iPhone XR iPhone Xs iPhone Xs Max
読了時間:約 2

auの最新のiPhoneと言えば、2018年に発売されたiPhone XS/XS MaxとiPhone XRです。最新のiPhoneシリーズに機種変更を検討しているけれど、機種変更では機種代金が高くてなかなか踏み切れないなんて方も多いのではないでしょうか。

ここでは、auで最新のiPhoneシリーズに機種変更するうえで、最も安く購入できる方法をご紹介します。機種変更をされる前にしっかり確認していきましょう。

最新のiPhoneシリーズ

2018年に発売した最新のiPhoneシリーズは計3つです。iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRです。それぞれ最新のiOSを搭載した魅力的な機種ですが、スペックはもちろん少しづつ違いがあります。

スペックが高ければその分機種代金も高くなります。まずはそれぞれのスペックの違いを比較していきましょう。

iPhone XS/XS Max/XRのスペック

iPhone XS/XS Max/XRのスペックを簡単に下記表にまとめました。

製品名iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XR
OSiOS 12 iOS 12 iOS 12
本体サイズ143.6mm×70.9mm×7.7mm157.5mm×77.4mm×7.7mm150.9mm×75.7mm×8.3mm
画面サイズ5.8インチ6.5インチ6.1インチ
重量177g208g194g
ディスプレイ有機EL有機EL液晶
画面解像度2436×11252,688×1,2421792×828
最大通話時間最大20時間最大25時間最大25時間
CPUA12A12A11
ストレージ64GB/256GB/512GB64GB/256GB/512GB64GB/128GB/256GB
充電30分で50% ワイヤレス対応30分で50% ワイヤレス対応30分で50% ワイヤレス対応
アウトカメラ1200万画素1200万画素1200万画素
インカメラ700万画素700万画素700万画素
Wi-Fi802.11 b/g/n/ac802.11 b/g/n/ac802.11 b/g/n/ac
防水IP68IP68IP67
3D Touchありありなし
Face IDありありあり
Touch IDなしなしなし
指紋認証なしなしなし
発売日2018年9月21日2018年9月21日2018年10月26日

スペック表だけを見る限りだと、実際はそこまで大きく違いを感じないかもしれません。若干の大きさの違い、またiPhone XS/XS Maxはディスプレイが有機ELですが、iPhone XRだと液晶ディスプレイです。

有機ELの方が発色も良く綺麗とされていますが、iPhoneシリーズの液晶は今までのシリーズも充分綺麗です。この辺は実際デモ機を手にしてみて見比べて頂くのが良いかと思います。

最新のiPhoneシリーズの機種代金についてはこの後ご紹介しますがiPhone XRの方が3機種の中でも安いので、もし液晶にこだわらなければiphone XRを選択する方が安く押さえられます。

iPhone XSのおすすめポイント

スペック表だけでは汲み取れないiPhone XSのおすすめポイントも紹介します。

iPhone Xと大きさは変わらない

iPhone XからiPhone XSに機種変更される場合、大きさが同一なので持つ時の手に馴染む感覚は変わりません。少しスペックアップしたものがほしいけど、大きさが変わってしまうのは嫌という方にはぴったりです。

しかし大きさが同じとはいえケースに互換性があるわけではありません。実際装着してみると綺麗にハマるのですが、スピーカーやカメラ位置が若干違うため、ケースデザインによってはおすすめできません。

もちろん中には問題なく装着できるケースもあるようなので、実際装着してみてからケースの買い替えが必要か検討しても良いでしょう。

カメラ性能の向上

iPhone XS/XS Maxからアウトカメラ、インカメラともに撮影時に深度調節が可能になり、ポートレートモードがより扱いやすく、また進化したボケの効果も楽しめます。

DSDSに対応

iPhone XS Max/XRも同様ですが、今回からDSDSに対応しました。DSDSとは”Dual SIM Dual Standby(デュアルシムデュアルスタンバイ)”の略称で、2枚のSIMカードを装着し待ち受けできる機能です。

DSDSが使えれば、利用用途に応じて二つの番号を所持したり、データプランだけ他社のSIMで使うなどして月額料金を節約するための選択肢が増えます。

しかし現状はiPhone自体は対応となったものの、SIMを提供する各キャリアがいつから対応するか曖昧なためすぐには利用できません。ただ準備が整い利用可能となればあとはiPhoneにセッティングするだけです。対応を待ちましょう。

iPhone XS Maxのおすすめポイント

スペック表だけでは汲み取れないiPhone XS Maxのおすすめポイントも紹介します。

3機種の中でも一番大きい

iPhone XS Maxは今回の3機種の中で本体サイズ、ディスプレイサイズ共に最も大きなタイプです。ディスプレイは6.5インチと歴代のiPhoneシリーズの中でも一番大きく迫力があります。

