auから格安スマホに乗り換え!おすすめの格安SIMを紹介

  • 2020年6月12日

auから格安スマホに乗り換えることを検討している、でも初めてのことだからどれにしたらいいのかさっぱり分からない・・・という人もいることでしょう。そこでこの記事では、おすすめの格安SIMとおすすめポイントを分かりやすくご紹介します。

これさえ読めば、格安スマホへの乗り換えも怖くありませんよ!

目次

auから格安スマホに乗り換える際に要チェックのポイント


auから格安スマホに乗り換えようと思っているなら、まず最初に気をつけるべきポイントがあります。そのポイントを押さえておかないと、後で「こんなはずじゃなかった!」ということになりかねません。いくつかの要チェックポイントをみてみましょう。

今の電話番号をそのまま使う?それとも別の番号にする?


別の電話番号になっても構わないのであれば、auをまず解約して新たに格安SIMを契約するだけの話です。

でも、これまで使っていた電話番号を引き続き使い続けたいのであれば、MNPの手続きをしなければいけません。その場合auには「MNP転出手続き」、格安SIM会社には「MNP転入手続き」が必要になります。

今使っているスマホを引き続き使いたい場合


現在auのスマホを使っていて、そのスマホを格安SIMに乗り換えてもそのまま使いたい場合はどうでしょうか?auのスマホで格安SIMを使うためにはSIMロック解除が必要になることが多いです。そこで、自分のスマホが次の3パターンのどれに当てはまるかをまずチェックしましょう。

1.SIMロック解除ができないauスマホ
2.SIMロック解除ができるauスマホ
3.そのまま格安SIMが使えるauスマホ

SIMロック解除ができないauスマホ

3年以上前の型の機種は、SIMロック解除ができないため基本的には格安SIMが使えません。この場合、新しいスマホを購入するほうがいいかもしれません。

これまでのスマホは、電話機能は使えなくなったとしても、wifiにつなげてインターネットを使ったり、音楽プレイヤーとして使うなど、第二の人生を与えるのもありではないでしょうか。

ただし、格安SIM会社にauプランがある場合は、古い機種のauスマホでも使えることがあります。今持っているスマホで格安SIMを使いたいのなら、そのスマホが使える格安SIMを選ぶのもいいでしょう。

SIMロック解除ができるauスマホ

auのスマホは、2015年4月23日以降に販売された機種がSIMロック解除が可能となっています。自分が使っているスマホの販売日がいつか分からない場合は、auのホームページにてSIMロック解除可能な機種一覧を確認できますので、チェックしてみましょう。

簡単にできる!auのiPhoneをSIMロック解除する方法と注意点

そのまま格安SIMが使えるauスマホ

auのスマホの中でも最近発売された特定の機種には、SIMロック解除をしなくても格安SIMが使えるものもあります。SIMを差し替えるだけで使えるので、とても楽です。ただ、どの機種がSIMロック解除なしで使えるかは格安スマホ各社によって異なりますので、事前に調べておく必要があります。

新しくスマホを購入する場合の選択肢


新しくスマホを購入することにした場合、格安SIM会社でSIMと一緒にスマホを購入する方法と、別の所で「SIMフリースマホ」を購入して、格安SIM会社ではSIMだけを契約する方法があります。

格安SIM会社でスマホも一緒に購入するのは手軽なため初心者向きといえるでしょう。ただ、別にSIMフリースマホを購入するほうが安く買えることが多いです。

乗り換えに必要な手数料を確認しておこう


auから格安スマホに乗り換える場合、手数料がかかることも忘れてはいけません。auからは事務手数料や解約手数料など、新たに契約する格安SIM会社では初期費用などの負担が必要になってきます。思っているより大きな金額になることもありますので、前もって確認しておくようにしましょう。

MNPにかかる費用とキャリア乗り換えるために必要なMNP予約番号の取得方法について紹介しています。MNP予約番号の取得方法とキャリアを乗り換えにかかる費用

格安スマホに乗り換えることで使えなくなるサービスもある


auから格安スマホに乗り換えることで、auのサービスを受けられなくなったり、制限されることがあります。auスマートパスやauのログインが必要なサービスなども使えなくなりますので、格安スマホに乗り換えるメリットとデメリットも考慮したほうがいいでしょう。

