mineo(マイネオ) 格安SIM・格安スマホ 格安SIM乗り換えガイド
読了時間:約 2

家電量販店や実店舗での取り扱いも増え、以前より情報も多くなった格安SIM。大手キャリアが値下げへと動いているとは言え、まだまだ格安SIMの方が料金面でメリットがあるのは間違いありません。また、気軽にインターネットで申込みを済ませる事が出来るのも格安SIMのメリットです。

しかし、インターネットで格安SIMを申込んだ場合は基本的に自身で設定などを行わなくてはならないため、この点に不安を抱えている方も多い事でしょう。

実店舗以外だと家電量販店でもSIMの初期設定を行ってはくれますが、有料となっている事も多いため費用の節約という意味で自身で設定を行おうと思っている方も多いはず。ここでは、格安SIMを使い始める際に最初の難関となるAPNの設定や注意点などを詳しくご紹介しています。

格安SIMは以前より利用しやすい?

mineo楽天モバイル、イオンモバイルなどの一部の格安スマホは、大手キャリアのキャリアショップに相当する実店舗を持っています。

これらの実店舗ではプランの説明を受けるだけでなく、従業員がSIMの差し替えや初期設定まで行ってくれるため格安SIMが初めての方でも安心して利用する事が出来ます。

また、近年では格安SIMの初期設定まで受け付けている家電量販店も多く、以前に比べてより利用しやすくなっているのが魅力的です。

しかし、SIMを差し替えるだけですぐ使えるようになるのが格安SIMのメリットですし、インターネット申込み専用で家電量販店では取り扱っていない格安SIMも存在します。

以前より情報も多くなって来たとはいえ、格安SIMを利用するならある程度スマホについて理解しておく事は重要なポイントではないでしょうか。

実店舗(専売)を持つ主要格安SIM会社

  • mineo
  • 楽天モバイル
  • イオンモバイル
  • UQ mobile
  • Y!mobile

格安スマホはSIMを挿すだけじゃ使えない


現在ではSIM単体だけではなく、大手キャリアのように端末とのセット販売を実施する格安SIM会社も多くあります。しかし、大手キャリアから移行するなら既に端末をお持ちでしょうから、新たにスマホを購入するという方は少ないのではないでしょうか。

仮に新しい端末が必要な方であっても、新品よりも安い中古端末=白ロムで済ます事が出来るのも格安SIMのメリットだと言えるでしょう。これらを含めて考えると、SIM単体での契約で格安SIMへの移行を検討している方がほとんどではないでしょうか。

格安SIMをインターネットで申し込むと、カード上の台紙に組み込まれたSIMや説明書・契約書などが届きます。入れ替え自体は比較的簡単ですが、スマホのSIMを入れ替えるだけでは格安SIMを使い始める事は出来ません。

実店舗の利用・家電量販店でサポートを依頼する場合を除いて、基本的に格安スマホを使い始めるためには自身で初期設定を行わなくてはならないのです。

APN設定は最初の難関

SIMを差し替えた後に行わなくてはならない初期設定のうち、APN設定は最も重要なポイントとなります。APNとはAccess Point Networkの略称であり、インターネットに接続するためには必ずこの設定を行わなくてはなりません。

基本的にはSIMカードと一緒に送られてきた説明書や台紙にAPN設定の手順が書かれていますが、使用するスマートフォンやOSのバージョンなどによって微妙に差異があるため慣れていない方は時間がかかってしまう可能性があります。

大手キャリアの場合はスマホ自体にAPN設定が行われているため、基本的にはSIMカードを挿すだけですぐに使う事が出来るようになっているのが特徴的。

また、大手キャリアのサブブランドとして運用されているY!mobileやUQ mobileなどの格安スマホは、製品をセットで購入する場合は既にAPN設定が行われています。

格安SIMは大手キャリアの回線を借りているMVNOとして運用されているため、このAPN設定を行わない限りスマホを使用する事が出来ないというわけです。

主要格安SIMのAPN設定方法をチェック!