ディスプレイの解像度もより鮮やか

ディスプレイはiPhone XSと同様に勇気ELを採用しています。非常に鮮やかで発色が良いのが特徴です。また、同じ有機ELを採用してはいますが画面解像度がiPhone XSだと2436×1125なのに対して、iPhone XS Maxは2,688×1,242です。

iPhone XSよりさらに精細に表現してくれます。

iPhone XSよりバッテリーが持つ

最大通話時間を比較すると、iPhone XSが最大20時間、iPhone XS Maxが最大25時間と5時間も長く使用できます。あくまでも物差しとなるデータは通話時間ですが、それでも5時間の差は大きいです。

iPhone XRのおすすめポイント

スペック表だけでは汲み取れないiPhone XRのおすすめポイントも紹介します。

ディスプレイが大きい

iPhone XS Maxほどではないですが、6.1インチと非常に大きいのが特徴です。スペックや価格を比較した上でiPhone XS Maxほどは必要ないけれどディスプレイが大きいものが欲しい方はiPhone XRは最適と言えるでしょう。

3機種の中でも一番安価

iPhone XRの一番の特徴は価格です。今回の3機種の中でも一番価格が安く、実質負担だけみれば過去のシリーズと大きく変わりません。スペックは他の2機種より若干劣る部分はありますが、価格重視の方は嬉しいポイントではないでしょうか。

カラーバリエーションが豊富

カラーバリエーションも3機種の中では一番豊富で、PRODUCT RED、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーの6種類も展開しています。

iPhone Xでも十分?

あまりスペックが変わらないならiPhone Xでも十分なのではないかと考える方もいらっしゃるでしょう。iPhone Xのスペックとポイントもご紹介します。

iPhone Xのスペック

下記表にiPhone Xのスペックをまとめました。しっかり確認していきましょう。

製品名iPhone X
OSiOS 11
本体サイズ143.6mm×70.9mm×7.7mm
画面サイズ5.8インチ
重量174g
ディスプレイ有機EL
画面解像度2436×1125
最大通話時間最大21時間
CPUA11
ストレージ64GB/256GB
充電30分で50% ワイヤレス対応
アウトカメラ1200万画素
インカメラ700万画素
Wi-Fi802.11 b/g/n/ac
防水IP67
3D Touchあり
Face IDあり
Touch IDなし
指紋認証なし
発売日2017年11月3日

実際確認してみると、スペックiPhone XSとほとんど変わりません。もちろん詳細なカメラ機能はiPhone XSの方がより良くなっているのですが、画素数やディスプレイの大きさや解像度などは一緒です。

iPhone XSにするか、iPhone Xにするかはカメラ機能に重点を置いているかどうかが決め手になりそうです。カメラ機能の詳細まで気にしていなければiPhone Xでも十分満足できそうです。

iPhoneXのポイント

iPhoneXからベゼルレスデザインを採用しています。本体の全面がディスプレイになっており、iPhoneのトレードマークとも言えるホームボタンも廃止されました。

最新のシフォンシリーズ同様に、画面サイズが大きいのにも関わらず前年のシリーズと比較して大きさを感じないのはベゼルレスデザインのおかげです。

また、iPhone Xより前のシリーズでは、ホームボタンに搭載された指紋センサーで認証を行っていました。でもiPhone XはFaceID(顔認証)を採用することで、いちいちホームボタンにタッチすることなく認証できるようになっています。

iPhone Xのアウトカメラは1200万画素広角+望遠のデュアルカメラとなっています。センサーやレンズも進化しており、広角カメラのF値が1.8、望遠カメラのF値が値が2.4となっており明るく美しい写真を撮ることができるようになっています。

iPhone XS/XS Max/XRの機種代金

スペックとポイントを比較したところで、重要な機種代金がいくらづつ違うのかもチェックしていきましょう。

機種名64GB128GB256GB512GB
iphone XS分割5,360円×24ヵ月=総額128,640円
毎月割-2,710円×24ヵ月=総額-65,040円

