au フラットプラン|分かりづらい料金プランをイチから解説

  • 2020年6月12日

auを利用されており、auフラットプランに興味がある方向けに、わかりやすくauフラットプランを説明します。

また、2019年6月1日より新しいフラットプランであるauフラットプラン7プラスが提供されます。

一方、従来の旧プランの中では、フラットプラン30が2019年6月30日で受け付け終了となります。

auのフラットプランをいちから詳しくお伝えします。

au ピタットプラン|分かりづらい料金プランをイチから解説

auの4つのフラットプラン


auフラットトプランは2019年6月1日までに3プランがあり、以降に1プランが追加されます。

また、3つの旧フラットプランのうち、フラットプラン30は2019年6月30日にて受け付け終了します。

つまり、2019年6月1日から30日の間は、auでは4つのフラットプランが選択できることになります。

それぞれのフラットプランの主な特徴は下記の通りです。

auフラットプラン30(旧) auフラットプラン20(旧) auフラットプラン25 Netflixパック(旧) auフラットプラン7プラス(新)
データ量上限 30GB 20GB 25GB(+Netflix「ベーシックプラン」とビデオパス「見放題プラン」が利用可能) 7GB(+)
申し込み期間 2019年6月30日まで 2019年5月現在定めなし 2019年6月1日から
基本料金設定 3つの通話スタイルごとに設定 一定(通話プランは旧来のシンプルプラン一択/各カケホはオプション)
併用可能な主要割引 auスマートバリュー(永年)
スマホ応援割(1年)
auスマートバリュー(永年)
家族割プラス(永年)
テザリング料金 有料(500円/月) 無料

以下で、相違点を含むそれぞれのフラットプランについて詳しく説明します。

従来の3つのauフラットプラン


画像引用元:au公式サイト auフラットプラン
2019年6月1日以前からある従来のフラットプランです。

特徴

データをたくさん使う方向けの4G LTEスマートフォン専用定額型プランです。

定額データ量は月に20GB、25GB、30GBとなります。

ただし、25GBの定額プランは、「auフラットプラン25 Netflixパック」の名称の通り、Netflix「ベーシックプラン」がとビデオパス「見放題プラン」の利用料金が含まれているという特徴を有します。

月の利用データ量も25GBという大容量を確保しつつ、映画・ドラマ・アニメなどのエンターテイメントを楽しみたい方におすすめのプランです。

また、この旧フラットプランのなかでも、auフラットプラン30の申し込みは、2019年6月30日をもって終了します。

なお、既にauフラットプラン30を適用されている方は、申し込み終了後も、継続適用されます。

従来のフラットプランは、スーパーカケホ・カケホ・シンプルの3つの通話スタイルの選択により、月の基本料金が変化します。

3つの通話スタイルのポイント
  • スーパーカケホ:1回5分以内の国内通話発信カケ放題
  • カケホ:国内通話発信24時間カケ放題
  • シンプル:通話料金は発信分を支払う

なお、スーパーカケホの国内通話の5分以上超過分、およびシンプルの場合、20円/30秒の国内通話料が別途かかります

3通話プラン毎のauフラットプランの月額基本料金は下記の通りです。

月額基本料金は、2年契約の場合のみを表記します。

auフラットプラン(スーパーカケホ)の場合

auフラットプラン(スーパーカケホ)2年契約の場合の月額基本料金(税別)は詳細は下記の通りです。

auフラットプラン30 auフラットプラン20 auフラットプラン25 Netflixパック
月額基本料金 8,500円 6,500円 7,650円

auフラットプラン(カケホ)の場合

auフラットプラン(カケホ)2年契約の場合の月額基本料金(税別)は詳細は下記の通りです。

auフラットプラン30 auフラットプラン20 auフラットプラン25 Netflixパック
月額基本料金 9,500円 7,500円 8,650円

auフラットプラン(シンプル)の場合

auフラットプラン(シンプル)2年契約の場合の月額基本料金(税別)は詳細は下記の通りです。

auフラットプラン30 auフラットプラン20 auフラットプラン25 Netflixパック
月額基本料金 8,000円 6,000円 7,150円

併用可能な主な割引

併用可能な主な割引は下記の2つです。

割引サービス 適用条件 月額の割引額(税別)
auスマートバリュー auスマートフォンの対象料金プラン(auフラットプランは対象)とauの固定通信サービス(ネットと電話/auスマートポート)を利用 永年 –1,000円(フラットプランの場合)
スマホ応援割 機種変更・MNPを含む新規契約と同時に対象料金プラン(auフラットプランは対象)に加入 翌月から1年間 –1,000

注意点としては、auスマートバリューはauフラットプランの場合、永年割引となりますが、スマホ応援割は、翌月から1年間のみの期間限定割引である点です。

月額の最安料金

上記の2つの主要割引を適用した場合、月額の最安基本料金は通話プランのシンプルを選択した金額となります。

詳細は下記の通りとなります。

なお、表示金額は税別で2年契約の場合となります。

割引プラン auフラットプラン30 auフラットプラン20 auフラットプラン25
auフラットプラン(シンプル) 8,000円 6,000円 7,150円
auスマートバリュー -1,000円
スマホ応援割 -1,000円
月額基本料金最安値 6,000 4,000 6,650

