auからMNP引き止めポイントをもらってお得に機種変更をする方法

  • 2020年6月12日
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

MNP引き止めポイントをもらってお得に機種変更できるという技は、最近広く知られるようになりました。

auのMNP引き止めポイントは、他のキャリアへ乗り換えるための手続きの際にauから提案されることがあるものです。

auの場合は他社に乗り換えてもポイントを消滅させずにすむので、もらっておいて損はありませんよ。

auがMNP引き止めポイントを提案する理由

MNP引き止めポイントをもらうには、auのMNP予約番号取得窓口へ電話するだけでOKです。

手続きの詳細については後述しますが、これだけで5,000~20,000ポイントがもらえるのはなぜなのでしょうか。

他キャリアへのMNPは阻止したい


スマホユーザーのなかには、2年縛りが切れる更新月ごとにキャリアを乗り換えていることで、キャッシュバックや特典を最大限に享受しているという方が多数おられるようです。

キャリアを乗り換える際には、多くの場合MNP(携帯電話番号ポータビリティ・Mobile Number Portability)を利用します。

MNPとは電話番号を変えずに携帯電話会社を変更できるサービスのことですが、auとしてはMNPされるとダメージが大きいものなのです。

ユーザーを失ったうえにソフトバンクやドコモなどのライバル会社の顧客を増やしてしまうことになるため、二重の痛手となってしまいますからね。

だからこそ各キャリアでは、少しでも多くのユーザーにMNPを利用して自社に流れてきてもらえるよう、お得なキャンペーンを次々と打ち出しているのです。

auから乗り換えるならソフトバンクへMNPすることで頭金0円・高額キャッシュバックがある「おとくケータイ.net」か「スマホ乗り換え.com」がお得です。最新iPhoneなどの最新機種にも使えます。

MNP引き止めポイントでMNPを思いとどまらせたい


ほとんどの手続きがネット上で完了できるなかで、MNPの手続きだけはMNP予約番号取得窓口へ電話するか、auショップの窓口に出向くかしなければならないのは、できるだけMNPをしてほしくないからでしょう。

MNPを利用するためには、auから転出するときにかかるMNP転出手数料が3,240円、MNPを利用して転入するキャリアでかかる契約事務手数料が約3,000円の合計6,000円程度が必要となります。

その他、更新月以外でのMNPならauの契約解除料として10,000円程度が発生することもあります。

携帯を乗り換えする前に確認するべきチェック項目と解決策

その他、乗り換えによってこれまで利用していたキャリアメールが使えなくなったりするなど、MNPにはいくつかのデメリットがあるのですが、MNPの手続きで担当者はこれらのデメリットの確認に加えて、MNP引き止めポイントを提案してくる場合があります。

auから他のキャリアにユーザーが流れてしまわないようにするための非公式のサービスで「MNPを考え直してくれたらポイントを差し上げますよ」というものです。

ここでMNP予約番号の取得を中断すれば、5,000~20,000ポイントが発行されることになります。

MNP引き止めポインは必ずもらえるの?

こんなに簡単な手続きでもらえてしまうかもしれないMNP引き止めポインですが、ネットの口コミではもらえるポイント数に幅があったり全くもらえなかったりなど、一律ではないようです。

MNP引き止めポインは自動的には付与されない


auのMNP引き止めポインは、いつでもだれでも必ずもらえるというものではないのですが、ここで確認しておきたいことは、MNP引き止めポイントは自分から働きかけなければもらえないということです。

契約更新月が近づくと、機種変更や継続利用するともらえるポイントの案内が送られてきますが、MNP引き止めポイントはauから自動的に提示されることはありません。

MNP引き止めポイントは、auからMNPで他のキャリアに転出しようとしているユーザーを引き止めるためのものなので、実際にMNP予約番号取得のアクションを起こさなければ何も始まらないのです。

MNP引き止めポイントは非公式のもの


実際にMNP予約番号取得のアクションを起こしたからといって、すべてのauユーザーがMNP引き止めポイントをゲットできるかどうかは微妙です。

MNP引き止めポイントについての記述はau公式ホームページに記載されていません。

MNP引き止めポイントは非公式のサービスで、MNP予約番号を取得しようとしているユーザーに対して担当者が個別に対応するものだからです。

対応の途中で乗り換えを阻止するために用意されたマニュアルがあるようなのですがそのマニュアルも公開されておらず、どんなユーザーならMNP引き止めポイントがもらえるのか、あるいはいくらポイントがもらえるのかは推測の域を出ないというのが現状です。

MNP引き止めポイントはいくらもらえる?


MNP引き止めポイントがいくらもらえるのかについては、auから一切公表されていません。

そこで、口コミから拾った一応の目安を挙げておきましょう。

傾向としては長くauを利用している方により多くのポイントが付与されるようで、2年以上だと15,000ポイント、10年以上だと20,000ポイントがもらえるようです。

また、乗り換え先によっても対応が異なるようで、格安SIMよりソフトバンクやドコモへの転出の方がMNP引き止めポイントをもらいやすい傾向が見られます。

MNP引き止めポイントは1回しかもらえない?


auでMNP引き止めポイントは1回しかもらえないのでしょうか?