実質負担2,650円×24ヵ月=総額63,600円
-分割6,120円×24ヵ月=総額146,880円
毎月割-2,710円×24ヵ月=総額-65,040円

実質負担3,410円×24ヵ月=総額81,840円
分割7,160×24ヵ月=総額171,840円
毎月割-2,710円×24ヵ月=総額-65,040円

実質負担4,450円×24ヵ月=総額106,800円
iphone XS Max分割5,900円×24ヵ月=総額141,600円
毎月割-2,710円×24ヵ月=総額-65,040円

実質負担3,190円×24ヵ月=総額76,560円
-分割6,660円×24ヵ月=総額159,840円
毎月割-2,710円×24ヵ月=総額-65,040円

実質負担3,950円×24ヵ月=総f額94,800円
分割7,700円×24ヵ月=総額184,800円
毎月割-2,710円×24ヵ月=総額-65,040円

実質負担4,990円×24ヵ月=総額119,760円
iphone XR分割4,100円×24ヵ月=総額98,400円
毎月割-2,710円×24ヵ月=総額-65,040円

実質負担1,390円×24ヵ月=総額33,360円
分割4,370円×24ヵ月=総額104,880円
毎月割-2,710円×24ヵ月=総額-65,040円

実質負担1,660円×24ヵ月=総額39,840円
分割4,860円×24ヵ月=総額116,640円
毎月割-2,710円×24ヵ月=総額-65,040円

実質負担2,150円×24ヵ月=総額51,600円
-

iPhone XS/XS Maxは毎月割が適用されてとしても実質負担が非常に高額です。それに対してiPhone XR一括の総額金額も含め実質負担金で比較しても、毎月の支払いが安く今までのiPhoneシリーズとそこまで負担が変わらないような金額になっています。

また、毎月支払う基本料金、データ定額料金プランによっては毎月割は適用されません。「アップグレードプログラムEX/EX(a)」に加入することで実際負担する機種代金が変わってきます。

機種変更される方は新しいプランにされるかどうか、まずは機種代金の比較だけではなくプランの見積もりもとり比較しましょう。アップグレードプログラムEX/EX(a)に加入した場合の機種代金はサービスの詳細と併せて後ほどご紹介します。

ではひとつ前2017年に発売されたiPhone Xの機種代金はいくらくらいなのか、そちらもチェックしていきましょう。

iPhone Xの機種代金と比較

機種名64GB256GB
iphone X分割5,340円×24ヵ月=総額128,160円
毎月割-2,670円×24ヵ月=総額-64,080円

実質負担2,670円×24ヵ月=総額64,080円
分割6,100円×24ヵ月=総額146,400円
毎月割-2,670円×24ヵ月=総額-64,080円

実質負担額3,430円×24ヵ月=総額82,320円

比較してみると意外ですが、iPhone XSと実質負担額がほぼ変わりません。むしろiPhone XSの方が少し安いくらいです。

確かに一括で機種代金を払う場合はiPhone Xの方が少しだけ安いのですが、毎月割の割引金額がiPhone XSの方が多いため、実質負担額ではiPhone XSの方が安くなるようです。

一つ前のシリーズであれば必ず安くなるというわけではないようです。それならせっかくなので、iPhone XSへの機種変更を検討した方が良さそうです。

機種変更時に利用したい割引サービス

ここからが重要です。最新のiPhoneシリーズで機種変更するタイプが決まったら、如何に安く購入できるか利用可能な割引サービスは全て利用していきましょう。

毎月割

auで長らく案内されてきたお馴染みの割引サービスです。iPhone購入時に指定のデータ定額プランに加入するもしくは利用していることで、毎月のご利用料金から一定額割引を受けることができます。

割引を受けることができる対象プランは、「データ定額2/3/5/8/10/13/20/30」または「LTEフラット」です。しかし「データ定額8/10/13」に関しては2016年の9月で新規申し込み受付を終了しています。

現在すでにデータ定額8/10/13を利用されている方は、現状そのまま継続が可能です。

アップグレードプログラムEX

対象のiPhone、スマートフォンを購入時にアップグレードプログラムEXに加入し、かつ機種代金を分割48回払いにして頂くと、24ヶ月間利用後に新しい機種に変更した際に、それまで利用した機種の残りの機種代金残額相当分が支払い不要になるサービスです。

