ドコモからソフトバンクへの乗り換えはタイミングをみて費用を抑えよう

読了時間:約 2

2019年6月1日よりスタートしたauの新プラン。携帯大手各社が料金プランをシンプルにまとめる中、auだけは一風変わった新プランを導入しました。

auフラットプラン7プラスはそんなauの新プランの中でも特に注目度の高いプランです。

今回はauフラットプラン7プラスのプラン内容をおさらいしていく他、旧プランと比較して変更で得をする人、損をする人の特徴についてもご紹介していきます。

契約変更を考えている方、もっとお得な料金プランがあるのなら乗り換えたいという方は是非目を通して見て下さい。

2019年au新料金プラン3つを比較|適用条件と変更で得する人

『auフラットプラン7プラス』をおさらい


画像引用元:7GBを最大4割おトクに利用可能な、3,480円からの「auフラットプラン7プラス」提供開始 | 2019年 | KDDI株式会社

基本はデータ定額プラン

「フラットプラン」の名前が示す通り、auフラットプラン7プラスはデータ定額プランをベースに作られたプランです。

使用したデータ量に応じて料金が変わるのではなく、毎月の料金が固定となっている点は旧フラットプランと同じで、実際の使い勝手もほとんど変わりません。

auフラットプラン7プラスで使えるデータ量は7GB/月。家族で使うのはやや心許ないデータ量ですが、1人で使うには充分です。

旧フラットプランと比較してauフラットプラン7プラスに違いがあるとすればカウントフリーサービスが付属している点でしょう。

4つのサービスがカウントフリー


特定のWebサービスやアプリを使った時のデータ通信量カウントがゼロになるカウントフリーサービスは格安SIMを中心に人気のあるサービス。

これまでカウントフリーサービスは大手キャリアではほとんど取り扱われてきませんでしたが、今回の新プラン導入に際してauにもカウントフリープランが導入されました。

現状、auフラットプラン7プラスでカウントフリーの対象となっているのは、

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • +メッセージ

の4つ。auは今後もカウントフリーの対象となるWebサービスやアプリを増やしていくとアナウンスしています。

最もカウントフリー対象への追加が望まれているのはチャット・通話アプリの「LINE」でしょう。

LINEはスマホユーザーの大半が使用しているアプリということもあって、カウントフリー対象に指定してほしいという声が多数上がっています。

契約変更をするにあたって一点だけ注意しておきたいのが、auフラットプラン7プラスのカウントフリーサービスはまだ開始されていないということ。

というのも、auフラットプラン7プラスへの加入自体は2019年6月1日から開始されているものの、カウントフリーサービスの提供は2019年秋以降となっているのです。

少しややこしい仕様となっているので、auフラットプラン7プラスへ契約変更をする際は気をつけておいてください。

速度制限中でも最大300kbpsで通信できる

通常、速度制限を掛けられてしまうとデータ通信速度は最大128kbpsにまで低下してしまいます。

しかし、auフラットプラン7プラスでは速度制限時のデータ通信速度が優遇されており、最大300kbpsでのデータ通信が可能です。

もちろん、速度制限を掛けられていない状態と比較すればデータ通信速度は遅くなってしまいますが、128kbpsでの通信に比べればかなり速い速度で通信が行えます

「たまに速度制限を掛けられてしまう」、「7GBでは足りない月もある」という方にとって、速度制限中のデータ通信速度優遇措置は大きなメリットと言えるでしょう。

『auフラットプラン7プラス』まとめ
  • データ定額プランで使えるデータ量は7GB/月
  • Twitter、 Instagram、 Facebook、+メッセージがカウントフリーだが、サービスの提供は2019年秋以降なので注意すること
  • 速度制限中でも最大300kbpsで通信できる
au 2019年夏モデル情報|おすすめ新機種と発売時期まとめ

旧プランと比較して契約変更で得をする人

ドコモ iPadを購入するなら2台目プラスがお得

SNSをたくさん使う人

auフラットプラン7プラスには、auの旧プランにはなかったSNSを対象としたカウントフリーサービスが存在します。

そのため、TwitterやInstagramなどのSNSをよく使うという方は旧プランからau フラットプラン7プラスに契約変更することで得をすることが出来るでしょう。

特に「SNSをよく利用し、10GB以上のプランに加入していた」という方がauフラットプラン7プラスに契約変更した場合、料金をかなり節約することが可能となります。

逆にSNSをほとんど使わない方の場合はauフラットプラン7プラスに契約変更する旨味があまりありません。

カウントフリーサービスに興味がないのであれば、同じく新プランである「auフラットプラン20」へ契約変更することをおすすめします。

家族でauに加入している人


旧プランにはドコモやソフトバンクにあるような所謂「家族割」が存在しませんでしたが、新プランでは家族でauに加入することで得られる割引が用意されています。

auフラットプラン7プラスももちろん家族割の適用対象で、家族2人でauを利用すると500円/月、家族3人以上で利用すると1,000円/月の割引を受けることが可能です。

かなり大きな割引となるため、au フラットプラン7プラスへ契約変更するのなら、家族みんなで新プランへ乗り換えた方が良いでしょう。

毎月4GB以上データ通信を行う人

auフラットプラン7プラスは前述の通り毎月7GBのデータ通信が行える料金プランです。

そのため、毎月のデータ通信量が1~2GB程度の方が加入してしまうと、データ通信量が余ってしまうため損をしてしまいます

これは対象のSNSがカウントフリーとなることを加味しても同様のことが言え、少なくとも4GB以上はデータ通信をしなければ損をする計算です。

逆に毎月のデータ通信量が4GBを超えるのであれば、auフラットプラン7プラスは新au ピタットプランなどよりお得な料金プランとなります。

次のページでは、旧プランと比較して契約変更で損をする人をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2