こんな人は格安SIMには向いていません。乗り換えは少し考えた方がいいでしょう。こちらの記事では格安SIM乗り換えのデメリットについて紹介しています。格安SIMに乗り換えた際のデメリット|こんな人には格安SIMは向かない

おすすめの格安SIM

ではここから、本題の「おすすめの格安SIM」を紹介していきます。格安SIMの会社は沢山ありますが、auからの乗り換えで特に人気の4つの格安SIMを紹介します。それぞれに異なる特徴がありますので、自分にとってベストな格安SIM選びに役立ててくださいね。

UQモバイル

画像引用元: http://www.uqwimax.jp/
UQモバイルはKDDIの子会社です。そのため、auから乗り換えるのが一番スムーズな格安スマホといっても過言ではありません。UQモバイルの特徴をいくつか挙げてみましょう。

○auスマホ機種の多くがSIMロック解除なしでそのまま使える

これは、auから乗り換えを検討している人にとって大きい要素でしょう。SIMロック解除が不要ということは、SIMロック解除ができない旧機種でも使えるということだからです。

上でも触れましたが、何年も経っているとはいえ使い慣れた手持ちのスマホをそのまま使えますし、新たに端末を購入する必要がないので出費も抑えられますね。手持ちのスマホがSIMロック解除なしで使えるかどうかは、UQモバイルホームページの「動作確認済み一覧」で確認してみてください。

人気機種はどれ?UQモバイルのおすすめスマホ【最新版】

◎通信速度が速くて安定している

UQモバイルはau回線を利用しており、都市部から田舎にいたるまで通信が非常に安定していることで知られています。

格安スマホというと、月額が安いぶん大手キャリアに比べて通話やインターネットが不安定というイメージがあるようですが、UQモバイルは安いうえに、大手キャリアと全く遜色のない安定性を誇っているんです。お昼のネット混雑時でもスムーズなネット利用ができますよ。

◎通信を節約モードにすればデータ容量を消費しない

スマホでインターネット接続するとデータ容量を消費してしまいます。動画を見たりダウンロードしたり、SKYPEやLINE電話などを使うと結構データ容量も食ってしまいますよね。

でもUQモバイルは節約モードが設定できます。そうすると、通信速度は300kbpsまで落ちるとはいえ、データ容量を全く消費しないでインターネットが使えるんです。

通信速度が300kbpsでも、facebookやlineなどのSNSは問題なく使用できますし、ブラウジングでニュースを見たりできます。youtubeで低画質の動画だって見れてしまいます。これで、データ容量を節約して不要な出費を抑えられますね。

△2年契約縛りがある

UQモバイルには、大手キャリアと同様に2年縛りがあります。契約してから2年以内に解約すると9500円の解除手数料が発生してしまいますので、長く使い続ける気持ちで契約するのがいいでしょう。

UQモバイルがおすすめな人

UQモバイルは、月額が大幅に安くなった大手キャリアみたいなものです。ですから、出費を減らしても安定した通信がしたいという欲張りな人向けといえるでしょう。また、これまでずっとauだったので別のSIMに変えるのが不安という人でも、とてもスムーズな移行ができますのでおすすめですよ。

UQモバイル公式サイトを見る

BIGLOBEモバイル

画像引用元: https://join.biglobe.ne.jp/mobile/
BIGLOBEモバイルは、言わずと知れた大手プロバイダの運営する格安SIMです。BIGLOBEは多彩なキャンペーンをうっていて、うまく利用すればとてもお得になります。そんなBIGLOBEモバイルの特徴をみてみましょう。

◎キャンペーンを利用して月額1000円以下に!?

BIGLOBEモバイルのキャンペーンは、基本的にはキャッシュバックがメインになります。キャッシュバック金額を引いて月額を割り出すと、1年目はなんと毎月700円程度になることも。これまでauで月額7,000円位になっていた人なら、10分の1になるというのは驚きですね!