MNP引き止めポイントは非公式のサービスとなっているので、auの公式webサイトで確認することはできませんね。

しかしネットでの口コミや体験談を見る限り、何度でもMNP引き止めポイントをもらうことができるようです。

MNP引き止めポイントをもらうためにはMNP予約番号をもらう手続きをするだけでOKです。

コストもリスクもないうえうまくいけば5,000~20,000ポイントも手に入るのだから、やってみる価値は大アリといえるのではないでしょうか。

auでMNP引き止めポイントが提案されるまでの流れ


ここではauでMNP引き止めが提案されるまでの流れについてみてみましょう。

まずMNPの予約申し込みをしてMNP予約番号を取得するのですが、この手続きは電話がショップの窓口でしか行えません(3Gケータイを利用中の方のみEZwebでも可能)。

《電話でのMNP予約》

  • 受付時間:9:00~20:00
  • フリーコール0077-75470 (au携帯電話・一般電話共通とも無料)

電話後、音声ガイダンスに従って数字を入力するとオペレーターにつながるので、MNP予約番号を取得したい旨を伝えてください。

その後、オペレーターから契約者の個人情報の確認や転出する理由などについての質問を受けます。

このときに「お客様はキャンペーン対象になっております」などと告げられて、MNP引き止めポイントが提案されることがあるので、ここでMNPを保留するとポイントが発行されるという流れです。

なお、契約者本人からの電話でなければMNPの予約はできません。

《ショップ店頭でのMNP予約》
受付時間:auショップ / PiPit各店(一部除く)の店舗営業時間内

ショップでMNP予約番号を取得するには、暗証番号(契約時に設定した4ケタの番号)と身分証明書(免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)が必要です。

店頭でMNP予約番号を取得したい旨を伝えると、電話での手続きと同様に契約者の個人情報の確認や転出する理由などについての質問とともに、MNP引き止めポイントが提案されることがあるのです。

ここでMNPを思いとどまれば、MNP引き止めポイントが発行されます。

MNP引き止めポイントはクーポンで発行されることもあるようですが、ポイントでの発行に変更してもらうことをおすすめします。

クーポンだとオンラインショップで利用できないうえ、機種変更をしなかったり本当にMNPしたりする場合には役に立たなくなるからです。

MNP予約番号の発行には、電話・店頭とも一切料金が発生しません。MNP予約番号は、発行した日を含めて15日以内にMNPの新規契約を行わなければ無効となります。

MNP番号を発行しただけでは解約にならず、MNPの新規契約をした時点で解約となるのです。

なお有効期限を過ぎても新たにMNP予約番号を取り直すことができます。

もらったMNP引き止めポイントの使い道

せっかくもらえたMNP引き止めポイントです。

できるだけ有効に使いたいものですが、auのMNP引き止めポイントはどのような使い道があるのでしょうか。

MNP引き止めポイントは機種変更以外にも使える?


ソフトバンクでもらったMNP引き止めポイントは、ソフトバンクで機種変更するとき以外には使えません。

また、有効期限(4週間)が定められた期間限定のポイントなので、期間中に機種変更しなければソフトバンクから転出しなくても流れてしまいます。

しかしauの場合だとポイント自体に約40日間の有効期限はありますが、機種変更しなくてもau WALLETへチャージしておけば、月額使用料金の支払いやコンビニでの買い物などに使用できるうえ、auを解約してからでも使えるのです。

ポイントはau WALLETへチャージできる


auユーザーのほとんどはau WALLETを利用していると思われますが、au携帯サービスを解約したあともau WALLET は引き続き利用できます。

MNP引き止めポイントはauポイントで付与されるため、au WALLETにチャージすれば電子マネーとして自由に使うことが可能なのです。

auポイントは1.2Pを1円に交換できるので、15,000ポイントなら12,500円分の電子マネーを手に入れられることになります。

電子マネーは現金と同様に使用できるので、使い道に制限はありません。

この点で使用目的や使用期限が決められているソフトバンクに比べると、auのMNP引き止めポイントはとても魅力的だといえますね。

au WALLET(ウォレット)とは?使い方とメリットデメリット

MNP引き止めポイントをもらうとMNPできなくなる?


auでMNP引き止めポイントをもらったら、必ずauに残留したりauで機種変更したりしなければならないというものではありません。

とはいえ、5,000~20,000ポイントももらってしまったら、当分の間MNPはお預けになるのでは…?という気もします。

けれどもそこはご心配なく。

MNP引き止めポイントをもらっても、ポイントをau WALLETにチャージして使ってしまっていても、MNPの制限を受けたりポイントの返還請求をされたりすることはありません。

au WALLETポイントチャージの注意点


au WALLETは、au携帯サービスを解約した後も引き続き使用することができます。

しかしau WALLETへの auポイントチャージは、auのアカウントが使えなった時点でできなくなるのです。

こうなるとMNP引き止めポイントをはじめ、全てのauポイントはもう使えません。

au引き止めポイントをもらったけれど他社に乗り換えるつもりでいるなら、ポイントのチャージは乗り換えの前にすませておきたいものです。

auの解約後にしておくべきこと


auを解約してもauWALLETはプリペイドカードとして利用できるのですが、auWALLETアプリは使用できなくなります。

アプリがなくなるとプリペイド残高の確認ができなくなってしまうので、代わりにWebMoney社のアプリ「WebMoneyカードケース」をインストールしておきましょう。

