auウォレットのチャージまとめ|一番お得なチャージ方法はこれだ

  • 2021年4月14日

使う度にWALLETポイントが貯まることで人気のauウォレット。電子マネーのようにスムーズな決済ができるため非常に便利です。

ただ、チャージ方法に気を付けておかなければ思わぬ損をしてしまうこともあります

では、どんなチャージ方法を使えばお得にauウォレットを使うことが出来るのでしょうか。

数あるauウォレットへのチャージ方法の中でも特にお得なチャージ方法をご紹介すると共に、詳細なチャージ方法を解説していきます。

auウォレットを愛用している方はもちろん、これからauウォレットを使い始めようと考えている方も是非参考にしてみて下さい。

画像引用元:au WALLET プリペイドカード | プリペイドカード・クレジットカード | au

auは人気新機種がお得!
機種1位2位3位4位
本体iPhone SE3iPhone SE3AQUOS wishAQUOS wisharrows Wearrows We FCG01AQUOS sense6AQUOS sense6 SHG05
価格34,615円~22,001円~21,068円~32,430円~
特徴コスパの良さが魅力
Apple最新スマホ
飽きずに長く使える
カジュアルスマホ
初心者でも使いやすい
シンプルなスマホ
初心者でも使いやすい
バランススマホ
購入公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

