読了時間:約 2

auの最新のiPhoneと言えば、2018年に発売されたiPhone XS/XS MaxとiPhone XRです。最新のiPhoneシリーズに機種変更を検討しているけれど、機種変更では機種代金が高くてなかなか踏み切れないなんて方も多いのではないでしょうか。

ここでは、auで最新のiPhoneシリーズに機種変更するうえで、最も安く購入できる方法をご紹介します。機種変更をされる前にしっかり確認していきましょう。

最新のiPhoneシリーズ

2018年に発売した最新のiPhoneシリーズは計3つです。iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRです。それぞれ最新のiOSを搭載した魅力的な機種ですが、スペックはもちろん少しづつ違いがあります。

スペックが高ければその分機種代金も高くなります。まずはそれぞれのスペックの違いを比較していきましょう。

iPhone XS/XS Max/XRのスペック

iPhone XS/XS Max/XRのスペックを簡単に下記表にまとめました。

製品名iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XR
OSiOS 12 iOS 12 iOS 12
本体サイズ143.6mm×70.9mm×7.7mm157.5mm×77.4mm×7.7mm150.9mm×75.7mm×8.3mm
画面サイズ5.8インチ6.5インチ6.1インチ
重量177g208g194g
ディスプレイ有機EL有機EL液晶
画面解像度2436×11252,688×1,2421792×828
最大通話時間最大20時間最大25時間最大25時間
CPUA12A12A11
ストレージ64GB/256GB/512GB64GB/256GB/512GB64GB/128GB/256GB
充電30分で50% ワイヤレス対応30分で50% ワイヤレス対応30分で50% ワイヤレス対応
アウトカメラ1200万画素1200万画素1200万画素
インカメラ700万画素700万画素700万画素
Wi-Fi802.11 b/g/n/ac802.11 b/g/n/ac802.11 b/g/n/ac
防水IP68IP68IP67
3D Touchありありなし
Face IDありありあり
Touch IDなしなしなし
指紋認証なしなしなし
発売日2018年9月21日2018年9月21日2018年10月26日

スペック表だけを見る限りだと、実際はそこまで大きく違いを感じないかもしれません。若干の大きさの違い、またiPhone XS/XS Maxはディスプレイが有機ELですが、iPhone XRだと液晶ディスプレイです。

有機ELの方が発色も良く綺麗とされていますが、iPhoneシリーズの液晶は今までのシリーズも充分綺麗です。この辺は実際デモ機を手にしてみて見比べて頂くのが良いかと思います。

最新のiPhoneシリーズの機種代金についてはこの後ご紹介しますがiPhone XRの方が3機種の中でも安いので、もし液晶にこだわらなければiphone XRを選択する方が安く押さえられます。

iPhone XSのおすすめポイント

スペック表だけでは汲み取れないiPhone XSのおすすめポイントも紹介します。

iPhone Xと大きさは変わらない

iPhone XからiPhone XSに機種変更される場合、大きさが同一なので持つ時の手に馴染む感覚は変わりません。少しスペックアップしたものがほしいけど、大きさが変わってしまうのは嫌という方にはぴったりです。

しかし大きさが同じとはいえケースに互換性があるわけではありません。実際装着してみると綺麗にハマるのですが、スピーカーやカメラ位置が若干違うため、ケースデザインによってはおすすめできません。

もちろん中には問題なく装着できるケースもあるようなので、実際装着してみてからケースの買い替えが必要か検討しても良いでしょう。

カメラ性能の向上

iPhone XS/XS Maxからアウトカメラ、インカメラともに撮影時に深度調節が可能になり、ポートレートモードがより扱いやすく、また進化したボケの効果も楽しめます。

DSDSに対応

iPhone XS Max/XRも同様ですが、今回からDSDSに対応しました。DSDSとは”Dual SIM Dual Standby(デュアルシムデュアルスタンバイ)”の略称で、2枚のSIMカードを装着し待ち受けできる機能です。

