読了時間:約 2

毎年iPhoneシリーズの新作が発売されると、docomo・ソフトバンク・auの3大キャリアから発売されます。今年も新型のiPhoneが発売されることは確実とされています。

新型iPhoneはもちろんですが、現在発売されている最新のiPhoneシリーズ「iPhone XS」・「iPhone XR」の価格が安くなるのであれば購入したいですよね。

機能や性能も共に最新のものなので、発売してすぐの価格で購入するよりも値下げされた価格で購入するほうがおトクです。

今回は最新iPhoneシリーズ「iPhone XS」・「iPhone XR」の、新型iPhone登場による値下げについて解説・考察していきます。

新型iPhone予約比較|2019年発売のiPhoneはどのキャリアが一番得するか?

iPhoneの新機種は3種類


まだ正式な発表はされていませんが、発売予定とされている3機種は以下のとおりです。

  • iPhone XI
  • iPhone XI MAX
  • iPhone XIR

XI、XI MAXはそれぞれXS、XS Maxの後継機、XIRはXRの後継機のモデルとされています。

大きな違いとしては、iPhoneシリーズでは新たな試みとなるトリプルレンズカメラが採用されています。その他のパネルサイズなどは大きな変更がありません。

新型iPhoneの発表時期・発売時期は?

3機種についてのAppleからの正式な発表と、auからの発売時期はまだ発表されていません。しかし、これまでのシリーズの傾向から考察することができます。

これまでのシリーズの発表時期は、ここ7年ほど9/7〜9/12に集中しています。そのため今年の新型iPhoneについての発表も9/12前後ではないかとされています。

また、発売時期は発表されてから7~9日後ほどになります。発表から発売までの期間は各キャリアで予約が可能なので、毎年予約に来るユーザーが殺到します。

まとめると、発表時期は9/7〜9/12、発売時期は9/16〜9/25を目処と考えておいてください。

【考察の前に】2018年モデルのiPhoneシリーズについて


新型iPhoneが発表されると、iPhone XS/XS Max/XRは値下げされるのでしょうか。2018年モデルが値下げされるのであれば購入したいですよね。

値下げの可能性について考察する前に、まずはiPhone XS/XS Max/XRについての製品の特長や現在のauでの販売価格について確認してみましょう。

iPhone XS/XRのスペック比較

まずは2018年に発売されたiPhone XS/XS Max/XRのスペックを比較していきましょう。

名称iPhone Xs MaxiPhone XsiPhone XR
ディスプレイサイズ6.5インチ有機EL5.8インチ有機EL6.1インチ液晶
カラー3色(サプライズカラーにゴールド)3色(サプライズカラーにゴールド)6色
RAM(ベンチマークテスト結果より)4G4G3G
プロセッサA12 BionicA12 BionicA12 Bionic
容量64G・256G・512G64G・256G・512G64G・128G・256G
SIMスロットデュアル(nanoSIM+eSIM)デュアル(nanoSIM+eSIM)デュアル(nanoSIM+eSIM)
Face ID○(Touch IDは廃止)○(Touch IDは廃止)○(Touch IDは廃止)
公式サイトリンクiPhone Xs MaxiPhone XsiPhone XR

見た目の大きさは5.8インチ有機ELを採用しているiPhone XSが最も小さく、2017年モデルのiPhone Xと同じ70.9(幅)×143.6(高さ)×7.7(奥行)mmです。

一方、6.1インチ有機ELを採用するiPhone XRは幅が76.7mmに、6.5インチ有機ELを採用するiPhone XS Maxは幅が77.4mmまで広がっています。

しかし狭額縁設計により、iPhone 8 Plusの大型ディスプレイモデルの幅78.1mmよりは抑えられたサイズとなっています。

iPhoneのアプリの動作の高速化や処理の軽量化、バッテリーの持ち時間に影響するRAMやプロセッサもシリーズ史上最高度の性能となっています。

また、これまで水深1mの深さに30分漬けていても問題ないと言われていたiPhoneの防水性能も、3機種からは水深2mまで問題ない性能に上がりました。

これまでのシリーズと違う点は、Touch ID(指紋認証)に代わってFace IDと呼ばれる顔認証になった点です。最初はこの顔認証に慣れない方もいらっしゃいます。

ただしその分、指紋認証と比べセキュリティ面において更にiPhoneの中身を守ってもらえるという安心感もあります。

現在のauでの販売価格

2019年8月現在、au公式サイトに掲載されている現金販売価格は以下の通りです。

製品iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XR
64GB128,640円141,600円98,400円
128GB--104,880円
256GB146,880円159,840円116,640円
512GB171,840円184,800円-

iPhone XRが最も安く10万円を切っています。ただし、どのシリーズも過去のiPhoneシリーズと比べると未だにやや高価ですね。

2019年新型iPhoneで待望の復活?指紋認証と顔認証のメリット

過去の発売傾向から予想


現在の販売価格を確認したので、続いてはどのタイミング安くなるのか?について、過去のシリーズの発売傾向から予想してみましょう。

2016年モデルのiPhone 7/SE

2016年に発売されたiPhone 7/7 Plus/SEは、2017年9月に新モデルiPhone 8/Xシリーズの発表がされた当日にauで値下げがされました。

また、2017年の3月には決算月のため在庫処分と銘打って各店舗で大幅に値下げされたり、キャンペーンとして頭金免除といった特典をつけて販売されました。

2017年モデルのiPhone 8/X

2017年に発売されたiPhone 8/8 Plus/Xは、2018年9月に発表された新モデルiPhone XS/XS Max/XRの発表直後の値下げはありませんでした。

しかし、iPhone MNP au購入サポートという割引サービスが登場し、特定のプランに契約してMNPで購入すると機種代金が割引されました。

また、年明けの2018年1月〜4月には決算期によって在庫処分として機種代金の値下げを行う店舗も増えていました。

機種代金の値下げよりもキャンペーンが多い?

auでは機種代金の直接的な値下げよりも、MNPまたは機種変更で使える機種限定のキャンペーンにより値下げを行うタイプが多いです。

値下げ幅は5,000〜10,000円程度ですが、店舗によってはイベントなどで更に割引額を大きくしているところもあります。

今回のiPhone XS/XS Max/XRについても、直接機種代金を値下げするよりも新たな割引対象となるキャンペーンが登場する可能性が高いです。

次のページでは、「【予想】iPhone XS/XRが値下げされそうな時期」をご紹介します。

1 2