ここからは格安スマホのAPN設定方法をチェックしていきましょう。格安スマホのAPN設定方法はSIMカードと一緒に送られてきた説明書の他に、格安SIM会社の各HPからチェックする事も可能です。

しかし、事前にAPN設定の大まかな流れを把握しておく事で、万が一問題が起きても落ち着いて対処する事が出来るのではないでしょうか。

格安SIM会社とAndroid・iOSによっても微妙に差異がありますが、ここでは特にシェアの高いmineo楽天モバイルOCN モバイル ONEなどの主要格安SIM会社を元に大まかな流れをご紹介しています。

Androidスマホの場合


画像引用元:Android™スマートフォン Sony Mobile Communications Xperia XZ2 Premium 【SO-04K】ネットワーク設定手順|ご利用マニュアル|mineoユーザーサポート

AndroidスマホやタブレットでAPN設定を行う場合、まずは端末の「設定」を開きましょう。ホーム画面に「設定」が無い場合は、画面上部を下にスワイプしてメニューを開く・またはアプリ一覧から見つける事が出来るはずです。

その後は「モバイルネットワーク」から「アクセスポイント名」へと進んでいきます。「アクセスポイント名」の中に利用する格安スマホの通信サービス名があればタップ、無ければ「+(新しいAPNを追加)」をタップしましょう。

続いて利用する格安SIM会社の説明書に記載されている通り、名前やユーザー名など各種必要情報を入力していきます。最終的に保存を行い、作成したAPNを設定すればインターネットへの接続が行えるようになるはずです。

Androidのバージョン次第で設定の進み方が異なりますので、お使いのスマホのOSなどを事前に確認する事が重要です。また、基本的にはモバイルネットワークでAPNの設定を行う事が推奨されているため、普段Wi-Fiを使っている方はOFFにするのを忘れないように注意が必要です。

OCN モバイル ONEなど一部の格安SIMでは専用のアプリでAPN設定を行えるようになっているため、何らかの事情が無い限りは手動入力よりアプリを利用しましょう。

APN設定の手順Androidスマホ
STEP.1設定を開く(Wi-FiをOFFにする)
STEP.2モバイルネットワークをタップ(機種によってはその他から)
STEP.3アクセスポイント名をタップ
STEP.4利用するアクセスポイントを選択・または新規作成
STEP.5各種項目の入力(格安SIMにより異なる)
STEP.6APNの保存・選択

iOSスマホの場合


画像引用元:楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編

iPhoneの場合は基本的にバージョンが違っても設定方法は同じようになります。現在の最新iOSは2018年9月12日にリリースされたiOS 12ですが、最新機種のiPhone XRiPhone Xsはもちろん旧機種のiPhone SEなどにも対応しているため、既にアップデートしたという方も多い事でしょう。

しかし、AndroidとiPhoneではAPN設定の際に構成プロファイルをダウンロードするかどうかという大きな違いがあります。

この構成プロファイルには格安スマホのAPN設定情報がXML形式ですべて書き込まれているため、mineo・楽天モバイル・OSNモバイルなど主要な格安SIM会社であればインストールするだけでAPN設定が完了します。

通常大手キャリアのiPhoneには構成プロファイルが事前にインストールされていますが、格安SIMの場合は自身でダウンロードとインストールが必要なのです。

説明書に記載されているのはもちろん、ネット上で「iPhone 構成プロファイル ○○(格安SIM会社)」と検索する事で構成プロファイルのダウンロードページに行く事が出来ますから、iPhoneをお使いの場合はしっかりと確認しましょう。

Androidとは違い、構成プロファイルのダウンロード時にはWi-Fi環境が必要になるためその点だけ注意しておきましょう。

構成プロファイルのインストールiPhone(iOSスマホ)
STEP.1Wi-FiをONにする
STEP.2格安SIM会社指定のURLにアクセス
STEP.3構成プロファイルを許可
STEP.4構成プロファイルをインストール
STEP.5パスコードを入力
STEP.6インストールをタップ(格安SIM会社によって回数等異なる)
STEP.7完了・インターネット接続

その他OSのスマホ


画像引用元:BlackBerry スマートフォン Research In Motion BlackBerry Classic 【SQC-100-1】 ネットワーク設定手順|ご利用マニュアル|mineoユーザーサポート

Android・iOS以外のスマホだと、BlackBelly OSを搭載したBlackBelly Classic・Windows 10 mobileを搭載したCovia BREEZ X5などがあります。

これらのOSは格安SIMでも使えるようなっている事が多く、特に中国メーカーは新品でも10,000円前後というコストパフォーマンス抜群のスマホがあるため注目を集めています。

OSの仕様などには違いがありますが、これらのOSのAPN設定は基本的にAndroidスマホと同じような手順となっています。一部APN設定までの用語が異なりますが、その点を除けば入力内容などは同じですので特段迷うような事もないはずです。

APN設定をしたのに使えない?

