読了時間:約 2

このように、ドコモのdポイント特約店は普通では考えられないほどのポイント還元率を誇るため、積極的に利用することで、日々の生活コストをグンと引き下げることが可能です。ドコモに乗り換えてdカード、dカード GOLDを作ったら是非積極的に使ってみて下さい。

ドコモの料金がグンとお得になる


dカード、dカード GOLDを作るべき最大の理由は『ドコモの料金の一部がポイントバックされる』という点にあります。気になるポイント還元率はdカードで1%、dカード GOLDだと10%です。

仮にドコモの携帯料金、ドコモ光の料金の合計が1万円/月だったとすると、dカード GOLDを作って支払いをした場合、1,000円分のポイントが貰える計算になります。

ポイント還元率や他の特典がdカード、dカード GOLD以上のクレジットカードは少なくありませんが、ドコモユーザーにとってはこの特典がある限り、他社のクレジットカードの方がお得になることは無いでしょう。

dカードの場合はポイント還元率が1%ということもあり、恩恵を感じにくいものの、dカード GOLDのドコモのポイント還元率は驚異的です。年会費が掛かる点を加味しても充分お得に使うことが出来ます。

逆にdカードやdカード GOLDを作らなかったとすると、本来貰えるはずのポイントが一切貰えなくなり、結果的に損をすることになるので、auからドコモへ乗り換えるなら必ずdカード/dカード GOLDを作っておきましょう。

おすすめなのはdカード GOLD


画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介
ドコモの発行するクレジットカードにはdカードとdカード GOLDの二種類がありますが、ドコモユーザーであればdカード GOLDの方が断然お得です。

ここではdカードとdカード GOLDの比較をご紹介するので、auから乗り換える際にどちらのカードを作ろうか悩んでいるという方は参考にしてみて下さい。

dカードとdカード GOLDの比較

 dカードdカード GOLD
年会費初年度無料10,000円(税抜)
携帯補償最大10,000円まで最大100,000円まで
dポイントクラブ優待なし10%ポイント還元
dカードゴールドデスクなしあり
年間利用特典なしあり
旅行保険なし海外:最大1億円まで
国内:最大5,000万円まで
買い物保険年間最大100万円まで年間最大300万円まで

表を見ると分かる通り、dカードとdカード GOLDとでは得られる特典や恩恵に大きな差があります。年会費の差は気になるものの、得られる特典と比較すれば決して高過ぎることは無いでしょう。

特に年間利用特典がある点は見逃せません。年間利用特典とはdカード GOLDに入会して2年目以降のユーザーのみが受けられる特典で、年間の利用額に応じて様々な恩恵が受けられる制度です。

特典が受け取れるのは5月で、対象となるのは前年の年間利用額が100万円以上の方となっています。特典の内容は年によって変わりますが、大抵は10,800円(税込)のクーポン、200万円以上利用した方の場合は21,600円(税込)のクーポンが貰えます。

年間100万円以上利用した時点で貰えるクーポンの金額はちょうど年会費の元が取れるくらいになるので、dカード GOLDを利用する際は家賃などの固定費をまとめるなどして、出来る限り年間利用額が増えるようにしておきましょう。

dカードゴールドデスクも年間利用特典と同じくdカード GOLDユーザーのみが受けられるサービスのひとつです。通話料無料で契約内容やポイントに関する問い合わせを行えるので、dカード GOLDを使っていて分からないことがあったら電話をしてみると良いでしょう。

ドコモの支払い10%相当のポイントバック

dカード/dカードGOLDのポイント還元率
dポイントクラブ優待によってドコモの料金が10%還元される点も、dカードにはないdカード GOLDならではの利点のひとつです。

前述の通り、10%もの還元率があれば、月々のドコモの料金負担がかなり楽になります。家族で使っている場合だと年間30,000ポイント以上のdポイントを貯めることも夢では無いでしょう。

一方でdカードにはdポイントクラブ優待が存在せず、ドコモの料金を支払う際のポイント還元率は1%に留まります。

これは特約店以外のお店でdカードを使った際に貰えるポイントと同額であり、お得でないとまでは言えないものの、dカード GOLDの還元率に比べるとかなり見劣りしてしまいます。

ドコモユーザーの場合、これだけの恩恵を無視してdカードを選ぶ理由はほぼ無いので、ドコモのクレジットカードを作る際はdカード GOLDを選んだ方が良いでしょう。

携帯補償が充実

携帯補償に関する特典では、dカードの場合が最大10,000円までと少な目であるのに対し、dカード GOLDは最大100,000円までとかなり高額です。

補償の範囲も紛失・盗難・全損と幅広く、修理以外であればほとんどのケースで補償が受けられます。100,000円もの補償があれば、新型iPhoneなどの高額機種でも機種代金のほとんどを補償で賄えるでしょう。

また、修理に関する補償が必要ないのなら、dカード GOLD付帯の携帯補償を利用することで、補償オプションの代金を節約することも可能です。

数百円程度とは言え、AppleCare+やケータイ補償などの補償オプションをつけてしまうと、年間で10,000円近く出費が増えてしまうため、その分の負担を節約できるのはかなり大きな利点と言えます。

安心の旅行保険付き


dカードだと一切設定されていませんが、dカード GOLDには海外旅行で最大1億円、国内旅行で最大5,000万円までの旅行保険が設定されています。

ある程度どんなところなのか想像の付く国内旅行ならまだしも、場所によっては思いもよらないトラブルに巻き込まれることもある海外旅行に対する保険が標準で搭載されているのは非常に嬉しいポイントです。

また、自動付帯である点も見逃せないでしょう。クレジットカードの中には旅行保険の設定があっても、申告しなければ保険が有効にならないものもあります。この場合、うっかり申告を忘れてしまうとせっかくの保険が使えないのです。

その点、dカード GOLDの旅行保険は自動付帯であるために、事前に申告せずとも旅行へ出発すると同時に保険が有効になります。

これだけ旅行保険が充実していれば、買い物保険と併せて活用することで、旅行時のトラブルのほとんどをケアすることが出来るでしょう。

auから乗り換えるならdカード GOLDを作ろう!


ご紹介したようにauからドコモへ乗り換える際に、キャリアだけ乗り換えてdカードやdカード GOLDを作らなかった場合、本来得られるはずだった特典や恩恵が得られなくなるために大きな損をしてしまいます。

特にdカード GOLDの場合は最大100,000円までの携帯補償や、dポイントクラブ優待による料金の10%ポイント還元などの恩恵が受けられるため、auからドコモへ乗り換える際は必ずdカード GOLDを作っておきたいです。

dカードもドコモユーザーが持つクレジットカードとして最適なカードのひとつですが、やはりdカード GOLDに比べると見劣りしてしまいます。

既にメインのクレジットカードを持っているなどの事情があるならdカードも視野に入りますが、そうでないならdカード GOLDを選んだ方が良いでしょう。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2