機種代金の約半分の金額が支払い不要になるため、新しく機種変更をする前提ではありますが非常にお得です。利用するには条件があります。

まず1つ目は、対象のiPhone、スマートフォンを割賦契約48回で購入し、同時にアップグレードプログラムEXにお申し込みをすること。2つ目は、「auピタットプラン」「auフラットプラン」にご加入することです。

また、iPhoneは毎年新しいシリーズが発売するので、常に最新のiPhoneに機種変更したい方は、「アップグレードプログラムEX(a)」もおすすめです。

こちらはプログラム料が毎月390円発生しますが、加入することで対象のiPhoneを割賦契約48回で購入し、13ヶ月後に新しくiPhoneに機種変更した場合、残りの機種代金の支払いが不要になります。

では、今回最新のiPhoneシリーズでアップグレードプログラムEXを適用させて場合、機種代金はいくらぐらいになるのか見てみましょう。

機種名64GB128GB256GB512GB
iphone XS支払い総額:128,640円
分割2,680円×48ヵ月

実質負担2,680円×24回=総額64,320円
-支払い総額:146,880円
分割3,060円×48ヵ月

実質負担3,060円×24回=総額73,440円
支払い総額:17,840円
分割3,580円×48ヵ月

実質負担3,580円×24回=85,920円
iphone XS Max支払い総額:141,600円
分割2,950円×48ヵ月

実質負担2,950円×24回=総額70,800円
-支払い総額:159,840円
分割3,330円×48ヵ月

実質負担3,330円×24回=総額79,920円
支払い総額:184,800円
分割3,850円×48ヵ月

実質負担3,850円×24回=総額92,400円
iphone XR支払い総額:98,400円
分割2,050円×48ヵ月

実質負担2,050円24回=総額49,200円
支払い総額:104,880円
分割2,185円×48ヵ月

実質負担2,185円×24回=総額
52,440円
支払い総額:116,640円
分割2,430円×48ヵ月

実質負担2,430円×24回=総額58,320円
-

上記一覧を見るとiPhone XRの場合はアップグレードプログラムEXを利用すると実質負担は毎月割を適用した時に比べ高くなります。iPhone XSの64GBも同様です。

しかしiPhone XSの512GBなどはアップグレードプログラムEXを適用させて方が安くなります。恐らく機種代金が高い機種の方が半額にした時に毎月割の総額より金額が大きくなるためです。

まずは基本料金とあわせての見積もりが必要ですが、機種によってはプランを新しいものに変えず毎月割を適用させた方がお得ということも念頭に置いておきましょう。

au公式サイト:アップグレードプログラムEX/EX(a)

下取りプログラム

新しくiPhoneを購入する際に今使っているiPhone、スマートフォンを下取りに出し、最新のiPhoneの機種代金から割引を受けることができるサービスです。

適用条件は大きく分けて2つあります。1つは下取り対象機種からの機種変更でiPhone、スマートフォンなどを購入すること。2つ目は今お使いの下取り対象機種が故障や水濡れがなく正常に動作することです。

下取り対象機種iPhoneに関しては下記一覧にまとめました。

 
下取り対象機種下取り価格(ポイント)
通常品画面割れ品
iPhone X (256/64GB)63,720円 相当
(63,720ポイント)
19,440円 相当
(19,440ポイント)
iPhone 8 Plus(256/64GB)39,960円 相当
(39,960ポイント)
11,880円 相当
(11,880ポイント)
iPhone 8(256/64GB)33,480円 相当
(33,480ポイント)
10,260円 相当
(10,260ポイント)
iPhone 7 Plus(256/128/32GB)23,760円 相当
(23,760ポイント)
7,560円 相当
(7,560ポイント)
iPhone 7(256/128/32GB)23,760円 相当
(23,760ポイント)
7,560円 相当
(7,560ポイント)
iPhone 6s Plus(128/64/32/16GB)14,040円 相当
(14,040ポイント)
4,320円 相当
(4,320ポイント)
iPhone 6s(128/64/32/16GB)14,040円 相当
(14,040ポイント)
4,320円 相当
(4,320ポイント)
iPhone 6 Plus(128/64/16GB)11,880円 相当
(11,880ポイント)
3,780円 相当
(3,780ポイント)
iPhone 6(128/64/16GB)8,640円 相当
(8,640ポイント)
2,700円 相当
(2,700ポイント)
iPhone SE(128/64/32/16GB)7,560円 相当
(7,560ポイント)
2,160円 相当
(2,160ポイント)
iPhone 5s(64/32/16GB)2,700円 相当
(2,700ポイント)
540円 相当
(540ポイント)
iPhone 5c(32/16GB)2,700円 相当
(2,700ポイント)
540円 相当
(540ポイント)
iPhone 5(64/32/16GB)2,700円 相当
(2,700ポイント)
540円 相当
(540ポイント)
iPhone 4S(64/32/16GB)2,160円 相当
(2,160ポイント)
540円 相当
(540ポイント)