格安SIM会社のHPや説明書に記載されているAPN設定の手順は、大手を除けば上記でご紹介しているような簡素な内容となっている事が多いでしょう。

このためAPN設定は簡単に出来るように感じてしまいますが、何度やっても完了する事が出来ず堂々巡りとなってしまうという方もいらっしゃるはずです。

解決方法は使用しているスマホやOSのバージョン・ユーザーの使い方によっても異なりますが、ここではよくあるAPN設定のミスとして確認しておきたいポイントを5つご紹介しています。

どうしてもインターネット接続が出来ないという場合は、これからご紹介する5つのポイントをまず確認しておくのが良いでしょう。

なお、申込み前に確認しておきたいポイントとしてはSIMロック解除もありますが、そちらは「SIMロック解除とは?格安SIM・格安スマホに乗り換えるための方法と注意点」で詳しくご紹介しています。

物理的な問題の可能性

APNの設定ができない場合、特に格安SIMが初めての方に確認して頂きたいのが物理的な問題です。格安SIMをインターネットで申し込んだなら自身でSIMカードをセットしなくてはなりませんが、挿す方向が間違っていたり正しくセットできていない時はAPN設定以前の問題となります。

また、台紙から取り外す際に無理に力を込めるとSIMが傷ついてしまい、正しくセット出来ていてもAPNなどの各種設定を行えないのはもちろんSIMカードの再発行となっていまいます。

SIMの取り外し方やセットの仕方は説明書やHPにしっかりと記載されていますので、余計な手間暇をかけないためにもなるべく時間をかけて確認しておくのがよいでしょう。

モバイルデータ通信のON・OFF


画像引用元:Android™スマートフォン Google Pixel 3 XL ネットワーク設定手順|ご利用マニュアル|mineoユーザーサポート

格安SIMのAPNの設定を行う際は基本的に、Andoroid・iPhoneのどちらもモバイルデータ通信をONにしておく必要性があります。モバイルデータ通信がOFFになっていると当然格安SIMのLTEなどのデータ通信は行われず、いつまで経ってもインターネット接続を行う事が出来ません。

また、Androidの場合設定次第ではWi-Fiでの通信が優先となってしまうため、Wi-FiをOFFにしておく事も忘れないようにしましょう。説明書やHPでモバイルデータ通信やWi-Fiについて省略されている事がありますが、基本的にモバイルデータ通信を有効にしておくのはどの格安SIMでも同じです。

入力文字列をチェック

APNの設定の際は、名前やAPN名など主に4つ~5つの項目を入力する必要があります。APN名はもちろんですがユーザー名やパスワードなどは基本的に格安SIM会社が定めたものを入力しなければならず、1文字でも間違っていると設定を完了する事が出来ません。

格安SIM会社によっては一部入力が省略されているものもありますが、インターネットに繋がらない際は入念にチェックするようにしましょう。スマホやバージョンによって入力欄が異なる事がありますが、説明書だけでなく格安SIM会社のHPからお使いの端末情報を確認する事が必要です。

APN設定の際の入力例/mineo・Androidの場合

  • 名前(任意の名前)
  • APN(mineo-d.jp)
  • ユーザー名(mineo@k-opti.com)
  • パスワード(mineo)
  • 認証タイプ(CHAP)

構成プロファイルの確認

Androidは設定だけで問題ありませんが、iOSの場合基本的に構成プロファイルのダウンロードは必須となっています。ダウンロード方法は説明書やHPにも記載があるため、手順通り進めていけば問題はないはずです。

ただし、一つのiPhoneにインストールできる構成プロファイルは一つだけと決められているため、このような場合は既にインストールされた構成プロファイルを削除する必要性があります。

Wi-Fiに接続した状態で「設定→一般→プロファイル(プロファイルとデバイス管理など)」の順に進み、現在の構成プロファイルを確認した上で削除を行いましょう。ちなみに、削除とインストールは構成プロファイルが上手く動作しなくなった際にも有効な対処法です。

