ドコモ dカード
読了時間:約 2

auからドコモへ乗り換える方に注目して欲しいのがdカード及びdカード GOLDの存在です。dカードやdカード GOLDは1%のポイントバックが受けられるなどドコモユーザーでなくてもお得に使えるカードですが、ドコモユーザーが使う場合は更にお得に使えます。

ドコモへ乗り換えるにあたって、そんなdカード、dカード GOLDを利用しない手はありません。ここではauからドコモへ乗り換える際にdカード、dカード GOLDを作っておくべき理由についてじっくり解説していきます。

auからドコモへ乗り換えようと考えている方、既に乗り換えたけれどdカード、dカード GOLDを作っていないという方は是非目を通して見て下さい。
画像引用元:dカード | ドコモのクレジットカード

キャリアを変えるだけが乗り換えではない


キャリアを乗り換えると言うと『今とは違うキャリアと契約して携帯も買い直す』というイメージをしてしまいがちですが、お得に乗り換えたいのならそれだけでは不十分です。

例えば、今回ご紹介するクレジットカードの乗り換えや、キャンペーン利用の可否、家族全員で乗り換えが出来るかどうかなど、単純にキャリアを乗り換えると言ってもやっておくべきことは複数あります。

クレジットカードも乗り換える

auには『au WALLET クレジットカード/au WALLET ゴールドカード』、ドコモには『dカード/dカード GOLD』というキャリアの発行するクレジットカードが存在します。

これらのクレジットカードの利点は『キャリアに対応するクレジットカードを持っていると料金のポイントバックや携帯の補償などの恩恵を受けられる』という点にあります。

しかし、裏を返せばキャリアの発行するクレジットカードは対応するキャリアと契約している場合でしか特典を最大限活かせないのです。

例えば、au WALLET ゴールドカードもdカード GOLDも携帯料金の10%がポイント還元される特典を用意していますが、対応するキャリアと契約していなければ特典を利用することは出来ず、ポイントを得ることも出来ません。

auからドコモへ乗り換える際にdカードもしくはdカード GOLDを作っておくべき最大の理由はこの点にあり、もしドコモに乗り換えたにも関わらず、dカードやdカード GOLDを作らなかったと仮定すると、大きな損をしてしまいます。

dカード、dカード GOLDの特典については後述しますが、本来得られるはずだった特典を取りこぼしてしまわないためにも、auからドコモへ乗り換える際は必ずdカード/dカード GOLDを発行しておくようにしましょう。

家族で乗り換えるのも重要


余談ではありますが、auからドコモへ乗り換える際は家族全員で乗り換えるようにしましょう。というのも、ドコモにはauと同じく家族割の設定があるために、複数で加入すれば月々の携帯料金がお得になるのです。

ただ、dカードやdカード GOLDの恩恵は支払いを担う主回線契約者のみが得られるために、直接ドコモに支払いをしない子回線のユーザーがdカードやdカード GOLDを作っておく必要はありません。

もちろん、dカード及びdカード GOLDを利用したい場合は作っても問題ありませんが、割引を複数適用するなどの目的で使うことは出来ないと覚えておきましょう。

ネット回線も忘れずに

家族で乗り換えることと同様に、ドコモへ乗り換えをするなら自宅のネット回線もドコモ光へ乗り換えておきたいです。ネット回線・携帯のサービス提供元を纏めるのと纏めないのとでは月々の出費がまったく異なります。

特にdカードやdカード GOLDを作るのなら携帯料金だけでなく、ネット回線の料金までポイントバックの対象となるため、携帯キャリアの乗り換え時に光回線事業者をドコモにまとめない手はありません。

注意しておきたいのは、auひかりからドコモ光へ乗り換える際に工事費が掛かることがある点です。工事費は2万円前後と高額なので、乗り換えを行う際はキャンペーンを利用するなどして工事費の節約が出来ないか確認してから乗り換えを行うようにしましょう。

乗り換えでdカード/dカード GOLDを作る理由


画像引用元:dカード | サービス・機能 | NTTドコモ
auからドコモへ乗り換える際にdカード/dカード GOLDを作るべき理由について説明をしていきます。dカードやdカード GOLDの有用性については冒頭から少しずつご紹介していますが、この項目を見れば魅力をより理解することが出来るでしょう。

年会費0円から持てる

クレジットカードを作る際に必ず確認しておきたい年会費の問題。クレジットカードの中には優れた特典と引き換えに高額な年会費が掛かるものも存在するので、特典や恩恵だけを見てクレジットカードの良し悪しを決めることは出来ません。

dカードの場合は初年度が年会費無料、2年目以降は一度でもショッピングサービスを利用すれば無料、一度もショッピングサービスを利用しなかった場合は1,250円(税抜)の年会費が掛かります。

