読了時間:約 2

今回は、通話ができてなおかつ1,000円以下の格安SIMを比較していきます。

音声通話機能付きで、しかも基本料金が月額1,000円以下となると、どうしてもその選択肢はおのずと限られてしまいます。しかし1,000円で通話が可能な料金プランを提供している格安SIMが全く存在しないということではありません。

通信速度や、通信容量はさておき、スマホを利用するのに毎月1,000円も掛からないというのが実現すれば相当なコストダウンが可能ともなります。

また、通話ができて1,000円以下の格安SIMとなるとその特性上、データ通信には弱く、音声通話に重点を置いている端末に適しているともいえます。

例を挙げるとすれば、ガラケーのスマホである、ガラホなどが適しています。ガラホ用の格安SIMとしてその真価を発揮する事が期待されます。

ここでの月額1,000円以下というのは基本料金にフォーカスし、通話料金・データ基本料金などは考えに入れていませんのでご注意下さい。もちろん通話やSMSを送信するなどをした場合には、それに伴い別途料金が発生します。

それでは、1,000円以下で通話が格安でできる格安音声SIMのご紹介と各社の比較をしていきます。

1,000円以下で通話が格安でできる格安SIM事業者5選

格安SIM事業者同士の比較の前に、1,000円以下で通話が可能な料金プランを提供している格安SIM事業者と、それぞれが提供している料金プランなどをご紹介していきます。

b-mobile

画像引用元:トップページ | b-mobile S 990ジャストフィットSIM

「b-mobile(ビーモバイル)」とは日本通信が運営している格安SIMとなっており、あまり聞き覚えのない名前ですが、実は日本では本格的な格安SIMの普及が開始される前からサービスの提供がされている老舗格安SIMです。

「b-mobile」では、使用した通信量に応じて基本料金が変動するといった、段階的な定額制を採用しています。通信量が1GBまでであれば、その基本料金は月額990円ですので、通話が格安で出来る1,000円以下の格安音声SIMであるといえます。

通話可能な1,000円以下の格安SIMは数社ありますが、通信容量も1GBが付いているプランともなると、「b-mobile」を含めたとしても一握りとなります。その費用対効果も高くおすすめです。

注意が必要なのは、段階的な定額制という事です。定められた通信容量の1GBを若干でも超過した場合には、基本料金が高くなります。手間ではありますが1,000円以内で利用し続けるには、通信量を確認・調整をし1GB以内に収めるように利用する事が必須となります。

ドコモ回線 データ+SMS+通話プラン
15GB/月 ※従量制990円~/月
ソフトバンク回線 データ+SMS+通話プラン
15GB/月 ※従量制990円~/月
プラン名b-mobile S 990ジャストフィットSIM ドコモ版
キャリアドコモ
初期費用3,000円
基本料金~1GB:990円/月
~3GB:1,290円/月
~6GB:1,790円/月
~10GB:2,590円/月
10GB~:3,590円/月
支払い方法クレジットカード
速度無制限
制限時速度非公開
容量15GB/月
360MB/3日(制限時)
通話アプリ使用:10円/30秒
アプリなし:20円/30秒
通話定額1回5分:500円/月
SMS付帯無料
枚数1枚
サイズnano
最低利用5カ月
解約金8,000円
MNP転出3,000円

プラン名b-mobile S 990ジャストフィットSIM ソフトバンク版
キャリアソフトバンク
初期費用3,000円
基本料金~1GB:990円/月
~3GB:1,690円/月
~6GB:2,390円/月
~10GB:3,190円/月
10GB~:4,390円/月
支払い方法クレジットカード
速度無制限
制限時速度非公開
容量15GB/月
360MB/3日(制限時)
通話アプリ使用:10円/30秒
アプリなし:20円/30秒
通話定額1回5分:500円/月
SMS付帯無料
枚数1枚
サイズnano
最低利用5カ月
解約金8,000円
MNP転出3,000円

※表内の金額は税別

H.I.S.モバイル

画像引用元:H.I.S.モバイルのおトクな格安スマホ/格安SIM | H.I.S.モバイル

「H.I.S.モバイル」とは、日本通信と旅行会社でおなじみのH.I.Sとの合弁会社が提供している格安SIM事業者で、国内だけでなく海外70カ国でサービス展開をしている、グローバルな格安SIM事業者となっています。