ただし、スマホ応援割はの割引適用は申し込み翌月からの1年間のみとなるため、2年目以降の月額最安基本料金はそれぞれ1,000円が増額されます。

メリットとデメリット

従来のauフラットプランのメリットは、下記の2点です。

  1. 月に20GB以上の大容量のデータ通信を利用する場合におすすめ
  2. Netflixパックではお得にエンタメを楽しむことが可能

従来のauフラットプランのデメリットおよび注意点は、下記の2点です。

  1. スマホ応援割は新機種購入から1年間のみの期間限定割引のため、2年目以降の月額基本料金は上がる
  2. テザリング料金が有料(500円/月)

併用可能な主要割引のうち、スマホ応援割は1年間の期間限定割引です。

また、テザリング料金も月額500円(税別)の有料です。

大容量のデータプランでは、テザリングによって他の通信端末にもデータ利用量を振り分けられる余裕がある場合が多いです。

しかし、従来のauフラットプランでは、テザリング料金が有料となっているため、テザリングの活用がし辛いプランとなっています。

ドコモのテザリング料金は基本無料であり、auの新フラットプランであるauフラットプラン7プラスでも無料となるため、これは明らかなデメリットです。

auのキャンペーン2020年最新|機種変更・新規・MNPまとめ

auフラットプラン7プラス


画像引用元:au公式サイト auフラットプラン7プラスプレスリリース
2019年6月1日より提供開始される新しいフラットプランです。

特徴

従来のフラットプランと同じく、4G LTEスマートフォン専用定額型プランです。

ただし、新フラットプランの一番の特徴は、月の最大データ利用量が7GBと中容量である点です。

加えて、+メッセージ、Facebook、Instagram、TwitterといったSNSの利用分は消費データ量にカウントされません

いわゆる、SNSカウントフリーのプランです。

ただし、SNSカウントフリー対応は2019年秋以降に対応予定となっており、2019年6月1日からのプラン提供開始直後からの対応でない点には注意が必要です。

また、従来のフラットプランとは異なり、通話プランを選択する必要はありません

新プランは、従来のシンプル通話プランを組み込んだ形で料金設定がされているからです。

通話プランで旧来のカケホ、スーパーカケホと同様のサービスを利用したい場合は、オプションで追加する必要があります。

通話プランオプション 内容 月額利用料金(税別)
通話定額ライト 旧スーパーカケホ(国内通話5分以内無料) 700円/月
加入から12カ月間は500円/月で利用可能な「通話定額ライト スタートキャンペーン」を実施
通話定額 旧カケホ(国内通話無料) 1,700円/月

月額基本料金

auフラットプラン7プラスの2年契約の場合の月額基本料金(税別)は詳細は下記の通りです。

auフラットプラン7プラス
月額基本料金 5,480円

併用可能な主な割引

併用可能な主な割引は下記の2つです。

割引サービス 適用条件 月の割引額(税別)
auスマートバリュー auスマートフォンの対象料金プラン(auフラットプラン7プラスは対象)とauの固定通信サービス(ネットと電話/auスマートポート)を利用 翌月から永年 –1,000円/月
家族割プラス 同一住所に住む家族がau対象プランを契約(auフラットプラン7プラスは割引およびカウント対象プラン)
50歳以上の別居家族の場合は、別条件にて適用可能
2人加入時 翌月から永年 –500円/月
3人以上加入時 翌月から永年 –1,000円/月割引

基本的に家族割りプラスのカウントおよび割引対象は、同居家族となります。

一方、従来の旧フラットプランで、もう一つの主要割引となるスマホ割は翌月からの1年間の期間限定割引でしたが、新プランのauフラットプラン7プラスの家族割プラスは永年割引となります。

同居家族でauを利用している場合、新フラットプランの方がお得となります。

月額の最安料金

上記の主要割引を適用した場合、auフラットプラン7プラスの月額の最安基本料金は下記の通りとなります。

なお、表示金額は税別で2年契約の場合となります。

適用プラン 月額の最安基本料金
auフラットプラン7プラス 5,480円
auスマートバリュー -1,000円
家族割プラス3人以上 -1,000円
合計 3,480

メリットとデメリット

新auフラットプランのメリットは、下記の5点です。

  1. 月のデータ利用量が7GB未満の中容量通信利用者におすすめ
  2. 対象SNSデータ消費量はカウントされない(ただし2019年秋以降から)
  3. 割引プランや料金体系が簡潔化され、旧プランよりもわかりやすい
  4. 家族割プラスは永年割引
  5. テザリング料金が無料

従来の旧フラットプランの主要割引であるスマホ応援割は1年間の期間限定割引でしたが、auフラットプラン7プラスの家族割プラスは適用条件に叶えば永年適用される割引です。

従来の旧フラットプランでは、テザリングはオプション料金で月額500円(税別)が必要でしたが、auフラットプラン7プラスでは無料となります。

新auフラットプランのデメリットは、下記の2点です。

  1. 月の最大データ利用量が7GBとフラットプランでも大容量消費向きではない
  2. 通話料無料は有料オプション
auフラットプランポイントまとめ
  • 旧フラットプランは月に20GB以上の大容量のデータ利用をする方におすすめ
  • 旧フラットプランの主要割引のスマホ応援割は適用期間が1年の期間限定割引
  • 新フラットプラン(auフラットプラン7プラス)は月に7GB未満の中容量のデータ利用をする方におすすめ
  • auフラットプラン7の通話料無料はオプション選択
  • auフラットプラン7プランはSNSカウントフリーだが、対応は2019年秋以降
  • auフラットプラン7プランはわかりやすい料金体系が魅力
  • auフラットプラン7プラスは同居家族がauユーザーの方におすすめ
  • auフラットプラン7プラスはテザリング料金が無料

ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