auから楽天モバイルへmnp

読了時間:約 2

auから楽天モバイルに乗り換えるためにはどのような手順が必要なのでしょうか。格安SIMへの乗り換えはスマホに詳しくないと難しいと思うかもしれませんが、手順をしっかり確認して準備を行えば簡単に乗り換えることが可能です。

それではauから楽天モバイルへ乗り換えるメリットとMNP転入の方法を詳しく解説していきましょう。

auから楽天モバイルへ乗り換えると料金はどうなる?

乗り換え後の月額料金はいくら?
まず初めに、auから楽天モバイルへ乗り換えた場合の月額料金はどのように変化するのかをシュミレーションしてみましょう。

大手キャリアの場合は最低でも月々6,000円ほどの月額利用料が発生します。もしau端末をそのまま利用して楽天モバイルへ乗り換えた場合、月額利用料はどのくらいになるのでしょうか。

auの月額利用料

 容量1年目2年目~
auピタットプラン
・スーパーカケホ
・2年契約(誰でも割)
・スマホ応援割
・auスマートバリュー
の適用時
1GB1,980円/月2,980円/月
2GB2,980円/月3,980円/月
3GB3,480円/月4,480円/月
5GB4,480円/月5,480円/月
20GB5,480円/月6,480円/月
auフラットプラン
・スーパーカケホ
・2年契約(誰でも割)
・スマホ応援割
・auスマートバリュー
の適用時
20GB4,500円/月5,500円/月
30GB6,500円/月7,500円/月

楽天モバイルの月額利用料

 容量1~2年目3年目~
スーパーホーダイ2GB1,480円/月2,980円/月
6GB2,480円/月3,980円/月
14GB4,480円/月5,980円/月
24GB5,480円/月6,980円/月
組み合わせプランベーシック1,250円/月
3.1GB1,600円/月
5GB2,150円/月
10GB2,960円/月
20GB4,750円/月
30GB6,150円/月
10分かけ放題オプションは+850円/月

auのピタットプランで2GB利用していた場合の月額料金は2,980円/月(1年目)か3,980円/月(2年目~)ですが、楽天モバイルなら1,480円/月(1~2年目)とauの半分程度となっています。

更にauのピタットプランは従量制となっているので、使えば使うほど料金は上がる仕組みとなっています。格安SIMの場合は通話料が高いのがネックですが、楽天モバイルのスーパーホーダイの場合は10分間通話無料がついているので安心です。

auから楽天モバイルへ乗り換えるだけで、スマホの維持費を半分程度に抑えることが可能なのです。

今まで使っていたauのスマホを楽天モバイルでも利用できる

使っている端末で楽天モバイルに乗り換え
画像引用元:https://mobile.rakuten.co.jp/product/?l-id=header_pc_product

auを利用しているユーザーが楽天モバイルに乗り換える際の契約方法には2種類あり、「SIMカードのみ」か「SIMカード+スマホ」を選ぶことができます。

「SIMカードのみ」の場合は自分でSIMフリー端末を準備する必要があり、「SIMカード+スマホ」の場合は契約の際に楽天モバイルで新しいSIMフリー端末を購入する方法となります。

楽天モバイルはドコモ回線を利用しているため、ドコモのスマホであればSIMフリーの手続きなしで利用することができますが、auやSoftBankユーザーが楽天モバイルに乗り換える場合、それまで利用していた端末を楽天モバイルで利用するにはSIMフリーの手続きをする必要が出てきます。

通常、キャリアで購入した端末にはSIMロックというものがかかっています。SIMカードを挿入しても購入したキャリア以外では通信機能を利用することができない仕組みになっているのです。

格安SIMを利用する場合はロックのかかっていないSIMフリー端末を購入するか、これまで利用していた端末のSIMロックを解除することで利用できるようになります。

SIMロックを解除するための条件とは?

