読了時間:約 2

2018年12月21日に発売されたばかりのASUS ZenFone Live(L1)。過去に発売されたシリーズも人気があり注目の新機種となっています。

今回はカラー展開も4色ありビジュアルも気になるところではありますが、まずは本当に買って損のない機種なのかどうか、スペック比較や性能評価など実際使用している方の口コミなども絡めながらレビューしていきます。

購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

画像引用元:ZenFone Live (ZB501KL) | スマートフォン | ASUS 日本

ASUS ZenFone Live(L1)のスペック


画像引用元:https://jp.store.asus.com/store/asusjp/ja_JP/pd/ThemeID.4850018000/productID.5235555500

まずは肝心のスペックからチェックしていきましょう。また同日発売のZenFone Max (M1)と過去に発売されたシリーズ中から代表的なものをピックアップし比較してみました。

ASUS ZenFoneシリーズで比較

 ZenFone Live(L1)ZenFone Max (M1)ZenFone5
OSAndroid 8.0Android 8.0Android 8.0
本体サイズ約147.2mm×71.7mm×8.1mm約147.3mm×70.9mm×8.7mm約153mm×75.6mm×7.7mm
重量約140g約150g約165g
SIMサイズnanoSIM×2nanoSIM×2nanoSIM×2
※内1つはmicroSDと排他利用
充電端子microUSBmicroUSBUSB TypeC
バッテリー持続時間連続待受時間:約611時間 (3G)、約888時間 (VoLTE)
連続待受時間:約880時間 (3G)、約920時間 (VoLTE)連続待受時間:約380時間 (3G)、約495時間 (VoLTE)
バッテリー容量3000mAh4000mAh3300mAh
CPUSnapdragon 430(1.4GHz、オクタコア)Snapdragon 430(1.4GHz、オクタコア)Snapdragon 636(1.8GHz、オクタコア)
メモリ2GB3GB6GB
ストレージ32GB32GB64GB
画面サイズ・解像度5.5インチIPS液晶
1440×720(HD+)
5.5インチIPS液晶
1440×720(HD+)
6.2インチIPS+液晶
2246×1080(FHD+)
外部メモリmicroSD×1microSD×1※SIM2と排他利用
Wi-FiIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/nIEEE802.11a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 4.0Bluetooth 4.2Bluetooth 5.0
カメラ機能アウトカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
アウトカメラ:1300万画素+800万画素
インカメラ:800万画素
アウトカメラ:1200万画素+800万画素
インカメラ:800万画素
対応バンドFDD-LTE:1/3/5/7/8/18/19/26/28
TD-LTE:38/41
W-CDMA:1/5/6/8/19
GSM:850/900/1800
/1900MHz
FDD-LTE:1/3/5/7/8/18/19/26/28
TD-LTE:38/41
W-CDMA:1/5/6/8/19
GSM:850/900/1800
/1900MHz
FDD-LTE:1/2/3/5/7/8/18/19/28
TD-LTE:38/39/41
W-CDMA:1/2/3/5/6/8/19
GSM:850/900/1800
/1900MHz
センサーGPS/GLONASS、加速度センサー、
電子コンパス、光センサー、近接センサー、
ジャイロスコープ
GPS/GLONASS、加速度センサー、
電子コンパス、光センサー、近接センサー、
ジャイロスコープ、指紋センサー
GPS/GLONASS、加速度センサー、電子コンパス、
光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、
指紋センサー、RGBセンサー、NFC

過去に発売されたシリーズの中からはZenFone5を代表として比較しました。ZenFone5は非常にスペックが高く人気の機種です。比較すると新しく発売されたZenFone Live(L1)はだいぶスペックがシンプルで最低限のものは搭載していますといった印象です。

また、同日発売されたZenFone Max (M1)よりもスペックは低く、高スペック機種を望んでいた方から見ると正直拍子抜けといったところではないでしょうか。

とは言え、ZenFone Live(L1)の処理能力に関しては1.4GHz×4(クアッドコア)を搭載しているので性能は高い方です。また、他にも魅力的な要素はもちろんあります。スペック表から特徴的な項目ごとにより掘り下げて見ていきましょう。

DSDS対応

DSDSとは”デュアルシムデュアルスタンバイ(Dual SIM Dual Standby)”の略称で、2枚のSIMカードを装着し同時に待ち受けができる機能です。一般的にシムフリースマートフォンに装備されることが多い機能です。

