Apple Payの使い方|Apple Watchの設定・チャージ方法・使い勝手を徹底解説

「 Apple Watch 」ではiPhoneと同じように「 Apple Pay 」を利用することが出来ます。使用可能な電子マネーも Suica や QUICPay に iD まで対応と、iPhoneのApple Payとなんら変わりありません。

  • 2020年5月20日

Apple Watch」ではiPhoneと同じように「Apple Pay」を利用することが出来ます。使用可能な電子マネーもSuicaQUICPayiDまで対応と、iPhoneのApple Payとなんら変わりありません。

そんなApple Watchを使うために詳しい設定方法や、チャージの仕方だけでなく、Apple Warchの優れている点と弱点、またiPhoneとは何が違うのかをまとめたのでご覧ください。

「Apple Watch」とは何か

Apple Watchは、Apple社から2015年4月24日に発売された腕時計型のウェアラブル端末、つまり身に着けて歩けるコンピューターの事です。これらを総じて「スマートウォッチ」と言います。

優れたコンピューターを搭載しているApple Watchは、腕時計機能だけでなく、iPhoneと連動した機能も多く兼ね備えています。健康管理やアプリの通知、着信やメール通知までこのApple Watchは知らせてくれます。

公式での販売価格は最新型の「Apple Watch Series 3」を「38mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド」のセットで購入の場合49,464円。一つ旧型となる「Apple Watch Series 2」の場合は、40,000円程度となります。

また「スマートウォッチ」の一つであるApple Watchは、2017年のスマートウォッチシェア率で脅威の61%を達成。出荷されたウェアラブル端末の5本に1本はApple Watchだという統計も出ています。※米メディアMacRumors調べ

全世界で最も愛用されるスマートウォッチとして、Apple Watchにはさまざまなメリットがあります。

Apple Watchを身に着ける7つのメリット

Apple Watchを使用する事で確実に自由が広がります。海水浴を楽しみながら海の上で電話に出たり、音声アシスタント「Siri」に頼んでメッセージを送ったり、お気に入りの曲をランニング中に楽しむ事が出来ます。

Apple Watchなら、これら全てをiPhoneを家に置いての実現が可能です。Apple Watchだけを連れて外に出られる身軽さは、皆様をもっと自由にしてくれるでしょう。まず最初にApple Watchの持つ、7つのメリットについて紹介します。

1.支払いには手放せないほど便利!?

Apple Watchが支払いに便利な最大の理由は、iPhone(スマートフォン)を取り出さなくても決済出来る事にあります

読み取りの機械に腕をかざせば速やかな支払いが可能です。そのため荷物が多い時や、両手が塞がっているときでも、楽に支払いができるのが便利です。

2.Apple Watchなら天気も素早く確認可能

画像引用元:そら案内

Apple Watchで天気を確認することができます。文字盤に天気を表示させるにはカスタマイズが必要となりますので、あらかじめ設定しておきましょう。天気予報をチェックし忘れても、これなら安心ですね。

実際に文字盤に天気を追加する方法をお伝えします。この設定をしておけば、常にApple Watchは天気を知らせるツールになります。

  1. 文字盤を表示しているときに画面を強く押してから、「カスタマイズ」をタップ
  2. 文字盤の各機能を選択できる画面になるまで左にスワイプします
  3. 天気情報を表示したい場所をタップし、Digital Crownを回し「天気」を選択してください
  4. 全て完了後にDigital Crownを押します。

3.Apple Watchの高い耐水性と耐久性は折り紙付き


画像引用元:Apple Watch公式ページ

Apple Watchの最も新しいシリーズであるSeries3 Cellularモデルを購入の方は、本体ケースをアルミニウムケースか、ステンレスケースのどちらにするかを選択できます

画像では左がアルミニウムケース、右がステンレスケースとなります。アルミニウムケースはステンレスケースより価格にして20,000円ほど安価になりますが、耐久性は若干劣ります。

劣ると言ってもよほど特殊な状況で無ければその差はほとんどありません。厳しい耐久試験に潜り抜けた素材を使用し、信頼性のある一品となっています。

また耐水性に関してはApple社CEOのティムクック氏も「Apple Watchを着用したままシャワーを浴びても大丈夫」と自ら太鼓判を押すほど。実際にApple Watch Series 2 とApple Watch Series 3は本当にシャワーを浴びても平気なようです。

※ただし、これからApple Watch Series 1 およびApple Watch(第 1 世代)を購入しようとしている方は注意をしてください。若干の耐水性はあるものの、水に浸かってしまう事は推奨されていません。

4.「Siri」が様々な部分で活躍する

Apple Watchは、iPhoneの音声エージェントであるSiriが搭載されている点も見逃せません。腕時計に向かって話しかけるだけで、メッセージを送る、電話をかける、おすすめのカフェを紹介するというように、Siriはさまざまな作業をこなしてくれます。

