au光|携帯キャリア固定回線の利用料金・速度・評判を徹底調査

  • 2020年5月25日

auの携帯回線とセットで契約することで毎月の携帯料金を抑えられるau光は、自宅にインターネット環境があるauユーザーにとって欠かすことのできないサービスと言えるでしょう。

しかし、au光の評判はお世辞にも良いとは言えず、特に営業マンに対する不満の声は至る所で目にします。では、実際のサービスの評判はどうなっているのでしょうか。また、利用料金や回線の速度も気になるところです。

そこで、この記事ではau光の評判や利用料金・回線速度を徹底調査し、分かりやすく解説します。auを使っているけれどまだau光に乗り換えていないという方や、興味はあるものの詳細が分からなかったという方は是非参考にしてみて下さい。

2018-2019年|速度とサポートでユーザー評価の高いお得な光回線6社

au光の特長は?


画像引用元:工事内容 | マンション ギガ | auひかり マンション:インターネット回線 | au

キャッシュバックが貰える

一昔前まではキャリアを乗り換えたり機種変更をしたりすると貰えたキャッシュバック。しかし、最近は総務省の規制が入ったこともあり、端末購入時のキャッシュバックは受けられなくなっています。

ただ、それはあくまで携帯電話に限った話であるため、au光に申し込む場合は問題なくキャッシュバックを受けることが可能です。特にau光はキャッシュバックに力を入れているため、数万円単位のキャッシュバックが貰えることもあります。

貰えるキャッシュバック額は申し込み方法や代理店によって大きく異なりますが、大抵は10,000円から20,000円程度が相場です。

中にはそれ以上のキャッシュバックを実施している代理店も存在しますが、あまりにも高額である場合は何かしらの条件が付けられていることがあります。

訪問営業などは顕著で、『今契約してくれたら10万円キャッシュバックする』などと言葉巧みに不利な条件での契約を持ちかけて来るケースが多発しているため注意しましょう。

手間を掛けず安心して契約をしたいのであれば、au光の公式サイトまたは信頼できるネット代理店経由で契約することをおすすめします。

GMOとくとくBB|プロバイダーの利用料金・速度・評判を徹底調査

携帯料金が安くなる


auユーザーがau光に加入すると、毎月の携帯料金がグンと安くなります。例えばデータ定額30に加入している方がau光に加入した場合、2年間毎月の携帯料金が2,000円割引されます。

割引額は契約しているプランによって異なりますが、上記の例では2年間で48,000円もお得になる計算となるため、自宅でインターネットを活用している方はau光への乗り換えを検討してみると良いでしょう。

光コラボではない

光コラボとはドコモ光やソフトバンク光のようなフレッツ光の回線を利用して提供される光回線サービスのことを指します。携帯会社が提供する光回線サービスという共通点があることから勘違いされがちですが、実はau光は光コラボではありません。

というのも、au光はフレッツ光の回線を使用しておらず、自社で用意した回線を使ってサービスを提供しているのです。どちらが良いのかは何を重視するかで変わりますが、初期費用がドコモ光やソフトバンク光に比べると高額である点には注意しておいた方が良いでしょう。

au光の回線速度


回線速度に優れると噂のau光ですが、他の光回線と比べてどれくらい変わるのでしょうか。この項目ではau光の通常プランが持つ回線速度に加え、超高速回線である5ギガプラン・10ギガプランの速度についてもご紹介していきます。

通常プランは平均的な速度


au光の回線速度はフレッツ光やソフトバンク光などと同じくらいで、特別速いということはありません。これは戸建てタイプ/マンションタイプのどちらでも同じことが言えます。

『未使用のNTT回線を使用しているためau光は高速』などの文言を見かけることもありますが、少なくとも体感できるほどの差が出ることは無いでしょう。

ドコモ光|携帯キャリア固定回線の利用料金・速度・評判を徹底調査

速度を求めるなら5ギガ・10ギガプランがおすすめ

契約できるのは戸建てに住んでいる方のみですが、よりスピーディな回線を求めるのであれば5ギガ・10ギガプランがおすすめです。

5ギガ・10ギガプランは通常の1ギガプランと比べて圧倒的に回線速度が速いプランで、主にゲームや株などの投資を自宅で行っている人に人気となっています。

ただ、5ギガ、10ギガというのは理論的最大値であり、実際にはそこまでの回線速度は出ません。とは言え、場所によっては上り速度4Gbps/下り速度2Gbpsという驚異的な速度を叩き出しているため、回線速度を重視する方にとってはベストなプランと言えるでしょう。

プロバイダー選びも重要


画像引用元:BIGLOBE | プロバイダ30年のBIGLOBE(ビッグローブ)
回線速度は時間帯ごとの混雑状況や地域的な問題で左右されると一般的には考えられていますが、実はプロバイダーも回線速度を大きく左右する重要な要素のひとつです。

