Apple Watch Series 6とApple Watch SEの評価レビュー|スペック比較

Apple Watch Series 6とApple Watch SEの評価レビューをして価格・スペック・機能を比較していきます。新機能がついて更に価格が安くなったApple Watch SEはコスパが非常によく、人気がでています。シリーズでどれにするか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

  • 2020年10月29日
Apple Watch Series 6とSE

2020年9月16日に、AppleよりApple Watchの新シリーズとなる「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」が発表されました。

今回のシリーズでは、Retinaディスプレイの常時表示や血中酸素濃度の測定など、より快適なスマートウォッチ体験が楽しめると期待が高まっています。

今回は、Apple Watch Series 6とApple Watch SEの発売日・価格・スペック・機能を比較しながら評価レビューを行います。

Apple Watch Series 6/SEの発売日

Appleからの発売日
  • 予約開始日:2020年9月16日(水)
  • 発売日:2020年9月18日(金)
ドコモ・au・ソフトバンクからの発売日
  • 予約開始日:2020年9月17日(木)
  • 発売日:2020年9月23日(水)

Appleからの「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」の発売日は、2020年9月18日(金)

ドコモ・au・ソフトバンクからの「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」の発売日は、2020年9月23日(水)です。

どちらもすでに発売開始されており、Apple Watchの新モデルとして注目を集めています。

Apple Watch Series 6/SEの価格を評価レビュー

では、はじめに「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」の価格を比較しながら評価レビューします。

(GPSモデル)の価格

機種Apple Watch Series 6Apple Watch SE
40mm42,800円〜29,800円〜
44mm45,800円〜32,800円〜

(GPS+Cellularモデル)の価格

機種Apple Watch Series 6Apple Watch SE
40mm53,800円〜34,800円〜
44mm56,800円〜37,800円〜

Apple Watch Series 6とApple Watch SEのケースサイズは、40mm・44mmの2種類が発売されています。

GPS+Cellularモデル
Apple WatchのGPS+Cellularモデル

また、それぞれ2つの通信方式があります。

  • GPSモデル:+iPhoneで通信OK
  • GPS+Cellularモデル:Apple Watchだけで通信OK

Apple Watch Series 6の価格は、最も安いタイプで42,800円〜(40mm|GPS)、最も高いタイプで56,800円〜(44mm|GPS+Cellular)となっています。

一方、Apple Watch SEの価格は、最も安いタイプで29,800円〜(40mm|GPS)、最も高いタイプで37,800円〜(44mm|GPS +Cellular)となっています。

価格だけを比較すると、Apple Watch Series 6よりもApple Watch SEの方が約1万円以上安いことが分かります。

Apple Watch Series 6/SEのスペックを評価レビュー

常時表示ディスプレイ
Apple Watch Series 6の常時表示ディスプレイ

続いて、Apple Watch Series 6とApple Watch SEのスペックを比較しながら評価レビューします。

Apple Watch Series 6/SEのスペック
モデルApple Watch Series 6Apple Watch SE
サイズ(40mm)縦40mm×横34mm×厚さ10.4mm
(44mm)縦44mm×横38mm×厚さ10.4mm
ケース重量(アルミ/ステンレス/チタ)(40mm)30.5/39.7/34.6g
(44mm)36.5/47.1/41.3g
(GPS)30.49g
(GPS + Cellular)30.68g
チップS6 SiP(64bit)S5 SiP(64bit)
ワイヤレスチップW3
ディスプレイ(40mm)324 x 394ピクセル
(44mm)368 x 448ピクセル
常時表示ディスプレイ×
ストレージ32GB
Wi-Fi802.11b/g/n 2.4GHz、5GHz802.11b/g/n 2.4GHz
バッテリー最大18時間