DSDSが使えれば、利用用途に応じて二つの番号を所持したり、データプランだけ他社のSIMで使うなどして月額料金を節約するための選択肢が増えます。

しかし現状はiPhone自体は対応となったものの、SIMを提供する各キャリアがいつから対応するか曖昧なためすぐには利用できません。ただ準備が整い利用可能となればあとはiPhoneにセッティングするだけです。対応を待ちましょう。

iPhone XS Maxのおすすめポイント

スペック表だけでは汲み取れないiPhone XS Maxのおすすめポイントも紹介します。

3機種の中でも一番大きい

iPhone XS Maxは今回の3機種の中で本体サイズ、ディスプレイサイズ共に最も大きなタイプです。ディスプレイは6.5インチと歴代のiPhoneシリーズの中でも一番大きく迫力があります。

ディスプレイの解像度もより鮮やか

ディスプレイはiPhone XSと同様に勇気ELを採用しています。非常に鮮やかで発色が良いのが特徴です。また、同じ有機ELを採用してはいますが画面解像度がiPhone XSだと2436×1125なのに対して、iPhone XS Maxは2,688×1,242です。

iPhone XSよりさらに精細に表現してくれます。

iPhone XSよりバッテリーが持つ

最大通話時間を比較すると、iPhone XSが最大20時間、iPhone XS Maxが最大25時間と5時間も長く使用できます。あくまでも物差しとなるデータは通話時間ですが、それでも5時間の差は大きいです。

iPhone XRのおすすめポイント

スペック表だけでは汲み取れないiPhone XRのおすすめポイントも紹介します。

ディスプレイが大きい

iPhone XS Maxほどではないですが、6.1インチと非常に大きいのが特徴です。スペックや価格を比較した上でiPhone XS Maxほどは必要ないけれどディスプレイが大きいものが欲しい方はiPhone XRは最適と言えるでしょう。

3機種の中でも一番安価

iPhone XRの一番の特徴は価格です。今回の3機種の中でも一番価格が安く、実質負担だけみれば過去のシリーズと大きく変わりません。スペックは他の2機種より若干劣る部分はありますが、価格重視の方は嬉しいポイントではないでしょうか。

カラーバリエーションが豊富

カラーバリエーションも3機種の中では一番豊富で、PRODUCT RED、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーの6種類も展開しています。

iPhone Xでも十分?

あまりスペックが変わらないならiPhone Xでも十分なのではないかと考える方もいらっしゃるでしょう。iPhone Xのスペックとポイントもご紹介します。

iPhone Xのスペック

下記表にiPhone Xのスペックをまとめました。しっかり確認していきましょう。

製品名iPhone X
OSiOS 11
本体サイズ143.6mm×70.9mm×7.7mm
画面サイズ5.8インチ
重量174g
ディスプレイ有機EL
画面解像度2436×1125
最大通話時間最大21時間
CPUA11
ストレージ64GB/256GB
充電30分で50% ワイヤレス対応
アウトカメラ1200万画素
インカメラ700万画素
Wi-Fi802.11 b/g/n/ac
防水IP67
3D Touchあり
Face IDあり
Touch IDなし
指紋認証なし
発売日2017年11月3日

実際確認してみると、スペックiPhone XSとほとんど変わりません。もちろん詳細なカメラ機能はiPhone XSの方がより良くなっているのですが、画素数やディスプレイの大きさや解像度などは一緒です。

iPhone XSにするか、iPhone Xにするかはカメラ機能に重点を置いているかどうかが決め手になりそうです。カメラ機能の詳細まで気にしていなければiPhone Xでも十分満足できそうです。

iPhoneXのポイント

iPhoneXからベゼルレスデザインを採用しています。本体の全面がディスプレイになっており、iPhoneのトレードマークとも言えるホームボタンも廃止されました。

最新のシフォンシリーズ同様に、画面サイズが大きいのにも関わらず前年のシリーズと比較して大きさを感じないのはベゼルレスデザインのおかげです。

また、iPhone Xより前のシリーズでは、ホームボタンに搭載された指紋センサーで認証を行っていました。でもiPhone XはFaceID(顔認証)を採用することで、いちいちホームボタンにタッチすることなく認証できるようになっています。

iPhone Xのアウトカメラは1200万画素広角+望遠のデュアルカメラとなっています。センサーやレンズも進化しており、広角カメラのF値が1.8、望遠カメラのF値が値が2.4となっており明るく美しい写真を撮ることができるようになっています。

iPhone XS/XS Max/XRの機種代金

スペックとポイントを比較したところで、重要な機種代金がいくらづつ違うのかもチェックしていきましょう。

1 2