは?

格安SIMを運営する会社は日々増え続けていますが、サービスや料金プランなどは千差万別です。

特に大手ではこの傾向が強く、シェア拡大のために積極的に他の格安SIMとの差別化を図っています。

ここでは料金プランやサービスなどを含めて、幅広い視点でBIGLOBEモバイルのメリットをチェックしてみましょう。

料金プランが幅広い

BIGLOBEモバイルでは契約する通信データ容量のプランが1GBから30GBまで5段階に分かれています。

1GBは音声通話SIMでしか選べませんが、ご自身のデータ使用量に合わせてプラン契約ができますので支払う料金も最適化することができます。

また、月によってはデータ容量が足りなくなった場合は、100MBあたり300円を支払うことでデータ容量の追加が可能となっています。

ここに注意!

BIGLOBEモバイルの対応回線はドコモとauの2キャリアですが、データSIM専用はドコモでしか利用できないため注意が必要です。

プラン種別音声通話SIMデータ通信+SMSデータ通信のみ
(auは不可)
1GB
音声通話スタートプラン
1,400円--
3GBプラン1,600円1,020円900円
6GBプラン2,150円1,570円1,450円
12GBプラン3,400円2,820円2,700円
20GBプラン5,200円4,620円4,500円
30GBプラン7,450円6,870円6,750円

「シェアSIM」を使って家族全体の携帯代金を抑えられる

BIGLOBEモバイルでは3ギガ以上の契約に対して「シェアSIM」を使うことができます。

これは本来であれば1契約に対して1枚のSIMカードしか使えないものを、1つの契約で複数枚のSIMを利用できるサービスです。

シェアSIMを使用することで、たとえば6ギガの契約1つで家族2人や3人の携帯が使用できるようになります。

データ容量にさえ注意すれば、他社より更に携帯代金を抑えることが可能になるのではないでしょうか。

 音声通話SIMデータ通信+SMSデータ通信のみ
(auは不可)
シェアSIM
(1枚あたりの料金)
900円320円200円
注意点音声通話スタートプラン(1GB)にはシェアSIM追加不可。

BIGLOBE Wi-Fiが利用できる


画像引用元:BIGLOBE Wi-Fi 外出先でも高速なWi-Fiサービス | プロバイダならBIGLOBE
BIGLOBE Wi-Fiというものをご存じでしょうか。

これはBIGLOBEが提供しているWi-Fiサービスのことで、BIGLOBEモバイルの特定のプランを契約していれば無料で利用する事が出来ます。

このサービスを利用すれば外出先での通信使用量を抑えることができ、さらに携帯料金を低くする事が出来るはずです。

このWi-Fiスポットは全国で83,000か所もあり、コンビニやカフェ、スーパーマーケットなどで利用ができます。

また、BIGLOBEモバイルではこのWi-Fiエリアに入った際に自動で接続してくれる専用のアプリもあり、いちいち自分で接続する必要が無いのもメリットです。

BIGLOBE Wi-Fi利用料金月額利用料
(1ライセンス)
月額利用料
(追加ライセンス)
30GBプラン無料250円/1ライセンス
20GBプラン無料
12GBプラン無料
6GBプラン無料
ライトMプラン(新規受付終了)無料
スタンダードプラン(新規受付終了)無料
3ギガプラン250円
音声通話スタートプラン250円
ライトSSプラン(新規受付終了)250円

エンタメフリー・オプションで特定のサービス使い放題


画像引用元:エンタメフリー・オプション 通信制限にサヨナラ!|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルには「エンタメフリー・オプション」というサービスが存在します。

エンタメフリー・オプションは、YouTubeやAbemaTV、Apple Musicなどの音楽や動画のストリーミングサービスが使い放題になるというサービスです。

動画や音楽以外の通信など一部対象外はあるものの、頻繁に音楽や動画のストリーミングサービスを利用する方にはうってつけのサービスとなっています。

1 2