auの学割 格安SIM・格安スマホ 機種の評価・レビュー
Pocket

読了時間:約 3

各社の学割が出揃い、学割対象のユーザーはお得に利用が可能となり嬉しい限りですが、巷ではさらにお得に利用ができないかと考えるユーザーも少なくありません。

今回は、学割を適用させしかもSIMフリー端末で利用することを考えるユーザーの為に、果たして学割でSIMフリー端末を使うことは可能なのか?

また、SIMフリー端末が使えるとした場合、おすすめとなるメーカーや端末はどのようなものがあるかなどの疑問に一度に応えられるような記事としておりますので、少しでも学割をお得に利用する方法を考えている方は是非参考にして下さい。

auの学割とは

画像引用元:auゼロ学割/フラット学割/Netflixプラン学割 | au

auの学割では、入るプランによって大きく分けて3つの種類が用意されています。各学割の割引料金や、適用条件などをまとめました。

auゼロ学割

画像引用元:auゼロ学割/フラット学割/Netflixプラン学割 | au

auゼロ学割は「au ピタットプラン (カケホ・スーパーカケホ)」の料金が3ヶ月の間、毎月1,980円割引きとなります。更に、「スマホ応援割・スマートバリュー」が併用可能で、適用されれば、基本料金0円で利用ができる割引サービスとなります。

【適用条件】

  • 25歳以下の契約者または利用者とその家族
  • 対象契約:新規契約(MNP含む)・機種変更
  • 受付期間:2018年12月1日~2019年5月31日
  • 適用期間:契約の翌月以降の3ヶ月

フラット学割 20/30・Netflixプラン学割

フラット学割は「auフラットプラン20/30」・「auフラットプラン25 Netflixパック」が対象の学割で、各プランの基本料金より月2,020円が3ヶ月の間割引となります。

各プランによる学割の違いは下記の通りです。

【フラット学割 20】
「auフラットプラン20」対応の学割となり、「スマホ応援割・スマートバリュー」の適用で基本料金は1,980円となります。

【フラット学割 30】
「auフラットプラン30」対応の学割となり、「スマホ応援割・スマートバリュー」の適用で基本料金は3,980円となります。

【Netflixプラン学割】
「auフラットプランNetflix」対応の学割となり、「スマホ応援割・スマートバリュー」の適用で基本料金2,980円となります。

【適用条件】

  • 25歳以下の契約者または利用者とその家族
  • 対象契約:新規契約(MNP)・機種変更
  • 受付期間:2018年12月1日~2019年5月31日
  • 適用期間:契約の翌月以降の3ヶ月

auフラットプラン5 (学割専用)・フラット学割5

画像引用元:auゼロ学割/フラット学割/Netflixプラン学割 | au

auフラットプラン5は学割専用向けに新たに設定された、5GB分の通信定額制の料金プランとなり、通話プランは「シンプル・スーパーカケホ・カケホ」の3つのプランのうちから選択が可能です。

  • 25歳以下の契約者または利用者(家族は対象外)
  • 対象契約:新規契約(MNP)、機種変更
  • 受付期間:2018年12月1日~2019年5月31日
  • 適用期間:契約の翌月以降の3ヶ月

2019年au学割にSIMフリー端末は使える!

今回のauの学割では、新規契約(MNPを含め)の際には端末の購入をしなくても学割の適用を受けることが可能です。

よって、今まで使っていた手持ちの端末などを「持ち込み契約」をする事でSIMフリー端末での契約ができます。ただし、機種変更の場合には「持ち込み契約」は出来ませんので、au端末の購入が必要となります。

学割におすすめSIMフリースマホ13選

学割にぴったりなおすすめのSIMフリースマホを、コストパフォーマンス・ハイスペック機種を踏まえて、ご紹介していきます。

シャープ AQUOS sense lite SH-M05

画像引用元:主な特長|AQUOS sense lite SH-M05|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

海外製のスマホには珍しく、「防水性能」・「おサイフケータイ」機能が搭載されているスマホですので、日常での使い勝手も非常に良い多機能スマホです。手に馴染みやすい形状とコンパクトなサイズ感で片手操作もとても楽になっています。

必要最低限の性能を網羅しながら、余計なものは削ぎ落としたシンプルなつくりは、初心者のユーザーにはとてもおすすめ出来ますが、ハイスペックスマホを求めるユーザーでは少し物足りなさを感じるスマホでもあります。

モデル名AQUOS sense lite SH-M05
OSAndroid 7.1
CPUSnapdragon 430
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ5.0インチ
ディスプレイ解像度1,080×1,920
Bluetooth
インカメラ500万画素
アウトカメラ1,310万画素
バッテリー容量2,700mAh
サイズ72.0×144.0×8.5mm
重さ147g
カラーホワイト,ブラック,ゴールド,ターコイズ,ピンク,レッド,ブルー

ASUS ZenFone 4 Max

画像引用元:ZenFone 4 Max (ZC520KL) | スマートフォン

ASUSの端末の特徴として大容量バッテリー搭載ということが挙げられます。ZenFone 4 Maxも4,000mAhのバッテリーが搭載され、長時間の外出先でも不安なく利用可能です。

バッテリーの容量が大きくなると、本体そのものの重さも重くなってしまうというデメリットと背中合わせとなりますが、このスマホは大容量でも重さをさほど感じさせないシャープなデザインも特徴です。

最近では搭載機種も増えてきているデュアルSIM対応機種となり、使い勝手の良さもさることながら、エントリーモデルとしても高性能なスマホです。

モデル名ASUS ZenFone 4 Max
OSAndroid 7.0
CPUSnapdragon 425
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ5.2インチ
ディスプレイ解像度720 x 1,280
Bluetooth
インカメラ800万画素
アウトカメラ1,300万画素
バッテリー容量4,100mAh
サイズ73.3×150.5×8.8mm
重さ156g
カラーネイビーブラック,サンライトゴールド,ローズピンク

ASUS ZenFone4 Selfie Pro

画像引用元:ZenFone 4 Selfie Pro (ZD552KL) | スマートフォン | ASUS 日本

ASUS ZenFone4 Selfie Proは、SNSの流行により「自撮り」に特化させてスマホとなっています。インカメラも1,200万画素と500万画素のデュアルレンズ搭載で高性能を実現し、自撮り写真でもメインカメラと同じくらいの高画質で撮影が可能です。

2つのレンズのうち1つには広角レンズが採用され、みんなで撮る集合写真にもワイドに対応できる点も人気の秘密となります。

モデル名ZenFone4 Selfie Pro
OSAndroid 7.0
CPUCortex-A53
メモリ3GB / 4GB
ストレージ64GB
ディスプレイ5.5インチ
ディスプレイ解像度1,080×1,920
Bluetooth
インカメラ1,200万画素
アウトカメラ1,600万画素
バッテリー容量3,000mAh
サイズ154 x 74.8 x 6.9mm
重さ147g
カラーRouge Red, Sunlight Gold, Deepsea Black

ASUS ZenFone 5

画像引用元:ZenFone 5 (ZE620KL) | スマートフォン

1 2