例えば、家が隣同士で使用している光回線がどちらもau光であった場合でも、プロバイダーが違うだけで回線速度に数十倍もの開きが出てしまうこともあります。

そのため、少しでも回線速度を高めたいのであれば、回線速度に定評のあるプロバイダーと契約するようにしましょう。au光は一度プロバイダーを決めてしまうと変更出来ないので、契約前にプロバイダーについてじっくり調べておくことが大切です。

GMOとくとくBB|プロバイダーの利用料金・速度・評判を徹底調査

au光の利用料金


au光がどれほど優秀な回線事業者であっても、料金がお得でなければ利用するメリットは薄れてしまいます。au光の利用料金は具体的にどれほどのものなのか確認してみましょう。

プランによって利用料金は異なる


au光の利用料金はプランによって異なります。au光のプランには大きく分けて『auひかりホーム』と『auひかりマンション』の2種類があり、各プラン毎に様々なプランが用意されています。

また、auひかりホームの場合は自分でプランを選べますが、auひかりマンションの場合は自動的にプランが決まってしまうため自分でプランを選ぶことは出来ません。

更にauひかりマンションは元々au光に対応しているマンションでしか加入することが出来ず、もし対応していなかった場合はオーナーさんや不動産管理会社に連絡をして光回線を引いてもらう必要があります。

例外として、3階建て以下のマンションである場合は『auひかりホーム』プランに加入可能です。ただし、auひかりホームに加入できたとしても回線自体は集合住宅向けのものになるため、5ギガプランや10ギガプランに加入することは出来ません。

auひかりホームで選べるプランと料金

 1ギガプラン5ギガプラン10ギガプラン
ずっとギガ得プラン5,100円5,100円5,880円
ギガ得プラン5,200円5,700円6,480円
標準プラン6,300円6,800円7,580円

auひかりホームで選べるプランは1/5/10ギガプランの3つで、回線速度毎のプランを決めた後は更にずっとギガ得プラン、ギガ得プラン、標準プランの3種類から利用するプランを選ばなければいけません。

3つのプランの違いは契約期間にあり、ずっとギガ得プランは3年、ギガ得プランは2年、標準プランは1年単位での契約更新を前提としています。契約期間が長いほど毎月の料金は安くなるので、特別な事情が無い限りはずっとギガ得プランを選ぶと良いでしょう。

auひかりマンションのプランと料金

auひかりホームと違ってauひかりマンションのプランは自分で選択することが出来ず、契約戸数・配線方式で適用されるプランが決まります。

料金はプランによって異なりますが、契約戸数が多い方が安くなるため、戸数の少ないマンションに住んでいる場合は毎月の料金が高くなってしまいがちです。詳しいプランと料金については下の表で確認してみて下さい。

プラン料金
マンションギガ4,050円
マンションミニ5,000円
タイプG4,300円/4,600円
タイプⅤ3,800円/4,100円
タイプE3,400円
タイプF3,900円
都市機構デラックス3,800円

タイプG・タイプVプランは契約戸数によって料金が違います。どちらも安い方が契約戸数16軒以上、高い方が契約戸数8軒以上16軒未満となっています。

auひかりマンションの料金はauひかりホームに比べて若干安くなっていますが、その分回線速度はauひかりホームに及びません。特に配線がVDSL方式のタイプV、タイプG、都市機構デラックスの場合は上下共に数十Mbpsしか速度が出ないこともあります。

ただ、これはau光固有のデメリットというわけではなく、配線方式がVDSLである場合は例えフレッツ光の回線を使ったとしても速度に変わりはありません。

他社の光回線と比べてau光はお得?


5ギガプラン、10ギガプランの存在やauユーザーであれば携帯料金が安くなるメリットのあるau光ですが、他社の光回線と比べた場合はお得なのでしょうか。主要な光回線における代表的なプランの価格を比較してみました。

 au光ドコモ光ソフトバンク光ビッグローブ光
料金5,100円5,200円5,200円5,180円

au光は他の光回線と比べると若干安価ですが、大きく価格差が開くことはありません。特にソフトバンク光やドコモ光は対応するキャリアで携帯を使用している場合は割引を受けられるため、どちらがお得か一概に決めつけることは出来ないでしょう。

ただ、au光にはソフトバンク光やドコモ光にはない独自回線ならではのサービスを提供できるという強みがあります。その点を踏まえればサービスで充実するau光のお得さが際立つでしょう。

au光の違約金・工事費

au光はフレッツ光の回線を使わず、独自の回線でサービスを提供しているので、利用するためには回線を部屋まで引き込むための工事をしてもらう必要があります。

工事費は戸建てで37,500円、マンションで30,000円と高額ですが、au光では戸建てだと60ヶ月間625円、マンションだと24ヶ月間1,250円の割引が受けられるため、実質負担は0円となっています。

しかし、割引期間内に光回線の契約を打ち切ってしまった場合は違約金を支払わなければいけません。違約金はプランによって異なりますが、auひかりホーム/1ギガプラン/ずっとギガ得プランの場合だと15,000円の違約金が掛かります。

