読了時間:約 2

auユーザーの方向けに、2019年夏モデルのおすすめ新機種と発売時期の情報をまとめました。

最新のメーカーフラグシップモデルから、お得な機種まで幅広くラインアップされています。

auユーザー以外の方でも、MNPを含む新規購入をご検討の方はぜひご覧ください。

2019年夏モデル総まとめ|おすすめ機種と買い控えた方がいい機種

au 2019年夏モデル


画像引用元:au公式サイト
auの2019年夏モデルは下記の9機種がラインアップされています。

メーカー モデル
Sony Mobile Communications Xperia 1 SOV40
SAMSUNG Galaxy S10+ SCV42
SAMSUNG Galaxy S10 SCV41
SHARP AQUOS R3 SHV44
KYOCERA TORQUE G04
HUAWEI HUAWEI P30 lite Premium HWV33
SAMSUNG Galaxy A30 SCV43
SHARP AQUOS sense2 かんたん
KYOCERA GRATINA KYF39

ただし、HUAWEIの「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」に関しては、Googleのサービス提供停止の影響で、発売時期が6月中旬から未定に変更されました。

無事に発売が行われるか2019年5月現在の段階ではわかりません。

現状、「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」を除いた8機種が、au 2019年夏モデルと考えた方が無難です。

上記8機種の中でも、おすすめの新機種4点とその発売予定をまとめました。

おすすめ機種名 発売時期
Xperia 1 SOV40 2019年6月中旬以降発売予定
Galaxy S10+ SCV42 2019年5月23日 発売
AQUOS R3 SHV44 2019年5月25日発売予定
Galaxy A30 SCV43 2019年5月下旬以降発売予定

以下では、おすすめ新機種を詳しく説明します。

au Xperia 1 SOV40


画像引用元:au公式サイト Xperia 1 SOV40
auの2019年夏モデルで、一押しなのがソニーのフラグシップ最新モデルのXperia 1です。

2019年5月現在購入予約受付中で、発売時期の詳細は未定ですが、2019年6月中旬以降発売予です。

Xperia 1 SOV40 基本スペック

au Xperia 1 SOV40の主なスペックは下記の通りです。

Xperia 1 SOV40
OS Android9 Pie
CPU Snapdragon855 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4
RAM 6GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 約6.5インチ 有機EL 3,840×1,644(4K)
SIM nano
生体認証 指紋認証
カメラ アウト約1,220万画素+約1,220万画素+約1,220万画素
イン約800万画素
通信規格 4G LTE/WiMAX 2+
最大通信速度
受信最大/送信最大(Mbps)
1Gbps/112.5
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.5.0
バッテリー 3,200mAh
サイズ 167(H)×72(W)×8.2(D)mm
重量 178g
カラー ブラック/ホワイト/グレー/パープル
その他 防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)、おサイフケータイ機能

Xperia 1の特徴は、世界初の4K有機ELディスプレイおよびXperiaシリーズ初のトリプルレンズカメラを搭載した点にあります。

世界初の4K有機ELディスプレイは、下記の特徴を有しており、映画視聴に最適です。

  1. 美麗な4K有機ELディスプレイ
  2. ディスプレイ比率は21:9のシネマワイド
  3. 高画質化エンジン「X1 for mobile」でHDRリマスター機能を強化
  4. 忠実な色再現を可能にする「クリエイターモード」搭載

Xperiaシリーズ初の標準・望遠・超広角の3つのカメラは、下記の機能を可能にしました。

  • 背景をぼかして被写体を際立たせる「ぼけ」撮影
  • 少し遠くの被写体を撮影する際に便利な「光学2倍ズーム」
  • 暗い場所でも、明るくくっきり写る「高感度撮影」

その他、特徴的なカメラ性能は下記の3点です。

  1. ハイブリッド手ブレ補正
  2. BIONZ X for mobile
  3. Cinema Pro

トリプルレンズカメラには、ソニーのデジタル一眼カメラ「αシリーズ」の技術を集結させた「BIONZ X for mobile」が搭載されています。

「BIONZ X for mobile」は、αのアルゴリズムを取り入れた、画像処理エンジンであす。

また、「αシリーズ」と同様、目にピントを合わせる瞳AFにも対応し、より素早く、高精度に被写体をとらえることができるようになりました。

この瞳AF機能は、スマホではXperia 1が初搭載となります。

「Cinema Pro」とは、ソニーの映画撮影用プロフェッショナルカメラ開発チームが画作り、操作画面を監修したシネマ撮影専用機能です。

映画さながらの画作り・質感・色表現を再現できますが、トリプルレンズの切り替えやフォーカスなどの諸設定は制作者自身で切り替えて利用する必要があります。

自動で手軽に映画撮影が出来るわけではない点には注意が必要です。

それでも、知識のある方が使いこなすならば、Xperia 1一台で、映画の映像作りすら可能となる素晴らしい機能といえます。

また、インカメラにおいても、F値2.0かつ800万画素の広角レンズを搭載しており、暗い場所や大人数でもきれいにセルフィーを撮影することが出来ます。

Xperia 1は動画視聴のみならず、写真や動画撮影においても優れた機種といえましょう。

次のページでは、Galaxy S10+ SCV42AQUOS R3 SHV44Galaxy A30 SCV43をご紹介します。

au 2019年夏モデル「Xperia 1」の最新情報・スペックと発売時期
1 2