docomo with ドコモ 機種の評価・レビュー
読了時間:約 2

arrows Be F-04Kはドコモの2018年夏モデルの機種です。5月25日より発売しています。

arrowsは富士通らしい国産スマホとして元々定評のある機種ですが、arrows Be F-04Kはdocomo withの対象機種ということもあってこれまで以上に注目を集めています。

docomo withとは、ドコモが指定した機種を使うことで月々の料金がずっと1,500割引になるというサービスです。いわゆる「2年縛り」の割引でもなく、ただ指定された機種を使うだけという手軽さから多くのユーザーが利用しています。

このページでは、そんなdocomo withの対象となっているarrows Be F-04Kについて、長所も短所も含めた辛口のレビューを行っていきます。

ドコモ公式ショップ

arrows Be F-04Kのスペック

スペック表 arrows Be F-04K
OS AndroidTM 8.1
CPU SDM450
1.8GHz
RAM 3GB
ROM 32GB
外部ストレージ microSD:2GB
microSDHC(UHS-I):32GB
microSDXC(UHS-I):400GB
大きさ 約144mm(高さ)×約72mm(幅)×約8.3mm(厚さ)
重さ 約146g
ディスプレイ 約5.0インチ(解像度1,280×720)
背面カメラ 裏面照射積層型CMOS/約 1220万画素
正面カメラ 裏面照射型CMOS/約 500万画素
バッテリー容量 2,580mAh
防水・防塵 IP68等級
ヘッドフォンジャック あり
おサイフケータイ 対応
ワンセグ//フルセグ 対応
カラー White、Black、Pink
値段 33,696円(税込)

arrows Be F-04Kのメリット


それでは、arrows Be F-04Kのメリットから見ていきましょう。

とにかく頑丈なスマホ!

arrows Be F-04Kは頑丈さが自慢のスマホです。ただ耐衝撃というだけでなく、画面割れに強い仕様になっています。

富士通の行った実験によれば、高さ1.5メートルからコンクリートに落下させても画面が割れなかったといいます。1.5メートルというのは、日本人の成人男性がスマホを耳に当てた際の平均となる高さです。

スマホといえば今でもデリケートなイメージが強く、特に画面には多くのユーザーが別売りのガラスフィルムを貼るなどしているのが現状です。画面割れというのはそれだけユーザーにとって身近で恐るべき故障のひとつだからです。

そんな中にあって、スマホ本体が画面割れ対策をしてくれているというのは非常に心強いです。わざわざ画面フィルムや本体を覆うケースを買ったり付けたりする必要ありません。

ただし、富士通は無故障や無破損を保証しているわけではありません。あくまで実験では大丈夫だったということです。

最高級の防塵・防水性能

arrows Be F-04Kの頑丈さは、防塵・防水性にも現れています。保護等級はIP68です。IP68というのは、防塵性能が等級6、防水性能が等級8であることを示しています。

防塵の等級6というのは最高級

等級 種類 説明
PI0X 無保護
特に保護されていない。
IP1X
50mmより大きい固形物に対する保護
直径50mmを超える固形物体が内部に侵入しない状態。
例えば手などが誤って内部の充電部や可動部に接触する恐れがない。
IP2X
12.5mmより大きい固形物に対する保護
指先、または長さが80mmを超えない指先類似物が内部の充電部や可動部に接触する恐れがない。
直径12.5mmを超える固形物体が内部に侵入しない。
IP3X
2.5mmより大きい固形物に対する保護
直径または厚さが2.5mmを超える工具やワイヤなどの固形物体が内部に侵入しない。
IP4X
1.0mmより大きい固形物に対する保護
直径または厚さが1.0mmを超えるワイヤや鋼帯などの固形物体の先端が内部に侵入しない。
IP5X 防塵形
粉塵が内部に侵入することを防止する。若干の粉塵の侵入があっても正常な運転を阻害しない。
IP6X 耐塵形
粉塵が内部に侵入しない。

