読了時間:約 3

5月18日にauからGalaxy S9 SCV38が発売されて2週間以上が経ちました。Galaxy S9 SCV38は事前情報から前評判の非常に高かった機種ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

このページでは、auのGalaxy S9 SCV38についてレビューし、買う理由と買わない理由について本格的にレビューしていきます。

au Galaxy S9 SCV38を購入するならau公式ショップを利用しましょう。頭金ゼロ待ち時間なしで手続きすることができます。

au Galaxy S9 SCV38の詳細はこちら

Galaxy S9 SCV38のスペック

はじめに、Galaxy S9 SCV38のスペックを見てみましょう。

スペック表 Galaxy S9 SCV38
OS Android™ 8.0

CPU SDM845 2.8GHz/クアッドコア+1.7GHz/クアッドコア

RAM 4GB

ROM 64GB

外部メモリ 推奨最大容量 400GB microSDXC™

サイズ 約148mm(高さ)×約69mm(幅)×約8.5mm(厚さ)

重さ 約161g

ディスプレイ 約5.8インチ(有機EL)

ディスプレイ解像度 2,960×1,440(QHD+)

背面カメラ 約1,220万画素

正面カメラ 約800万画素

バッテリー 3,000mAh

防水 IPX5/IPX8

防塵 IP6X

イヤフォンジャック あり

テレビ ワンセグ対応・フルセグ対応

au ICカード au Nano IC Card 04
auスマートパス/auスマートパスプレミアム 対応
おサイフケータイ 対応
ビデオパス 対応
うたパス 対応
ブックパス 対応
おはなしアシスタント 対応
故障紛失サポート 対応
あんしんフィルター for au 対応
安心ナビ(探す側) 対応
安心ナビ(探される側) 対応
カラー チタニウムグレー、ライラックパープル、ミッドナイトブラック
値段 95,040円(税込)

Galaxy S9 SCV38を買う理由

はじめに、Galaxy S9 SCV38を買う理由について挙げていきます。

前評判に違わぬハイエンド機

Galaxy S9 SCV38は、事前の評判や期待を裏切らないハイエンド機となっています。CPUはSnapdragonの最先端である845を搭載しています。

Snapdragon 845は現状のAndroid端末に採用されうるCPUとしては最高のものです。日常的な操作はもちろん、最新のゲームのようなハイスペックが要求されるアプリもサクサク動かすことができます。

RAMが4GBというのも頼もしいです。RAMはよく作業机に例えられます。

作業机は大きければ大きいほど多くの物が置けて、作業がはかどりますよね。RAMも同じで、この数字は大きいほどスペックが高いと言えます。

現在のスマホに積まれるRAMは2~6GBの間である場合が主ですが、4GBというのは決して「中間」ではありません。数少ないハイエンド機のみに搭載される数字です。

参考までにiPhone XでもRAMは3GBです。

背面カメラに「デュアル・アパチャー」機能追加

Galaxy S9では背面カメラに「デュアル・アパチャー」という機能が加わりました。

これはカメラの絞り値をF1.5とF2.4とで自動的に切り替えるというものです。明るい場所ではF値2.4、暗い場所ではF値1.5というように光を取り込む量を調整することで、よりキレイな写真を撮ることができます。

動画撮影が4K 60pまで対応

Galaxy S8 SCV36では4K 30pまでだった動画撮影機能が、Galaxy S9 SCV38では4K 60pに向上しています。フレームレートが倍になることで、動画の滑らかさも倍になります。

動画撮影にもこだわりたい方にとっても納得のスペックといえるでしょう。

スーパースローモーション再生ができる

Galaxy S9は動画撮影の中で、スーパースローモーション撮影ができるようになりました。1回の撮影につき約0.2秒間録画し、約6秒間かけてスローモーション再生します。

SamsungはSNSでの使用を想定して、このスーパースローモーションを搭載したようです。確かに、普通なら見逃してしまう面白い表情や決定的な瞬間を投稿できれば、他のユーザーをあっと言わせることができるかもしれませんね。

1回の動画撮影の中でスーパースローモーションは最大20回撮影が可能です。

自撮りからオリジナルのアバターとスタンプを作成できる


画像引用元:http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s9/augmented-reality/

Galaxy S9 SCV38では、セルフィー写真からオリジナルアバターを作成することができます。これもSNSでの利用を想定したものです。

オリジナルアバターはInstagramやFacebookのアイコンなどとして使うと効果的そうですね。オリジナルアバターから18種類のオリジナルスタンプも作成できます。

自分の顔写真からアバターやスタンプを作れるなんて、他のハイエンド機にもない機能です。この機能だけでもGalaxy S9 SCV38が欲しくなる方もたくさんいそうですね。

スピーカーがモノラルからステレオに進化!


画像引用元:http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s9/performance/

Galaxy S8 SCV36までのスピーカーはモノラルでした。正直いって未だにモノラルスピーカーというのは物足りなかった要素であり、Galaxy S8 SCV36の大きな弱点でした。

それがGalaxy S9 SCV38ではステレオスピーカーになりました。それどころか、オーディオブランドのAKGによってチューニングされたことで最高音質と高出力が実現されることになり、3次元的な立体音響が楽しめるようになりました。

これによってGalaxyはより完璧な機種となりました。

イヤフォンジャックが引き続き搭載されている

音楽面で大きな進化を遂げた一方、いい意味で変わらなかったものもあります。それは、Galaxy S9 SCV38でも引き続きイヤフォンジャックが搭載されていることです。

最近はAppleなどによってイヤフォンジャック廃止の流れも作られ、iPhone以外でもイヤフォンジャックを廃止するスマホが増えてきています。そんな中、GalaxyはS9でもイヤフォンジャックを搭載しています。

ワイヤレスイヤホンも普及してきているとはいえ、まだまだイヤフォンジャックの需要が高いのも事実です。イヤフォンジャックの存在を理由にGalaxy を購入する方もいそうですね。

AKGチューニングのハイレゾ対応イヤフォンが付属!

Galaxy S9 SCV38には、AKGチューニングマイク付きでハイレゾに対応した高音質イヤフォンが付属してきます。スピーカーだけでなく付属イヤフォンも進化しているのです。

指紋認証センサーの位置が下がって使いやすくなった


画像引用元: http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s9/design/

Galaxy S8 SCV36では背面のカメラレンズの横についていた指紋認証センサーですが、Galaxy S9 SCV38ではカメラレンズの下につきました。Galaxy S8 SCV36の位置は少々高く、普段使うには不便に感じることもありました。

その位置がGalaxy S9 SCV38で下がったことで無理せずとも指が届くようになり、使い勝手が格段に向上しました。

auの各種サービスにもフル対応

Galaxy S9 SCV38は国産のスマホのように、au独自のサービスにもしっかり対応しています。通信関係はもちろんですが、「auベーシックホーム」や「あんしんフィルター for au」のような細かな機能・サービスも使えるのです。

海外産スマホにはこういった通信会社の独自サービスには対応しないものも珍しくありませんが、Galaxy S9 SCV38はau向けにアレンジされているということです。

Galaxy S9 SCV38は順当に進化した機種


画像引用元:http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s9/performance/

Galaxy S9 SCV38はGalaxy S8 SCV36と比較すると、癖なく順当に進化したという印象を受けます。中でもカメラ性能とスピーカーが大幅に進化しています。

Galaxy S8 SCV36も十分によい機種でしたが、Galaxy S9 SCV38に関しては完璧に近いです。以上が買う理由となります。

au Galaxy S9 SCV38の詳細はこちら

Galaxy S9 SCV38を買わない理由

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2