クレジットカードを使っての商品・サービスの購入だけでなく、ETCの利用や携帯料金の支払いもショッピングサービスの利用として扱われるので、年会費無料で使い続けるのはそう難しくないでしょう。

dカード GOLDの場合は初年度から10,000円(税抜)の年会費が掛かります。dカードのようにショッピングサービスの利用で年会費が無料、もしくは減額されることはありません。

しかし、後述するドコモの支払いの10%がポイントバックされる特典を上手く利用すれば、年会費の元が取れるくらいのポイントを手に入れることが可能です。

dポイントがたくさん貯まる


dカード、dカード GOLDの基本ポイント還元率は1%とかなり高めです。年会費が無料になることもあるクレジットカードの中では破格と言っても良いでしょう。

また、貯めたdポイントが使いやすいのもdカード、dカード GOLDの魅力の一つです。還元率の高さを売りにしているクレジットカードは少なくありませんが、使い勝手の悪いポイントを配布しているカードもまた少なくありません。

特にポイントを使う際にイチイチ他社の発行しているポイントに交換しなければいけないようなクレジットカードは、使い勝手の面で他のカードに大きく劣ります。

その点、dカードやdカード GOLDの利用で得られるdポイントはドコモの特約店をはじめとする様々なお店でそのまま使うことが可能です。

ドコモユーザーであれば、更に多くのポイントを手に入れることも出来るので、ポイントを効率良く貯めて毎月の出費を少しでも圧縮したいと考えている方にもdカード、dカード GOLDは最適なクレジットカードと言えるでしょう。

ポイント倍増の特約店が多い

貰えるポイントが増える特約店が多いのもdカード、dカード GOLDの魅力です。特約店の中には5%もの高還元率を誇るお店も存在するので、dカード/dカード GOLDを作ったら積極的に利用しましょう。

特約店の中でも特におすすめなのは、ローソンやマツモトキヨシ、高島屋などです。ローソンはdカードの呈示で1%、dカードで支払うと1%のdポイントが貰える他、dカード払いを選ぶと代金の3%が割り引かれます。

通常、コンビニは値下げをすることが無く、利用する際はスーパーなどと比べて割高になってしまいがちですが、dカードがあればお得に決済することが可能です。

マツモトキヨシも3%のポイント還元に加えて、ボーナスポイントを1%、マツキヨポイントを1%貰えるため、実質5%のポイント還元を受けられます。これだけの還元率があれば薬はもちろんのこと、ちょっとした日用品の買い出しにも使いやすいでしょう。

このように、ドコモのdポイント特約店は普通では考えられないほどのポイント還元率を誇るため、積極的に利用することで、日々の生活コストをグンと引き下げることが可能です。ドコモに乗り換えてdカード、dカード GOLDを作ったら是非積極的に使ってみて下さい。

ドコモの料金がグンとお得になる


dカード、dカード GOLDを作るべき最大の理由は『ドコモの料金の一部がポイントバックされる』という点にあります。気になるポイント還元率はdカードで1%、dカード GOLDだと10%です。

仮にドコモの携帯料金、ドコモ光の料金の合計が1万円/月だったとすると、dカード GOLDを作って支払いをした場合、1,000円分のポイントが貰える計算になります。

ポイント還元率や他の特典がdカード、dカード GOLD以上のクレジットカードは少なくありませんが、ドコモユーザーにとってはこの特典がある限り、他社のクレジットカードの方がお得になることは無いでしょう。

dカードの場合はポイント還元率が1%ということもあり、恩恵を感じにくいものの、dカード GOLDのドコモのポイント還元率は驚異的です。年会費が掛かる点を加味しても充分お得に使うことが出来ます。

逆にdカードやdカード GOLDを作らなかったとすると、本来貰えるはずのポイントが一切貰えなくなり、結果的に損をすることになるので、auからドコモへ乗り換えるなら必ずdカード/dカード GOLDを作っておきましょう。

おすすめなのはdカード GOLD


画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介
ドコモの発行するクレジットカードにはdカードとdカード GOLDの二種類がありますが、ドコモユーザーであればdカード GOLDの方が断然お得です。

ここではdカードとdカード GOLDの比較をご紹介するので、auから乗り換える際にどちらのカードを作ろうか悩んでいるという方は参考にしてみて下さい。

dカードとdカード GOLDの比較

 dカードdカード GOLD
年会費初年度無料10,000円(税抜)
携帯補償最大10,000円まで最大100,000円まで
dポイントクラブ優待なし10%ポイント還元
dカードゴールドデスクなしあり
年間利用特典なしあり
旅行保険なし海外:最大1億円まで
国内:最大5,000万円まで
買い物保険年間最大100万円まで年間最大300万円まで

