ドコモ 手続き ドコモの料金プラン
Pocket

読了時間:約 2

家族そろってドコモを利用しているご家庭では、パケットを家族で分け合う「シェアパック」という料金プランを選択しているケースが多いでしょう。

そのような場合、子供がパケットを使いすぎるせいで、予想外の高額料金を支払う羽目になってしまうことも…。

今回の記事は、子供のパケット使いすぎを制限するための方法をご紹介します。

トップ画像引用元:ベーシックパック・ベーシックシェアパック | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモのベーシックシェアッパックとは

ドコモのベーシックシェアッパックの料金をわかりやすく説明


画像引用元:ベーシックパック・ベーシックシェアパック | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモの料金プランには、パケットを家族で分け合うことができる「ベーシックシェアパック」があり、利用した容量によって料金が変わってきます

料金設定は以下のようになっており、表示価格は全て税抜きです。

パケットパック データ量 月額定額料 パケットくりこし ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
ベーシックシェアパック ステップ4
〜30GB
15,000円 なし -1,200円
ステップ3
〜15GB
12,000円 -1,200円
ステップ2
〜10GB
9,000円 -1,000円
ステップ1
〜5GB
6,500円 -900円

シェアパックは、複数の端末でひとつのパケホーダイをシェア(共有)するという契約です。

「ベーシックシェアパック」の料金は代表回線のみに課金され、シェアを受ける子回線には、シェアオプション代金として500円が必要となります。

例えば父が代表回線の契約で<ステップ2>を家族3人がXiスマホを使った場合の料金の内訳は以下のとおりで合計金額は19,000円となります。

一人向けのベーシックパックなら、5GBの契約で月額料金は5,000円。一人ずつ回線を契約するより「ベーシックシェアパック」はかなりおトクですね。

カケホーダイ SPモード 月額料金 シェアオプション 合計金額
2,700円 300円 9,000円 12,000円
2,700円 300円 500円 3,500円
2,700円 300円 500円 3,500円

ドコモのシェアパックにはもうひとつ「ウルトラシェアパック」というものがあります。

「ベーシックシェアパック」との大きな違いは、データ容量は固定制になってるところと、データ容量が30GBからとなっているところです。

参考までに料金を挙げておきましょう。

パケットパック データ量 月額定額料 パケットくりこし ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
ウルトラシェアパック100 100GB 25,000円 あり -2,500円
ウルトラシェアパック50 50GB 16,000円 -1,800円
ウルトラシェアパック30 30GB 13,500円 -1,200円
ドコモのシェアパックのポイント
  • パケットを家族で分けあえるのが「ベーシックシェアパック」。
  • 「ベーシックシェアパック」は使用したデータ容量に応じて料金がステップアップします。
  • 「ベーシックシェアパック」の料金は代表回線のみに課金され、シェアを受ける子回線には、シェアオプション代金として500円が必要です。
  • 「ベーシックシェアパック」のほか、データ容量は固定で大容量の「ウルトラシェアパック」があります。

ベーシックシェアッパックは料金がステップアップ!?ト

家族でベーシックシェアッパックを利用した場合、困ったことが起こります。

それはデータを使いすぎるとデータ量のステップが上がってしまい、支払う料金が上がってしまうことです。

ドコモのベーシックシェアパックでは、余ったパケットを繰り越すことができません。

そのため月末にパケットのステップが上がってしまった場合、とても損してしまうことになるのです。

こんなことにならないように、ドコモではステップが上る前に知らせてくれる通知サービスを行っています。

ベーシックシェアパックの場合、残り約1GBとなった段階で通知してくれるので、ステップを上げたくないなら通信を制御してパケットを節約しましょう。

データ容量を選択するときには使用状況に合わせて決定したはずなので、ステップが上がってしまうことはそう度々あることではないのですが、子供が想定以上にデータを消費しているケースが多いのです。

POINT

データを使いすぎるとデータ量のステップが上がり、それに伴い支払う料金が上がる「ベーシックシェアパック」。ドコモではベーシックシェアパックのステップが上る前に知らせてくれる通知サービスを行っています。

次のページでは子供がなぜパケットを使いすぎるかについて考察します。

1 2