読了時間:約 3

データ通信量の節約にWi-Fi通信は欠かせないものとなっている昨今ですが、auユーザーならau Wi-Fi SPOTが利用できるのはご存知でしょうか。

知らなかった・知っているけれどイマイチ使い方がわからない方、ここではau Wi-Fi SPOTの接続方法と条件について詳しくご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

au Wi-Fi SPOTとは

au Wi-Fi SPOTとはKDDIの子会社「(株)ワイヤ・アンド・ワイヤレス」がサービス提供している公衆無線LANサービスのことを言います。

実はau Wi-Fi SPOTはあくまでもサービスの総称であり、au Wi-Fi、UQ_Wi-Fiなどいくつかのサービスに分かれます。

au Wi-Fi SPOTの種類

au Wi-Fi SPOTとして利用可能なネットワークは9つもの種類があります。それぞれに対応するSSIDがあり、auのスマートフォンなら全て利用可能です。

サービス名SSID暗号化方式
au Wi-Fiau_Wi-FiWPA2
au_Wi-Fi2WPA2 EAP
Wi-Fiスクエアwifi_squareなし
UQ_Wi-FiUQ_Wi-FiWEP
Wi2 300Wi2なし
Wi2_freeなし
Wi2_clubWPA/WPA2 PSK
Wi2premiumなし
Wi2premium_clubWPA/WPA2 PSK

利用可能なネットワークとSSID、暗号化方式をまとめると上記表の内容になります。

9つのうち暗号化されているSSIDは5つです。暗号化されているということはセキュリティ保護が働いているということです。

SSIDなしのタイプは入力が不要な分手間がなく簡単に接続できるのがメリットです。

しかしその分オープンな状態であることから、通信内容などを不正に傍受されてしまう可能性があります。

ひとつ手間を挟んでも可能な限りセキュリティ上暗号化されているSSIDを使用することをオススメします。

月額使用料はかかるのか

au Wi-Fi SPOTの月額使用料については契約しているプランやスマートフォン・パソコンで利用するかにもよって変わってきます。

必ずしも無料で利用できるわけではありませんが、最新のプランで契約したauのスマートフォンでの利用であれば基本的には無料と考えてよいでしょう。

利用するために必要な条件を下記項目でまとめましたのでチェックしていきましょう。

利用する為の条件

au Wi-Fi SPOTを利用するには、契約している端末ごとに対象のプランに加入していることが条件です。

また、ひとつのアカウントで最大5台まで接続設定を行うことができます。

5台を超える設定はできないことと、同時に複数台接続はできませんのでご注意ください。

対応端末対象プランご利用料金
au契約端末Wi2 300 for auマルチ
デバイスサービス
スマートフォン(4G LTE)
ケータイ(4G LTE)
auピタットプラン
auフラットプラン
LTEフラット
無料無料
データ定額1/2/3/5/20/30
データ定額1/2/3/5(ケータイ)
ジュニアスマートフォンプラン
LTEフラット cp(f・2GB)

※受付終了プラン
シニアプラン
データ定額1cp/3cp/5cp
U18データ定額20
データ定額1cp(auスマホはじめるプログラム専用プラン)
データ定額8/10/13
データ定額8/10/13(ケータイ)
データ定額cp(0.8GB)
LTEフラット cp(1GB)
毎月300円(税抜)
スマートフォン(3G)
ケータイ(3G)
カケホ(3Gケータイ・データ付)無料毎月300円(税抜)
ISフラット

※受付終了プラン
プランF(IS)シンプル
無料
タブレット(4G LTE)タブレットプラン ds(3年契約)/(3年契約/L)
タブレットプラン ds(2年契約)/(2年契約/L)
タブレットプラン cp(2GB・3年契約)
無料毎月300円(税抜)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)

※受付終了プラン
LTEフラット for Tab ds/Tab(i)ds/Tab ds(L)
無料
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)毎月467円(税抜)
データ通信端末WiMAX 2+ フラット for DATA EX
WiMAX 2+ フラット for HOME
無料毎月300円(税抜)
WiMAX 2+ フラット for DATA無料

表にはありませんが対応端末には他にもフォトストレージ端末(4G LTE)、4G LTE対応PCの2つがあります。

また「Wi2 300 for auマルチデバイスサービス」はauユーザー限定で、ノートPCなどのWi-Fi機器であれば全国どこでも利用できる公衆無線LANサービスの1種です。

基本的に条件を満たしていればau Wi-Fi SPOTは利用できます。利用するために別途申し込む手続きは必要ありません。

しかし「Wi2 300 for auマルチデバイスサービス」を利用したい場合は別途申し込みが必要です。

auスマートフォン以外をWi-Fiに接続したい時は忘れず申し込みましょう。

au Wi-Fi SPOTの主な設置場所

au Wi-Fi SPOTの主な設置場所も確認していきましょう。

鉄道の車両・駅構内など

関東エリアは小田急電鉄、京王電鉄、京成電鉄、京浜急行電鉄、相模鉄道、東京モノレール、都営地下鉄、東武鉄道で利用できます。

東海エリアは名古屋市営地下鉄、中国エリアは広島電鉄、新幹線なら東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線(東京駅~鹿児島中央駅間)で利用可能です。

走行中も鉄道の車両内で利用できますが、トンネル内など電波環境により利用できない場合もあるのでご注意ください。

車両ではなく駅構内での利用であれば関東、東海、中国、九州以外のエリアでも利用可能です。

北海道の札幌市営地下鉄、JR北海道、函館市電、近畿エリアでは大阪市営地下鉄、大阪モノレールなど、四国エリアではJR四国の駅構内でも利用できます。

カフェ・飲食店

一番利用需要の高いSPOTとしてカフェや飲食店は外せません。au Wi-Fi SPOTは全国展開しているカフェ・飲食チェーンにも設置されています。

スターバックス、TULLY’S COFFEE、ドトール、サンマルクカフェはもちろんのこと、ケンタッキーフライドチキンやモスバーガーでも利用可能です。

他にもファミリーレストランやバー・居酒屋にも設置されています。

コンビニやガソリンスタンドまで

ガソリンスタンドのIDEMITSUにも設置されています。給油中のちょっとした時間にWi-Fi接続したい方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

コンビニではセブンイレブン、ファミリーマートだと独自の無料Wi-Fiを設置しているようです。

しかしローソン、サークルKサンクスであればau Wi-Fi SPOTの利用が可能です。

ここでご紹介した施設以外にも接続可能なSPOTは多く、またアプリでau Wi-Fi SPOTを検索することもできます。

au Wi-Fi SPOTについて
  • au Wi-Fi SPOTがサービスの総称。au Wi-Fi、UQ_Wi-Fiなどいくつかのサービスにわかれる
  • 月額使用料は、最新のプランで契約したauのスマートフォンでの利用であれば基本的には無料。契約しているプランや端末を確認すること
  • 鉄道の車両・駅構内、カフェ・飲食店、コンビニやガソリンスタンド等で利用できる。アプリでau Wi-Fi SPOTを検索することが可能

次のページでは、au Wi-Fi SPOTの接続方法をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2