au WALLETの有効期限に注意


au WALLETはカードの有効期限が5年間となっています。

auのサービスを利用中であれば自動更新となって新しいカードが送られてくるはずなのですが、auを解約したあとは契約更新されることはありません。

そのため、現在手元にあるカードに記載されている有効期限を過ぎるとプリペイド残高は無効となってしまうので、ご注意ください。

MNP引き止めポイントで機種変更するなら

ここまでauでもらったMNP引き止めポイントの機種変更以外での使い道について解説しましたが、auとしてはMNP引き止めポイントを使ってauで機種変更してもらいたいと思っているはずです。

ここからはMNP引き止めポイントで機種変更する方法についてです。

変更機種は自由に選べる


ソフトバンクの場合、MNP引き止めポイントで機種変更できる端末は対象機種に限られていますが、auにはそのような制限はありません。

しかしMNP引き止めポイントには有効期限があるため、すぐに変更機種を決められないようなら、あわてて機種を決めてしまうよりau WALLETにポイントチャージしておくことをおすすめします。

機種変更はauオンラインショップでもOK


MNP引き止めポイントはauオンラインショップでも利用できます。

店舗で実際に端末を手にとって確認したい方や店員さんと相談しながら機種を決めたい方以外なら、auオンラインショップで機種変更したほうが、だんぜん便利なうえお得になるのです。

auオンラインショップなら、24時間いつでも自宅に居ながら機種変更できます。

auショップでは数時間待たされるのが当たり前ですが、auオンラインショップだと待ち時間はゼロです。

その他、auオンラインショップ限定割などの特典を利用できることができ、au WALLETポイントでの支払いもOKです。

端末の送料は無料ですが、ご希望のauショップでの受け取りも可能となっています。

もしわからないことや不安なことがあれば、auショップで受け取ったときに店員さんに直接尋ねることもできますよ。

au公式ショップを見る

auの端末で格安SIMに乗り換えたいなら

auのMNP引き止めポイントは、ソフトバンクなどのキャリアへのMNPを阻止するために発行されるものなのですが、MNP引き止めポイントをもらったうえで格安SIMへのMNPを検討している方もおられると思います。

そこで、auから格安SIMに乗り換えるときに必須となるSIMロック解除について解説することにします。

機種変更するとSIMロック解除できない?

SIMロックの解除は、分割の場合だと新機種の購入から101日目までできません。一括払いの場合でも継続利用を条件とする割引を受けているのなら同様です。

SIMロック解除をお考えで今使っている端末がまだ使える状態なら、機種変更せずにそのままSIMロック解除をしてから格安SIMに乗り換えることをおすすめします。

なお、通常の一括払いで端末を購入した場合なら、支払いが確認された時点でSIMロックの解除ができます。

SIMロック解除不要の格安SIMがある


通常の場合、格安SIMに乗り換えるにはSIMロックの解除が必要です。

しかしUQモバイルかmineoへの乗り換えであれば、auスマホのSIMカードはSIMロック解除することなく格安SIMに乗り換えできるのです。

新しい端末をMNP引き止めポイントを使ってauで購入したい場合には、念のためUQモバイル・mineoの各公式webサイトで公表されている動作確認端末一覧から、お目当ての端末が問題なく使えるかどうか確認しておくことをおすすめします。

auから格安スマホに乗り換え!おすすめの格安SIMを紹介

auの端末をお安く手に入れてからUQモバイルmineoに乗り換えれば、お得な機種変更と格安SIMへの乗り換えが一挙に叶うのです。

UQモバイル公式サイトを見る

mineo公式サイトを見る

auのMNP引き止めポイントはホントにお得


MNP引き止めポイントは、必ずもらえるとは限らずいくらもらえるかも公開されていない非公式のサービスです。

現状では同じキャリアで機種変更するよりMNPした方が1万円程度お得となっていますが、auのMNP引き止めポイントをうまく使うとMNPよりもっとお得になります。

MNP予約番号の取得手続きを途中まですればもらえる可能性大のMNP引き止めポイント。

auのMNP引き止めポイントは使い方の自由度が高いため、MNPする人もauで機種変更する人も、さらには何もしない人ももらっておくと断然お得です。

ノーリスクハイリターンなauでのMNP引き止めポイントゲットに、ぜひチャレンジして頂ければと思います。

auはMNPする時に2万円相当の引き止めポイントが貰えるって本当?

次のステップ

auの機種変更で2年縛りを回避!おすすめのタイミングと必要なもの

MNP引き止めポイントをもらって気になる機種に機種変更したいと思ったときに気掛かりなのは、今機種変更するとどのくらい費用がかかるのかということでしょう。
auの機種変更でおすすめのタイミングや、機種変更するときに必要なものなどについて解説しています。


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