防水の等級8というのも最高級

等級 種類 説明
PIX0 無保護
特に保護されていない。
IPX1
滴下する水に対する保護
1ミリメートル毎分の水を10分間鉛直落下しても有害な影響を受けない。
IPX2
15°傾斜したとき落下する水に対する保護
正常な取付位置より15°以内の範囲で傾斜したとき、3ミリメートル毎分の水を各方向から2.5分間ずつ、計10分間鉛直に落下する水滴によって有害な影響を受けない。
IPX3
噴霧水に対する保護
鉛直から60°以内の角度で、0.07リットル毎分の水量で10分間噴霧上に落下する水によって有害な影響を受けない。
IPX4
飛沫に対する保護
いかなる方向から0.07リットル毎分の水量で5分間水が飛沫しても有害な影響を受けない。
IPX5
噴流水に対する保護
いかなる方向から12.5リットル毎分の水流水を外皮表面積1平方メートルあたり1分間、合計3分間以上直接噴流させても有害な影響を受けない。
IPX6
波浪に対する保護
波浪またはいかなる方向から100リットル毎分の水流水を外皮表面積1平方メートルあたり1分間、合計3分間以上直接散水しても有害な影響を受けない。
IPX7
水中への浸漬に対する保護
水深1メートルの水槽に機器を30分間没しても浸水しない。
IPX8
水没に対する保護
製造者によって規定される条件に従って、連続的に水中に置かれる場合に適する。原則として完全密閉構造。

このように、防塵についても防水についても最高級であることがわかります。どちらも最高級というのは防水・防塵とされているスマホでも決して当たり前ではありません。

例えばiPhone 8/8 Plus、iPhone Xであっても等級はIP67です。

ハンドソープでも洗えるほどの防水性


画像引用元: https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/f04k/

arrows Be F-04Kの防水の等級が最高の8であることはお伝えしたとおりですが、なんと富士通はarrows Be F-04Kがハンドソープでも洗えることをアピールしています。

通常、防水の等級が8であっても、常温の真水に限るなど厳しい条件が課されていることが多いです。ハンドソープでも洗えるなどとアピールする機種は他にないのではないでしょうか。

一説には、スマホはトイレの便座よりも汚いなどとも言われています。そういったことを心配するユーザーのための洗剤耐性なのかもしれませんね。

実際に泡タイプのハンドソープで洗ってみましたが、トラブルなくキレイにすることができました。

ただし、

国内メーカー製の家庭用泡タイプのハンドソープあるいは国内メーカー製の家庭用液体タイプの食器用洗剤を使って洗うことができます(富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社試験方法による)

とあるように、どんな洗剤でも使えるわけではありません。また、これも無故障を保証しているものではありません。

お手軽に文字を拡大表示できる

arrows Be F-04Kは電源キーをなぞるだけで、表示されている文字や画像のサイズを拡大したり縮小したりできます。中高年の方など、目の良くないユーザーへの配慮です。

すっきりしたコンパクトボディ

arrows Be F-04Kは、昨今のスマホに比べて大きくなく、持ちやすいスマホです。ディスプレイサイズは約5.0インチです。

ディスプレイ 高さ 厚さ 重量
arrows Be F-04K 約5.0インチ

約144mm

約72mm

約8.3mm

約146g
iPhone 8 約4.7インチ

約138.4mm

約67.8mm

約7.3mm

約148g

上の表は、比較的サイズの近いiPhone8と比べた場合です。ディスプレイサイズがarrows Be F-04Kの方が大きい分、本体サイズもiPhone 8よりはやや大きい程度となっています。

ただ、arrows Be F-04Kは頑丈なので、スマホケースを付けなくても安心して使用できるというメリットがあります。何もつけない素の状態で使えるというのはサイズ面にも影響します。

どんなスマホでも、ケースを付けてしまうと一回り以上大きい状態で使うことになります。そして、何も付けずにスマホを使用する勇気のあるユーザーは少ないと思います。

しかしarrows Be F-04Kならば何も付けなくても故障の心配が少ないので、素の状態で使うことができます。つまり、本当に約144mm(高さ)×約72mm(幅)×約8.3mm(厚さ)、重さ約146gというサイズで使うことができるのです。

本来のデザインそのままに使えることは、arrows Be F-04Kの大きなメリットと言えるでしょう。

400GBまでのmicro SDを挿入可能

arrows Be F-04Kの内部ストレージ(ROM)は32GBと少なめですが、microSDを挿入することで拡張が可能です。400GBのmicroSDXCまで対応しています。

そのため、arrows Be F-04Kの内部ストレージ(ROM)は実質432GBにまで増量できます。これだけあれば滅多なことではいっぱいにならないでしょう。

写真や動画をスマホで管理したい方も安心して保存しておけます。また、機種を買い換えることになった際も、microSDを新機種に挿し替えるだけで済むのでお手軽です。

イヤホンジャックが搭載されている

arrows Be F-04Kにはイヤホンジャックが搭載されています。近年はiPhoneを中心にイヤホンジャックを廃止する流れが作られていますが、arrows Be F-04Kは廃止していません。