ただし2枚同時に待ち受けができるものの同時に通信ができるわけではありません。どちらか一方を使用している時にもう一方は使うことができません。

例えば1枚のSIMでデータ通信中に、もう1枚のSIMに着信があった場合その電話を取ることはできますが、通話しながら何かをインターネットで検索するということはできません。

しかし、2枚のSIMを利用することができれば番号を2つ持つことができたり、多数ある格安SIM会社の契約を上手く組み合わせて毎月の月額使用料を安く抑えることも可能です。

今回ZenFone Live(L1)にもDSDSは対応しています。ぜひ活用したい機能です。

メモリは2GB、ストレージは32GB

ZenFone Live(L1)のメモリは2GB、ストレージは32GBとなっています。近年高スペック化が激しい最近のスマートフォンは少なくともメモリ3GB以上、ストレージも倍の64GB以上のものが増えています。

そういった近年の傾向に比べるとここ最近のスマートフォンの中では心もとない容量と言えます。高画質な動画を本体保存する場合すぐにいっぱいになってしまう可能性もあります。

ただ、動作に関してはインターネットの検索・閲覧や、メールチェック、メッセージアプリでのやり取りなどであれば、特に問題ありません。立ち上がりや動作の機敏性を気にする方は多少不満が出るかもしれません。

また、データの重たいゲームや、複数のアプリを立ち上げて作業をされる場合は処理に時間がかかる可能性があります。

5.5インチディスプレイ

最近は6インチ近いディスプレイの機種が多いですが、ZenFone Live(L1)は5.5インチです。決してとってもコンパクトというわけではありませんが、程よい大きさではないでしょうか。

iphoneで例えるとiPhone 8 PlusやiPhone 7 Plusなどが同じようなディスプレイサイズです。画面横のベゼル幅は狭いですが、画面上下はには黒いフチがあり全面フルディスプレイではありません。

イヤホンジャックやUSB端子

ZenFone5ではUSB Type-Cが採用されていましたが、ZenFone Live(L1)のUSB端子はmicro USBとなっています。

USB Type-Cが今回も採用されていれば、充電器などのケーブルが両面どちらを向いていても挿せるので便利でしたが残念です。ですが特に不便というわけでもないのでそこまで気にする点ではないでしょう。

また、イヤホンジャックはしっかり装備されているので有線タイプのイヤホンも使用できます。最近はイヤホンジャックがないタイプも増えてきていますが、やっぱり直接させる方が安心です。

バッテリー持ち

ZenFone Live(L1)のバッテリー容量は3000mAhとなっており、比較的容量が多く長持ちです。他のスマートフォンと比べてもバッテリー消費が少なく特に負荷をかける作業でなければ2日ほどは持つと言われています。

2日ほど持つと長時間のインターネット検索やSNS閲覧ぐらいであれば、バッテリーの残量を気にすることなく使用できます。

大手3キャリアにも対応

  • FDD-LTE:B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28
  • TD-LTE:B38/B41(キャリアアグリゲーション:非対応)
  • W-CDMA:B1/B5/B6/B8/B19
  • GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
  • ZenFone Live(L1)は多くの周波数に対応しているため格安SIMだけではなく、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアのSIMも対応しています。すでに3キャリアで契約のお持ちの方で端末だけ購入したい方も問題なく使用可能です。

    購入しやすい低価格帯

    ZenFone Live(L1)の魅力の一つに購入し易い価格設定があります。ASUSの公式サイトで購入する場合価格は16,800円(税抜)です。送料が別途700円かかりますが合わせても非常に購入し易い価格ではないでしょうか。

    ASUS公式サイトでの購入は端末のみの販売なので、SIMは別で契約する必要があります。すでに契約回線をお持ちの方は公式サイトでの購入をおすすめします。

    気になる+αの便利機能

    最近のスマートフォンには当たり前のように装備されている各種便利機能ですが、ZenFone Live(L1)は価格がお手頃なこともあり各種便利機能がどこまで使えるのか気になるところです。

    防水・防塵

    ここ最近の機種はiPhoneを始め海外メーカーのスマートフォンも防水・防塵対応がほとんどです。今やあらゆる場所に持ち出して使うのに防水・防塵機能は必須という方も多いでしょう。

    1 2