読了時間:約 3

格安SIMでは「楽天モバイル、IIJmio、NifMo、BIGLOBEモバイル」などが取り扱っており、いずれもセット購入なら毎月1,000円以下で購入できる激安機種です。

ZenFone 4 Maxのスペックと特徴

スペック ZenFone 4 Max
発売日 2017年12月8日
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約 150.5 × 73.3 × 8.7 mm
重さ 約156g
ディスプレイ 約5.2インチ(液晶)
解像度 HD(1,280 × 720)
OS Android 7.1
CPU Snapdragon 430 オクタコア
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
外部メモリ microSD(最大256GB)
バッテリー 4,100mAh
アウトカメラ 約1,300万画素 / F値2.0
約500万画素(広角)
インカメラ 約800万画素
Bluetooth Bluetooth 4.2
生体認証 指紋認証
おサイフケータイ ×
ワイヤレス充電(Qi) ×
防水・防塵 ×
カラー ネイビーブラック、サンライトゴールド、ローズピンク

ZenFone 4 Maxは大容量バッテリーを売りのひとつにしており、4,100mAhのバッテリーは最大で37日間待受け可能

大容量を生かし、ZenFone 4 Maxから充電する「リバースチャージ機能」も備わっています。

CPUはAQUOS sense liteと同じSnapdragon 430、メモリは3GBを搭載しています。普段使いには十分ですが、アプリゲームは種類によってはカクツキが発生する可能性もあり。

スマホの使い道が限られているユーザーが、廉価に運用するのに向いている機種です。

SIMフリー版ASUS ZenFone 4と4Maxは買いなのか?辛口レビューと最安購入方法

おすすめ機種4:HUAWEI(ファーウェイ)P20 lite


画像引用元:HUAWEI P20 lite | 携帯電話 | HUAWEI Japan

P20 liteは、nova lite 2と同じHUAWEI製のスマホ

2017年SIMフリー機として一番売れたP10 liteの後継機で、価格とスペックのバランスが優れた機種です。

ハイエンドモデルのトレンドでもある画面上部にノッチが付いたフルディスプレイを採用しており、格安SIMで最新モデルのようなデザインのスマホを使えるのも魅力的です。

P20 liteを取り扱っている格安SIMは「楽天モバイル、LINEモバイル、IIJmio、mineo、UQモバイル、ワイモバイル」など。

定価は34,538円ですが、格安SIMとのセット購入なら2万円台でも購入できます。

P20 liteのスペックと特徴

スペック HUAWEI P20 lite
発売日 2018年6月15日
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約 149 × 71 × 7.4 mm
重さ 約145g
ディスプレイ 約5.84インチ(液晶)
解像度 FHD+(2,280 × 1,080)
OS Android 8.0
CPU Kirin 659 オクタコア
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 32GB
外部メモリ microSD(最大256GB)
バッテリー 3,000mAh
アウトカメラ 約1,600万画素
約200万画素
インカメラ 約1,600万画素
Bluetooth Bluetooth 4.2
生体認証 指紋/顔認証
おサイフケータイ ×
ワイヤレス充電(Qi) ×
防水・防塵 ×
カラー ミッドナイトブラック、クラインブルー、サクラピンク

CPUのKirin 659は、nova lite 2やnova 2にも搭載されているライト~ミドルスペック向けのチップセット。

メモリは4GBで、一般的なミドルスペックの処理性能といったところです。

カメラはP10 liteのシングルカメラからデュアルカメラに進化。トレンドの背景ぼかし(ポートレートモード)の撮影も可能で、格安SIM機種のなかでも屈指のカメラ性能といえます。

ほかの海外メーカー機種と同様に防水防塵、おサイフケータイには対応していない点は残念ですが、処理性能・カメラ性能に優れ、幅広いユーザーが使いやすいミドルスペック機に仕上がってます。

話題のSIMフリー版HUAWEI P20は買いなのか?辛口レビューと最安購入方法

おすすめ機種5:OPPO(オッポ)R15 Neo


画像引用元:OPPO R15 Neo(4GB) | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

OPPOは日本市場に本格参戦したのが2018年なので、国内ではまだまだ知られていませんが、世界市場ではHUAWEIに次ぐ4位のシェアを獲得している中国のスマホメーカーです。

大画面でそこそこのスペックのAndroidが低価格で入手できるのが魅力。

2018年11月時点で、R15 Neoを取り扱っているのは、IIJmioとNifMoの2社のみ。メモリが3GBのモデルであれば、IIJmioで24,800円で販売されています。

R15 Neoのスペックと特徴

スペック OPPO R15 Neo
発売日 2018年8月31日
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約 156.2 × 75.6 × 8.2 mm
重さ 約168g
ディスプレイ 約6.2インチ(液晶)
解像度 HD+(1,520 × 720)
OS ColorOS 5.1
CPU Snapdragon 450 オクタコア
メモリ(RAM) 3GB / 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
外部メモリ microSD(最大256GB)
バッテリー 4,230mAh
アウトカメラ 約1,300万画素 / F値2.2
約200万画素 / F値2.4
インカメラ 約800万画素 / F値2.2
Bluetooth Bluetooth 4.2
生体認証 指紋/顔認証
おサイフケータイ ×
ワイヤレス充電(Qi) ×
防水・防塵 ×
カラー ダイヤモンドブルー、ダイヤモンドピンク

CPUにはSnapdragon 450を搭載し、メモリは3GBと4GBから選べます。本記事で紹介している機種で言えば、P20 liteやAQUOS sense plusにはスペックで劣るものの、実際使ってみて差を感じる場面はあまりありません。

OSはColorOSという独自OSを採用していますが、ベースはAndroidなのでAndroid系のアプリは問題なく動作します。

特徴的なスペックではないですが、この価格帯としてコスパに優れる機種であることは間違いありません。

格安SIMでセット購入するとお得なケースがほとんど


格安SIMで機種を購入する場合、キャリアよりも選択肢が狭くなりますが、HUAWEIやASUSというアジア系メーカーを中心に、普段使いには十分なスペックの機種が揃っています。

まだまだ格安SIMから機種を出している国内メーカーは少ないですが、シャープ製のAQUOS senseならばおサイフケータイや防水防塵にも対応しており、キャリアで販売されている機種の使用感に近づけることができるでしょう。

格安SIMで回線とセット購入すれば、定価よりもお得に購入できるケースが多いので、気になる機種があった方は、まずは公式サイトで料金を比較してみてください。

オススメの格安スマホはこちら

格安スマホへ乗り換える最高タイミング|後悔しないための事前に確認するポイント

1 2