他の格安スマホ各社でもそれぞれキャンペーンはありますが、キャッシュバックとなるとスマホを購入した場合がほとんどです。ところがBIGLOBEモバイルでは、SIMのみの契約でもキャッシュバック対象になることがあります(キャンペーンが現時点であるかはBIGLOBEモバイルのホームページを確認のこと)。

スマホは手持ちのau端末で、SIMはBIGLOBEモバイルにしてキャッシュバックをもらうのが一番安くするコツといえるでしょう。

◎データ容量を気にしないで動画や音楽を無制限に楽しめる

BIGLOBEモバイルでは「エンタメフリー・オプション」というサービスがあります。月額税抜480円から、youtubeやAppleMusic、AbemaTVなどの対象サービスが無制限に利用できるというサービスです。

動画や音楽ストリーミングなどを楽しみたくても、データ容量をどれくらい消費しているか気になって思うように楽しめない・・・ということはもう無くなりますね。

○乗り換えが不安でも出張サポートが無料で受けられる

「格安スマホに乗り換えたいけど、どうしたらいいのか分からない」「近くに詳しい人もいないし、自分だけでは設定できるか不安」という人にとって大助かりなのが、BIGLOBEモバイルのこの特典です。

「ご自宅訪問設定」というこのサービスは、日本全国どこでも訪問員が伺って、無料で設定サポートをするというものです。この出張サービスは他の格安スマホ会社では無く、BIGLOBEモバイルならではの特典です。不安な人にとっては本当にうれしいサービスといえますね。

格安SIMはサポート不足?実店舗がない不便さと大手キャリアの安心感

BIGLOBEモバイルがおすすめな人

BIGLOBEモバイルは、キャンペーンをうまく利用すれば1年目は特に安くなりますので、最初はお金をなるべくかけたくない人に向いています。動画や音楽をヘビーに楽しみたい人には、エンタメフリー・オプションが活躍してくれるでしょう。

また、スマホの設定などが苦手な人でも安心なサービスがありますから、スマホ初心者でも安心です。

人気機種はどれ?BIGLOBEモバイルのおすすめスマホ【最新版】
BIGLOBEモバイルへMNPするメリットと手順|格安SIM乗り換えガイド

BIGLOBEモバイル公式サイトを見る

mineo

画像引用元: http://mineo.jp/
mineo(マイネオ)は、auから移行しやすい格安SIMのひとつです。mineoのAプランは、auのほとんどの機種がそのまま使えますし、iPhoneも全機種使えます。他の格安SIM会社にないサービスもありますので、チェックして損はないでしょう。

○プランが豊富だから自分にピッタリのプランが見つかる

mineoのプランは7種類のデータ容量を選べます。500MB・1GB・3GB・6GB・10GB・20GB・30GBの7つのプランがあります。余った容量は翌月に繰り越せますし、家族でパケットを分け合うこともできます。

プランの変更は無料でできますから、自分にピッタリ合ったプランを見つけることがきっとできるでしょう。

◎月額の安さは格安SIMの中でもトップクラス

mineoは月額の安さがダントツです。最安プラン(500MB・データ通信のみSIM)だと、なんと月額税抜700円という安さです。500MB、1GB、3GBプランは100円ずつしか変わりませんから、3GB900円プランを選ぶのがベターでしょう。

音声通話付きSIMにしたとしても3GBプランで1,510円ですから、同レベルのプランで比べるとやはり業界最安クラスです。

プランがとても安いので、新しいスマホを分割払いで同時購入するのもありです。スマホ本体の代金を合わせても、他の格安スマホと比べてそれほど大きく変わらない月額になるからです。

◎データ容量を使い果たしても、ただで容量を分けてもらえる

mineoには「フリータンク」という、他の格安スマホ会社にはないサービスがあります。これは、見知らぬmineoユーザー同士が余ったパケットを融通し合うことができるサービスです。これを利用すれば、最大で1GBのデータ容量をただでもらうことができるんです。

追加の容量を買わずに済むなんて、うれしいですよね。

△最低利用期間はないがMNP転出手数料はかかる

mineoは2年縛りなどの最低利用期間はありません。ただし、12ヵ月以内に他のSIMに電話番号を変えずに移行しようとすると、MNP転出手数料が税込12,420円かかってしまいます。ですから、mineoにする場合は最低でも1年は使うほうがいいでしょう。

mineoがおすすめな人

mineoは何といっても月額が業界最安値ですから、金額重視な人にはとてもおすすめです。他のユーザーとデータ容量を分け合うことができるのもうれしいです。家族や友達と一緒に乗り換えるのもいいかもしれません。

