Android One S7の評価レビュー|買う理由・買わない理由

Android One S7の評価レビューをして、価格・スペック・機能を詳しくご紹介していきます。口コミや評判を参考に、メリット・デメリットを解説していきます。総評として、Android One S7を買うべきか、買わないべきかまとめているので参考にしてください。

  • 2021年11月9日
Android One S7の評価レビュー

Android One S7はワイモバイルから、2019年12月19日に発売されました。

Android Oneシリーズは、機種によってメーカーが異なりますが、Android One S7はシャープが作っており、電池もちとIGZOディスプレイが特徴です。

本記事ではワイモバイルのAndroid One S7を様々な角度から評価レビューし、買う理由・買わない理由についてもまとめて紹介します。

Android One S7の総合レビュー

Android One S7のレビュー
動きの快適さ★★☆☆☆2.0
使いやすさ・操作性★★★★☆4.0
カメラ★★★☆☆3.0
バッテリーのもち★★★★☆4.0
オリジナル性能★★★☆☆3.0
価格★★★★★5.0
総合評価3.5
\手数料0円!送料無料!/矢印Y!mobile公式ショップを見る

歴代Android Oneシリーズ比較|最新機種or旧モデル買うならどれがいい?

Android One S7の口コミ・評判

Android One S7
Android One S7の口コミ・評判

Android One S7は発売から約2年が経っているスマホです。

実際に使っている人がどのような評価をしているのか、口コミ・評判について調査しました。

Android One S7の良い口コミ・評判

Android One S7の良い口コミ・評判
  • バッテリー持ちが良い
  • 日常使いに丁度いいバランスの取れた機種
  • おサイフケータイ・防水・防塵対応でつかいやすい

Android One S7はバッテリー容量が4,000mAhと大容量でバッテリー持ちが良いと評価している声が見つかりました。

全体的にメールや電話など日常使いをするのにぴったりなスペックで、バランスの取れた機種だという評価です。

さらにおサイフケータイ対応や防水・防塵対応など私達日本人にとって嬉しい機能が搭載されている点を喜ぶ声も見つかりました。

Android One S7の悪い口コミ・評判

Android One S7の悪い口コミ・評判
  • メモリ・ストレージ容量が少ない
  • 重たいゲームはできない
  • 生体認証が顔認証のみ

Android One S7のメモリは3GB、ストレージ容量は32GBと物足りない印象です。

メモリ数が少ないため、やはりゲームなどの重たい作業は向いていないとの声も多く、ヘビーユーザーはスペックが良い機種を選ぶ必要があります。

また、生体認証は顔認証のみで指紋認証には対応していないため、今の時代は特に使いにくさを感じる声も見つかりました。

Android One S7の価格を評価レビュー

Android One S7
Android One S7の価格を評価レビュー

Android One S7の販売価格は、販売場所によっても異なりますが、ワイモバイルオンラインストアでは以下の通りです。

Android One S7の価格

Android One S7の価格
ワイモバイル本体価格26,640円
新規・乗り換え割引適用時の価格5,040円
機種変更で割引適用時の価格15,840円

Android One S7の販売価格は26,640円で、36回払いにすると月々の負担額は740円となります。

さらに他社からの乗り換えや新規契約の場合は21,600円割引、機種変更では10,800円割引のキャンペーンを実施中です。

キャンペーンの割引を適用すると、一括5,040円(140円×36回)で購入ができます。

\手数料0円!送料無料!/矢印Y!mobile公式ショップを見る

Android One S7のスペックを評価レビュー

Android One S7
Android One S7のスペックを評価レビュー

Android One S7の主なスペックは以下の通りです。

Android One S7のスペック
ストレージRAM 3GB/ROM 32GB
カラーライトカッパー
シルバー
ブラック
ディスプレイ約5.5インチ
サイズ約W70×H147×D8.9mm
重量約167g
バッテリー4,000mAh

