キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

「格安スマホ」が登場して数年。たくさんの方が今までのauやNTTドコモ、ソフトバンクといったキャリアから乗り換えをしていますよね。

節約になったり、そのまま手持ちのスマホが使えたりとメリットも多いのですが、「手続きが複雑そう」「電話番号が変わっちゃうんじゃないの?」といった理由で乗り換えを躊躇している方も多いのではないでしょうか?

今回はそういった方向けに、auから人気のDMMモバイルに乗り換えるための手順と準備すべきポイントを解説します。ぜひ参考にしてみてください!

auからDMMモバイルに乗り換えるための全体像


実はauからDMMモバイルに乗り換えるための準備や手順の一つ一つはさほど複雑なものではありません

ただし、場合によってはauショップの店頭に出向いて手続きをしたり、新しいSIMカードが送付されてくるまで期間が空いてしまったりして、数日かけての対応が必要になることもあります。

そうすると、「今どこまでやったんだっけ?」「次にやるべきことは何だっけ?」と手順が曖昧になってしまうこともあるのではないでしょうか。

そうならないようにも、しっかりとauからDMMモバイルに乗り換えるための全体像を把握しておきましょう!

ステップは大きく2段階だと考えておこう!

手順は大きく分けて、2段階のステップだと考えてもらえれば大丈夫です。

  • 前半:主に乗り換えをするための事前準備
  • 後半:auからDMMモバイルへの乗り換え手順

こういった流れになっています。

前半は、例えば、使ってるスマホはSIMロック解除できるのか?契約者の名義は誰になっているか?メールアドレスは用意したかな?など事前の確認や準備がメイン。

後半は、実際にDMMモバイルに申し込む手順です。それに伴い、auでのSIMロック解除や、MNP予約番号の取得といった手続きも発生します。

だいたい、「この大きな流れなんだな」と把握してもらいながら手続きを進めると、手順を見失うことなくスムーズな乗り換えが可能になるのではないでしょうか。

確認しておくべき項目と事前準備をしよう!


auからDMMモバイルに乗り換えるうえで、事前準備として確認すべきポイントを挙げています。特に難しいことはありませんが、ここをしっかり抑えておくことで、トラブルなく切り替えが出来るでしょう!

SIMロック解除の可否は要チェック!

お使いのauスマホはiPhoneでしょうか?それともAndroid端末でしょうか?どちらを使っている場合でも、「SIMロックの解除」という手続きが必要になるでしょう。まずは利用している機種がSIMロック解除に対応しているかどうか確認してください。

SIMロックとは、auやNTTドコモ、ソフトバンクなどの各キャリアが他社製のSIMを使えないように制限をかけていることを指します。DMMモバイルに乗り換えるということは、他社のSIMを利用するということなので、どうしてもこの「SIMロック解除」という手続きが必要になるのです。

auでSIMロック解除が可能になる大きな条件は以下の2点。

  1. 機種購入日から101日以上経過していること
  2. auで2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除対象の機種であること

(1)の機種購入日から101日以上経過というのは総務省が策定したガイドラインに則った決まりになっています。2018年6月現在、どのキャリアでも基本的には同一のルールですね。

(2)は一部の古いスマホなど、2015年4月23日以前に発売された機種だとSIMロックが出来ない機種の可能性もあります。

例えばiPhoneを例にあげてみましょう。auだとiPhone 6s以降のiPhoneはSIMロック解除が可能ですが、それ以前のiPhone 6やiPhone 5などは対象外となってしまいます。

また、既に「SIMフリー端末でauと契約している」という方。この場合はSIMロック解除の必要はありません。次項のDMMモバイルで利用できる機種かどうかを確認しましょう。

詳しい機種の確認は以下のau公式ページで確認することが出来ます。

SIMロック解除対象機種一覧

DMMモバイルでの利用可否もチェック!

使ってるスマホがSIMロック解除条件を満たしていれば次のステップです。DMMモバイルで動作確認されている機種かどうか確認してみましょう。

また、併せて「SIMカードサイズ」も確認しておくと良いですね。というのも、実は使っている機種によってSIMカードの大きさはバラバラなんです。

後ほどDMMモバイルに申し込みをする際に、SIMカードサイズを指定する必要があります。サイズを間違って申し込みしてしまうと手間がかかってしまいますのでしっかり確認しておきましょう。

以下のDMMモバイル公式ページのリストに動作確認状況やSIMカードサイズが掲載されています。

DMM mobile 動作確認端末一覧

契約者の名義はどうなっていますか?

意外と見落としがちなのが「契約者名義」なんです。

auなどのキャリアから、DMMモバイルなどのMVNOに乗り換えようとした場合、auの契約者とDMMモバイルへ申し込みしようとしている方の名義が同一でないと乗り換えは出来ません。

例えば、今まで旦那さんの名義でauスマホを使っていた奥さんが、奥さんの名義でDMMモバイルに乗り換える場合などが該当しますね。名義変更はauショップなどで手続きしてくれますので、必要があれば事前に済ませておくのがいいでしょう。

ただし、名義変更は当事者が両方とも一緒に手続きする必要があります。その点はお気をつけください。詳しくは下記のau公式サイトを確認しましょう。

au携帯電話機を家族の名義に変更(譲渡)するには、どのような手続きが必要ですか?

メールアドレスの準備も忘れずに!

一般的に、DMMモバイルや他社MVNOでは、専用のメールアドレスというものが用意されていません。auでいうところの、「au.com」や「ezweb.ne.jp」などのキャリアメールのことです。

これらのメールアドレスはDMMモバイルに乗り換えることによって継続して利用することが出来なくなってしまいます。

代替案として、例えばGoogleの提供している「Gmail」、Yahoo!Japanが提供している「Yahoo!メール」などをあらかじめ準備しておくことをオススメします。これらはフリーで利用できますし、利用者も多いので充分に活用できるのではないでしょうか。

もちろん、今現在、GmailやYahoo!メールを利用している、というのであればそのままDMMモバイルでも使えるので引き継いでしまっても大丈夫ですよ。

エントリーパッケージを入手しておくといいかも?


実はDMMモバイルにお得に乗り換えることができる、「エントリーパッケージ」というものをご存知でしょうか?

Amazon限定で販売されている「DMM mobileエントリーパッケージ」を利用してDMMモバイルに申し込みをすると、通常新規申し込みに契約事務手数料3,240円(税込)がかかるところ、無料の0円で申し込むことが出来てしまうんです!

ただし、エントリーパッケージ自体が864円で販売されているため、実質「2,376円」は安く乗り換えることが出来るでしょう。

誤解されがちですが、このエントリーパッケージ自体にSIMカードなどが同梱されているわけではなく、入っているのは「シリアルコード」です。DMMモバイルに申し込みする際にこのシリアルコードを入力することで契約事務手数料が無料になるという仕組み。

乗り換えの初期コストを大幅に安く抑えられるので、特別な事情がない限り購入しておくと良いのではないでしょうか。


1 2