昨年、既存のSIMカードに貼って利用する海外利用専用の「変なSIM」が話題となったのが記憶に新しい事業者です。

「H.I.S.モバイル」では、通話が可能な1,000円以下のプランが2種類用意されています。

段階的な定額制のプランであれば、1GBまで月額990円の「ネットピタットプラン」、そして完全定額制の500MBが月額945円の「きままベストチョイスプラン」の2種類となっています。

通信容量を重視するのならば、「ネットピタットプラン」、基本料金の安さを追求するのなら、「きままベストチョイスプラン」を選択する事をおすすめします。それぞれのプランにはメリット・デメリットがありますので、どちらか片方が特にお得という事も一切ありません。

どちらのプランにおいても、3日間の通信量が360MBを超えた場合には、かなりの低速に速度が制限されてしまいますので、500MBを使い切った時点で低速になる「きままベストチョイスプラン」では、速度制限にストレスを感じる事が多いといえます。

ドコモ回線 データ+SMS+通話プラン
15GB/月 ※従量制990円~/月
500MB/月945円/月
プラン名H.I.S.モバイル NTTドコモ回線 ネットピタットプラン
キャリアドコモ
初期費用3,000円
基本料金~1GB:990円/月
~2GB:1,490円/月
~3GB:1,990円/月
~4GB:2,490円/月
~5GB:2,990円/月
~6GB:3,490円/月
~7GB:3,990円/月
~8GB:4,490円/月
~9GB:4,990円/月
~10GB:5,490円/月
~11GB:5,840円/月
~12GB:6,190円/月
~13GB:6,540円/月
~14GB:6,890円/月
14GB~:7,240円/月
支払い方法クレジットカード
速度無制限
制限時速度非公開
容量15GB/月
360MB/3日(制限時)
通話アプリ使用:10円/30秒
アプリなし:20円/30秒
通話定額1回5分:700円/月
SMS付帯無料
枚数1枚
サイズ標準 micro nano
最低利用5カ月
解約金8,000円
MNP転出3,000円
プラン名H.I.S.モバイル NTTドコモ回線 きままベストチョイスプラン 500MB
キャリアドコモ
初期費用3,000円
基本料金945円/月
支払い方法クレジットカード
速度無制限
制限時速度非公開
容量500MB/月
360MB/3日(制限時)
通話アプリ使用:10円/30秒
アプリなし:20円/30秒
通話定額1回5分:700円/月
SMS付帯無料
枚数1枚
サイズ標準 micro nano
最低利用5カ月
解約金8,000円
MNP転出3,000円

※表内の金額は税別

nuroモバイル

画像引用元:料金・サービス | nuroモバイル

「nuroモバイル」も、1,000円以下で通話が可能な格安SIMとなります。

ドコモ回線の「Dプラン」では通信容量が200MBのお試しプランを選んだ場合には、音声通話が付いて月額1,000円という驚きの料金プランです。さらにお得な事に初月は無料という特典付きです。

一方ソフトバンク回線の「Sプラン」の場合では月額1,200円となり、惜しくも1,000円を超えてしまいますが、それでも十分安い料金設定といえます。ソフトバンクからの乗り換えなどで端末を再利用する場合には、候補として検討するとお得に利用が可能となります。

また、お試しプランでは基本料金が安い代償として、通信容量を使い切った後の通信速度が下り最大32kbpsと相当な減速となってしまいます。

しかもそれだけではなく、通信容量の繰り越しなども出来ないなどの制限があり、安い反面欠点も多いプランとなっていますので、注意が必要でもあるプランとなります。

ドコモ回線 データ+SMS+通話プラン
200MB/月1,000円/月

プラン名nuroモバイル (D)プラン 音声通話付き お試しプラン
キャリアドコモ
初期費用3,394円
基本料金1,000円/月
※初月無料
支払い方法クレジットカード
速度788Mbps
制限時速度32kbps
容量200MB/月
通話アプリ使用:10円/30秒
アプリなし:20円/30秒
通話定額1回10分:800円/月
SMS付帯無料
枚数1枚
サイズ標準 micro nano
最低利用
解約金
MNP転出3,000円

※表内の金額は税別

ロケットモバイル

1 2