大手キャリアのiPhoneだけでなく、白ロムを購入した際も構成プロファイルの確認・削除を必ず行うようにしましょう。

端末の再起動

SIMカードの差し込みやAPN設定を正しく行ってもインターネットに接続出来ない場合、スマホ側に問題がある可能性が高いでしょう。

そのような場合、一度お使いのスマホを再起動してみてはいかがでしょうか。再起動はスマホの起動が遅くなっていたりネットに繋がらないなど、各種不具合の際にも有効な対処法の一つです。

まったく関係ないように思えますが、再起動を行うだけでAPN設定が完了するという事も珍しくはありません。再起動は一部の格安SIM会社でも推奨されている方法ですから、APN設定をしてもネットに繋がらない場合は是非試してみる事をおススメいたします。

APN設定が不安な時は?

上記の対処を試しても、APNの設定がどうしても完了出来ないという方はいらっしゃるかもしれません。このような場合そもそも自身で問題点を見つける事が困難なため、スマホに詳しい方や既に格安SIMを利用している方の手を借りる必要性があるでしょう。

とは言えそのような方が必ず近くにいるとも限りませんので、APN設定が不安な方はサポートや代行を使った方が良い場合もあります。最後に、APNの設定をよりスムーズに行うための方法をご紹介しておきましょう。

格安SIMのサポートを利用する

インターネットでの申込みを前提としている格安SIMは、実店舗が少ない代わりにサポートは充実しています。SIMカードが届いた際に同封されている説明書や契約書などには、基本的にどの格安SIM会社であってもサポートダイヤルが記載されています。

サポートダイヤルは契約内容の確認はもちろん、APNの設定などについても詳しく対応してもらえます。また、今回例としてご紹介したmineo・楽天モバイル・OCN モバイル ONEのような主要格安SIM会社ならHP上のチャットからも質問する事が可能です。

チャットの対応はスピーディですが、より詳細に設定について聞きたいならサポートダイヤルを使うのがベストでしょう。他にも格安SIM会社の各HPにはよくある質問としてトラブルシューティングが掲載されていますので、そちらも事前にチェックするのがおススメです。

格安SIMが初めての方などは無理に自分だけで設定を行おうとせず、最初からサポートを使うのが良いのではないでしょうか。

代行サービスを利用する


画像引用元:楽天モバイル: ご自宅出張申込(設定サポート付き)

既に契約したSIMカードが手元にある場合、基本的にはサポートダイヤルなどを使って自身でAPNの設定を行う必要があります。SIMの破損やスマホ側に問題がある場合を除いて、サポートダイヤルを利用すれば時間はかかるにしても格安SIMを使い始める事が出来るはずです。

SIMカード契約前の方に限りますが、各種設定が不安なら店舗の従業員に行ってもらうという方法もあります。

全国に実店舗を持つイオンモバイルなどでは無料で設定まで行ってくれますし、家電量販店などでもネットワーク設定だけなら1,000円2,000円ほどの価格になっている事がほとんどです。

また、金額は4,300円(税別)と少し高めですが楽天モバイルでは「ご自宅出張申込(設定サポート付き)」というサービスが実施されており、お近くに店舗が無い方でも格安スマホの購入から契約まで一括で出来るようになっています。

通常の契約よりも費用は増えますが、設定代行サービスを利用する事で大幅な時間の節約に繋がるのは間違いありません。

APN設定をして格安SIMを使おう

いかがだったでしょうか。今回は、格安SIMを契約した際に行うAPN設定の方法や手順・注意点などを解説させて頂きました。格安SIMはY!mobileやUQ mobileのセット端末など、一部のサブブランドを除きAPNの設定が必要不可欠です。

特にインターネット上では簡単に行えると紹介されているAPN設定ですが、端末やOSのバージョンによって微妙に差異があるため人によっては時間がかかってしまう可能性もあるのです。

本来すぐに終わるAPN設定に時間がかかってしまえば、インターネットで手軽に申し込めるメリットさえ消えてしまいかねません。APN設定がどうしても不安な場合は、家電量販店の代行サービスや実店舗を利用するのがよいのではないでしょうか。

2018年 全国 格安SIM会社一覧|エリア・基本料金・特徴・おすすめ度

Pocket