例外として工事を行う前に契約を解除した場合は違約金が発生しません。逆に工事が終わってからは割引期間内であればどのタイミングで解約しても違約金を支払うことになります。

au光の評判

圧倒的な回線速度で使いやすい

対戦型のアクションゲームや株・先物の取引などの回線速度が求められる作業を自宅で行っている方にとって、回線速度はPCのスペックと同じくらい重要なものと言えるでしょう。

au光はフレッツ光の回線を使用しない独自の回線を導入しているだけあり、5ギガプランや10ギガプランなどの回線速度に優れるプランの提供を得意としています。

実際にau光の5ギガプラン・10ギガプランを利用している方の中には『最速と言われているNURO光よりもau光の方が遥かに高速』と評価している方も少なくありません。

回線速度はブラウジングや動画視聴をスムーズに行うためにも重要な要素となるので、現在契約している光回線の速度に不満がある方はau光への乗り換えをおすすめします。

携帯料金が安くなるのが嬉しい

単純に他社の光回線と回線料金を比較した場合はそこまで大きな違いが無いものの、auユーザーの場合はau光に加入することで携帯料金の割引を受けられるため毎月の通信費を大幅に節約出来ます。

この点はユーザーの間でも非常に好評となっており、『携帯と光回線を別々で契約していた時よりも毎月の通信費が3,000円近く下がった』というような内容のレビューを目にすることはとても多いです。

キャッシュバックでお得に乗り換えられる

キャッシュバックがもらえるSMARTPHONE STORE
高額なキャッシュバックを貰える点もau光ならではのメリットと言えるでしょう。仮に2万円のキャッシュバックを貰ったとすると、他の割引やキャンペーンを併用することで10万円を超えるハイエンドスマホを実質無料で手に入れることも出来ます。

しかし、前述の通りあまりにも高額なキャッシュバックが貰える場合は何か裏があることが多いので、キャッシュバック目当てでau光と契約する場合は、知らないうちに高額なオプションや不利な条件を付けられていないかよく確認してから契約するようにしましょう。

au光を利用する際の注意点

SMARTPHONE STOREの評判は?

地域によっては対応していない

au光の対応地域はフレッツ光とほぼ同じですが、独自回線を使用していることから設備の設置が遅れている場所もあり、一部の地域では未だに対応していません。特に関西、中部地方でのサービス提供は苦手です。

また、5ギガプランや10ギガプランの場合は更に対象範囲が狭くなり、現在利用できるのは東京・千葉・埼玉・神奈川の一都三県に限られます。

それ以外の地域にも順次対応していく予定ですが、すべての地域で超高速プランが利用できるようになるのは当分先になるでしょう。

引っ越すと違約金が発生するケースがある


光回線を契約するにあたって気になるのが『引っ越し』の問題です。引っ越しを行う際はau光を解約しなければいけないため、ずっとギガ得プランやギガ得プランに加入していた場合は違約金が必要になります。

ただし、引っ越し先がau光の対象エリア内かつ引き続きau光を利用する場合は違約金が発生しません。更新月に引っ越しをした場合も同様で、契約が満了した次の月に引っ越し・解約をすると、引っ越し先ではau光を使わなかったとしても違約金を支払わずに済みます。

また、裏技的な方法として上記2つの例に合致しなかったとしても、違約金を負担してくれる代理店経由でau光に再加入すると疑似的に違約金を0円にすることが可能です。

解約する際はプロバイダーに連絡する

通常、光回線を解約する際は回線事業者とプロバイダーの両方に連絡をして解約手続きを行わなければいけませんが、au光の場合はプロバイダーへ連絡をするだけで光回線も一緒に解約出来ます。

逆に、au光に連絡してプロバイダーとの契約を打ち切ることは出来ません。また、光回線やプロバイダーを乗り換える際は予め乗り換え先の利用開始日と解約日を調整しておかなければ、インターネット環境が無くなる期間が出来てしまうため、その点にも注意しておきましょう。

auユーザーなら乗り換える価値は充分にある


画像引用元:au (携帯電話) – Wikipedia
au光は独自回線の強みを存分に活かしたサービスを提供する優秀な光回線です。中でも5ギガプランや10ギガプランのような回線速度が大幅に上昇するプランを提供している点はユーザーからの評価が高く、人気の秘訣となっています。

また、auユーザーの場合はau光とセットで契約することによる『auスマートバリュー』の恩恵を受けることが出来るため、携帯と光回線を別々で契約するよりも通信費を大きく圧縮することが可能です。

現在auを使っていて、自宅のインターネット環境を整えようと考えている方やau以外の光回線を利用している方は是非この機会にau光への加入を検討してみて下さい。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
empire
empire
スマホ、PCが大好きなガジェットオタクライター。大手キャリア系の記事を中心に担当し、格安SIMやクレジットカードも執筆中。誰が読んでも分かりやすく、どこよりも詳しい解説を心掛けています。