読了時間:約 2

Apple Watchはバンドの付け替えが可能です。

その日の気分や予定、季節や服装によってApple Watchのバンドを付け替えることで、スポーツからビジネス、フォーマルからインフォーマルと幅広い場面に対応できる時計となります。

バンドの付け替えによる柔軟なデザイン性は、Apple Watchの人気の秘密の一端を担っているといっても過言ではありません。

Apple Watchをお持ちの方や、購入を検討されている方向けに、Apple Watchのおすすめバンド6点を紹介します。

Apple Watchについて


画像引用元:Apple Store公式サイト
2019年4月現在発売されているApple WatchはSeries3とSeries4です。

おすすめのバンドを紹介する前に、まずは、Apple Watchの特徴について説明します。

特徴

Series 4 Series 3
価格
(Apple Store)
GPS + Cellularモデル56,800円(税別)から
GPSモデル45,800円(税別)から
GPS + Cellularモデル42,800円(税別)から
GPSモデル31,800円(税別)から
チップ S4(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
W3(Appleワイヤレスチップ)
S3(デュアルコアプロセッサ搭載)
W2(Appleワイヤレスチップ)
ディスプレイ 44mm(368 x 448ピクセル)表示領域977ミリ平方㎜
40mm(324 x 394ピクセル)表示領域759ミリ平方㎜

感圧タッチ対応LTPO OLED Retina
ディスプレイ1,000ニトの輝度

42mm(312 x 390ピクセル)表示領域740ミリ平方㎜
38mm(272 x 340ピクセル)表示領域563ミリ平方㎜

感圧タッチ対応LTPO OLED Retina
ディスプレイ1,000ニトの輝度

厚さ 10.7mm 11.4mm
通信方式 LTE、UMTS(GPS + Cellularモデル)
Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz
Bluetooth 5.0
LTE、UMTS(GPS + Cellularモデル)
Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz
Bluetooth 4.2
電源 リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵(最大18時間) リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵(最大18時間)
容量 16GB 16GB(GPS + Cellularモデル)
8GB(GPSモデル)
素材とカラー ステンレススチール:シルバー/スペースブラック/ゴールド(GPS + Cellularモデル)
アルミニウム:シルバー/スペースグレイ/ゴールド
アルミニウム:シルバー/スペースグレイ
特徴 電気心拍センサー(高心拍と低心拍を検知)
光学式心拍センサー(第2世代) 光学式心拍センサー
ジャイロスコープ(転倒検出可能) ジャイロスコープ
加速度センサー 最大32G 加速度センサー 最大16G
スピーカー(50%大きい音量) スピーカー
GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
気圧高度計
耐水性能50メートル
マイクロフォン
Apple Pay
GymKit
Apple watchでできること
  • iPhoneの通知を受け取る
  • Apple Payで支払う
  • 音楽を聴く
  • フィットネスデータ・ヘルスケアデータの記録・管理
  • 道のナビゲート
  • 受電送電

Apple Watchは基本的にiPhoneとペアリングをした状態で利用します。

GPSモデルの場合、Apple Watch単体では電話の受信・送信やSMSアプリの利用はできません。

しかし、GPSモデル単体であっても、各種データの記録やApple Payでの支払いや、同期済みのプレイリストの曲の再生は可能です。

一方、GPS + Cellularモデルであれば、Apple Watch単体で常にiPhoneを持ち歩いている時と同様の利用が出来ます。

ただし、Cellularモデル単体でのデータ通信は電池消費量が激しいため、必要最低限の利用にとどめている方が多いように思います。

Series3とSeries4の違い

Series3とSeries4の違いは、主に下記の4点です。

  1. 価格
  2. ディスプレイ
  3. 電気心拍センサーの有無
  4. 転倒検出の可否

GPS + CellularモデルとGPSモデルともに、税抜きで1万円以上の価格差があります。

また、ディスプレイは大きさ以上に表示領域に違いがあります。

Series3の42ミリケースよりも、Sereis4の40ミリケースの方がより広い表示領域となります。

Series4には電気心拍センサーがあり、高心拍と低心拍を通知して不整脈検知が可能ですが、Sereis3にはその機能はありません。

また、Sereise4の進化したジャイロスコープでは転倒検出が可能となりました。

Apple watchのバンドについてまとめ
  • Apple Watchはバンドの付け替え可能で高いファッション性を持つ
  • GPS + CellularモデルはiPhoneとのペアリングなしで高機能が利用できるがバッテリーの消耗が激しい
  • GPSモデル単体でもデータ記録やApple Pay、同期済みの音楽再生が可能
  • Series3とSeries4は1万以上の価格差で、ディスプレイやセンサーに違いがある

次のページでは、Apple Watchバンドおすすめブランドをご紹介します。

1 2