読了時間:約 2

最近のインターネットサービスは、各取り扱い代理店でも申し込みの際、キャッシュバックなどのキャンペーンを行っています。

同じサービスであれば、開通後に毎月払う使用料金は、どこから申し込んだ場合でも同じとなります。また、au光の場合は、プロバイダが異なっていても、毎月支払う料金にも変わりはありません。

結果として、最初のキャンペーンの申し込み段階で損をするのか得をするのかが決まってしまうといっても過言ではありません。申し込み方法などによっては、何万円もの損をする可能性もあり得ます。

今回はau光への乗り換えで最大147,500円の還元を受ける詳細条件の確認、また他社の高速回線サービスとの比較をしていきます。

トップ画像引用元:auひかりにのりかえで、最大14.75万円還元 | auひかり by KDDI

au光乗り換えで最大147,500円の還元を受ける条件

au光の申し込みキャンペーンでは高額キャッシュバックを前面に掲げている代理店が多く存在します。

これだけ大きなキャッシュバックを受けられるとなると、やはり気になるのはその条件ですが、各代理店により若干の違いはありますが、そのほとんどが下記の様な内容の条件となっています。

  • 他社からの乗り換え
  • au光回線(ずっとギガ得プラン)加入
  • 光電話に加入
  • 代理店指定プロバイダ+弊社指定オプションに加入
  • 即日申込が条件
  • au光スタートサポート上乗せキャッシュバック

上記の様な条件で11万円の割り引きとなり、その他初期工事費用の割引サービス37,500円を含めて合計147,500円の割引といった内容です。

実はこの割引がくの全てが代理店での割引ではなく、代理店で割引がされるのは11万円までとなり、初期工事費用の割引サービスはau光公式の割引となります。

高額キャッシュバックにある裏側

au光を扱う代理店で行なっている高額キャッシュバックですが、これだけの割引が可能なのもそこにはからくりがあり、高額キャッシュバックが貰えるからといって必ずしもお得になるとは限りませんので、注意が必要です。

オプション申し込みなどの負担額

au光の代理店の場合には、オプションなどの申し込みを受ける度に、KDDIからインセンティブが支払われるといった契約になっています。インセンティブの金額は一律ではなく、au光の申し込み時に付けるオプションによって変動します。

例えば、申込者が多くのオプションを申し込めば、それだけ代理店側が受け取るインセンティブの金額も比例して加算されます。このインセンティブの一部を利用することで、お客さんに高額な割引キャンペーンを提供する事が可能になる、という仕組みとなっています。

言ってしまえば、高額な割引を受ける為には、たくさんのオプションを付けて申し込みをする必要がありますので、不必要なオプションで無駄に月額料金が高くなってしまう可能性も捨て切れません。

オプション無しで申し込んだ場合には、もちろん高額のキャッシュバックは適用されませんので、割引を受けられたとしてもごく一部のキャッシュバックのみとなってしまいます。

オプションは約束された期間利用する事で解約出来ることがほとんどですが、高額なキャッシュバックを受けたのにも関わらず、無駄なオプションに料金を支払っているのでは場合によっては、本末転倒となってしまいかねませんので注意が必要となります。

オプション無しの場合にもその内容に注意

最近の傾向としては、オプションの申し込み無しでも高額キャッシュバックを宣伝している代理店もあります。この場合、オプションとは別の条件が設定されている場合もありますので注意が必要です。

例えば下記のような条件が設定されていて、条件を満たせなければキャッシュバックの金額も減ってしまうという具合です。

  • 申込者を別に2~3名紹介する
  • 他社からの乗り換えで違約金がかかる場合
  • 申し込みをしたらキャンセルは不可能

悪質な代理店には注意

注意しておきたいのがau光を取り扱う代理店には悪質な代理店も少なからず存在しているという報告もあります。下調べなど、注意をしていないと最悪の場合にはキャッシュバックが全く受けられないという可能性もあり得ます。

普通、代理店でからのキャッシュバックを受け取る際には、開通後に別途申請が必要となります。

悪質な代理店の場合では、手続きの手順などを故意に複雑にして申請不備によるキャッシュバックの支払いを行わない代理店も少なくありません。

下記の様な事例が報告されています。

  • 申し込み時にキャッシュバックには別途申請が必要である事を伝えない
  • キャッシュバックの受け取り時期を遅く設定し、申込者の忘れた頃に申請書などを送付する
  • 回線開通後に連絡したところ、そっけない対応をし相手にしてくれない

代理店は、申し込み件数が売り上げに直結しますので、 回線が開通した後のお客さんに対する扱いが、変わってしまう事も良くあります。

報告されている事例の様に、説明をしっかりとしてくれなかったり、キャッシュバックがいつ受けられるのか分からない様な、代理店には注意が必要です。

申し込み時に信頼の置ける代理店なのかどうかを、ご自身でしっかりと判断する事が重要となります。

1 2