読了時間:約 1 minute

auユーザーの中で、2019年 au夏モデルにおいてXperia 1が気になる方向けに、最新情報をお伝えします。

au Xperia 1 SOV40の発売時期から、基本スペック、主な特徴に至るまで、詳しく説明します。

もちろん、auユーザー以外でも、MNPを含む新規で「au Xperia 1 SOV40」の購入を検討されている場合は、是非ご覧下さい。

au Xperia 1を5万円得する機種変更方法と選ぶべきキャンペーン

au Xperia 1 SOV40


画像引用元:au公式サイト Xperia 1 SOV40
auの2019年夏モデルで、一押しなのがXperia 1です。

本章では、au Xperia 1 SOV40の発売時期から基本スペック、その特徴を詳しく説明します。

Xperia 1 SOV40 発売時期

発売時期の詳細は未定ですが、2019年6月中旬以降発売予定です。

2019年5月現在、ブラック・ホワイト・グレー・パープルのカラー全色が予約受付中です。

au Xperia 1専用ページから予約できます。

Xperia 1 SOV40 基本スペック

au Xperia 1 SOV40の主なスペックは下記の通りです。

Xperia 1 SOV40
OS Android™ 9 Pie
CPU Snapdragon855 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4
RAM 6GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 約6.5インチ 有機EL 3,840×1,644(4K)
SIM nano
生体認証 指紋認証
カメラ アウト約1,220万画素(標準)+約1,220万画素(望遠)+約1,220万画素(超広角)
イン約800万画素(広角)
通信規格 4G LTE/WiMAX 2+
最大通信速度
受信最大/送信最大(Mbps)
1Gbps/112.5
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.5.0
バッテリー 3,200mAh
サイズ 167(H)×72(W)×8.2(D)mm
重量 178g
カラー ブラック/ホワイト/グレー/パープル
その他 防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)、おサイフケータイ機能

Xperia 1の特徴は、世界初の4K有機ELディスプレイおよびXperiaシリーズ初のトリプルレンズカメラを搭載した点にあります。

Xperia 1の特徴の詳細は、以下で詳しく説明します。

その他、au Xperia 1 SOV40独自の特徴としては、グローバル版と同じく4色のカラバリ全てをそろえている点です。

カラバリを4色展開しているのは、日本のキャリアではauのみです。

ドコモのau Xperia 1はブラックとパープルの2色ソフトバンクはグレーを除く3色のみとなります。

つまり、日本でXperia 1 のグレーカラーを手に出来るのは、au版Xperia 1 SOV40 SOV40だけということです。

特徴1:4K 有機ELディスプレイ

Xperia 1の特徴としてまず挙げられるのは、世界初の4K HDR対応有機ELディスプレイです。

Xperia 1のディスプレイの特徴は下記の点です。

  1. 美麗な4K有機ELディスプレイ
  2. ディスプレイ比率は21:9のシネマワイド
  3. 高画質化エンジン「X1 for mobile」でHDRリマスター機能を強化
  4. 忠実な色再現を可能にする「クリエイターモード」搭載

ソニーは過去のXperiaシリーズでも4Kディスプレイを搭載していましたが、それらは液晶ディスプレイであり有機ELでの4Kディスプレイは世界初となります。

また、過去の4KディスプレイのXperiaとは異なり、対応アプリであれば常時4K表示が出来る点でも違いがあります。

Xperia 1は、6.4インチの大画面でありながら、水平3,840画素×垂直1,644画素という超美麗な4Kディスプレイを搭載しています。

また、そのディスプレイ比率は21:9とスマホでは珍しいシネマワイドとなっています。

21:9というディスプレイ比率は、映画館のスクリーンサイズと同率であるため、映画視聴時に上下に黒帯が入り込まず、画面いっぱいに大迫力の映像を堪能できます。

シネマワイドというサイズだけでなく、Xperia 1のディスプレイには「X1 for mobile」という高画質化エンジンも組み込まれています。

ソニーブランドのテレビ「ブラビア」培った最先端技術を用いて、4Kディスプレイにおいて、高精細、広色域、高コントラストを極めた映像美を実現しています。

現行モデルのXperia XZ3にも搭載されている機能ではありますが、標準規格(SDR)の映像をHDR相当にアップコンバートする「HDRリマスター」も、「X1 for mobile」でより強化されました。

その他、ディスプレイの新機能として、映像制作者の意図を忠実に再現可能とする「クリエイターモード」も搭載しています。

4Kという美麗ディスプレイとソニー独自開発の画像処理により、HDR規格、BT.2020の色域、10bit信号に対応することで、映像作成者の意図する色合いを忠実に再現できるディスプレイに仕上がっています。

Netflixなら自動的に「クリエイターモード」で再生する仕組みとなっています。

また、YouTubeなどの通常の映像も4Kアップスケーリングにて、高精細で美しい4K画質に変換して楽しむことが出来ます。

Xperia 1は上述の通り、単なる4Kディスプレイスマホというだけではありません。

その美麗な画面を最大限活用して、映画・動画鑑賞ができるよう様々な工夫が凝らされているスマホといえます。

スマホでの映画鑑賞を倦厭していた方でも、このように没入感たっぷりに視聴できるディスプレイとあらば、思わず試してみたくなるのではないでしょうか。

次のページでは、特徴2:トリプルレンズカメラについてご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2