人気機種はどれ?mineo(マイネオ)のおすすめスマホ【最新版】
auからmineo(マイネオ)に乗り換えるために確認するべき手順と準備

IIJmio

画像引用元: https://www.iijmio.jp/
IIJmio(アイアイジェーミオ)は、今一番人気のある格安SIMといえます。金額、通信速度、キャンペーンの豊富さなどで平均的に高い評価を受けています。IIJmioの魅力をいくつか取り上げてみましょう。

◎「みおふぉんダイアル」で通話料が安くなる

IIJmioの通話アプリ「みおふぉんダイアル」を使うことで、固定電話や携帯電話への通話料は通常の半額(30秒10円)になります。それに加えて家族間での通話は60%OFF、つまり30秒8円で通話できるというのは、格安スマホの中でも最安クラスです。

みおふぉんダイアルは、よくある050から始まるネット回線を利用した通話とは違い、電話回線を利用しています。なので、通話料が安いうえに音質も大手キャリア並に安定しているというのが大きな特徴です。

オプションで3分(家族間は10分)、10分(家族間は30分)かけ放題プランもありますから、それらと組み合わせることで通話がかなりお得になります。

◎「ファミリーシェアプラン」で家族みんなで1人分の金額!?

12GBを家族みんなで分け合えるのがファミリーシェアプランです。たとえば家族4人でIIJmioの通話SIMを契約すると、1人当たり3GB使えて月額たったの5,760円になります。大手キャリアでの1人分並の金額でIIJmioでは4人分の電話代をまかなえるのは凄いですよね。

もちろんデータ容量は家族間で分け合うことができ、余ったデータ容量は翌月に繰り越されます。

○海外で電話やインターネットが使える「海外トラベルSIM」

通常、海外旅行や海外出張の際には、けっこうお高い海外用SIMやスマホをレンタルするか買わなければいけません。

でもIIJmioには、主要42か国で使えるお得なSIMもあるんです。それを自分のスマホに差し込むだけで、海外でもネットや通話ができるわけですから、海外に行く予定のある人はチェックしておくといいでしょう。

△数年落ちのauスマホは使えるか不安な面も

IIJmioは、上に挙げた他の格安SIMに比べると動作確認済のau端末が少ないです。ということは、数年落ちのauのスマホでIIJmioのホームページで動作確認済みとして載っていない端末は、使えるかどうか確証がないというのは不安な面といえます。

新機種のスマホとSIMのセット購入でお得になるキャンペーンなどもありますので、それを活用するのもいいかもしれません。

IIJmioがおすすめな人

通話をよくする人には、通話がお得になるIIJmioはとてもおすすめです。また、家族みんなでIIJmioに乗り換えることで一人当たりの月額がかなり割安になりますので、家族まとめて乗り換えもおすすめです。

IIJmio公式サイトを見る

auから格安スマホに乗り換えるメリットは多い


主だった格安SIM4社を紹介しましたが、auから格安スマホに乗り換えるのは意外とリスクも少なく、逆にメリットが多いというのが分かったのではないでしょうか?最近の格安SIMは通話や通信も安定していて、月額は大手の半分以下になるわけですから、格安SIMに乗り換える人が増えているのもうなずけます。

それぞれの格安SIMに異なる魅力がありますから、どれにしようか迷ってしまうかもしれませんが、自分に一番合うベストな格安SIMをぜひ見つけてくださいね。

参考記事
格安sim比較|おすすめの格安SIMと気になる月額のお値段は?
結局どの格安SIMがおすすめなの?料金プランとパケット利用別トップ3

auから別キャリアに乗り換えを考えている方のための読んでおくべき事前知識

auはMNPする時に2万円相当の引き止めポイントが貰えるって本当?
auからドコモに乗り換えるために確認するべき手順と準備
ドコモ・auからソフトバンク携帯へMNPキャッシュバックで得する

2018年|格安SIM・格安スマホ徹底比較|主要10社のメリット・デメリット・評判まとめ

2018年 全国 格安SIM会社一覧|エリア・基本料金・特徴・おすすめ度


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