それぞれのスペックについて詳しく紹介していきます。

メモリ・ストレージ

Android One S7のメモリ容量は3GBと少し物足りない印象です。

スマホでは電話とメールがメインで、少しSNSを見るくらい、程度の日常使いであれば問題ありませんが、重たい動作は出来ないと考えた方がいいでしょう。

ストレージ容量は32GBとこちらも決して多い容量とは言えずに、あまりアプリのダウンロードや写真の保存もできません。

ただし、外部ストレージは最大512GBのmicroSDカードに対応しているため、必要に応じて増やすことは可能です。

カラー

Android One S7のカラー
Android One S7のカラー

Android One S7のカラー展開は以下の3色展開です。

  • ライトカッパー
  • シルバー
  • ブラック

AQUOSシリーズではよく取り入れられているライトカッパーがAndroid One S7の1色としても展開されています。

誰でも使いやすいシルバーや、どちらかと言うとグレーにも違いブラックの3色が展開されており、自分の好みに合わせて選択が可能です。

ディスプレイ・サイズ

Android One S7
Android One S7のディスプレイ・サイズ

Android One S7のディスプレイサイズは約5.5インチと大画面ですが、片手でも持ちやすいサイズ感のスマホです。

ディスプレイにはシャープ独自のフルHD+ IGZOディスプレイを搭載しており、綺麗な映像を楽しめます。

写真や動画をよりリアルな色で再現できる独自技術リッチカラーテクノロジーモバイルを搭載しているので、写真や動画を見たい人にもおすすめです。

バッテリー

Android One S7
Android One S7のバッテリー

Android One S7のバッテリー容量は4,000mAhと大容量バッテリーを搭載しています。

バッテリーの負荷の少ないインテリジェントチャージに対応しているため、電池の劣化を防ぎながら利用できるのも嬉しいポイントです。

\手数料0円!送料無料!/矢印Y!mobile公式ショップを見る

Android One S7の機能を評価レビュー

Android One S7
Android One S7の機能を評価レビュー

Android One S7の主な機能は以下の通りです。

Android One S7の機能
アウトカメラ約1,200万画素
インカメラ約800万画素
生体認証顔認証
防水・防塵IPX5,IPX8 / IP6X
おサイフケータイ対応

それぞれの機能について詳しく紹介します。

カメラ

Android One S7のカメラ
Android One S7のカメラ

Android One S7のカメラは約1,200万画素のシングルカメラのみの搭載となっています。

しかし、大型ピクセルセンサーを採用しており、暗い場所でも写真撮影が可能なほか、新画質エンジン「ProPix2」により動きのある被写体の撮影も可能です。

美肌などを調整できるAQUOS beautyやポートレートなどの機能も充実しているため、ある程度の写真撮影ならAndroid One S7でも十分利用できます。

生体認証・防水/防塵

Android One S7の防水
Android One S7の生体認証・防水/防塵

Android One S7の生体認証は顔認証のみに対応しており、指紋認証には非対応となっています。

顔認証でも十分なのですが、今の時代では指紋認証が搭載されているほうが使いやすいため、気になる人はチェックしておきましょう。

Android One S7は防水・防塵にも対応しており、日常生活でも安心して利用できます。

また、水濡れに強いIGZOディスプレイとタッチパネルを搭載しているため、濡れた手でもスムーズに操作が可能です。

おサイフケータイ

Android One S7のおサイフケータイ
Android One S7のおサイフケータイ

Android One S7はおサイフケータイにも対応したスマホです。

今までキャッシュレス決済を使っていた人はもちろん、これから始めたい人にも最適なスマホと言えます。

日常的な買い物の支払いはもちろん、交通系ICカードを設定すれば、スマホ1つで電車に乗れるようになり便利です。

Android One S7を評価|買うべき?

Android One S7
Android One S7を評価

最後に、Android One S7を買うべきか、買わないべきかについて評価していきます。

買う理由・買わない理由をそれぞれ見ていきましょう。

Android One S7を買う理由

Android One S7を買う理由
  • 大画面ながら片手でも操作しやすいサイズ感
  • バッテリー容量が多い
  • 日常使いにぴったりのスペック

Android One S7は約5.5インチの大画面ディスプレイを搭載しており、綺麗な映像を楽しめるスマホです。

それでいて本体サイズは片手でもしっかりと握れるサイズ感なので、ディスプレイは大きくてもスマホサイズが大きくなるのは嫌という人にもおすすめです。

Android One S7のバッテリー容量は4,000mAhと大容量のバッテリーを搭載しているため、長時間の外出でも安心して利用できます。

全体的にバランスの良いスペックを搭載したスマホとなっており、電話やメールがメインの人など日常使いにぴったりのスマホです。

Android One S7をを買わない理由

Android One S7をを買わない理由
  • 生体認証は顔認証のみで指紋認証に非対応
  • メモリ数が少なく重たいゲームなどはできない
  • 発売されてから年数が経っている

Android One S7の生体認証は顔認証のみで指紋認証には非対応となっている点が残念なポイントです。

また初心者向けのスマホと言うこともあり、メモリ数は3GBと物足りなく、重たい作業は向いていません。

発売も2019年12月と約2年経ってしまっているため、最新モデルも発売されており、スペックも考える必要がありそうです。

Android One S7はあくまでも初心者向けのスマホであること、日常使い向けのスマホであることを理解した上で購入するようにしましょう。

Android One S8の評価レビュー|買う理由・買わない理由

\手数料0円!送料無料!/矢印Y!mobile公式ショップを見る

▲目次に戻る

Android One S7は日常使いにぴったりのスマホ

本記事ではワイモバイルのAndroid One S7を様々な角度から評価レビューし、買う理由・買わない理由についてもまとめて紹介しました。

大画面ディスプレイを搭載しながら片手でも操作しやすいスマホなので、ちょうど良いサイズのスマホがほしい人にもおすすめです。

普段は電話やメールとちょっとしたSNSがメイン程度の人であれば十分使えるスマホなので、本記事を参考に購入を検討してみてはいかがでしょうか。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
Homi
家電量販店にて3年間携帯販売をして培った知識を活かし、スマホに関する様々な情報をわかりやすくお伝えします。現在iPhone13 Proにてソフトバンクと楽天モバイルの2回線を使用中です。