更に腕を下ろして(もしくは手首を上げて)Apple Watchの画面をタップする事で、画面が消えているスリープ状態を解除出来ます。

その状態で「Hey! Siri」と話しかけるか、Apple Watch本体右側のDigital Crownを長押しする事でSiriが起動します。またApple Watch Series 3では「Siri」が内蔵されたスピーカーを使って話すようになりました。

この「siri」は多彩な機能を持ち、様々な要望に応えてくれます。部屋の中でApple WatchやiPhoneが見つからない、そんな経験誰しも一度はありますよね。探しても見つからないし、電話を掛けるのも面倒、「Siri」はこんな時も活躍します。

「Hey Siri どこにいる?」と話し掛けると、きっとベッドの下から(あるいは信じられないような物陰から)返事がします。「ここにいますよ」と声が聞こえてくる事でしょう。

5.ビジュアルも抜群オシャレを満喫

Apple Watch本体ケースの素材には3種類が存在し、「アルミニウム、ステンレス、セラミック」と順に値段も高くなっていきます。

実際アルミニウムケースとステンレスケースの差は光沢があって輝いているかどうか、またサファイヤクリスタルガラスが使われているかどうかです。サファイヤクリスタルガラスとは、簡単に説明すると、とても傷がつきにくいガラスの事です。

ステンレスケースにはこのサファイヤクリスタルガラスが使用されておりますので、画面の耐久性は抜群、アルミニウムケースよりも傷がつきにくくなっています。

またステンレスケースに光を当て輝かせると、より一層存在感が増します。特に月夜に照らされるステンレスケースはとても美しく見えます。またバンドもステンレス素材となるので、ケースとの一体感もあり、多くのファンを魅了しています。

またステンレス以上のオシャレを楽しみたい方にはセラミックという選択も可能です。セラミックともなると価格は12万円を超えるものがほとんどですが、価格に見合った重厚感、そして圧倒的な存在感を示しています。


画像引用元:セラミック製Apple Watch公式ページ

手首からオシャレを楽しみたい方に向けて、高額となりますがHERMESのバンドも公式から発売されています。

お安くオシャレを楽しみたい方にも数千円から、色々な種類のバンドを販売していますので、気になる方は公式サイトへ見に行ってみてはいかがでしょうか?

Apple Watchを自分好みに♪可愛いアイテム11選

6.音楽も楽しめる高性能な腕時計!

Apple Watch Series 3 ではWi-Fiやモバイルデータ通信接続を使えばApple Musicを楽しめる事も大きな利点です。最新型の恩恵はこのあたりではないでしょうか。

それからApple Watchでは、iPhoneで聴いている音楽を操作したり、iPhoneがなくても楽しめるようになっています。つまり、Apple Watchにプレイリストを入れておいて、そこから音楽を楽しむ事が出来るのです。

Apple Watchを使用する事でiPhoneでの音量ボリュームの上げ下げや、曲送りをする煩わしい操作から解放されます。

画像引用元:Apple Watch公式ページ

画像のように直感的な操作が可能ですので、いちいち操作方法を覚える必要もありません。

7.通知機能は計算されつくした性能

通知音をどれだけ大きくしても、ポケットやカバンの奥底に入れている場合、なかなか気づくのは難しいでしょう。

周囲の騒音が大きい時には通知音自体がかき消されてしまったり、歩いているとバイブ機能に気づかない事もあります。Apple Watchなら、このような問題を解決することができます。

Apple Watchは腕に巻いているため振動を直接感じる事が出来ます。このためよく通知を見逃す人や、ビジネスの際にどうしても通知を逃したくない場合などにApple Watchは重宝されています。

Apple Watchの正しい設定とは

一つ上で説明した通り、Apple Watchをは「通知を確実に受けるため」のデバイスとしても使えます。

ですが、初期設定のまま使用すると、逆に通知が行き過ぎるために通知の特別性が損なわれて、Apple Watchがうっとおしく感じる結果になりかねません。

また正しく設定しなかったがために音楽が聴けなかったり、Apple Payが使えなかったりする事も避けなくてはいけません。

そこでApple Watchを正しく設定する事で利便性をよくする方法を紹介していきます。

Apple Watchで 上手に音楽を聴く 方法

お好きなアーティストのアルバムやプレイリストを自由にApple Watchへ同期して追加する事が出来ます。同期する事でiPhoneが無くてもApple Watch単体で再生が可能になります。

  1. iPhoneで「設定」から「Bluetooth」の順に進み、「Bluetooth」がオンになっているか確認して下さい
  2. iPhoneで Apple Watch App を開き、「マイウォッチ」タブをタップして下さい
  3. そのまま「ミュージック」から「ミュージックを追加」の順にタップして下さい
  4. 同期出来る曲がリスト化されて出てくるので、同期したい曲を選択します。

