読了時間:約 2

近年、ディスプレイ性能の向上とともに大画面化が著しいスマートフォン。iPhoneやGalaxyなど人気のハイエンド機も軒並み大きなサイズを採用しています。

一方、片手で容易に操作できるコンパクト機への需要も高まっており、そんなニーズにも応えるべく、2019年春に登場予定なのがAQUOS R2 compact

2018年6月に発売されたシャープのハイエンドモデル・AQUOS R2のスペックをそのままに、「131×64mm」まで小型化されたR2 compactは、使いやすさを追求した期待のモデルです。

本記事では、そんなAQUOS R2 compactを一足先に徹底レビューし、その実力に迫ります。

片手持ちで操作性抜群の最新コンパクトスマホ おすすめ6機種

AQUOSシリーズって?


AQUOSシリーズは、家電メーカーのシャープが発売しているAndroidスマートフォン。

一時は低迷していたシャープですが、2016年に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入り改革を敢行しました。

それまではキャリアごとにバラバラの機種を提供していたスマートフォンも、2017年からは「AQUOS R」に一本化

フラグシップ機のAQUOS Rと、ローエンドモデルのAQUOS senseがどちらも出荷台数100万台を突破し、たちまち国内スマホ市場でアップルに次ぐ2位の座を獲得しました。

国内スマホユーザーの認知度も高まっており、依然として好調をキープしています。

AQUOS Rがフラグシップモデル

AQUOSのなかでもシリーズを代表するフラッグシップ機として発売されるのが「AQUOS Rシリーズ」。

初代AQUOS Rは2017年7月に発売され、シャープ躍進の火付け役となりました。

後継機のAQUOS R2は約1年後の2018年6月にリリース。処理性能やディスプレイの大型化など、よりハイエンドモデルらしい正当な進化を遂げています。

AQUOS senseはdocomo with対象機種としてヒット


画像引用元:ディスプレイ|AQUOS sense SH-01K|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

AQUOS Rと並んでヒットしたのが、ローエンドモデルの「AQUOS senseシリーズ」。

初代AQUOS senseはdocomo with対象機種として販売されたのも追い風となり、廉価ながら使いやすいコスパの良いモデルとしてヒットを記録しました。

AQUOS sense liteやAQUOS sense plusといった派生モデルは、格安SIMなどでも多く取り扱いがあり、キャリア以外でも人気を獲得しています。

最新モデルのAQUOS sense2も今冬リリースとなります。

AQUOS R compactシリーズは根強い人気のあるコンパクトモデル

本記事で紹介する「AQUOS R compactシリーズ」は、小型かつ軽量で片手でも使いやすいのが魅力のモデル

数年前のモデルながら、iPhone SEが未だに一定の支持があるように、小さめの機種も根強いニーズがあります。

AQUOS R2 compactはスペックはハイエンド相当のままコンパクト化した完成度の高いモデルなので、iPhone SEやXperia compactなどのユーザーも乗り換えを検討してみる価値があります。

また、有機ELを搭載したハイスペック機でありながら、146gの超軽量をコンセプトとした若干異色なAQUOS zeroも12月14日から予約受付をスタートしました。

どのシリーズにも属していない機種ですが、こちらも注目の機種といえるでしょう。

AQUOS R2 compactの特徴は?


画像引用元:デザイン|AQUOS R2 compact|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

2018年も国内スマホ販売台数でアップルに次ぐ2位を維持するシャープは、フラグシップモデルの「AQUOS Rシリーズ」、docomo with対象機種でもあるローエンドモデル「AQUOS senseシリーズ」、ハイエンド機ながら軽さにこだわった「AQUOS zero」など幅広いラインナップを展開しています。

今回紹介する「AQUOS R2 comapct」は、AQUOS Rシリーズをベースにしたコンパクトモデルで、2019年1月中旬以降にソフトバンクから発売予定のAndroidスマホ。

SIMフリー機としてリリースの噂も流れていますが、今のところドコモ・auでの取り扱いは発表されていません。

片手で操作できるサイズ感が魅力

最新のスマホはもはや男性でも両手で操作する端末になりつつありますが、AQUOS R2 compactは、ハイエンド機のスペックを備えながらも、片手にすっぽりと収まるサイズ感が魅力の機種。

本体のサイズは「約131(縦)×64(幅)× 9.3(厚み)mm」となっており、iPhone XRが「約150.9(縦)×75.7(幅)× 8.3(厚み)mm」、Xperia XZ3が「約158(縦)×73(幅)× 9.9(厚み)mm」であることを考えても、コンパクトさという部分では抜きんでています。

体感的には幅が6.5mmを切ってくるとはっきりと持ちやすさを実感でき、文字入力など片手での操作が容易な印象を受けます。

加えて、重さも約135gとスマホとしては最軽量の部類に入り、実用性に優れたモデルといえるでしょう。

ディスプレイは5.2インチのハイスピードIGZOを採用


画像引用元:ディスプレイ|AQUOS R2 compact|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

サイズ感の割にディスプレイは意外なほど大きい5.2インチ

サイズがほぼ同程度であった前モデルのAQUOS R comapctの4.9インチから、ダブルノッチデザインを採用したことで大画面化に成功しています。

ダブルノッチの形式もAndroid 9.0で既に対応済み。ナビゲーションバーが表示される領域なので、普段使っていて機能面でのネックになることはありません。

他社の機種ではあまり見ない特徴的な下部のノッチには、指紋センサーを搭載。

「ホームボタン」「戻る」などのジェスチャー操作に対応し、片手での操作をサポートしてくれるのも、機種のコンセプトにしっかり合致しています。

液晶にはAQUOSシリーズでお馴染みのハイスピードIGZOパネルを採用。

120Hz駆動の滑らかな操作感とレスポンスの良さは、ハイスピードIGZOならではです。

処理性能はハイエンドモデル相当

前モデルAQUOS R compactでは、CPUにSnapdragon 660とミッドレンジ向けのものを搭載していましたが、R2 compactでは、CPUにクアルコム製のSnapdragon 845を採用。メモリは4GB、ストレージは64GBを搭載と、処理性能はハイエンドモデルに相当します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2