サイズ

  • 40mm:縦40mm×横34mm×厚さ10.4mm
  • 44mm:縦44mm×横38mm×厚さ10.4mm

Apple Watch Series 6とApple Watch SEのサイズは、40mm・44mmどちらも同じです。

また、Apple Watch Series 6の重さは30.5〜41.3g、Apple Watch SEの重さは30.49〜30.68g

Apple Watch Series 6のみ、ケースの素材が選べるため、素材によって重さが異なります。

チップ

Apple Watch SEでは「S5 SiP」を採用していますが、Apple Watch Series 6では「S6 SiP」を採用しています。

「S6 SiP」は、「S5 SiP」に比べて最大20%高速に動作を行うことが可能。

加えて、Apple Watch Series 6ではU1チップが搭載されているため、ウルトラワイドバンド(超広域)にも対応しています。

動作の速度やスムーズさを重視するのであれば、Apple Watch SEよりもApple Watch Series 6がおすすめです。

ディスプレイ

  • 40mm:324 x 394ピクセル
  • 44mm:368 x 448ピクセル

ディスプレイのピクセル数は、Apple Watch Series 6とApple Watch SEに差はありません。

ただ、常時表示ディスプレイの有無が異なります。

Apple Watch Series 6では常時表示Retinaディスプレイを利用することができますが、Apple Watch SEでは利用できません。

常にディスプレイを表示しておくことで、わざわざ手を動かさなくても情報をチェックすることが可能に。

通勤電車内や自転車、バイクの運転中でもササっとディスプレイを確認することができます。

Wi-Fi

Apple Watch Series 6では、2.4GHzと5GHzのWi-Fiに対応

これまで未対応だった、5GHzにも接続が可能になったことで、より安定した高速通信を利用できるようになりました。

一方、Apple Watch SEは2.4GHzのみの対応に。

最低限の通信環境でも問題ないならApple Watch SE、より安定した通信環境を求めるならApple Watch Series 6が適しています。

Apple Watch Series 6/SEの機能を評価レビュー

Apple Watch Series 6 デザインのイメージ
Apple Watch Series 6 デザインのイメージ

次に、Apple Watch Series 6とApple Watch SEの機能を比較しながら評価レビューします。

Apple Watch Series 6/SEの機能
モデルSeries 6SE
カラーシルバー
スペースグレイ
ゴールド
ブルー
(PRODUCT)RED
グラファイト
スペースブラック
チタニウム
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
素材アルミニウム
ステンレススチール
チタニウム
アルミニウム
機能・GPS+Cellularモデル
・Retinaディスプレイ常時表示
・(第2世代)光学式心拍センサー
・電気心拍センサー
・血中酸素ウェルネスセンサー
・ワークアウト記録
・ファミリー共有設定
・睡眠アプリ
・手洗いの自動検出
・耐水50メートル
・GPS+Cellularモデル
・(第2世代)光学式心拍センサー
・ワークアウト記録
・ファミリー共有設定
・睡眠アプリ
・手洗いの自動検出
・耐水50メートル

カラー・素材

Apple Watch Series 6のカラー・素材
  • アルミニウム:シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ブルー、レッド
  • ステンレススチール:グラファイト、シルバー、ゴールド
  • チタニウム:チタニウム、スペースブラック

Apple Watch Series 6では、カラーバリエーションや素材が豊富です。一方、Apple Watch SEでは、素材1種類(アルミニウム)、3色(シルバー、スペースグレイ、ゴールド)の中からしか選べません。

Apple Watch SEで提供される3色で満足したり、カラーにこだわりがなかったりする場合には、Apple Watch SEで問題ないでしょう。

ただ、ファッショナブルにカラーや素材にもこだわって選びたい!という人には、Apple Watch Series 6が適しています。

GPS+Cellularモデル

Apple Watch Series 6、Apple Watch SEのどちらも「GPS+Cellularモデル」が提供されます。

「GPS+Cellularモデル」は、Apple Watch自体に携帯電話通信機能が内蔵されているモデルのこと。そのため、iPhoneを別途持っていなくても、Apple Watchのみで電話・メール・通知などを利用することができます。

ヘルスケア機能

血中酸素ウェルネスセンサー
Apple Watch Series 6の血中酸素ウェルネスセンサー

Apple Watch Series 6では、新たに2種類の新たなヘルスケア機能が搭載。

  • 血中酸素ウェルネスセンサー
  • 電気心拍センサー(2020年10月現在、日本での使用不可)

「血中酸素ウェルネスセンサー」で血中酸素濃度を測定、「電気心拍センサー」で心電図を利用することが可能に。

より健康に気を遣いたいという人にぴったりな新機能です。

耐水性能

Apple Watch Series 6とApple Watch SEは、ともに50mの防水性能を備えています。そのため、プールや海など浅水でApple Watchを利用しても、問題ありません。

Apple Watch Series 6を評価|買うべき?

Apple Watch Series 6
Apple Watch Series 6

ここからは、Apple Watch Series 6を買うべきかどうかについて理由とともに考えていきましょう。

Apple Watch Series 6を買うべき理由
  • ヘルスケア機能が充実している
  • カラーバリエーションが豊富
  • Apple Watchを頻繁に利用する

Apple Watch Series 6のメリットとして「Retinaディスプレイ常時表示」「血中酸素ウェルネスセンサー」「電気心拍センサー」など、ヘルスケア機能や常時ディスプレイ表示が挙げられます。

健康に関心があり、定期的により深く自分のコンディションをチェックしたい人や、通勤中や移動中にもApple Watchで通知を確認したい人などにおすすめです。

また、カラーバリエーションが豊富であるため、デザイン性にこだわりたい人ならApple Watch Series 6一択ではないでしょうか。

Apple Watch SEを評価|買うべき?

Apple Watch SE
Apple Watch SE

最後に、Apple Watch SEを買うべきかどうかについて理由とともに考えていきましょう。

Apple Watch SEを買うべき理由
  • 価格が安い/コストパフォーマンスに優れている
  • カラーやデザインにこだわりがない
  • 最低限の機能があればOK

一方、Apple Watch SEの魅力は、安い価格でありながらApple Watch Series 5と同じレベルの機能が搭載されておりコストパフォーマンスに優れている点。

新しいヘルスケア機能や常時表示ディスプレイではないものの、ワークアウトや睡眠記録、オーディオ機能などApple Watchの基本的な機能が備わっています。

ハイスペックな機能や、カラー、デザインにこだわりがなく、新しいApple Watchを安く購入したいという人におすすめです。

目的に合わせて新型Apple Watchを選ぼう!

今回は、2020年9月に発売開始となった「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」のスペックや機能、価格について比較しながらご紹介しました。

ハイスペックなApple Watchを購入したい人には「Apple Watch Series 6」、安い価格で最新のApple Watchを手に入れたい人には「Apple Watch SE」がおすすめです。

ヘルスケアやワークアウト、その他自分が想定する利用目的に合わせて、ぴったりの新型Apple Watchを選んでみてはいかがでしょうか。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
ny818
ny818
高校生から現在まで、auユーザーのフリーライター。 大学時代に携帯キャンペーンガールとして3年間働いていた経験があるため、 各キャリアのキャンペーン内容やスマホ機種の解説はお任せください。 どんな情報も分かりやすくお伝えしていきます!