「 Apple Watch 」

画像引用元:Apple公式ページ

同画面の自動的に追加セクションでApple Watchは更に便利になります。このセクションでは、プレイリストのオンとオフを切り替える事が出来ます。

この機能をオンにする事で繰り返しよく聴く曲は、自動的にApple Watchに追加されます。Apple Music のメンバーなら、画像のプレイリストもApple Watchに自動で追加されています。

ワークアウトを始めた時には予め決めておいたプレイリストを自動で再生するように設定する事が可能です。また「再生中」の画面が自動で開かないようにしたりする事もできます。

ワークアウトのプレイリストを設定する方法は以下の通りです。

  1. iPhoneで Apple Watch App を開き、画面の下部にある「マイウォッチタブ」をタップして下さい。
  2. 「ワークアウト」を表示し「ワークアウトプレイリスト」を選択してください。
  3. プレイリストが表示されたら、希望のプレイリストを選択します。
  4. 他の曲をすでに聴いている時以外は、ワークアウトを開始すると自動的に再生されるようになります。

「再生中」を非表示に設定する方法は以下の通りです。

  1. iPhoneで Apple Watch App を開き、画面の下部にある「マイウォッチタブ」をタップして下さい。
  2. 「一般」を表示し、「画面をスリープ解除」をタップしてください。
  3. 「オーディオ App を自動起動」が表示されたらオフにします。

複数プレイリストの同期は、watchOS 4で改良された点です。それまではプレイリストを一つしか保存できませんでした。ですのでバスルームでゆったりと聴くプレイリストを保存した場合、ジョギング用の軽快なプレイリストは諦めるしかありませんでした。

watchOS 4から複数登録が可能になって、こうした部分が解消されたわけです。もし、複数のプレイリストを希望する場合はwatchOSのバージョンが、4以上かどうかを確かめてから購入するようにしましょう。

Apple Watchで Apple Pay を設定する方法


画像引用元:Apple公式ページ

Apple Watch でカードを追加するには、予めカード情報の入ったiPhoneを手元に用意しておきましょう。iPhoneにカード情報を追加する方法は以下で紹介していますので、詳しく知りたい方はご覧ください。

Apple Payの使い方|au Walletクレジットカードで上手にポイントを貯めて安く買うコツ

それでは早速Apple Watchにチャージする方法を紹介します。

  1. iPhone でApple Watch Appを開き、画面の下部にある「マイウォッチ」タブを表示します。
  2. 「Wallet と Apple Pay」を選択します。
  3. 一本道の画面案内に従い、カードを追加してください。
  4. 「次へ」をタップすると銀行またはカード発行元が皆様の情報を確認し、そのカードが Apple Pay で使えるかを自動で判断してくれます。必要な情報が揃った後は、「Wallet と Apple Pay」に戻り、カードをタップします。
  5. 銀行またはカード発行元による確認が終わり次第、「次へ」をタップします。これで Apple Pay を使う事が出来ます。

Apple Watchで 通知 を正しく設定する方法

  1. iPhoneの「Apple Watch app」をタップします。
  2. 「通知」に進みます。画面最初の「通知インジケータ」は便利ですので、こちらはオンにしておいてもかまいません。
  3. 次に通知のプライバシーを設定します。通知が来た場合に、メッセージ内容を表示しないように設定する項目です。
  4. 同設定画面で、アプリごとに通知をオン/オフを切り替える事が出来ます。デフォルトでは「iPhoneを反映」に設定されていますが、大体の場合そのままでOKです。これによりiPhoneと同じ設定で通知が届きます。
  5. 次にサードパーティ製アプリからの通知を設定します。通知が多すぎる場合、ここを改善する事で問題が解決するケースが多いです。
  6. 先ほどの画面から下にスクロールすると、サードパーティ製アプリの一覧が見えます。通知が必要なアプリだけを選択しましょう。

以上で最低限の設定方法は終了です。不要な通知をオフにすることで、Apple Watchのバッテリー節約にもつながりますし、煩わしい通知に惑わされることもなくなります。

コストパフォーマンスは十分納得の一品

昔ながらのクラシカルな時計も悪くないですが、多機能性やコストパフォーマンスを含めて考えるとやはりApple Watchをおすすめします。

Apple Watchは日々の生活を大きく改善してくれるツールとなってくれますし、心地よい使い勝手はストレスフリーで、わずらわしさを感じる事もありません。

また先進的なイメージを周囲の人に与える影響も軽視出来ません。腕時計に向けて通話している姿などから「それ何してるの?」と、会話の種になる事だってあります。

もし皆様がこの記事を読んで最新の腕時計に興味を示したなら、その腕に一度は巻いてみる事をおすすめします。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