チャージ方法でお得度はまったく変わる


au ウォレットにチャージしたお金を使うと、0.5%のポイント還元を受けられます。

これはどんなチャージ方法でお金をチャージしても貰えるものですが、チャージの際に貰えるポイントに関してはチャージ方法によって大きく異なります。

そのため、auウォレットにおいて「どのチャージ方法でチャージするか」というのは非常に大きな問題と言えるでしょう。

auウォレットでは「チャージ方法Aでのチャージだとポイント還元0、チャージ方法Bだとポイント還元率1%」ということがざらに起こります。

ポイント還元率の低い方法でチャージしているユーザーは、ポイント還元率の高い方法を採用したユーザーに比べて、auウォレットを使えば使う程損をしていくのです。

そのようなことにならないためにも、auウォレットを使う際はお得なチャージ方法でのみチャージを行うことをおすすめします。

auウォレットへのお得なチャージ方法の種類


auウォレットへチャージする手段はかなり多く、細かなものまで含めると相当な種類があります。

しかし、お得なチャージ方法となると種類は非常に限られるので、すべてのチャージ方法を覚えておく必要はありません。

では、どんな方法でチャージをすればお得にau ウォレットを使うことが出来るのでしょうか。

au ウォレットへのチャージ方法の中でも特にお得なものを厳選してご紹介します。

クレジットカード


最も簡単なチャージ方法はクレジットカードを使った方法でしょう。

というのも、クレジットカードを使ったチャージではクレジットカードの性質上どこでもチャージすることが可能なのです。

他の方法では大抵お店へ行ったり、どこでもチャージできるものの一度にチャージできる金額が限られたりするため、クレジットカードでのチャージは使い勝手に優れます。

また、クレジットカードでのチャージでは所謂「ポイント二重取り」が可能です。

ポイント二重取りとはチャージした際に使った金額が還元される他、auウォレットで買い物をした際にもポイントが還元されます。

つまり、使っている金額は同じであるにも関わらず、貰えるポイントは2倍、3倍になるのです。

これ以上にお得なチャージ方法は現状存在しないため、チャージ方法に拘りが無いなら、還元率の高いクレジットカードでチャージを行うことをおすすめします。

auポイント/WALLETポイント

auポイントは2014年4月までauへ携帯料金・auひかりの代金等の支払いをすることで貰えていましたが、現在はその役割をWALLETポイントに譲っています。

WALLETポイントはauポイントがリニューアルしたもの」と考えると分かりやすいでしょう。

とは言え、auポイントは完全に無くなったわけではなく、法人契約をしている方等には依然としてWALLETポイントではなくauポイントが付与されています。

WALLETポイントもauポイントもかなり広い用途に使えるのが特長で、auウォレットにチャージするためにも使うことが可能です。

ただ、WALLETポイントは1ポイント1円で交換できるのに対し、auポイントは1.2ポイント1円での交換となってしまうため、その点には注意が必要です。

じぶん銀行


画像引用元:じぶん銀行(ネット銀行)
じぶん銀行からのチャージはクレジットカードに次いでおすすめのチャージ方法です。

  • オートチャージに対応
  • 口座開設月の翌月末までは還元率が5%になる

じぶん銀行を使う利点は上記の2つ。まずはオートチャージについて見ていきましょう。

オートチャージ

オートチャージは「残高が減ったら自動的にお金をチャージしてくれる機能」のことで、電子マネーなどで用いられることが多いです。

つまり、オートチャージを設定しておくと、いちいち手動でチャージをする必要が無く、買い物をする前に残高をチェックしておく必要すらありません。

オートチャージ自体はau かんたん決済でチャージする場合にも使えますが、au かんたん決済の場合だと「一定額チャージ」という方法のみの対応となっています。

一定額チャージとはその名の通り「残高が無くなったら予め設定しておいた金額をチャージする」というものです。

じぶん銀行では一定額チャージに加え、買い物する時に残高が不足していると自動で不足分をチャージしてくれる「リアルタイムチャージ」という機能にも対応しています。

無駄なく使えるのはじぶん銀行のみで使えるリアルタイムチャージであるため、au かんたん決済を使ってチャージする必要性はあまりありません。

口座開設月の翌月末までは還元率が5%になる

じぶん銀行を使ったチャージでは、口座開設月の翌月末まではポイント還元率がなんと5%にもなります。

クレジットカードを使ってポイント二重取りを行っても1.5%程度が最高である中、5%というのはかなり魅力的な還元率と言えるでしょう。

しかし、口座開設月の翌々月以降は一切ポイント還元されないため、最終的にはクレジットカードでチャージをした方がお得になります。

上手く両方の旨味を引き出したいなら「じぶん銀行で5万円分のチャージを行った後はクレジットカードでチャージをする」という方法を取った方が良いでしょう。

auウォレットへのお得なチャージ方法
  • クレジットカード…最も簡単なチャージ方法で、ポイント二重取り が可能
  • auポイント/WALLETポイント…au携帯電話やauひかりなどの利用額に応じて貯まるauのポイントでauウォレットにチャージするためにも使うことが可能
  • じぶん銀行…オートチャージに対応。口座開設月の翌月末までは還元率が5%になる
  • メリットを最大限に受けるなら「じぶん銀行で5万円分のチャージを行った後はクレジットカードでチャージ

方法別の詳細なチャージのやり方

クレジットカードでのチャージ方法

au ウォレットへのチャージはすべてスマホもしくはPCで行うことが可能です。

まずはクレジットカードでチャージをする方法を詳しく見てみましょう。

  1. au ウォレット公式サイトにログイン
  2. チャージをタップ/クリック
  3. クレジットカードを選択
  4. クレジットカードを登録するをタップ/クリック
  5. チャージに使うクレジットカードの情報を入力
  6. チャージ額を選択
  7. チャージするをタップ/クリック
  8. パスワードを入力し、送信をタップ/クリック

クレジットカードの登録は初回のみであるため、初回以降は4、5の手順はスキップすることが出来ます。

クレジットカードでチャージをする時に注意しておきたいのは限度額についてです。

クレジットカードの利用限度額に余裕がある場合でもau ウォレットには月に10万円までしかチャージすることが出来ません

月に10万円分もau ウォレットを利用することはあまり無いかもしれませんが、念のためクレジットカードでのチャージには限度額が設定されていると覚えておきましょう。

使えるクレジットカードは限られる


クレジットカードを使ってチャージを行う際に使えるクレジットカードは、

  • au WALLET クレジットカード
  • MasterCardブランドのクレジットカード
  • 一部のVISAブランドのクレジットカード
  • 一部のJCBブランドのクレジットカード

の以上4つとなります。

MasterCardブランドのクレジットカードについては発行元がどこであっても使えますが、VISA、JCBのカードに関しては対象となる発行元が限られるため注意が必要です。

