Apple Pay(アップルペイ) iPhone スマホの使い方
Pocket

読了時間:約 2

お金の管理がしやすいデビットカードを日常使いしている人は多いでしょう。そんなデビットカードをApple Payで使うにはどうすれば良いのでしょうか。

ここではApple Payでデビットカードを使うために必要な設定の方法や使い勝手、銀行系デビットカードの人気が高まっている理由を解説します。

Apple Payでクレジットカードではなくデビットカードを使いたいという方は是非参考にしてみて下さい。

そもそもデビットカードはApple Payで使える?


Appleの公式サイトには「デビットカードに対応している」という旨の記載があるのですが、日本で提供されているApple Payではデビットカードを使うことは出来ません。

ただし、裏ワザとしてデビットカードをApple Payで使う方法が存在します。詳しい方法は後述しますが、モバイルSuicaを利用することで、疑似的にデビットカードの使用が可能となるのです。

JCBのデビットカードに対応予定


画像引用元:https://www.jcb.co.jp/
Appleは近いうちに日本でもApple Payでのデビットカードの利用を開始すると発表しています。詳しい時期は不明ですが、そう遠くないうちに日本でもApple Payでデビットカードが使えるようになるでしょう。

ただし、発表があったのはJCBのデビットカードのみです。VISAのデビットカードへの対応は未定であるため、現在VISAのデビットカードを使っている方は新しくJCBのデビットカードを準備しておく必要があります。

銀行系デビットカードが人気の理由


銀行系と銘打たれてはいるものの、そもそもデビットカードは銀行が発行するものであるため、すべてのデビットカードは銀行系であると言えます。

なぜわざわざ「銀行系」と表現するのかと言うと、クレジットカードとの違いを明確にしたいという意図があるためです。クレジットカードとデビットカードの違いは下記の通りですが、見て分かる通り両者の間には大きな違いが存在します。

具体的にはどのような違いがあるのか、そしてなぜデビットカードが人気なのか、じっくり見ていきましょう。

デビットカードってなに?

デビットカードとは決済をすると代金が銀行口座から直接引き落としされるカードのことです。使用限度額は銀行口座に預金されている金額に依存します。

かなり昔から存在しているデビットカードですが、ここ数年は銀行系デビットカードの人気が高まっており、メインのカードをクレジットカードからデビットカードに切り替える人も少なくありません。ここでクレジットカードとデビットカードの違いを見てみましょう。

 クレジットカードデビットカード
発行時の審査ありほとんどなし
支払い方法後払い即時払い(銀行引き落とし)
使用できる場所カードブランド加盟店カードブランド加盟店
発行元カード会社銀行
使用限度額カードにより異なる銀行預金残高と同額

あまり知られていませんが、デビットカードはクレジットカードが使える場所ならほとんどの場所で使えます。つまり、デビットカードの使い勝手はクレジットカードと同等と言っても過言ではないのです。

ただし、決済をするとすぐに銀行口座から代金が引き落とされる関係上、デビットカードは分割払いやリボ払いには対応しておらず、支払いは1回払いのみとなります。

デビットカードの魅力


画像引用元:http://www.kumamotobank.co.jp/personal/service/debit/lp2/index01.html

使いすぎ問題が起きない

クレジットカードのトラブルとしてよくあるのが「使いすぎ問題」です。自分の支払い能力を見誤ってクレジットカードを使いすぎてしまい、支払いをすることが出来ないというトラブルはよく耳にします。

しかし、デビットカードの使用限度額は前述の通り銀行口座の預金額に依存するため、使いすぎ問題が起きることはありません。

また、最近の銀行系デビットカードはアプリから預金の確認が出来るサービスを提供しており、お金の管理がしやすくなっています。この点も昨今の銀行系デビットカードの人気を後押ししている大きな要因のひとつと言えるでしょう。

審査が無く誰でも持てる

一部審査を行っている発行元も存在しますが、基本的にデビットカードの発行には審査が必要ありません。つまり、過去に金融事故を起こした人でもデビットカードを持つことが可能なのです。もちろん自己破産の経験があってもデビットカードを作ることが出来ます。

審査が存在しない理由は「後払いではなく即時払いだから」です。預金から決済代金を引き落とす仕組みのデビットカードではクレジットカードのように、カード会社の取りっぱぐれが起きません。そのため、発行元も安心して誰にでもデビットカードを発行出来るのです。

頻繁にATMへ行く必要がなくなる

現金での支払いを極力抑えてデビットカードでの支払いをメインにすると、ATMへ行く頻度が少なくなります。ATMに行かなくても良いということはつまり、「ATM手数料を節約できる」ということです。

また、Apple Payは数百万円単位の支払いには対応していませんが、デビットカード単体で使った場合は限度額無しで高額決済を行えます。

そのため、細かい支払いはApple Pay、大きな支払いはデビットカード単体で行うようにすると、振込手数料やATM手数料を大幅に節約することが可能になるのです。この点からデビットカードは支出を少しでも減らしたいという方に支持されています。

Apple Payに登録するならJCBがおすすめ

銀行系デビットカードをApple Payのメインカードとして利用するのなら、カードブランドはVISAではなくJCBを選んだ方が良いでしょう。

というのも、VISAはポイント還元率が低く、JCBデビットカードのほとんどが年会費無料なのに対して、1,000円前後の年会費が必要となるのです。

また、本来Apple Payは店頭・オンライン決済の両方で使用することが出来るのですが、VISAの場合店頭支払いのみの対応となっており、オンライン決済には対応していません。

せっかく支払いできる範囲の広いApple Payを利用するにも関わらず、店頭支払いしか出来ないとなるととても不便なので、Apple Payに登録するならJCBのデビットカードを選ぶようにしましょう。参考までにJCBのデビットカードを発行している銀行をご紹介します。

  1. 千葉銀行
  2. 北洋銀行
  3. 大垣共立銀行
  4. 楽天銀行
  5. 三菱UFJ銀行
  6. もみじ銀行
  7. 東邦銀行
  8. 西日本シティ銀行
  9. セブン銀行
  10. 京都銀行
  11. 沖縄銀行
  12. 七十七銀行
  13. イオン銀行
  14. 北九州銀行
  15. 名古屋銀行
  16. 紀陽銀行
  17. 熊本銀行
  18. 福岡銀行
  19. みずほ銀行
  20. 十六銀行
  21. 秋田銀行
  22. 愛媛銀行
  23. 北陸銀行
  24. 親和銀行
  25. 山口銀行

地銀の場合、デビットカードの発行に「〇〇県在住の方」と条件を付けていることがほとんどです。そのため、デビットカードを作る際はお住まいの地域の地銀もしくは三菱UFJ銀行やみずほ銀行などの全国展開を行う銀行から発行してもらうのが良いでしょう。

前述の通り、現在デビットカードはWalletアプリでの支払いに対応していないものの、JCBのデビットカードへの対応はすでにアナウンスされており、早ければ今年中にも対応が開始されます。

利用が可能になったらすぐに切り替えられるよう、デビットカードを作るならJCBのものを作っておくのが無難です。

銀行系デビットカードの設定方法


通常、Walletアプリにデビットカードを登録することは出来ませんが、モバイルSuicaを経由させるとApple Payでもデビットカードが利用可能になります

1 2