こちらは2018年9月21日以降の下取り価格(ポイント)です。今後も変わる可能性があります。下取りに出すうえで必要な準備や、最新の下取り価格は公式サイトをチェックしましょう。

au公式サイト:iPhone:下取りプログラム

スマートバリュー

スマートバリューとは対象のデータ定額プランや料金プランに加入している携帯電話回線とauひかりや対象の固定通信サービス、auスマートポートとセットで利用する場合、au携帯電話の月額料金から毎月一定額の割引を行うサービスです。

割引額はお持ちの端末や加入しているデータ定額プラン、料金プランによって変わりますが、1回線500円~最大2,000円の割引を受けることができます。

契約をセットで使い続ける限りは永年割引を受け続けることができるのも魅力的なポイントです。

au公式サイト:au スマートバリュー

ギガ得プラン

スマートバリューを適用させるには対象のauひかり、固定回線サービスの契約を申し込み、または現在ご利用中の契約をまとめることが必要なのですが、新規申し込みであれば必ず提案を受ける「ギガ得プラン」についても少しご紹介します。

ギガ得プランはauひかりの光インターネットサービスを、2年単位の自動更新での利用を条件に毎月発生する月額料金から割り引くサービスです。ギガ得プランに加入することにより通常月額6,300円が5,200円で利用できます。

更新月以外での解約はもちろん解約料金がかかりますが加入する場合と未加入の場合では1,100円も差がでますのでぜひ加入しておきたいサービスです。

もうひとつ同じようなサービス名で「ずっとギガ得プラン」というサービスがあります。こちらは3年(自動更新)単位での利用を条件に、ギガ得プランと同じくauひかりの光インターネットサービスの月額料金から割引を行うサービスです。

ギガ得プランとの違いは3年更新であることと、利用期間に応じて年毎に割引金額が大きくなる点です。割引後の月額料金が1年目の段階で5,100円とギガ得プランより100円安く、また2年目はさらに割り引かれるため、3年更新の継続利用が問題なければ非常にお得です。

また、ギガ得プラン、ずっとギガ得プランともにホームタイプの契約になります。マンションにお住まいの方は基本的に契約できませんが、マンションタイプでも個別に引き込み可能であれば利用できます。

例えばiPhone 7からiPhone XSへ機種変更したら

では実際どのくらいお得に機種変更できるのか、下取りプログラムとアップグレードプログラムEX、下取りプログラムと毎月割を適用させて場合のそれぞれの実質負担を計算してみましょう。

下取りプログラムとアップグレードプログラムEX

iPhone XS 64GBの機種代金は総額128,640円です。こちらを48ヶ月の分割にすると分割2,680円×48ヵ月となり、アップグレードプログラムEXを適用させた場合、実質負担2,680円×24回=総額64,320円となります。

iPhone 7を下取りに出した場合特に問題なく動作するようであれば23,760円 相当(23,760ポイント)の割引を受けることができるのでiPhone XS 64GBの機種代金の実質負担額は40,560円となります。

下取りプログラムと毎月割

iPhone XS 64GBの機種代金は総額128,640円です。こちらに毎月割-2,710円×24ヵ月=総額-65,040円の割引を受けることができるので、実質負担2,650円×24ヵ月=総額63,600円なります。

iPhone 7を下取りに出した場合特に問題なく動作するようであれば23,760円 相当(23,760ポイント)の割引を受けることができるのでiPhone XS 64GBの機種代金の実質負担額は39,840円となります。

最新iPhoneシリーズも方法を選べばお得に購入できる

一見高額でなかなか手を出しにくい最新のiPhoneシリーズですが、割引サービスなどをいろいろ利用し組み合わせれば、トータルで発生する費用負担を押さえることができます。

年々高額になり、プランも複雑化していくiPhoneシリーズですが、併せて利用できるお得なサービスやキャンペーンをしっかりチェックすれば大丈夫です。ぜひお得に手にいれましょう。

Pocket