simロック
現在大手キャリアで販売されている端末の中でも、SIMロックを解除するには以下の条件をクリアする必要があります。

SIMロックを解除するための条件

  • 2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種であること
  • 契約者ご本人さまの購入履歴があること
  • ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと
  • スマホの購入から100日以上経過している(一括購入している場合などのケースは除く)
  • auの回線契約を解約済みの場合は、解約日から100日以内であること

もし現在利用している端末が古い機種(2015年4月23日以前の発売)の場合はSIMロック解除ができません。楽天モバイルに乗り換える場合は「SIMカード+スマホ」での契約で新しい端末を手に入れるか、ネットを利用して中古の端末やSIMフリー端末を準備しましょう。

2015年4月23日以降に発売したスマホを利用していて、購入後100日経過している場合はそのままSIMフリー化すれば楽天モバイルに乗り換えることが可能です(SIMフリー化しても利用できない端末もあります)。

2015年4月23日以降に発売したスマホを利用していて、購入後100日経過していない場合は100日を超えるまで待ってSIMフリー化を行い、楽天モバイルに乗り換えましょう。その場合も乗り換えまでに利用中の端末が楽天モバイルで利用可能かを確認しておきましょう。

2015年4月23日以前に発売された古い端末を利用している場合は楽天モバイルで新しい端末を購入するか、ネットで中古のドコモ端末(SIMフリー化をせずそのまま利用可能なため)やSIMフリー端末を購入するのがおすすめです。

auのスマホをSIMフリー化するための手順

simロック解除
画像引用元:https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/

auのSIMフリー化はauショップかネット上(会員ページ「My au」)から手続きが可能です。手続きを行う際は、auショップで手続きすると3,000円の手数料が発生しますのでネットでの申し込みがお得です。

【SIMロック解除】ネットでの申し込み

「ご契約情報(My au)」から利用しているau携帯電話がSIMロック解除可能かどうかを確認し、手続きをすることができます。

★My auの受付時間 9:00~21:30
手数料 無料
★現在auでご契約中のお客さまで、My auにて購入履歴が確認できる機種のみお手続きが可能。

【SIMロック解除】auショップでの申し込み

申し込みに必要なもの

  • SIMロック解除するau携帯電話
  • ご本人さま確認書類
  • 手数料3,000円(税抜)
  • ※手数料は翌月のご利用料金と合算して請求させていただきます(auの回線契約をお持ちでない場合は窓口払いとなります)

auから楽天モバイルへのMNP方法

mnp
画像引用元:https://mobile.rakuten.co.jp/mnp/?l-id=footer_pc_mnp

auから楽天モバイルへ乗り換えるには「新規で契約(電話番号を引き継がない)」「MNP(電話番号を引き継ぐ)」の2パターンがあります。

MNPとは携帯電話番号ポータビリティ(Mobile Number Portability)の略で、携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度です。

MNPを利用すれば大手キャリア・格安SIM関係なく、電話番号を変更することなく乗り換えることが可能です。もし乗り換えの際にMNPを利用せずこれまで利用してきた電話番号を変更してしまうと、周囲に電話番号の変更通知をしなければならずかなりの手間となってしまいます。

まわりに変更の通知をする手間を考えればMNPで乗り換えをするほうが簡単ですので、今回はMNPを利用しての乗り換え方法をご紹介したいと思います。

MNPを利用しての乗り換え方法

mnp方法
画像引用元:https://mobile.rakuten.co.jp/mnp/?l-id=footer_pc_mnp

  1. MNP予約番号を取得する
  2. MNP予約番号は「電話」「WEB」「auショップ」で取得することができます。MNP予約番号の有効期限は15日間となり、途中で切れてしまった場合は再度取得することもできます。

    電話で取得する場合
    au 0077-75470
    受付時間 9:00~20:00

    WEBで取得する場合
    トップメニューまたはauポータルトップ」→「auお客さまサポート」→「申し込む/変更する」→「au携帯電話番号ポータビリティー(MNP)」

    1 2