表を見ると分かる通り、dカードとdカード GOLDとでは得られる特典や恩恵に大きな差があります。年会費の差は気になるものの、得られる特典と比較すれば決して高過ぎることは無いでしょう。

特に年間利用特典がある点は見逃せません。年間利用特典とはdカード GOLDに入会して2年目以降のユーザーのみが受けられる特典で、年間の利用額に応じて様々な恩恵が受けられる制度です。

特典が受け取れるのは5月で、対象となるのは前年の年間利用額が100万円以上の方となっています。特典の内容は年によって変わりますが、大抵は10,800円(税込)のクーポン、200万円以上利用した方の場合は21,600円(税込)のクーポンが貰えます。

年間100万円以上利用した時点で貰えるクーポンの金額はちょうど年会費の元が取れるくらいになるので、dカード GOLDを利用する際は家賃などの固定費をまとめるなどして、出来る限り年間利用額が増えるようにしておきましょう。

dカードゴールドデスクも年間利用特典と同じくdカード GOLDユーザーのみが受けられるサービスのひとつです。通話料無料で契約内容やポイントに関する問い合わせを行えるので、dカード GOLDを使っていて分からないことがあったら電話をしてみると良いでしょう。

ドコモの支払い10%相当のポイントバック

dカード/dカードGOLDのポイント還元率
dポイントクラブ優待によってドコモの料金が10%還元される点も、dカードにはないdカード GOLDならではの利点のひとつです。

前述の通り、10%もの還元率があれば、月々のドコモの料金負担がかなり楽になります。家族で使っている場合だと年間30,000ポイント以上のdポイントを貯めることも夢では無いでしょう。

一方でdカードにはdポイントクラブ優待が存在せず、ドコモの料金を支払う際のポイント還元率は1%に留まります。

これは特約店以外のお店でdカードを使った際に貰えるポイントと同額であり、お得でないとまでは言えないものの、dカード GOLDの還元率に比べるとかなり見劣りしてしまいます。

ドコモユーザーの場合、これだけの恩恵を無視してdカードを選ぶ理由はほぼ無いので、ドコモのクレジットカードを作る際はdカード GOLDを選んだ方が良いでしょう。

携帯補償が充実

携帯補償に関する特典では、dカードの場合が最大10,000円までと少な目であるのに対し、dカード GOLDは最大100,000円までとかなり高額です。

補償の範囲も紛失・盗難・全損と幅広く、修理以外であればほとんどのケースで補償が受けられます。100,000円もの補償があれば、新型iPhoneなどの高額機種でも機種代金のほとんどを補償で賄えるでしょう。

また、修理に関する補償が必要ないのなら、dカード GOLD付帯の携帯補償を利用することで、補償オプションの代金を節約することも可能です。

数百円程度とは言え、AppleCare+やケータイ補償などの補償オプションをつけてしまうと、年間で10,000円近く出費が増えてしまうため、その分の負担を節約できるのはかなり大きな利点と言えます。

安心の旅行保険付き


dカードだと一切設定されていませんが、dカード GOLDには海外旅行で最大1億円、国内旅行で最大5,000万円までの旅行保険が設定されています。

ある程度どんなところなのか想像の付く国内旅行ならまだしも、場所によっては思いもよらないトラブルに巻き込まれることもある海外旅行に対する保険が標準で搭載されているのは非常に嬉しいポイントです。

また、自動付帯である点も見逃せないでしょう。クレジットカードの中には旅行保険の設定があっても、申告しなければ保険が有効にならないものもあります。この場合、うっかり申告を忘れてしまうとせっかくの保険が使えないのです。

その点、dカード GOLDの旅行保険は自動付帯であるために、事前に申告せずとも旅行へ出発すると同時に保険が有効になります。

これだけ旅行保険が充実していれば、買い物保険と併せて活用することで、旅行時のトラブルのほとんどをケアすることが出来るでしょう。

auから乗り換えるならdカード GOLDを作ろう!


ご紹介したようにauからドコモへ乗り換える際に、キャリアだけ乗り換えてdカードやdカード GOLDを作らなかった場合、本来得られるはずだった特典や恩恵が得られなくなるために大きな損をしてしまいます。

特にdカード GOLDの場合は最大100,000円までの携帯補償や、dポイントクラブ優待による料金の10%ポイント還元などの恩恵が受けられるため、auからドコモへ乗り換える際は必ずdカード GOLDを作っておきたいです。

dカードもドコモユーザーが持つクレジットカードとして最適なカードのひとつですが、やはりdカード GOLDに比べると見劣りしてしまいます。

既にメインのクレジットカードを持っているなどの事情があるならdカードも視野に入りますが、そうでないならdカード GOLDを選んだ方が良いでしょう。

Pocket