VISAブランドのクレジットカードでau ウォレットのチャージに使えるのは、

  • クレディセゾン
  • UCカード
  • トヨタファイナンス
  • エポスカード

が発行したクレジットカードに限られます。例えVISAブランドであっても上記の発行元以外が発行したクレジットカードでチャージを行うことは出来ません。

JCBブランドでチャージに使えるクレジットカードは、

  • クレディセゾン
  • トヨタファイナンス

が発行したクレジットカードのみで、VISAブランドに比べて更に発行元が限られてしまいます

手持ちのクレジットカードがau ウォレットに対応していないのなら、新しくクレジットカードを発行するのがおすすめです。

また、チャージに対応したクレジットカードを持っている場合でも、カードの還元率が低いのなら還元率の高いクレジットカードを作っておくと良いでしょう。

au/WALLETポイントでのチャージ方法

au/WALLETポイントでチャージを行う場合もやり方はクレジットカードとほとんど同じです。

  1. au ウォレット公式サイトにログイン
  2. チャージをタップ/クリック
  3. ポイントを選択
  4. チャージ額を入力
  5. チャージするをタップ/クリック

注意しておきたいのは、100円単位でなければチャージに使えない点及び、1か月のチャージ上限額は2万円までという点です。

au ウォレットを頻繁に使うようになるとWALLETポイントがすぐに貯まるので、こまめにポイントを確認してチャージしておくようにしましょう。

じぶん銀行でのチャージ方法


チャージ方法の紹介ではオートチャージのみをご紹介しましたが、じぶん銀行でチャージする場合は他の方法と同じく手動で任意の金額をチャージすることも可能です。

  1. au ウォレット公式サイトにログイン
  2. チャージをタップ/クリック
  3. じぶん銀行を選択
  4. チャージ額を入力
  5. チャージするをタップ/クリック

このようにじぶん銀行を使ったチャージ方法は他のチャージ方法と比べてもやり方にほとんど相違はありません。

一方で、オートチャージを使うためには設定を行う必要があるため、他のチャージ方法とはやり方が少し異なります。

  1. au ウォレット公式サイトにログイン
  2. オートチャージ・出金の申し込みをタップ/クリック
  3. オートチャージ・出金を申込むをタップ/クリック
  4. 設定画面にて口座情報を入力
  5. au ウォレット公式サイトのホーム画面に戻る
  6. チャージをタップ/クリック
  7. オートチャージ設定を選択
  8. リアルタイムチャージ/一定額チャージのどちらかを選ぶ

以上でオートチャージの設定は完了です。

手動でのチャージはどこでも行えるため非常に便利ですが、せっかくじぶん銀行からチャージをするのならオートチャージを使った方が良いでしょう。

ただ、オートチャージを利用する場合はポイント二重取りが出来ないため、よりお得にau ウォレットへチャージしたいならクレジットカードでのチャージをおすすめします。

クレジットカードでのチャージがおすすめ!


auウォレットには様々なチャージ方法が用意されているため、それらを用いて使いやすい方法でチャージを行うことが出来ます。

しかし、ポイント還元率を重視してお得にチャージしたいのなら、現状はクレジットカード一択と言っても過言ではありません。

口座開設月から翌月末までならじぶん銀行もおすすめですが、長期間お得に使い続けたいならやはりクレジットカードに軍配が上がるでしょう。

ご紹介したようにauウォレットへのチャージにクレジットカードを使うと通常0.5%の還元率が、2倍、3倍にまで引き上がります。

これまでクレジットカードを使っていなかったという方は、これを機にポイント還元率の高いクレジットカードの作成を検討してみて下さい。

ポイント還元率の高いクレジットカードとauウォレットがあれば、日々の買い物をお得に行うことが出来ます。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
empire
スマホ、PCが大好きなガジェットオタクライター。大手キャリア系の記事を中心に担当し、格安SIMやクレジットカードも執筆中。誰が読んでも分かりやすく、どこよりも詳しい解説を心掛けています。