確かにワイヤレスイヤホンなどが普及してきているとはいえ、まだまだ有線のものを使っている方が多いのも事実です。そういった需要にarrows Be F-04Kは応えてくれます。

夜景もキレイに写せるカメラ


画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/f04k/

arrows Be F-04Kは高精度のオートフォーカス機能を有しています。これによって難しい設定をしなくても自動的にピントを合わせてくれます。

そのため、夜間などで周囲が暗くても、素早く正確なピント調整がされ、明るくキレイに撮影することができます。富士通はこれを「一眼レフ技術」とアピールしています。

値段が税込33,696円

arrows Be F-04Kは値段のお手軽さも魅力的です。その値段は税込33,696円となります。

昨今のスマホとしてはほとんど最低限に近い金額ですね。これに加えてarrows Be F-04Kはdocomo with対象機種ですので、出費を抑えたい方にはうってつけの機種です。

docomo withは本当にお得?詳しい割引内容とメリット

arrows Be F-04Kのデメリット


それでは今度は、arrows Be F-04Kのデメリットについて挙げていきたいと思います。

ディスプレイの解像度が1,280×720しかない

arrows Be F-04Kは約5.0インチディスプレイですが、解像度は1,280×720しかありません。これは相当低いです。

この解像度だと、肉眼でも画質などが粗いのが気になる方は少なくないと思います。せめて、最低でも1,920×1080のフルHDは欲しいところでした。

今はフルHDを超える解像度のスマホも珍しくない中、1,280×720というのはあまりに弱々しいです。

CPUがSnapdragon 450

arrows Be F-04KのCPUはSnapdragon 450です。これは、ミドルレンジ機としても控えめなCPUです。

そのため、arrows Be F-04Kに高速・高度な処理を要求することはできません。とてもサクサク動くとは言えません。

あくまでも携帯電話として使用するだけならば問題ないですが、ゲームアプリや地図アプリといった高度な処理を必要とするものの動作は心許ないです。

カメラも実は標準レベル

メリットのところでも挙げたカメラ性能ですが、実は他のスマホと比較してしまうと、特別に優れているとは言い難いものです。背面カメラの約1,220万画素、正面カメラの約500万画素というのは、近年のスマホとしては本当に最低限のレベルです。

富士通はカメラ性能もアピールポイントにしていますし、arrows Be F-04K単体で見れば決して悪くありません。しかし他のスマホもカメラ性能に力を入れていることを考えると、カメラ性能を理由にarrows Be F-04Kを買うことはオススメできません。

頑丈さと安さを求めるならオススメの機種!

ここまで見てきたことをまとめると、arrows Be F-04Kは頑丈さと安さを求めている方にオススメできる機種となります。特に頑丈さについては、これ以上の機種を国内で探すのは難しいでしょう。

これだけ頑丈であれば、アウトドアにも向いています。実際、富士通も様々な過酷な環境での使用を想定しているそうです。泥などを被ってしまってもハンドソープで洗えるので嬉しいですね。

スマホを落として画面を割ってしまった経験がある方には是非紹介したい機種です。

ただし、普段からゲームアプリなどをがっつり起動させるスマホのヘビーユーザーにはオススメできません。ヘビーユーザーにとっては処理能力が低すぎます。ディスプレイの解像度の低さも気になります。

そうは言っても、携帯電話として普段使う分にはまったく問題ありません。文字拡大機能など、中高年への配慮もあります。

以上のことから、arrows Be F-04Kはスマホのライトユーザーにオススメできる機種です。キャンプや登山用のサブ機として購入するのもありですね。

arrows Be F-04Kを使用される際は、docomo withの申込みも忘れないようにしてください。

ドコモ arrows Be F-04Kを購入するならドコモ公式ショップを利用しましょう。頭金や事務手数料が基本無料待ち時間なしで手続きすることができます。

ドコモの2018年夏モデルは11機種!ラインナップを紹介

ドコモから発売される2018年夏モデルを紹介しています。この記事で取り上げているarrows以外に、定番のXperiaとgalaxy、今注目のHUAWEI(ファーウェイ)や根強い人気のAQUOSなど、たくさんあります。
こちらの記事でまとめて詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。
ドコモの最新スマホに機種変更するならおすすめはコレだ!【2018年夏モデル】

トップ画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/f04k/

Pocket